the MY Pantai Timur telepraph

2019年01月08日

The last lesson 7月から12月までの6か月間。日本でバイオリンの稽古でした、あんまり上達しない生徒で申し訳ないです

I had a class room for violin for 6 months in Makuhari-Hongo, Chiba

IMG_7656_1.JPG

マレーシアから日本に帰る前、単身赴任で住むところを決めたあと、すぐにしたのがその町のバイオリン教室選び。
この町には、あたらしくできたMelody Schoolがあったので、すぐに申し込み。それから6か月、毎週欠かさず(あ、ちょっと欠けるときもあったか)、週に一回、毎週レッスンの日を楽しみにしていました。

マレーシアのジャスティンとはまた違った教え方で、よく本格的な音楽家が「xx先生に師事、00先生に師事」とプロフィールに書いているけど、よくわかった、、いろんな先生につくことで考え方が違うことがわかるし、演奏方法もいろいろと差があることがわかる。しかも、どの先生も共通して同じことを力説したりするから、「ああ、これって、本当に大切なんだなあ」とか思ったりします。楽しかったし、勉強になりました。

IMG_7653_1.JPG

ともあれ、近々単身赴任の終了なので、この教室とも残念ですがお別れ。5月に発表会やるって気合いれてたのに、、残念。さみしいけれど、まあ、こういうこともあるでしょう。

生徒の腕も能力もしょぼくて、上達度は???ですが、それは先生のせいではありません。頑張らなくては。長期的な視野で、あと30年ぐらいすると上達するでしょう。その時まで生きてればいいのですが、、

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

Opening Tumultuous Year 2019 今年は生涯で最も激動の年であることは決定済。だから、なんとかするしかない。

first action as changing motorcycle garage

IMG_7638_1.JPG

今年は、、、とっても大変な年になる予定です。もう昨年末から、じわじわと変化が始まってたけど、これからもっと激しい変化になる予定。
だから、津波みたいな激動に備えて避難すべきは、避難する。保護すべきは、保護する。

とりあえず、バイクの駐車場をこれまで長い年月使っていたところを解約して、移動。何も不満があったわけじゃないけれど、少しでも値段の安いところにかえました。今日、これからバイクを移動、、、この6番スロットに戻る日はもうありません。なんか、悲しいなあ。

IMG_7632_1.JPG

シャッターの前、いざ出発。さようなら、長らくお世話になった6番スロット。使い心地も良かったし、馴染んでたし、電源もあったし、なんといってもうちから徒歩圏内だったのに。

IMG_7639_1.JPG

、、、そして、新しい駐車場に到着。まあ、こんなもんでしょう。これから、長い間のバイクの宿となります。よろしくお願いします。
新しい出発というより、後ろ向きな避難というのが正直なところなので、なんか、ウキウキ感もないし、ちょっと残念。まあいいでしょう。これから、もっと、もっといろいろあるはずだし。

IMG_7640_1.JPG

げげ、、右のサイドボックスの蓋、、空きっぱなしで走ってきたのか、、

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Motorcycle Touring バイクとツーリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

88 mosques of pilgrimage by motorcycle 18番札所 コルドバ学園。長い名前なので勝手に省略させてもらいました、小山モスクと同じ敷地内ですが、建物は別です。

visited "International School of Cordoba Japan", located just next to Oyama mosque.

IMG_6504_1.JPG

栃木の小山市にある小山モスク。とっても広い敷地には、小山モスク(バーブルイスラームモスク)の他に、「インターナショナルスクールオブコルドバジャパン小山キャンパス」という、広い敷地に相応しい長い名前の学校があります。手前がモスクで奥が学校。

IMG_6499_1.JPG

私が訪問したときは、日曜日だったので学校は休日。入口は閉まってました。そりゃ、そうですよね。
こちらも、大塚モスク付属学校や、イスラミックセンター付属学校と同じく、ケンブリッジの資格取得で学校としてなりたっています。

IMG_6509_1.JPG

前にも書いた通り、これは良いアイデアだと思う。問題は学校の数が少なくて群馬あたりから親御さんが車で1時間とかもっと時間をかけて送り迎えしているということ。そうとうな労力だと思う、、1週間とかじゃなくて、何年も、何年もだよ。

IMG_6515_1.JPG

学校案内はInternational School of Cordoba Japanで検索するとでてきます。
校舎もしっかりしているし、環境も良いので、授業内容はよくわからないものの、いい感じに思えます。

IMG_6502_1.JPG

この18番札所は中を見学できなかったので、建物周りの写真だけ。でも、まあ、こういうのもあると思う。
場所は交通の要所なので、アクセスはとびっきり良いし、遠くからでもカアバの絵とか、聖句とか見える(夜間は証明もあててるし)。

IMG_6513_1.JPG

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Japanese Mosques モスク八十八か所巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

88 mosques of pilgrimage by motorcycle 17番札所 東京ジャーミイ。地元東京で一番大きいモスクなのに、何故いまごろ?たんに、書く気が起きなかったから。

Tokyo Jami is different from Tokyo Mosque, Tokyo Jami is the current building after Tokyo Mosque demolishing.

IMG_6864_1.JPG

東京ジャーミィと呼びならわされている、代々木上原に立つ日本を代表するモスク。
このシリーズのトップにあってもおかしくないぐらいの立ち位置。東海道五十三次でいうと、大江戸日本橋という立場なので、17番札所というのは遅い出方かもしれません。が、最後の方で私見を述べてますが、見てくれよりも「設備は快適な礼拝にかなったものが適切に備わっているか?」「信者にとってアクセスが良いか?」という切り口しかありませんから、評価はあまり高くないのです。

IMG_6860_1.JPG

この東京ジャーミィが建設中に何度も訪れたし、建設中にトルコ人の内装職人さんたちと一緒に礼拝したりしました。懐かしいですね、その時の写真を探しているのですが、見当たりません。うーむ、すでに写真がデジタル化された後のことだろうか。まあいいや。

IMG_6874_1.JPG

最近訪れたのは、バザーがあった時。

IMG_7049_1.JPG

知らないうちに礼拝所の奥の通路が開放されてた、、はて、以前は工事中だったけど。

IMG_7052_1.JPG

食事は美味しかった、、全部食べるには胃袋が3つぐらい欲しい、、

IMG_7053_1.JPG

ちなみに、モスクの呼び名で、ジャーミイ、マスジド、モスク、ムサンラー、イスラミックセンター等ありますが、それはいずれ私見満杯で説明できればいいなと思ってます。とりあえず、このモスクは東京モスクと区別するために、東京ジャーミィと呼びます。

IMG_7058_1.JPG

以前の東京モスクと違って、幽霊がでそうな暗さはありません。敷地内の木々はバッサリ切られてます。明るいモスク。しかも、観光客も多い。お土産屋さんもある。観光バスも止まる、、という様相。すごいなあ。

IMG_6861_1.JPG

結婚式、お葬式、催し物、いろいろなことがここでできます。多目的モスク。昨今のお葬式はここでご遺体を清めたりします。そういう設備のあるモスクというのは稀だから、価値は高い。私もここで何度かお葬式に参列しました。これは特筆すべき良い点。場所も有名だから、いちいち場所を説明する手間もない。

IMG_7075_1.JPG

東京のモスクといえばここ。だから、日本に観光にきたムスリムが立ち寄るのもここ。旅行者のスーツケースが並び、ベビーカーもならぶ。

IMG_7074_1.JPG

写真を撮っていると、なにやら見られている視線を感じる、、、

IMG_6870_1.JPG

このモスクを私見で語ると、東京ジャーミィは全然親しみが持てない。というか「品が無い」。観光客とは視点がちがうんだよ。
大勢のひと(ムスリムたちが)、わーっと来て、わーっと帰る。慌ただしい。ドアはあけっぴろげで、寒い。おいおい、ちゃんと閉めてよ。それに観光客とか立ってまわるから、あぐらかいて座ると目線が違う。

馴染の客でグループができていて、ここは自分たちの場所みたいなノリで新顔を睥睨する、、そういうこと。入りづらいったらありゃしない。


トルコ至上主義的な感じも魅力のないところの一つ。まあ、全体をまとめると居心地の悪さということか。事大主義感満点。居心地の悪いモスクなんてモスクの価値ありません。

IMG_6867_1.JPG

お役立ち情報、駐車場はないので駅から徒歩の一択。特筆すべきは兼用トイレ(足洗い場兼トイレ)が良くない。私はモスクの設備というものをトイレで判断しているので、はっきりいうと、東京ジャーミイのトイレは並みのモスク以下。え?まじで?あんなに綺麗なモスクなのに?と思う人も多いと思うけれど、それは観光客目線。お祈りする人(まあ、観光客でも)にとってはトイレや足洗い場というのは重要なんだよ。トイレから礼拝所は距離が離れて、手足を洗った後、階段を上がって一旦外にでるので、使い勝手がわるすぎ。トイレは臭うし、足洗い場もきちんと足をぬぐえないし、床もサンダルも濡れ濡れ。動線的にはトイレの床から上がり框的なものが必要なんだけど、無いからトイレから直接入口に来るしかないが、入り口は狭い。しかも、トイレ前通路は上下階段の大動脈になっていて、トイレを出たら、何をするにもスペースがない。

まあ、デザイン重視で、使い勝手を忘れた例。高低差のある斜面の上側に入り口を作れば狭くて急な階段とか、ほぼ関係ないし、車椅子も、ベビーカーも、旅行カバンの問題も無い。うーん、いいとこあんまりない。16番札所の横浜モスクのトイレと足洗い場のグッドなデザインを見習うべきだねえ。やっぱり、観光客用のモスクということか。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Japanese Mosques モスク八十八か所巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

88 mosques of pilgrimage by motorcycle 16番札所 横浜モスク。車の便の良さの見本みたいな立地条件。他は、えーっと、火災報知器が礼拝室にある。

visited Yokohama Jame Masjid @ Yokohama

IMG_7596_1.JPG

海老名モスクと横浜モスクはそんなに離れてない、、と聞いてたのだけど、こんなに近いとは思わなかった。これも交通の要所の強みですね、これなら同じ日に一緒に来ればよかったと思うぐらい。もちろん、私が海老名モスクと横浜モスクを訪れたのは別々の日です。

IMG_7585_1.JPG

これまでいくつものモスクを回ってわかったのは、モスクには2種類あるということ。一つは「地域密着型」もう一つは「交通の要所型」。たとえば、一ノ割モスク、伊勢崎モスク、日向モスクとかは地域密着型。そして、小山モスク、海老名モスク、大塚モスクとかは交通の要所型。横浜モスクは第三京浜に面していてすごく交通の便がいい。

IMG_7588_1.JPG

だから、あっさり行けます。わりと新し目のモスクでさっぱりした印象。建物の入り口は緑のドーム型パネルがあるのと反対側。

IMG_7584_1.JPG

横浜モスクは海老名モスクの小型版。建物自体の大きさはそんなに変わらないと思うけど、なんか特徴がいまひとつ。入口のお洒落感はこれまで見てきたモスクの中でも屈指だと思う。レンガとか床の板石を張ってあるとかセンスがある。

この感想は、海老名モスクはセンターで、横浜モスクは分所的な位置づけにも由来するのかもしれない。とってつけたような緑のドーム型パネルはいらないんじゃない?先に海老名モスクを見た後に横浜モスクを見たからかもしれないけど、逆の順序だったらどう思ったのだろう?
ともあれ、大きな駐車場はないものの、金曜礼拝には200人を超える信者が集まるという話でした。

IMG_7608_1.JPG

設備はしっかりしている。火災報知器のある礼拝所は初めてみました。お祈りの最中にボタンを押すとか??

IMG_7603_1.JPG

たまたまですが、台湾からの訪問者がきてました。

49505626_661486750933917_8098121997218742272_n.jpg

でもって、中国語版の聖典注釈本を頂きました。なーるほど、はじめて見た気がする。こういうものなんですね。

IMG_7601_1.JPG

他にはタブリーグの人達がいて、、あれ、千葉で会った人達?モスクを10ぐらい回ったころから、なんとなく重複して会う兄弟がでてきて、この横浜モスクに至ると、何人かの顔見知りがいるということ。ムスリム業界は狭い。ほんとうに狭い、、私のバイクを入口で見かけたよ!といって来る兄弟もいました。

もちろん、私個人はインパクトが激弱ですが、バイクはインパクトが強いので、バイクを見て私を認識できるというか、そういうもんでしょう。だって排気量1600tだもん大きいし、重いし、インパクトがある。特に倒した時のインパクトは計り知れないほど、、立て直すときは半泣きだけど。

IMG_7586_1.JPG

これまでいろんなモスクを回って気がついたのは、日本人の多さ。へー?日本人もムスリムって多いの?そんなにモスクに来てるの?とか、思うかもしれません。が、確かに多い。出生地的には日本ではなかったりしますが、帰化して日本人になった人達です。なーんだ、元外人か?とか言わないでください。彼らも正真正銘の日本人ですから。日本に来て、日本人の家族をもったり、帰化して、日本に骨をうずめる覚悟の人達がいるからこそ、こういった立派なモスクが立つのです。

IMG_7587_1.JPG

出稼ぎで数年したら母国に帰る、、とか思っている人達ばかりでは、モスクのような足場をつくるようなことはあまりないと思います。それに、日本に根付く自分たちの子供たち、孫たち、子孫のことを考えると、どうしても宗教の拠点はつくりたいところ。彼らの気持ちはよくわかります。

IMG_7607_1.JPG

今の日本の社会は、こういった帰化日本人をどのように受け入れるのでしょうか?日本語が完全じゃなから?顔立ちが違っているから?こういう差別はもう正直うんざりです

IMG_7602_1.JPG

さて、横浜モスクのお役立ち情報。うーむ、車で来るのが一番。交通の要所で、高速道路と大きな道路に挟まれた中州のようなところに立ってます。バスとかあるのかしらん?まあ、周囲に住宅もあるから車以外のアクセス方法もあると思うけれど、ちょっとわかりません。
それから、モスクの足洗い場は非常に充実して綺麗です。これまでのモスクの中では最も清潔で充実しているモスクだと思う。

IMG_7594_1.JPG

足洗い場だけでいうと、その前に見た「パーフェクト海老名」モスクより上です。
多くのモスクが足洗い場は一段低くなった場所とか、じめじめした場所とか、トイレ共用(広尾モスクもトイレ共用)とかだったけど、ここはトイレと分離、足洗い場はあまり濡れないような構造になっています。洗濯機もあるし、、(それはあんまり関係ないか)。

IMG_7592_1.JPG


| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Japanese Mosques モスク八十八か所巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

88 mosques of pilgrimage by motorcycle 15番札所 海老名モスク これは驚きの快適さ。周囲も広々として、駐車場は300台弱止められる。一度来るとわかる、さまざまなこと。

Visited Ebina Mosque " Ebina Masjid" @ Ebina city, Kanagawa

IMG_7570_1.JPG

いままで寄ったモスクの中で築浅で清潔といえば、五反田モスクが筆頭でしたが、それを上回る快適モスク、、それは海老名モスク。
うーむ、このモスクは今後のモデルモスクにすればいいと思ったぐらい。

IMG_7565_1.JPG

メリットはまずアクセスの良さ。
東京から神奈川への大動脈国道246のすぐそば(というか隣)、圏央道からも近いし、東名高速からも近い。建物は遠くからでもくっきり見えるし、GPSなしでも行ける。ついこないだ、GPSで検索しまくってもモスク付近で1時間迷った広尾モスクと正反対ですね。大動脈から近いといえば小山モスクもあるけれど、あんなかんじ。すぐ手前になんとかホテルというのもあるから、あれを目印にしてもいいし、相模川を目印にしてもいい。

IMG_7559_1.JPG

そして、駐車場。私がこれまで見てきた中で最大の駐車場。いや、路駐できるスペースがあるというのではない。ちゃんと整備された専用の駐車場ということです。

IMG_7560_1.JPG

この駐車場の写真を見ると、「どっかの公設の駐車場を勝手に使ってるんじゃない?」とか思う人もいるかもしれませんが、とんでもない。聞いた話ですと、相模川の河川敷利用も申し込みをして、場所も相模三川(さがみさんせん)スポーツ公園のちょうどモスクと面しているところを借り受けているそうです。自分たちでアクセス道路をつくり、草刈して土地を開いてつくったというお話を伺いました。頭がさがります。

IMG_7580_1_1.JPG

この河川敷駐車場とモスク周囲の路駐と駐車スペースを合わせると300台弱とまれるということ。これは日本のモスク中キングオブ駐車スペースです。それぐらい周囲が開けてひろびろとしているということ。建物は相模川に面しているので、ゴミゴミ感ゼロ。ただただ解放感です。宗教施設であれば、やっぱり開けた空間というのは大切だと思う。建物からすぐ河川敷(駐車場)にアスファルト道路で降りて行けるし、スポーツ公園というだけあって、周囲は公園整備されているし、川に添った自転車やジョギング道や球技の設備もある。こういうところに住んでみたい。

IMG_7567_1.JPG

そして、モスク

IMG_7562_1.JPG

築浅です。

IMG_7574_1.JPG

それに、清潔感満点。トイレもグッド。私は辛らつですが、うーむ、文句つける余地がない。

IMG_7571_1.JPG

そして、建物の設備。火災報知器、停電時照明、音響設備、空調設備、満点。どこぞのモスクにあるような違法建築性も消防法違反性もみあたりません、むしろ完璧。きちんとした建設会社に頼んで一から建てたものなのでしょう。暖房もあっという間に部屋全体が温まります。

IMG_7575_1.JPG

足洗い場も建物内と外の両方にあり、イードとかで人数が膨れ上がり屋外部分にカーペットをひいて対応できる。それに非常階段が立派。

IMG_7568_1.JPG

うーむ、まずは周囲の環境が公園整備、広大な駐車場、築浅で清潔な内部、合法的建築物、道路からのアクセスの良さと道を間違えようのない立地、うーん、褒め過ぎかもしれないけど、見事です。よくぞ、こういうモスクを作ったものです。このモスクは神奈川の幾つものモスクのセンターとして機能していて、日本にいくつもあるイスラームの拠点のひとつとなっています。ちょうど、タブリーグの人達もきていました。

IMG_7566_1.JPG

モスク常駐のかたもいらっしゃいますので、いつでもオープンのようです。

IMG_7572_1.JPG

お役立ち情報としては、車で来るのが最適です。駅からは20分ほどの歩きとなるようです。ただ、道はひたすらわかり易い。あんがい駅からタクシーという手もあります。国道246は路地に入る道は限られているけど、ここは相模川の横浜側手前で上下両方向に路地出口があって、なおかつ国道246をUターンできる迂回路もあるので、何処から来ても楽に入れます。
ただし、市街地じゃなくて公園地区なので、商店街はありません。コンビニぐらいはあるのかもしれないけど、、。

IMG_7563_1.JPG

周囲が開放的で公園整備された区画にあるモスクって、贅沢な空間だと思います。


| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Japanese Mosques モスク八十八か所巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

広河隆一さんのこと、、文春で何やら記事になったらしい

Photographer Mr. Ryuichi Hirokawa's scandal

IMG_7556_1.JPG

郵便物をみてると、パレスチナの里親運動事務局から手紙が来てた、、ふむ?なんだろう?特定PKOに払った分を確定申告すると税金が控除ってやつか?

、、、、と封をあけると、、「、、週刊文春に載った広河隆一氏の件で、、」?
はて?彼は有名な報道写真家だから、その手の週刊誌に写真が載るなんて日常的すぎて、ことさらいう間でもないことなんだけど?
でも、

手紙は何か様子が変。事務局が広河氏を解雇した、、みたいなことが書いてある。へ?そもそも、その運動自体が広河さんが創設者でしょ?よくわからんが、、ともかく、週刊文春に何かが書いてあるらしい、、ので、コンピューターを開いて検索すると、、

わあ、、
セクハラ問題がいろいろあったらしい。うむ、、これは弁解の余地はなさそう。私はべつに広河さんの肩を持つ気は全然ない、本人のバカな行いにかける言葉もない。目をひくのは、彼の「昭和的言い訳」!という強烈なもの。これって、「昭和な業界人」に広く見られた錯覚で、別にカメラマンだけじゃなくて、ライターとか、雑誌編集者とかテレビ業界人とか、そういう種類の人の間ではわりと普遍的にあった。推理小説の「浅見光彦シリーズ」で毎回ルポライターという職種を警察が胡散臭い目でみるのは、その手の人達は胡散臭い非常識人、、というステレオタイプだけど、根拠の無い話じゃない像があったことに起因してます。

私は、広河さんとは、グループでイラクに一緒に行きました。だから知らぬ人というわけじゃないし、なんか複雑。

IMG_20181211_0062.jpg

米軍が特殊爆弾を誤爆して、民間人が大勢亡くなったバクダッドの現場で「私が撮った」写真。私の横で広河さんは同じ写真を「上手に撮って」、週刊誌に掲載されてました。私と肩を並べる位置だったのに、ある人は上手に、あるひとは下手に、、撮るものだと感心したものです。

IMG_20181207_0068.jpg

昭和的うさん臭さは、もう絶滅しました。

昭和のうちに有名になったり、偉くなった人って、ほんとうに時代は変わって平成も終わるのに、まだ昭和を引きずっているというか、昭和な言い訳が通ると思っているのが不思議です。周囲はなんとも言ってやらないのか?それとも周囲も昭和勢で固めているのか?わからんが情けない。

そういえば、昭和な「ITセキュリティ担当」みたいな名前の大臣が、実はコンピューターを触ったことないという笑い話と一緒。
ひたすら、時代は変わっているのだということを拒否して、新しい考えに馴染んでやるものかという強固な意志を持つ。それが、頑固な昭和人の目指すべき姿なのだ、、といわんばかり。絶滅した昭和的うさん臭さが、まだ、この時代でも通用するのだという錯覚。

広河氏の週刊文春でのいいわけほど、醜悪なものはないし、、そういうのを平成の次の世まで持ち込まれたくない。
うーむ、これは、高齢化社会の老害のひとつだし、だけど、老害をどう駆逐するのか対応策はないし、むしろ「老害と共生する新時代」ぐらいなことは平気でいいそうな世の中だしね、、わからん。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Social Environment 社会と職業の部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chofu Town on New Year's day お正月の日、街を歩いても店は閉まってるし、行くところも無いし、案外することがない。

Strolling around a town on New Year's day

IMG_7552_1.JPG

お正月のムードも午前中ぐらいなもので、午後からは暇を持て余してバイクに乗ったり、散歩したり。
いったい世の中の日本人はお正月をどうやって過ごしているのか疑問。退屈じゃない?

ともあれ、大晦日は年越しそば。そして、元旦はお雑煮。これは良いよね。
とっても美味しい具沢山お雑煮。

IMG_7551_1.JPG

街は静まり返って、営業している店は少ない。でも、私の子供の頃は、営業している店は皆無!だから、営業している店もあるというだけでもありがたいことです。コンビニとかはだいたいやってるし、御惣菜のお店もやってる。

でも、街をうろうろしている人は少ないから、やっぱり多くの人はインドアで何かしているんだと思うけど、それが何だかよく分からないのがミステリーすぎる。みんなに「お正月っていったい何してるの」とか、効いて回りたいぐらい。

IMG_7555_1.JPG

私は宗旨が違うので初もうでにはいかないのですが、破魔矢を持ったり、いつもは気がつかない社が綺麗になってたりすると、お!とか思います。うーむ、やっぱりみんな宗教行事にいそしんでいるのだろうか?

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

Magazine "Tokyo Muslim" published by Tokyo Metropolitan Government 東京都の発行している「東京ムスリム」という雑誌

If you want to come with Muslim friend, read it.

IMG_7504_1.JPG

もし、外国からムスリムが東京に来たなら、、というコンセプトで書かれた「Tokyo Muslim」という雑誌。発行元は東京都です。お堅いお役所作業に似ず、ムスリムの目からみても、、「ほー、、これは良くかけてる」と感心するぐらいの雑誌。でもって、出版されたのは平成27年、、おっと3年前じゃないか、、さすが周回遅れの私に相応しい話題です。

IMG_7505_1.JPG

内容はこんな感じ、、と写真にとったのですが。撮ることなかった、ウエブで開ける雑誌でした。ぜひ、見てください。良い出来です。
https://www.gotokyo.org/book/0001-056-en/#page=1

しかもダウンロードできます。電子雑誌としてダウンロードできる!都庁やるじゃないか。
https://www.gotokyo.org/book/?la=en

さらに都庁のHPではこんな感じの紹介、、ムスリム用の宿泊施設があるなんて全然知らなかった、、
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2016/03/20q34600.htm

ともあれ、ムスリムの東京訪問前には必読の書。着いてから読むと少し遅い気がする。だって、あー、こんなのあらかじめ知ってれば行くんだった!とか思うもん。

IMG_7506_1.JPG


| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Islam and Haj 2010 メッカ巡礼とイスラーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Happy New Year 2019 あけましておめでとうございます。今年こそ良い年であってほしいです。そう、心から願いたい。

Happy New Year all. My father's tear-paper art for new year found.

IMG_7260_1.JPG

あけましておめでとうございます。
上の写真は亡くなった父がちぎり絵で作った新春用の短冊。ほんとうに器用な人だったです。
もう父が無くなって17年ぐらいですが、最近はいろいろと父のことを思い出すことが多い。何故だろう?きっと父のことがいろいろとわかる齢になったのかもしれないです。

まあ、お正月から辛気臭い話をしてもしかたない。
今年こそは、いろいろと良い年であってほしいです。晴れてお日様が強く空気が澄み切ってる。寒いけどとっても気分の良い朝だし、一年の滑り出しには申し分がない天気。ここまで、盛り上げてくれてるのにつまんないこというと罰があたる。

、、とはいいながら、
去年だってダイエット失敗したし、どうせ今年も失敗するんだよ、、とか身も蓋もないこと考えたり、
去年だってあっという間に1年が終わったんだし、ことしは「あっ」という間どころか「あ」ぐらい早いんだろうなあ、、とか、
なんか、正月らしくなく後ろ向きです。

IMG_7550_1_1.JPG

まあいい、こういう後ろ向きな日、よりによって一年の計の元旦にこんな気持ちじゃいかん、、ということで、これからバイクに乗ってでかけます。バイクに乗るとすぐに陽気になること請負です(たぶん、当社比)。

| クアラルンプール ☁ | Comment(0) | Diary 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする