the MY Pantai Timur telepraph

2017年10月18日

成功する秘訣


IMG_2720.JPG

はて?成功の秘訣?
傍から見ると、私は、「成功!」と呼べるものには程遠いです。うんにゃ、傍からみなくても、あんまり成功はないかもしれない。じゃあ、「失敗だあ」というのは?うーんと、いや、、ないなあ。

よく考えると、本当によく考えたんだけど、そもそも、成功とか失敗とか考えたことがなかった!わはは!という結論でした。つい今、勢いで、なんとなく、ブログのタイトルに「成功する秘訣」と打ち込んでから、はて?と内容を考えたのだけど、良かった。良いタイトルだった、自分でものを考えるきっかけになったよ。

いままで「成功とか失敗」とか、考えたことなかった、、ということも考えたことも無かったので、まるっきり、びっくり。ふと打ち込んだ文字に、逆に打ちのめされた感じ。

これからも、きっと何も考えずに生きていくんだろうけど、世の中には「成功」とか「失敗」とかにこだわっている人もいるのが、なんか超不思議な生き物に見えます(現実するプレデターというレベル)。

ただ、似たようなもので、少し前に流行った「勝ち組と負け組」については考えたことがあります。流行り言葉だったもんね、はて、今で使うのだろうか?私が理解しているのは明快、<生活に「勝ちとか負けとか」いうものがあると考えた時点で、負け決定!>
自称勝ち組とかいう人が偉そうに発言するのをみて、「ああ、可哀相に」とかしか思わないもん。

それに引き換え、「成功」「失敗」ねえ、、考えたことなかったのは、きっとそんなもん無いからでしょ。

posted by NAOKI at 00:29| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Diary 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

kempan keselamatan kebakaran 2 本物のヘリにしか見えないよ

I thought it was a real chopper, not a car.

IMG_2793.JPG

火災安全キャンペーンの正面にあったヘリコプター。
入口のところだから、遠くからでも見えたのだけど、、「へえ!どうやってヘリを運んだのだろう」と驚き!そして、近づくと、、なんか違う、「ああ、ヘリのモックアップか、でもどうやって運んだんだろう」。違和感は、あまりにもヘリの底が地面に近いこと。本物のヘリは車高(ヘリ高?)が高くてシートに座るには、よじ登るという感じだもん、こんなに車高が低いことはないです。

IMG_2794.JPG

で、車高に目が行ってよく見ると、タイヤが太い?うーむ、どうみてもヘリのタイヤじゃないよね。しかも、タイヤが4本ある?なんで?前輪が2本あるのは、、まあわかるけど、後輪は中央に1個じゃないと舵が切れないよ?不思議なヘリ、、というか、ヘリの模型だなあ、、、と思ってたら、、、

IMG_2795.JPG

なんと、運転席のハンドルが自動車と一緒の丸ハンドル。え!ってよく見たら、自動車じゃないか!本物の自動車じゃないか!なんとハイエースに本物のヘリのプロペラや外装をくっつけて、どうみてもヘリにしか見えない外見に仕上がっている、、なんか、超おどろき。確かに、、よく考えると、本物のシーキングみたいなヘリはもっと大きいし、こんなんじゃないだろうけど、、まさか本物の自動車とは思わなかった。すごいよね、これだと、、

「どうやってヘリを運んだのだろう」という答えは、部品を適当にとってトレーラーで運んで、会場内は自走なんだよ、、、ということですね。自走するヘリ、、、という発想はなかったです。それに、とっても良くできていて、まんまと騙された。(運転席のドアが開いてなかったらわかんなかったかも)。すっごい、なんか、本当にこれを作り上げた人って、こういう改造が好きで好きで、細部まで愛がこもっているのがよくわかる。

ありがとう、いいもの見せてもらいました。

posted by NAOKI at 00:05| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Diary 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

kempan keselamatan kebakaran 1 火災安全キャンペーンで日本の自転車発見!

Fire & Safety Campaign @ Kuantan. I found Japanese bicycles.

IMG_2803.JPG

うちのすぐ近くで行われている「火災安全キャンペーン」。消防車とかイベントカーとかいろんな車両があつまって、わりと広い敷地で行われている、大掛かりな規模のキャンペーンです。どうやら全国規模の催し物を今年は持ち回りでパハン州でやることになった、、といった風情。

IMG_2777.JPG

展示している消防車両も先端的で、予備車両展示になりがちなこの手のキャンペーンにしては、ちょっとびっくりな感もある。ところで、目を引いたのは自転車。

IMG_2800.JPG

歴史的自転車、、なのか、町内の簡易消防自転車なのか、、?赤いバケツが可愛らしい。

IMG_2801.JPG

でも、目をひいたのはそこじゃなくて、これ!何やら見覚えのあるマーク。こんなのが製造元のマーク?郵便局のマークにしか見えないんだけど、、、

IMG_2799.JPG

、、、で、サドルの下をみると、、日本の郵便局じゃないか、、おや、びっくり。石川県の松波郵便局をおもわずGoogoleで検索までしてしまったよ。能登半島の北端で警察の管轄は珠洲市らしいですが住所は鳳珠郡になるのですね。ついでに珠洲市まで調べてしまった、、、本州で最も人口の少ない市らしいです。

おーい!鳳珠郡のみんなー、元気にしてる?私はマレーシアで元気です!(自転車の声)

IMG_2786.JPG

どうやら、日本の政府援助で中古自転車の無償供与が昔あったようです。今でも海保装備の中古のものとかの供与を定期的にしているけど、そのはしりかなあ。こっちは大阪ですね、、

IMG_2802.JPG

まさか、こんなところでかって日本の野山を越えて走っていた自転車を見かけるとは思わなかった。郵便物を入れてたハンドル前の袋のサポートなんかも、そのまま。

しかも、日本の郵便局の塗装がそのままマレーシア消防局の塗装として使えているし、老後をマレーシアで過ごすのは昨今の流行だけじゃなくて昔からあったのですね。

IMG_2785.JPG

可愛らしい赤いバケツ。今だったら消火器にしてほしいところかも、ま、今だったら自転車で駆けつけるよりバイクで駆けつけるか、、、。火災対策はスピードが勝負だしね。でも、なんか味のある自転車でその場を立ち去りがたいです。


posted by NAOKI at 01:35| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Diary 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

Ombok Cafe Today 今日のオンボクカフェは夕立の中

Ombok means "Wave". some spells Ombak.

IMG_2701.JPG

サーファーカフェ・オンボクは1か月ぶり。
お店はものすごく改造してあったのでびっくり。隣の空き家をサーフィン教室にしたらしいです。しかも、教室でつかうボードになぜかガスケットアレイの文字が?ガスケットアレイといえば、新しくバイクのハーレーのディーラーになったところ。なぜ、サーフィンとハーレーが?

IMG_2719.JPG

でも、まあ、考えれば、サーファーとハーレーってつながる文化があるのかもしれない。きっとそれは片岡義男の世界なんだろうね、、大昔、かって片岡義男の本は私のバイブルだったけれど、長い年月を経てここで成就か?

ガスケットアレイのFBにも確かにオンボクとのコラボの記事が載ってた。なるほど、、、知らないところでつながりあっているのか。おそるべし。で、コラボしてどうなるかというと、このビーチでハーレーの走り比べもやるらしい、おおお、ついに、ここがマレーシアのディトナとなるのですね。聖地誕生の瞬間に立ち会ってるかもしれない。

お店のマスターに聞くと、来月から始まるサーフィンシーズンの前にお店を改造して、シーズンを楽しく乗り切ろうということらしいです。室外のテーブルも増えたし、外においてあったボードは教室のほうに移動。

IMG_2716.JPG

お昼ごはんは食べてから来たので、珈琲とケーキ。うーむ、なんか最近、このパターンが多いなあ。ダイエットの大敵なのに。

9AD55728-995F-4BD1-826F-93C7A78F71BE.jpg

お店の改造に合わせて?なぜかマスコットにネコが登場。これも、シーズンに合わせて投入か?きれいなネコです。黒猫なので日が当たっても何故かシャドウにしか見えません。

IMG_2721.JPG

さて、これからケーキ、、というところで、急に夕立。雷鳴もとどろく。

09C52E4C-8D18-44F7-AE20-4D941D4C42F1.jpg

シーズン前の閑散としたビーチの昼下がり、、サーフィンカフェでまったりとした時間に雨音は素晴らしいバックミュージック。どっちにしろ、なんの用もないので雨が止むまでここでじっとコーヒーを飲んでよう。

IMG_2711.JPG

本当に、ここはくつろげるよね。ちょっと信じがたいほど。

IMG_2728.JPG

まあ、夕立なので止むまでにはそんなに時間がかからないけど、ずーっと降り続いてくれても構わない。このカフェでサーフィンのイメージに囲まれてモチベーションも上がる。この勢いで、このモンスーンの時期はサーフィンにがんばろう。もうシーズンも4期目だもんね、上手くなってもおかしくはないはず、、というか、なんで今はこんなに下手なんだろう。ま、いっか。

IMG_2727.JPG

オートバイ、海岸、サーフィン、カフェ、コーヒー、急な夕立と激しい雨音、ゆっくりとした時間。
おそらく、私が読んでた片岡義男的な要素が、今日は何故か感動的にある(無いのは恋愛か?ま、それはしかたない)。

posted by NAOKI at 23:49| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Trend おしゃれ番長補欠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

苦労したからえらいわけじゃない

Film photo is taken at Dubai or Muscut in 2000. I don't remember the location. Before digital camera come.

oman diving 47.jpg

ミレニアム2000年の写真の整理中。水中写真は、、今の判断レベルでいくと「なぜこんなもんが残ってるんだ」と写真の存在すら不思議なぐらい変な写真ばっかり。サカナの尻尾だけ、、とか。揺れる体でファインダーなんて見なくて勘で撮るけれど、シャッターを押すのと写真が取れるのの間に時差があって、その間にサカナが泳いで、、けっきょくわずかに残った尻尾の先だけ写真に残っているということ。

、、、しかも、まだそんなのはいいほうで、24枚のフィルムで尻尾の先すら写ってない青い写真が半分。ぶれぶれで何がなにやら分からない写真が残りの半分。そして奇跡の1枚が動いてない魚。それすら17年の歳月で色がとんで、もはやなんだか?というレベル。ふーー、苦労語りをしてしまった。

oman diving 40.jpg

だからって、いまどきのデジタルカメラから水中撮影に写った人に対して、「ふふふ、フィルムの24枚目が終わったあとに、すばらしい大物が出現するというジンクスがあるんだよ」、、とか言ってもしかたないです。本当にデジタルカメラはすばらしい、おかげでサカナの尻尾だけというのも無くなったし、色あせないし、奇跡だよ、、。あんなフィルムカメラの苦労なんてするもんじゃない(フィルムにお金がかかって、現像にお金がかかって、保管に場所とるし)と思う。

でも、人によっては、「苦労してからが一人前」とかいう、苦労教の布教師みたいな人がいて、苦労してない人をみると猛烈に腹が立って、ぜったいあいつに苦労させてやる!という情熱に駆られます。私はあんなに苦労したのに、苦労してない人が許せない、、的なやつ。

俺は残業するのに、なんであいつは定時で帰るんだ?帰るときは、何か手伝いましょうか?とか言うのが常識だろう!ふざけすぎ、あいつにも何かいいつけて付き合い残業させてやる。。。というような奴です。こんな人は淘汰されてほしいけど、自分が常識だと思っているから、、淘汰されないよね。頭がいたい。

苦労は必要ない人には全然必要ないんで、無理に苦労させてあげることはやめましょう。
苦労しなくても人は一人前になります。というか、生まれてからずーっと人はちゃんと一人前だよ。

ラベル:苦労しない
posted by NAOKI at 16:31| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Education 教育学部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苦労は買ってでも?いや、売る気も買う気もない。

I was living in Cairo begining of 1990's for 3-4 years.

cairo 2a.jpg

私がカイロに住み始めたのは1991年らしい。もう遠い記憶でわざわざ昔書いた履歴書を引っ張り出してきて年を確認。私にとって2度目の海外生活です。3年か4年ぐらい住んでたけど、楽しかった。楽しかった、、というか、楽しい記憶しか残ってないけど、苦労したような気もする。不思議なもので楽しい思い出しか残ってないんだね。

当時はインターネットはおろか、ファックスだって高嶺の花(特にエジプトは持ち込み禁止だった)。ふつうに生活してたら何の記憶も残らなかったかもしれないけど、山ほど写真をとってたから「ああ、これは、あれだ」とか思い出します。もし当時ブログをつけてたらどんなこと書いてたんだろう、、ちょっと気になります。上の写真は、私が住んでたムハンディシーンの家の前。スーダン通りにミニバスがいっぱい止まっているところ。アルドリワーといって鉄道の踏み切りがあったのですが、今はどうなってるんだろう。

役に立つことはあんがい苦労として認識してないです、むしろ後から思い出すと楽しかった!マラソンとかでも30キロあたりから急に苦しくなるんだけど、あれを苦労と思ってたら二度とマラソンなんてできない。

若いときの苦労は買ってでもしろ?買うような自立した苦労はマラソンと一緒で苦労といわず楽しみです(マラソンだって出場料払うし)。これが後々経験として生きてくるし、役に立つこともある(当社比)。でも、押し売りされて嫌々させられる本物の「苦労」は、するな!といいたい。もちろん苦労したがる人もいるけど、私は苦労なんてまっぴらごめん。苦労なんて役にたたないし(当社比)。もし同じ言葉を私が言うなら、

「苦労は自分の金で買え、決して押し付けられるな」

「海外生活は楽しいだけじゃなくて苦労も多い。苦労を知らないのはまだ分かってない証拠」とかいう人には、はっきり言いましょう。そう?じゃあ、あんただけ苦労してれば?わたしは苦労なんて全く関心ないです。苦労自慢も苦労の押し売りはやめてね。人生、たのしんだもん勝ち。

ラベル:苦労しない
posted by NAOKI at 11:25| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Education 教育学部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

Cycling Sunday 日曜日は自転車を

Cycling Sunday returns.

IMG_2635.JPG

日曜日はサイクリング!というのをずっとやってましたが、ラマダン月以降はとんとご無沙汰でした。3か月ぐりぐらいに日曜日のサイクリングを再開。久し振りのシューズ。

IMG_2614.JPG

朝早くから出発。まだちょっと薄暗いです。

IMG_2612.JPG

久し振りに快調にとばして40キロ地点のマックで朝ごはん。

IMG_2615.JPG

さすがに疲れてたのか、珈琲のおかわりとかでダラダラ1時間も過ごしてしまった。全然だめじゃん、さっさと進まないと、、、

空は青く、気持ちがよく、

IMG_2623.JPG

自転車には今回日本で買ってきたスズを付けてます。しかし、乗ってから気が付いたけど、この音って、アイスクリームの行商の自転車のスズとおんなじ音じゃないか!

IMG_2622.JPG

だから、ビーチに行くと、みんなが「アイスクリーム屋さんが来た」と言って振り返る。すんません、アイス屋さんじゃないです。

IMG_2637.JPG

ふー、、60キロあたりから疲れて、休み休み、、、このハンドルから突き出たモノは?そう、洗濯物干し場でした。

IMG_2627.JPG

とりあえず、バス停のベンチに座って、汗をぬぐう。洗濯物も干す

IMG_2647.JPG

処置もする、、

IMG_2649.JPG

うーーー暑い。

IMG_2640.JPG

まわりをみると、水路の掃除が終わった跡がいっぱい。あちこちで水路掃除が終わってる。10月はじめは水路整備月間とかなのか?とおもうぐらい。

IMG_2639.JPG

この辺から天気が悪くなって、厚い雲が、、

IMG_2645.JPG

、、、と思う間もなく、土砂降りの雨。しかたないので、近くのレストランに入って休憩して、お店の人といろんな話をして、汗も拭って、水分補給をして、冷たいもの食べて、、、それまで気が付かなかったけど熱中症の1歩手前だった。よかった、ちょうどいいところで雨が降って雨宿りができて。そのまま進んでいたら倒れてたかもしれない。

雨があがって、再びサイクリング。

IMG_2626.JPG

全部でなんと7時間もかかってしまった。でも、楽しかった。やっぱり、日曜日はこうでなくてはね。

posted by NAOKI at 22:26| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Fitness & Health 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

My Blog 私のブログとは?自分でもよくわからん

Blog is a word made by Web+Log. I did not know it till today.
Below fishermen photo was taken at Muscut, Oman in 2000 while I was working in UAE.

2000 oman fishermen 16.jpg

上はマスカットでの漁師さんの写真。撮ったのはミレニアムと世で騒がれた2000年。で、当時は普通にフィルム写真でした。デジタルが一般になったのは、そのずいぶん後だったと思います。いま、古い写真をいっしょうけんめいスキャンして電子アルバム化してるけど、色もあせて、何がなんだかわかんない写真も少なくないです。

ブログを書き出したのは、サウジアラビアにいる時。2007年ぐらいなのかなあ、いつはじめたのか全然覚えてません。当時のやっとデジカメを入手してよろこんで、ブログもはじめました。記事の内容は今も昔も書いていることは大してかわらず、あまりの進歩のなさに愕然とするぐらい。いや、ものはいいよう、、テーマがはっきりしてぶれない、、と言い換えましょう?笑えるけど。

今も昔も、好き勝手に書いてます。日本語でみると昨今は海外ブログの書き方なるものがあって、いろいろお作法があるみたい(たとえば日本批判はしないとか、文化比較するときはフォローを忘れないとか)だけど、そんなもん気にしたこと無いです。そもそも、ブログで生活するわけじゃないし(そういう人っているの?)、誰かの機嫌をとってるわけじゃないし、一般読者(?)受けのいい記事を書くわけじゃない(そもそも私のブログをどんな人が読んでいるのかよくわからないし、、というか、分かるの?分かる方法があるの?)。

私のブログは、客観的にみて日本からの観光客が知っていると便利な記事は少ない(でも、書いている本人は超役に立つと信じているけど)。たとえば、高速E8号線のサービスエリアのトイレの綺麗なところ紹介とかものすごく役に立つはず。さらに、マレーシアとタイの国境をバイクで通過する場合、楽な通関があるゲートの紹介など、涙がでるほど便利な情報だと思う。。。が、「ありがとう役に立ちました」と言ってくれる人はいない。ま、いっか。

世の中にはブログで読者を増やそうという記事もあって、ブログは食べ物とか買い物とかの話を書くと一般受けが良いみたいなことが書いてありました。えーっと、食べ物にこだわりはないし(何でもおいしい)、買い物?買い物ってバイオリンのこと?あんまり一般受けしそうにないけど、そんなんでいいの?読んでいただける方がいるととってもうれしいけど、どういう記事を書くと読者が増えるのか良く分かりません。それに、書ける記事しか書けないし、、

あるブログに、海外ブログの場合、住んでいる場所をほめるのはいいけど、それが日本批判になったらいけないとか、日本批判するならその対応策も考えて書け、、みたいなことが書いてあって超おどろいた。好きなことを書く以外に「対応策を提起しろ」。海外のメリットとデメリットを併記しろ??頭がおかしんじゃない!そういうのを書きたい人は書けばいいし、どうでもいいと思う人は、書きたいことだけ書けば十分だと思う。もっとも私のブログには日本はあんまりでてこないけど。

別段、好きなことを好きなように書けばいいのがブログなのに、「指針」みたいのがあるのが不思議。

posted by NAOKI at 16:36| クアラルンプール ☔| Comment(0) | Diary 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Electronic Paper Music Score Device 電子ペーパー楽譜専用端末!なんと私のために?

Electronic Paper Based Music Score Device has released for selling. Like Score version of Kindle unit. possible to hand write over the page.

1.jpg

昨日、楽譜めくるのが大変だよなあ、と思い、さっそく「電子楽譜」みたいなものがあるはずだから金額をみてみよう、、と思ったら。。。あった。しかも、世界初で一昨日から販売開始。なんと私を待ってくれてたのですね?あるいは、私のために開発してくれたのですか?というタイミング。

しかも、電子端末にしては、すごい優美な仕上がりで、普通の立派な楽譜といわれても全然わからない。

山野楽器、テラダ・ミュージック・スコアと提携。
世界初の2画面電子ペーパー楽譜専用端末『GVIDO(グイド)』を店頭独占販売!9月17日より 銀座山野楽器 本店、オンラインショップ(GVIDOストア、山野WEB)にて先行展示、予約受付スタート。10月10日より販売開始(予定)。

https://prw.kyodonews.jp/opn/release/201709115510/

すばらしい!

でも、えーっと電子ペーパーって何?pdfと違うの?普通のタブレットじゃないの?、、で調べると、、ああ、キンドルとかと同じやつね、、えーっと説明はなんか難しいけど、pdfじゃないし、電子書籍端末の楽譜版ということか。うーん、ほしい。いや、なに、なんかカバンに楽譜がいっぱいあって重いし、散らかるし、それが電子端末に入れられたら便利じゃない?

なんかいいことづくめだけど、、お値段がとてもお上品な価格で、、、ちょっと手が出ない。もっと安ければ即座に買うのに、、、あ、いまのところは楽譜めくりの特訓をしておいたほうがいいか。

posted by NAOKI at 14:25| クアラルンプール ☔| Comment(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

Pasar Malam 露店市!これが生きがいかも

Visited Pasar Malam every week.

IMG_2660.JPG

毎週木曜日はうちのちかくで夜市が立ちます。
もう、これだけが楽しみで毎週木曜日がくるのを心待ちにしているといっても過言ではないです。

IMG_2654.JPG

つい、食べきれないほどの食べ物を買ってしまうし、さとうきびジュースをゴクゴクのんでしまう。

IMG_2666.JPG

ちいさな町だから、顔見知りと会うことも多いし(うーん、今日はヨガクラスの仲間とバッタリあってしまった)、なんかいいよね。こういう定期市は無くならずに、ずーっと続いて欲しいです。

こころのよりどころというか、もはや一週間の最大の楽しみ。

posted by NAOKI at 22:45| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする