the Gn. Muria telepraph

2019年08月20日

Indonesia Merdeka Day 3 敗戦後のインドネシアに対する日本政府の公的な立場は、「連合国の敵は日本の敵」、、です。

Japanese left in Indonesia

IMG_7528_1_1.JPG

これまで、ポツダム宣言と降伏文書を見てきました。もっといえばカイロ宣言もあるのですが、よく読んでもあんまり影響がないのでここでは割愛するのだけど、ともかく日本が負けたということ。それも、「ポツダム宣言を受諾して」「降伏文書に署名した」ことで敗戦。このことは自明の理なんですが、日本の戦後の出発点にも関わらず、きちんと認識していない人の多さ。戦後レジュームの脱却とうたっている現首相だって、ポツダム宣言読んでないというぐらいだし。

さてさて、このシリーズは、不思議なことに広く出回っている 「日本はインドネシアと協力してオランダから独立を勝ち取ったので、インドネシアは親日なのだ」という話を検証してみたいと思ったので書き始めました。この話を素朴に信じている人には、上の絵でショックを受けてもらいましょう。これは、日本の敗戦後、スマランで起きた「5日戦争(日本ではスマラン事件)」を題材とした絵で、戦場となった場所に展示されていました。インドネシア独立派と日本軍の武器引き渡しをめぐる衝突でインドネシア側が300-2000人の戦死者、日本側は200人の被害がありました。インドネシア独立宣言後の最初の大がかりな武力衝突。もう一度言うけど、連合国配下の日本軍が練度で劣るインドネシア独立を掲げる若者を殺しまくっているのです。流れる血、吹き飛ばされて骨が見えている腕。この浮彫は5日戦争の戦場だったところにある記念碑です。

IMG_7511_1_1.JPG

、、、この5日戦争に至るまでの道、、、それは、ポツダム宣言と降伏文書の履行によります。もちろん、それは日本政府の正式な立場なのですが、前回までに繰り返したように、日本は敗戦によって連合国の麾下に入ります。外地においては連合国の出先の指揮下に入り、連合国の命令をきかなければなりません。敗戦によって日本軍は連合国軍の一部になったようなものです。これを破ればポツダム宣言受諾違反ですから、敗戦によって終わった戦闘が、、終わらずに再開する可能性を意味しています。あと何個原爆が落とされてもしかたない、、という感じ。だから、官僚組織である軍隊は、もともと命令至上主義なので頑なにポツダム宣言と降伏文書(と、そのあとの指令第一号)に忠実に守ろうとします。

まず、武装放棄です。武器弾薬は封印して員数確認して連合国に引き渡さなければなりません。インドネシア独立派が日本軍に「オランダとの戦争が控えているから、日本軍がもう武器つかわないなら俺たちに引き渡せ」と言ってきても、

1 武器を連合国に引き渡す以外は、ポツダム宣言違反ですから引き渡せません。
2 しかも、その武器を連合国の一員であるオランダへの戦争に使うというのであれば、論外な連合国への敵対行為

だから従えません。これが日本の公式な立場で、もちろん現在でもこの時の立場を崩していません。この上の2つを破ればそもそも降伏文書という契約というものを、無視してもよいということになります。そんなことありえないですね、無条件降伏ですから。
でも、実際の現地では押し入った人々に倉庫を破られた、、武装放棄だから、インドネシア独立派にも武力で対抗できないし、、という判断だったところもあるし、スマランのように連合国から現地の治安維持(警察行為)を任されているのだからオランダに代わって胡乱な連中は取り締まるべしというのもあります。

、、、まあ、それだけじゃあないんだけど。日本軍によるインドネシア占領下で400万人が抗日闘争、強制労働、飢餓、栄養失調など日本が起因となって亡くなっています。とうぜん、日本憎しは蔓延していて、敗戦前からインドネシア人による抗日闘争がいろいろ起こっている。武器を引き渡してくれないから日本軍を襲った、、だけじゃなくて、もう日本憎し、の、一念です。

IMG_7501_1.JPG

IMG_7499_1.JPG

まあ、それは次以降の主題になるのだけど、

日本は降伏によって主権をはく奪され、独立国から連合国統治下日本という国になってしまいました。インドネシアどころじゃない、日本が独立してないんだよ。


ともかく日本政府も現地もインドネシア独立に協力する気は、まーーーったくありません。今やオランダ様に敵対するのは、自分の敵でもあるわけです。降伏文書締結後、日本政府がインドネシア独立に協力するのは、どのコンテキストからもありえないです。

まあ、ともかく、そんなことより9月2日の降伏文書締結により、日本政府は外交権もはく奪されてます。下のデザインは商船での「代用国旗」。日の丸掲揚だって禁止されたぐらいだし、日の丸をあげた人が重労働6か月の刑になったりしてます。よその国の独立なんて、どうでもいい状態。みんなつくづく見てください、いっときは、これが「日本国旗代用」だったんだよ。知らない人、おおすぎ。

2096232i.jpg


2019年08月17日

Indonesia Merdeka Day 2 日本の降伏文書と指令第一号。日本兵は絶対に武装解除して、武器は封印しろ。脱走するな。

Japanese instrument of surrender

IMG_7238_1.JPG

ポツダム宣言が受諾されて半年後。9月2日に米戦艦ミズーリ艦上で日本の降伏文書調印が行われました。この降伏文書は、ポツダム宣言よりさらに短い、、A4サイズ、センチュリーフォント、10.5ポイントで本文はほぼ1枚(実際は1枚とすこし)。こんなに短かったのか、、、
実際の調印文書はこんなかんじ。サインのページを外すと、1枚だけ。

1a934c03a0cca4b6179db2a75c4d7a66.jpg

Wikiによる抄訳で関係するところだけ引用すると以下のとおり。大本営の梅津がサインをして確認して、のちにちゃんと軍指令をだしている。

<戦いはやめ、武器は絶対流出させない>
・日本軍と国民へ敵対行為中止を命じ、船舶・航空機、軍用非軍用を問わず財産の毀損を防ぎ、連合国軍最高司令官及びその指示に基づき日本政府が下す要求・命令に従わせる

<降伏しろ>
・その所在地に関わらず、日本の支配下にある全ての国の軍隊に無条件降伏させる

<これからのお上は連合国。絶対従え>
・公務員と陸海軍の職員は、日本降伏のために連合国軍最高司令官が実施・発する命令・布告・その他指示に従う 非戦闘任務には引き続き服する

<ポツダム宣言を破るな>
・ポツダム宣言の履行及びそのために必要な命令を発しまた措置を取る

とっても短いので、ほとんど一部引用でも抄訳でもなくても構わないのだけど、、、。要するに。

なにがなんでも戦いはご法度。武器弾薬その他一切、手をつけるな。そしてこれからは連合国がお前のご主人だから、連合国のいうことは全部従え、もはや旧軍は連合国軍の一部になった。




そして、ポツダム宣言、降伏文書のほかに、もう一つある。これが、降伏文書と同じ日にだされた「指令第一号」です。
降伏文書が短いのは、9ページにわたる詳細な連合国から日本にだされた指令第一号があるからです。中身は降伏文書の各項をさらに詳細にしたもので、外務省外交史料館のホームページからみることができます。

https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000097066.pdf

ここまでしても、もう連合国に戦いを挑むやつもいないだろうし、脱走したり、武器を横流しする奴もいないだろう、、と、は、誰も思わなかった。当時の日本軍は、こういう契約関係の文書なんて気にしない人が多かった。もちろん、いまだって、契約に弱い日本人といわれているけど、文書化じゃなくて誠意をもって話し合いだろう?という人は多い。

だから、ポツダム宣言で言ってるけど、条約を破れば火の雨降らせるからな、、っていう脅し。



Indonesia Merdeka day 1 日本の終戦記念日とインドネシアの独立記念日に思うこと <ポツダム宣言>

Japanease surrender and Indonesian independence

IMG_7191_1.JPG

今日、8月17日はインドネシア独立記念日です。ここ、ジュパラでもセレモニーがありました。ネット上でも、インドネシア独立に関する話題がいくつもあったけど、よくある「日本がインドネシアの独立に貢献した」論。間違いありません、<日本の敗北>がインドネシアの独立に貢献しました。

まずは、そもそものおこり、ポツダム宣言から。この記事を書くため英文を読みなおしたし、どれぐらいの分量かA4サイズ紙に本文のみを転載してみたところ、センチュリーフォントの10.5ポイントで、ほぼ1枚半です。ちなみに当時の和訳を転載すると、A4サイズ用紙で、MSPフォント10.5ポイントだと、おなじく1枚半。つまり、簡単に読めます。1枚半でしかないですし、内容については多くの解釈があって、ほぼ定本化されているので、こちらもまた迷う必要ありません。今の首相は、こんなものも読んでないのか、、と、あきれるしかありません。

あまりに短いので、どこがインドネシア独立と日本に関係するところか抜き出すのが大変。全文のほうが楽なのですが、改めて現代語訳で抜き出しました(現代語訳はWikiから引用)。抄訳になっています。<>内は私のつけた宣言全体からみた概略です。


<日本を徹底的に破壊する用意がある>
2 3ヶ国の軍隊は増強を受け、日本に最後の打撃を加える用意を既に整えた。この軍事力は、日本国の抵抗が止まるまで、同国に対する戦争を遂行する一切の連合国の決意により支持され且つ鼓舞される。

<ポツダム宣言を受け入れるなら、完璧に受け入れること>
5.我々の条件は以下の条文で示すとおりであり、これについては譲歩せず、我々がここから外れることも又ない。執行の遅れは認めない。

<武装の継続や、脱走は許されない>
9.日本軍は武装解除された後、各自の家庭に帰り平和・生産的に生活出来る機会を与えられる。

<戦争犯罪人は処罰される>
10.我々の意志は日本人を民族として奴隷化し、また日本国民を滅亡させようとするものではないが、日本における捕虜虐待を含む一切の戦争犯罪人は処罰されるべきである。(後略)

なんでこんなこと書くかというと、日本軍というのは国直属の組織で、官僚組織そのままであり、トップは内閣の大臣という行政府なので、こういう法令類の順守というのは、ほとんど官僚が血肉的に従うものだからです。特に軍というのは命令が絶対だから外れることは許されない。

でもって、上のポツダム宣言の4項をまとめると、
2 日本を完全に叩き潰す用意があるが、
5 我々のいうことを完全に受け入れるなら、叩き潰されないかもしれない。
9 軍隊は武装解除して、兵員は全部日本(あるいはそれぞれの国)に戻せ。
10 それでもって、戦争犯罪人を探し出して処罰する。


もちろん、日本がポツダム宣言を受け入れた以上、軍の司令官は、それを守るしかない。でなければ、終わったと思ってた戦争が再開され、空爆が日本は本当の灰燼に帰すし、原爆もあと何個落とされるものやらわからない。ほとんど、恐怖した、、、。

特に、前線の司令官は、「軍隊は武装解除して、兵員は全部日本に戻せ」で、脱走兵などいようものなら、ポツダム宣言受諾違反を問われて、戦争が再開されるかもしれない。ここで拾った命を、こんなことで失わせてはならない。


だから、脱走兵を厳しく取り締まったのはもちろん、武装解除だから脱走兵が武器を持って出るなんて二重に重い問題になる。政府の命令に軍人が背くことは許されない、、ということ。

2019年08月16日

Carnival @ Jepara Independence day ( 1 ) カリニャマット女王とシーマ女王の見分け方。カーニバルというのは日本でいうパレードのこと。

Elementary school carnival @ Jepara

IMG_7162_1_1.JPG

小学生による、独立記念日のパレード。延々と2時間ぐらいつづくもので、昼下がりからはじまって日没までつづきました。
付き添いの学校の先生は給水ステーション。つきっきりで水をみんなに配ってます。

IMG_7140_1.JPG

カーニバルの出し物は、もう、ジュパラのすべて。これだけみれば、ジュパラのすべてをみたも同然。地元輩出の歴史的偉人、伝説、農産物、漁業、交通、環境問題、スポーツ、文化、衣装、ありとあらゆるジュパラがあります。それで、項目別にクローズアップ。まずは、ジュパラの三大聖女。三女神といってもいいぐらいだけど、すべて地元の誇る、実在の歴史的偉人です。

やっぱり、序列があるんだよ。だから、序列を崩すわけにはいかないので、とりあえずセオリーどおりで、まずはカルティニさん。

IMG_7325_1_1.JPG

どこでも誰でも見分けることができる。服装コードは、黒の上っ張りで白の民族服、額を完全に上げて、後ろ頭で髷、、というのが基本。これを変えるのはあり得ません。だから、どの小学校でもカルティニ役はこういう感じ。カルティニさんは過去2度映画化されて、これは2017年版。伝記を映画化しました、、、って感じで、本読んでれば内容はすぐわかる。でも、生き生きしてるんだよ。

MV5BMTY4ZjExNjEtMDRhOC00MDBmLThmMGUtY2NhODNjNjRmYTk4L2ltYWdlXkEyXkFqcGdeQXVyMzUwMTk4OTI@__V1_UY268_CR2,0,182,268_AL_.jpg

ともあれ、三聖女の筆頭だから、すぐわかる、、しかーし、そのあとのカリニャマット女王とシーマ女王の区別を瞬間でつける人はそういない。

IMG_7161_1_1.JPG

まずは次席のカリニャマット女王。

IMG_7322_1.JPG

騎乗のことも多いです、、ジュパラには馬がいっぱいいるから、騎乗には不自由しない。

IMG_7314_1.JPG

こちらが、演劇の中での女王。こんな感じ、、肩が服でおおわれて、のど輪のような装身具(これはマレーシアでもあったけど権威を表す)。髪は上に結い上げます。

53498348_1204655559690353_6771487496794959989_n.jpg

長かったヒンズー系マジャパヒト王国のジャワ島支配も終盤、マジャパヒト王の息子の一人がドゥマで自立し、ジャワ島最初の正式なイスラム王国のはじまりとなります。開祖ラーデンパタハ王の孫娘のケンチャナ姫は、ドゥマから自立したジュパラ公国のスルタンハドリリンに嫁ぎます。これが日本では室町時代のこと。ほら、ポルトガル商館とかが東南アジアを席巻して、日本にも種子島銃をもたらしたころ。彼女は死後カリニャマット女王と呼ばれます。

だから、カリニャマット女王はムスリムだから派手な恰好はしても、肌はだしません。たぶん。ちなみにこの女王がまだ姫だった時代、実家のドゥマ王国は最盛期を迎え、武将のファタフッラーは、西ジャワを制圧。ジャカルタを建設しました。それにちなんで、ジャカルタの中央には、ファタフッラーの名がついた博物館もあります。えーと、ファタヒラとかへんな名前に代わってるけど。

IMG_7417_1.JPG

でもって、シーマ女王。三番目なのは可哀想、、生きてるうちはおそらく3人のなかで一番の権力者だったはず。そして一番お金持ちだったはず。他の2人とは格が違うんだよ、、いまじゃ三番目だけど。

IMG_7227_1.JPG

北岸中央ジャワに最初にできたカリンガ王国で、最盛期を迎えたときの女王です。無明の地にヒンズー教をもたらし、ヒンズー教の規範で人々を導き、たいそう規律がとれていたということです。時代的には日本の飛鳥時代。つまり聖徳太子と同時代ぐらいの人で、シーマ女王とカリニャマット女王の間はざっくり千年ぐらいの差があります。見た目が似てても、時代の信仰も大違い。

Foto-Lukisan-Ratu-Ayu-Kencana-Wungu-Raja-Majapahit-678x381.jpg

パレードでの特徴は、、、肩がでてること。

IMG_7283_1.JPG

ちょっと寒そうだけど、しかたない。ヒンズー系はそこそこ露出のある彫刻しか残ってないんだよ、、

IMG_7240_1.JPG

高々と結った髪も特徴、、だけど、パレードの途中でほつれるとこうなる。

IMG_7372_1.JPG

そして、肩を隠されると、もうどっちがどっちの女王かわからない、、

IMG_7416_1.JPG

こうして、次から次に、、延々と三聖女はつづくのでした。

IMG_7230_1.JPG

2019年08月12日

Motor parking next to next バイクはめちゃくっつけて停めるのがインドネシア流。空間があるんだから、そこまでしなくてもいいのに

Why you parked just next to me ?

IMG_6966_1.JPG

Jalan Jalan cari makan
朝ごはんを食べにいきます、、ちょっと遠出。
ホテルのカフェで、ちょっと値段は張りそうだけど、気持ちの良いところを見つけたのでさっそく、バイクを止めて

IMG_6969_1.JPG

ゆーっくりたべます。お店にはほかにお客さんはいないし、駐車場もほかに止まっているものないし、、
ごはんを食べたあとも、しばらくゆっくりして、たちあがり、さて、駐車場にむかうと

IMG_6973_1.JPG

他のお客さんがバイクとめてる、しかも私のバイクにぶつかるぐらいびったり隣に、でもって、私のバイクにまたがっても起こせない、、ぶつかるから、、なんて止め方なんだ、こんなに広いのだから適当に他所にとめてほしいです。

、、、が、インドネシアではバイクはびっちり隣にとめるのがデフォルト。

IMG_7106_1.JPG

でもね、、、それはわかるけど、なんで、こんなところまで来て、それをやるんだよ。
、、と思うけど、土地には土地の風習があり、ここではこれが風習。本当だよ。離れて停めると嫌がられるもん、、


Eid Al Adha day today イードの当日。もうヤギ売り場は空だった、が?牛がいた。イードムバーラク

Eid Al Adha day,,

IMG_6947_1.JPG

犠牲祭の前夜。ここ、ジュパラでは、けっこうな盛り上がりです。そもそも、犠牲祭はメッカ巡礼の到達点。
ハッジ月の8日から巡礼がはじまり10日に犠牲祭。巡礼の諸行事は13日まで続くから、巡礼の中日なのかな。
ちなみに私は2010年にハッジを行いました、、詳しくはこのブログのこちらのカテゴリー、、

カテゴリー:イスラーム
http://inlinedive.seesaa.net/category/9053282-1.html

まあ、私は犠牲祭の日にひどい風邪にかかり(通称ハッジ風邪と呼ばれて毎年蔓延する)、ほとんど寝てました。あんがいハッジってすることなくて、退屈なものです。まあいいや、ともかくジェパラでの犠牲祭、、なんでジュパラ、ジュパラってしつこく書くかというと、ジュパラは他と風習が違うことが多くて、一般化できないからです。

ジェパラでは、巡礼がはじまったハッジ月8日にお祭りがあります。だいたいどこの村でも総出でワヤンやガムランやごはんで盛り上がり、そのまま3日後の犠牲祭に突入。犠牲祭の前夜は徹夜でモスクで念唱があってうるさい、、、寝れない、、、そういえば、この声がうるさくて哀れなヤギの慟哭がまったく聞こえなかった、、、が、

IMG_6938_1_1.JPG

当日の夜明けにヤギがいるところを見たら、もうカラだった。というか、柵は取り壊しが始まってたぐらい、、ということは、前夜はすでに売り切れたのか、、夕方までは確かにヤギは居たのだけど、、夜のうちに完売。

朝、6時からイードの礼拝がはじまり、

IMG_6942_1.JPG

ものすごい人でモスクに入れない、、

IMG_6945_1.JPG

自分の絨毯を用意しておいてよかった。こうして、つつがなくお祈りもおわり、ふと外をみると、、

IMG_6951_1.JPG

犠牲用の牛がいる。

IMG_6950_1.JPG

いつのまにか、牛が集められていたんだ。知らなかった、、、まあ、牛は大きいから買ってそこらへんに置いておくわけにはいかないから、当日購入ということになるのでしょうね。

もしかしたら、このモスクはナフダトルウラマー会派系のモスクだから牛なのか?とか思ってしまった。そういえば、ヤギのほうはムハンマディア会派の犠牲って垂れ幕に書いてあった。ムハンマディヤは原則に忠実派だから、預言者イブラヒムがヤギだか羊だかを犠牲にした秘蹟にしたがうのかもしれない。じゃあ、牛は?あ、それは食べておいしいから、、だと思う。

IMG_6955_1.JPG

ともあれ、イードムバーラク。

Triple cropping ? 二期作目を あっという間に刈り入れまで終わったところは、そのまま放置?三期作の田植えをするところと しないところの差。

After 2nd cropping of padding field, turned to vegitable.

IMG_6899_1.JPG

二期作目の田植えが遅れて、早いところとの差が1か月ほどついたところでも二期作目の刈り取りのシーズン。

IMG_6916_1.JPG

、、ということは、二期作目の早かったところはとっくに三期作目の田植えが終わって、もう草刈りとかしているころかなあ?と思って、一番早く2期作目の収穫が終わったところにいってみると、、、驚いた、、刈り終わったあと、そのまんまだった。

IMG_6960_1.JPG

1期作目と2期作目の間は1週間とか2週間で田植えしたのに、、なんで稲刈りが終わって1か月以上たつのに、放置しているのか?




、、、、たぶん、水がないんだと思う。いまは乾季で、水量が圧倒的に不足しているシーズン。だから、水田をまかなう余裕がないのでしょう。
そのかわり、田んぼが畑になってた。

IMG_6963_1.JPG

なんだか、イモ系の畑も多い。そういえば、今はサツマイモの収穫の最盛期だし、、

IMG_6965_1.JPG

こうして三期作に突入せず、畑づくりになったところ、、放置しているところ、水があるのか三期作目に突入して田植えが終わったところ、、いまは、さまざま。二期作目のとりかかりが遅かったところも、ここで足並みがそろうみたい。

なるほど、

そういうことか、、、




2019年08月10日

Eid Al Adha tomorrow 明日は犠牲祭。いや、尋常じゃないほどの盛り上がりでびっくり。断食明けのお祭りより、よーーーーっぽど盛り上がっているのは、珍しいと思う。いや、これが本来なんだけど。

Eid Al Adha is the biggest festival amongst Muslim,, more than Eid Al Fitr.

IMG_6822_1.JPG

明日はイスラームのお祭り、犠牲祭。イスラームで2つあるお祭りのうち、「大祭」と呼ばれて、最大のお祭りなんだけど、、だいたいのところで、小祭である断食明けのお祭りに規模で負けてたりします。

それというのも、断食はみんなが参加して、しかも1か月もあるから、終わったとたんにはじけるお祭りとなるのです、、、が、犠牲祭は基本、巡礼、、ハッジに行った人がやるもの?という他人任せな発想があって、巡礼に参加してない人は、乗り気の無さがある。もちろん、そんなことない。巡礼に行こうが、行くまいが、みんなで心して預言者イブラヒムのひそみにならう!

しかし、我が町ジュパラのイスラームのお祭りの習慣はすこし他の場所と違います。たとえば、サウジとかほかの国でも、お祭りの休暇はお祭り当日の前後数日とかが普通なのに、ジュパラでは、お祭りの前日まで普通に仕事をして、お祭りの当日をふくめて10日休みです。お祭りの休日はお祭りの後のみ。これは地元の人が地元で暮らしているので、帰省というのがないからだと思う。休みの最終日はビーチで大謝恩会です。そのため、ビーチに行く道が超混雑する。

そして、犠牲祭。盛り上がる、、不思議に断食明けより盛り上がる。まず、巡礼の初日に大謝恩会があります。犠牲祭の数日前になりますが、この日は町の広場でガムランとかワヤンとか屋台とか大変な賑わい。そして、巡礼の間中、ずっと休み、、そして犠牲祭の当日となって、祭りの後はまた10日の休み。だから、休みの日数でいうと、断食明けの祭りより長くなる。



まあいい、、それぞれの村にはそれぞれのしきたりがあるというもの、、

で、、、
、、、可哀想なのは犠牲になる、動物たち。お祭りの犠牲となるのです。うーむ、もちろん私もお肉を食べてるから、どこで屠られるかの違いではありますが、目の前に犠牲用のヤギ売り場ができるとなると、、心があんまり穏やかではないです。

IMG_6816_1.JPG

この売り場ができて、夜になるとヤギの慟哭でまんじりもせず過ごしたのですが、明日は犠牲祭。ここにいるヤギで明日も命があるものはほぼいないはずです。ヤギを買いに来る人も急に増えて(自分ちにヤギを置いとくスペースがないから直前購入ということになる)、ヤギも興奮していつもよりも慟哭しています。ふーーー、、、

ところで、このヤギ、、、すごく変な顔をしています。ふつうヤギというと、こういうの?ちょっと耳が長すぎるけど、、

IMG_6831_1.JPG

しかし、大きなヤギ、、ポニーぐらいある。このヤギの顔は正面から見ると細いが、横から見ると丸くてでかい。海のマンボウを思い浮かべてください。でかすぎて、とてもヤギとは思えない顔。悪魔がヤギの顔しているタロットカードとかあるけど、あれよりも怖い、悪魔もびっくりというぐらい変な顔。調べると、ダマスカスヤギ、あるいはシャーミーというらしいです。なるほど中東系なんですね。

ダマスカスヤギはジュパラの普通のヤギではありません。ふつう、そこらへんにいるヤギは、アルプスの少女のユキちゃん的な、ありがちなヤギなので、このダマスカスヤギはいったい誰が飼っているのか?ふつうには見かけない?しかもでかいから(ポニーぐらいある)危なくないか?顔は怖くないか?わからん、、、ただ、ユキちゃんだと犠牲にするには忍びないが、悪魔だとまだいいのか?顔がわるいと損なのか?、、、いろいろと、考えてしまいました。

ともあれ、今晩も哭くんだろうなあ、、、辛いなあ。
ちなみに、看板の絵と実物は全然無関係です。しかも、牛はいないし。

IMG_6830_1.JPG


Merdeka Indonesia インドネシア独立記念日まであと一週間。ともあれ犠牲祭が明日なんで、この一週間はお祭りムード一色になる。

Indonesian Independence day next Saturday

IMG_6887_1.JPG

紅白の垂れ幕に、紅白の飾り、、、インドネシアの独立記念日はちょうど一週間後。
町も家も、どこもかしこも記念日の飾りで埋め尽くされ、独立記念日ビジネスは大流行り中。

うちの事務所も、中も外も隙間なく飾られ、、

IMG_6893_1.JPG

これなら、日本の紅白の幕とか、紅白の提灯とかもそのまま、転用できるよ。よかったね、日本とインドネシアの国旗は配色が一緒で。

IMG_6895_1.JPG

えーっと、あしたがイスラームのお祭り、犠牲祭なんだけど、、、ぜんぜん独立記念日優先だよね、、まあ、しかたない。インドネシアには五原則というのがあって、イスラームばかりが宗教ではないということなのでみんなで祝う日が優先なんでしょう。

IMG_6890_1.JPG

ともあれ、74周年記念、おめでとうございます。独立戦争で流した血も多く、この日に力を入れる理由もよくわかります。

2019年08月08日

Fort Jepara Benteng VOC 我が町ジェパラは、それは古い港町。ポルトガルの城もあれば、オランダの城もある。

Benteng VOC Jepara XVI

IMG_6845_1.JPG

Bentengというのは城というインドネシア語。VOCはその名もたかき、オランダ東インド会社のこと。そして、XVIは素直に16だよね。だから、「オランダ東インド会社第16ジュパラ城」となるのかな?標高85メートルの海岸近くにあるお城です。

IMG_6858_1.JPG

役割としては、商船の停泊地が一望できる小高い丘の上で(たぶん昔は海岸線がもっと近かったと思う)、

IMG_6870_1.JPG

荷物をつんだはしけや小型の商船が横付けする掘割を真下に見下ろすところ、

IMG_6849_1.JPG

もちろん、荷下ろしした荷物を捌くマーケットも隣接してある、、

IMG_6850_1.JPG

港の管理と防衛と、市街地の守りですね。ほんとうに、昔たぶん砲台があったところは東屋がたってる。

IMG_6868_1.JPG

現存しているのは石垣ぐらいなのかなあ、

IMG_6860_1.JPG

その石垣も往時のものなのか、修復したものがボロボロになっているのか、はっきりしません。ここのものは、新しくてもボロボロだったりするので、ほんとうに遺跡だか新築だかはっきりしないものが多いです。あー、貧乏っていやだなあ

IMG_6877_1.JPG

このタレットは、昔のものか?修復後のものなのか?全然わかりません。ものすごい修復技術というべきか、昔から全然進歩のない技法というのか?その差は大きい。

IMG_6876_1.JPG

この城は17世紀にはもうあったそうです。たぶん日本の平戸にオランダ商館ができたのと、だいたい同じ時期にジェパラに商館とお城ができたと思っていいと思います。東南アジアのオランダ勢力は後発のイギリスに駆逐されたところが多いのですが、戦いに疲れた両者の条約によってインドネシア一帯はオランダ領として残りました。ほんとうに、インドネシアと日本がオランダの拠点だったのです。オランダ人と中国人のお墓もお城の一部に残っています。オランダ人てお墓が好きだよね、世界中オランダ人の通った後って、きれいなお墓がいっぱいある。

IMG_6844_1.JPG

この、ジュパラ城は、いまでは公園として整備され(たぶん整備されているようにみえる)、若い女子うけする白壁の洒落た東屋や、インスタ映えする展望台、、、そして、デートのメッカとなっています。末永く平和であるといいですね。

IMG_6872_1.JPG