the MY Pantai Timur telepraph

2018年07月16日

Melaka visit in June (3) Be Human not Selfieman ジーンズ小物の売り上げでインドネシアのへき地の小学校建設の役に立てるのだ!小さい積み重ねでできること、そんなのタカが知れているという人は、やってみたことが無い人。やろうよ。

Making Jeans cloth bags for dream. your dream and my dream and our dream.

IMG_2262_1.JPG

「ミシンで学校を作る」というのは、伊達や酔狂じゃないです。本当にわずかながらでも前にすすむスマトラでの小学校建設。いろんな人が少しづつ自分のできることでお金を稼いで、そのお金を持ち寄って、小学校をつくる。一人の力では微力だけど、微力が幾重にも重なれば、もはや微力とは言えない力が生まれます。

IMG_2261_1.JPG

作っては売り、作っては売り、あちらにバザーがあると聞けば、ミシンを担いでバザーに参加。もちろん、オーキッドはそのホームです。

IMG_2224_1.JPG

作っているのは英国人のリーさん、、、この日はカシミール屋さんで素材選び。中古絨毯を切ってバッグに仕立て直したりもします。

IMG_2270_1.JPG

私が欲しいのは新しくかったアイパッドを入れる袋。ねえ、そんな袋ある?
ううん、無い。でも、作るからサイズを測らせて、、

、、ということで、私のために特注品。リーさんは小回りが利くのでお客さんは出来合いのものを買うのではなく、欲しいものを作って買ったりもできます。

できたもの、、

IMG_4476_1.JPG

アイパッドがすっぽり、、というか、これに合わせてサイズを作ったし、内側も柔らかい布で仕上げられてアイパッドが傷つかない、さすが、芸が細かい、、、

IMG_4477_1.JPG

手提げのところにはベルトのループがついてる。なんと、これは便利かも。

IMG_4475_1.JPG

いいよね、、

IMG_4478_1.JPG

IMG_4474_1.JPG

マラッカ土産は、、できあいのものじゃなくて、欲しいものを作ってもらおう!

IMG_2223_1.JPG

Melaka visit in June (2) Orkid @29 Guest House ジョンカーウォークの近くにあるのは、オーキッド29。エミリーホームの新しいゲストハウスで、できたばっかり。

Orkid@29 is located next to Jonker walk in Melaka

IMG_4205_1.JPG

いつものエミリーホームが今年になってジョンカーウォークの隣に新しいゲストハウスを立ち上げました。その名もOrkid@29。
ティナさんやその仲間たちのセンスの良い中古再利用の(とは到底思えない)家具や調度品で、世界遺産マラッカの落ち着いた雰囲気がそこかしこに薫る大人なゲストハウスです。

IMG_2241_1.JPG

さすがに、町はずれのエミリーと違ってオーキッドは観光客が目の前をおもいっきりたくさん通り過ぎるので、いろんなものを売ることにしました。リーさん手作りのジーンズ地の小物はもちろん。

IMG_2245_1.JPG

料理好きなティナならではのお菓子や軽食、それにジュース。さすが南国マレーシアは暑いので安くておいしいジュースは人気の的。
ゲストハウスはというと、私は2階の道路に面した部屋に泊まりました。予約サイトでオーキッドを直接予約する手続き中(もしかしたらもう予約できる?)だったので、エミリーのほうで予約して宿泊はオーキッドにすることにしました。飛び込みで「部屋ある?」というバックパッカーも泊ってます。

IMG_2253_1.JPG

目印は竹の植木鉢、、といわれたけど、この通り、、竹の植木鉢はいっぱいある。。。

IMG_4199_1.JPG

このときは、なーんとボランティア募集中。1日に5時間ぐらい働くと、宿泊代はタダということです。
わあ!なんと素敵なアイディア、、というか、やってみたい、、、けど、そんなに長く泊まれない、、

IMG_4200_1.JPG

夜はお店は閉めて、宿泊の人だけがカギをあけて中に入ります。なんと、私のバイクもお店のなかに入れてもらえました。
安全は抜群、、

IMG_2283_1.JPG

客室数は4部屋ぐらいとこじんまり。だから、騒々しくない。だいたいがエミリーと同じく、大人なお客さんが多いし。泊まり客の集う寛ぎの場所は広いし、自炊キッチンもあるし、長期だったらオーキッドの一押しですね。

IMG_2257_1.JPG

2018年07月14日

Melaka Visit in June (1) 狂暴なマラッカ!阿鼻叫喚の世界か?マラッカは不思議な町

Visited Melaka in June

IMG_4236_1.JPG

恐るべし阿鼻叫喚のマラッカ(笑)。
もっとも、その恐怖に打ちひしがれるのが、この恐竜。口は何かの血で赤く染め上げ、、子供たちは歓声を上げながら手を差し込む。場所も自然史博物館というオランダ広場に近いことから、多くの獲物を狩るのに便利だと思います。

もちろん、中国寺院も恐怖のるつぼ、、目つきの悪い生き物に目をつけられたら、逃れるすべはないです。おそろしや。

IMG_4316_1.JPG

IMG_4453_1.JPG

マレーの戦士。これは、マジで怖いです。目がいっちゃってます。そのうえにクリスを持ってるし、、狂人に刃物。いや、バンビに刃物か?

IMG_4392_1.JPG

そんな物騒なマラッカでは身を守るものが必要。マレー・イスラム博物館では自由に鎧とカブトが借りれます。何か月か前に来た時は槍もあったのですが、誰かが戦いに使ったのか?槍は見当たりませんでした。ちなみにこの鎧とカブトはイスラーム式(ペルシャアラブ式)であって、マレー式ではありません。というか、マレー式というのはあるのか?

IMG_4420_1.JPG

鎧の下に鎖帷子を着ることができるのですが、、これが超重い。重くて着れない、、というか、持ち上げられない。

IMG_4449_1.JPG

昔の戦いは体力勝負。こんな重いものを着てたら、まず、闘う前に動けない、、、が、頑張る人は頑張ったみたい、、

IMG_4424_1.JPG

IMG_4423_1.JPG

IMG_4425_1.JPG

ありえんなあ、平和が一番です。

2018年07月12日

Sherwood Restaurant @ Kuantan シャーウッドはおそらくクアンタンで一番おいしい洋食屋さん。看板はあやしいけど、ちゃんとトリップアドバイザー上位をいつもキープしている。

Sherwood Seafood restaurant is a sister shop of Cherating Steak House. So good.

IMG_4485_1.JPG

クアンタン版の「スーパー成城石井」みたいな立ち位置の「パンタイスラマッ」。その建物と一緒で隣にあたるのが、クアンタンで指折りの洋食屋さん、シャーウッド。とっても有名。というか、知る人はみんな知ってる。知らない人は洋食屋さんに行かない人、、というレストラン。

バイクが納車されて最初に乗った時、タンクにガソリンが無くて道路でガス欠で止まった、、、のが、まさしくこのシャーウッドの真ん前。
バイクがガス欠で止まるというハプニングが無ければ絶対に気が付かなかったはず。ともかく、そのときはこの店さきでバイクをとめて、「なんで止まったんだろう(ガス欠ということに最初気が付かなかった)」といじっていると、お店の人がコップに水くんできてくれた。とっても喉が渇いていたので感謝感激。そして、数日後、こんどはお客としてこのお店に来ました。

IMG_4481_1.JPG

私のおすすめは、まず、ロブスターの濃厚な味のスープ。これは絶品です。日本で飲んだら超高いはず。

IMG_4484_1.JPG

このスープは外せません。そして、シーフードスパゲティ。このお店の売りはステーキなんだけど、わたしはクリームソースのカロリーの高そうなスパゲティが好き。この日ばかりはカロリー無視。

内装も凝ってるし、姉妹店のチェラティンステーキハウスほど広くはないし、うるさくもないし、お酒もあんまりない。純粋に食べて楽しむお店で、仲間とワイワイガヤガヤしたい人には向かない。そういうひとは、メニューが一緒だから、チェラティンステーキハウスのほうに行けばいいと思う。こちらは、大人向けだよ!

IMG_4482_1.JPG

2018年07月10日

Erhu ニ胡 送別パーティで二胡を弾いてもらった。うーむ、二胡は見るからに難しいが、弾くともっと難しい。これは楽器が人を選ぶやつだと思う。

Erhu is so beautiful and so difficult to play.

IMG_4588_1.JPG

めじろ押しにあった、送別会。いよいよマレーシアを去るという情緒も盛り上がります。
ヨガのクラスはそれでなくても、なにかと言えば口実をつけてみんなで食事をするクラス、、、まあ、いいや、ありがとう。おかげで、クアンタンの食事ライフが豊かになったのはヨガクラスのみなさんのおかげです。

ベジタリアンのお二人と一緒に食事をして、最後に友達が二胡を弾いてくれました。私はこれはてっきり胡弓なんだとおもって、Wikiの胡弓の中国語版に行ったら、、、なんと「胡弓とは日本の弦楽器」と書いてあるではないか。「胡弓」のどこにも中国のなんたらで、、といった説明がありません。あれは日本の楽器、日本で作られたもの、中国の楽器ではありません。。。そっか?それは知らなかった。

IMG_4586_1.JPG

じゃあ、友達の持っているこれはなに?
「ああ、これ?これは、「ふー」だ」
ふー?あ、胡のことね、ふー、、と読むのか、、
ちなみにベトナム建国の父の、ホーチミンは漢字で書くと胡志明。

、、ということで、日本の胡弓と中国の二胡は全く似たところのない別もんらしいです。Wikiによると、日本の胡弓はもっと東南アジアに起源をもつ可能性が高い、、らしいです。ちなみにベトナムのホーチミンとは関係ありません。

ちょっと持たせてもらいました。まず、弾いても音がしない。弾いたら音がするバイオリンとは大違い。超絶難しい。

IMG_4590_1.JPG

まず、弓の毛が2本の弦の間に入ってる?は!ありえんだろう、

IMG_4601_1.JPG

どうやって、こんなことになるのか、、って聞いてみたら、、ほら、ここで毛を外すんだよ、、

IMG_4600_1.JPG

これも、ありえん!バイオリンではありえないです。それに弓の毛を引っ張るのは?なんと毛と弓の間に指を入れて毛を持ち上げてテンションをかけるらしい、、うーむ、弦楽器の奥は深い。

バイオリンを弾いてると、なんでもバイオリンを基準に考えるけど、そうではないのだ、、ということ。
それに左手だって、指板がなくて、直接弦を押さえるだけ。全音ハーモニクスといってもいいかも。

ありがとう、私の送別会に相応しく、勉強会ムードになりました。

2018年07月03日

Pizza Hut@Kuantan そらあもう弱小な我が町とはいえ、ファーストフードのお店はいっぱいある。ケンタッキーなんて数え切れないぐらい。私がいくのはピザハット。時々、もうれつに炭水化物がとりたくなる。

Pizza Hut is one of popular fast food shop in my town Kuantan.

IMG_4513_1.JPG

ピザハットなんてどこにでもあるじゃないか、、何か特別なことでもあるのか?と思う人!
そのとおりです。ピザハットもドミノピザも、我が町にはいくつもあります。

マレーシアは外食が盛んなところ。これは伝統的に外食が盛んなのか?外食文化のある中国人の影響なのか?よくわりませんが、外食文化は盛大に花開いていて、そこら辺のひとでも、「ちょっと通りにテント張ってお弁当でも売れば現金収入になるよね」とか思うぐらいです。

それに比べて、サウジアラビアも日本も伝統的には外食文化がぱっとしなかったところで、最近では、、ともかく、昔は、、の話になると食堂といったものがそれほど華やかじゃなかったです。お弁当文化ですね。マレーシアでは小学校にもレストランが入ってます。

IMG_4511_1.JPG

ピザハットは、、何故取り上げたのか、、というと、単に好きだから。マックは悪くない。KFCはいま一つ(鶏のから揚げはマレーシアの国民食の一つでけっこう美味しいので、KFCが見劣りする)、ほかもまあまあ、、で、私はピザ好き。

すんごい洒落たイタリアーンのお店もいいけど、こういう肩肘はってないお気楽なお店は好き。味だってコンビニで売ってる世も末レベルのピザに比べたら10倍おいしい。くつろいでるのは、、私だけじゃない、、、むこうの女性、、、サンダルが床に転がってるけど、足はどこ?

IMG_4514_1.JPG

足は、、椅子の上。床生活のマレーシア伝統マレー人の間では、あぐらをかく習慣がある。勉強は座卓、食事は床、家ではいつも胡坐をかく。
でもって、こういうお気楽なお店では、つい、アットホーム At home 「家にいるよう」だから、気づかずに椅子の上であぐらをかく。
事務所でも熱中すると、女性はいつのまにか事務椅子のうえであぐらをかいてることがあるけど、こっちのほうが、気が散らない?のかもしれない。

IMG_4517_1.JPG

そういう私もサンダル人生をまっしぐらに進んでいて、、靴がはけない。履いてもいつのまにか脱いでる。。

Super Star マレーシアで特になんの説明もなく、いきなり「スーパースター」!と言われたら、この人のこと。ラジーニさんは、誰からもスーパースターとふつうに呼ばれていて、なんで?なんの?スーパースターか?と訊くのはウルトラ野暮。ともかく、ほぼ固有名詞化している。

Superstar Rajini, he is the superstar.......

IMG_4520.JPG

去年だか、一昨年だかは、Kabaliがヒットした、我らがスーパースター。マレーシア人俳優で一番有名かもしれない。私も映画館で見ました。

ポスターで名前をみるまで、この人に「スーパースター」以外の名前があるとは知らなかったよ。それほど、広くスーパースター呼ばわりされているのが彼で、マレーシアではスーパースターといえば、ほぼ固有名詞化して彼のことを指します(たぶん)。

えーっと、それは「若大将」といえば加山雄三、、というのに似てるのかな?彼以外に若大将は一杯いるのに、ふつうに「若大将」といえば、彼、、みたいな、そんなノリが、、われらが「スーパースター」。

でもね、、昔、こういうヤクザ映画でヒットしたおかげで、その後、どの映画も同じような役回りばかり。
どの映画をみても、違いがわからん、、状態です。

彼のファンが、、、「あんなに大ヒットしなければ、彼がやくざ役に縛られることなかったのに。あるいみ可哀相といえるよね」

、、と、言ってました。
がんばれ、スーパースター。きっと、現状打破できる何かがあるよ。

2018年07月02日

The best color in Malaysia マレーシアで、一番綺麗な色は何かというと?もちろん、この果物の甘酢漬物。果物のデザート、、というのか。味は置いといて、、色はいちばんマレーシアらしいビビットな華やかなもの。

Sweet & Sour Fruits,, the best color in Malaysia.

IMG_4522.JPG

私が選ぶ、マレーシアで、いちばんきれいな色。
それは、この果物の甘酢漬物。まあ、味はとりあえず置いといて、、というのは、色の美しさには惹かれるけど。味的には?ラッキョウ味。そう、ラッキョウも甘酢だもんね、果物というのが違うけど、ラッキョウらしい味はします。

、、、いや、味は置いといて。この色。なんと派手で華やかな色。
そのまま食べるとラッキョウだから、こまかくして、アイスクリームのトッピングとかにすると全体の甘さをピリッと引き立てるのだと思う。
、、、いや、だから味は置いといて、、、

色彩の氾濫のようなマレーシアでも、
これだけの色は、他にないと思う。

Tofu and Noodle @ Sg. Lembing Station in Kuantan スンガイレンビンまで行かなくても、クアンタン市内で正宗林明麺を食べさせるところがある。ちなみに正宗は本物・本家という意味。馳名とつけば、名を馳せてるということ、、あ、これはそのまんまか。

Sg. Lembing Noodle and Tofu @ Sg. Lembing Station

IMG_4499_1.JPG

林明駅という名前のレストランがクアンタンにあります。知る人ぞ知る、、というより、みんな知ってるレストラン。
ここでは、スンガイレンビン(林明河)名物の麺と豆腐が食べられるレストラン。わざわざ1時間かけていく必要ないのだ。わーい!
クアンタン名物の食べ物といえば、この「林明麺と豆腐」です。ありとあらゆるガイドブックには必ず載ってますが、、

本場のスンガイレンビンでは、、、時間が遅いと売り切れて食べられないというしろもの。
が、、、なんと、クアンタン市内で、午前中にいけば大体間違いなく食べられるという、とってもお得なレストランなのです。しかも、この店に飾ってある漢詩が額。お店の名前を織り込んで、なおかつ、縦から読んでも、横から読んでも、最終行から読んでも、ちゃんと格調高い詩になっているというものすごいもの。この額を見るだけでも一見の価値がある。

IMG_4498_1.JPG

麺としては「湯と干」の両方あります。さらに、5つまでトッピングを選べるし、トッピングの中に豆腐もある。
ただし、普通の湯豆腐は肉(豚肉)が挟み込んでいるので、注意が必要。

だから、揚げ豆腐みたいのを頼んで、食べる。

IMG_4500_1.JPG


どれぐらい美味しいかというと、、、なんと、あろうことか、料理の写真を撮るのを忘れるというほどおいしい。

IMG_4501_1.JPG


2018年07月01日

The last violin lesson in Khoo academy of music and art (3) 懐かしいスタジオ。ここに戻って来る日はもうないだろう。だって、改装工事があるっていうし。もし戻ってきても、それは新しいスタジオということになる。さよなら音楽留学の日々

Justin's studio

IMG_4561_1.JPG

ジャスティンは専従教師だから教室が休みの月曜以外は毎日がしごと、、とはいえ、食事時間は退出します。私のレッスンが夕食後最初のレッスンなので、私が早目に教室に来るとジャスティンは夕食中で留守。私はチューニングと練習がしたいので、ジャスティンの留守を狙って、カギを受付でもらって、部屋にはいる。まずは、部屋の明りをつけて、エアコンを入れる。

IMG_4555_1.JPG

バイオリンを予備のピアノ椅子に乗せて、取り出す。そして、楽譜を置き、チューニング。

IMG_4556_1.JPG

IMG_4567_1.JPG

毎回、毎回、この動きの組み合わせ。今はどってことないけど、後になって懐かしいと思うはず。
音楽理論とか、説明があるときの机はこちら。

IMG_4553_1.JPG

このあいだのトリニティのグレードテストの結果連絡がありました。サーティフィケートはまだだけど、音楽理論は99点。実技は75点だそうな。それぞれDistinctionとMerit。理論は前回から点数を上げ、実技は10点近く点数を下げてしまった。Meritでもぎりぎりのところ、前はDistinction寸前のMerit plusだったのに。理論は満点の自信があったのだけど、1点、、どうしたのだろう?そもそも配点で1問1点のところがなかったから、1問10点とかの問題で、ちょっとなにかに躓いて1点減点されたんだなあ、まあ、しかたない。実技は、、まあ、そんなところかな。盛大に間違ったことを考えれば、まだMeritでいられただけでもありがたいです。

IMG_4566_1.JPG

そして、ジャスティンが来ると、最初にするのは伴奏のピアノの蓋を上げること、、、

IMG_4558_1.JPG

最終レッスンは2018年6月28日。2年8か月。うーん、ありがとう。こんなにバイオリンが続くとはおもわなかった。
これからも、怒りや悔しさをいった負のエネルギーをため込んでバネにしよう。本当は楽しいけどね。もう、バイオリンを愛しているといっても過言じゃないレベルだけど、いやいや、エネルギーは負のほうが馬力があるから、そっちを使おう。

これからも、よろしくお願いします。Khoo Academyにはお世話になりました。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする