the MY Pantai Timur telepraph

2017年12月08日

Singapore Culture シンガポールの独自文化というのは歴然とある

I saw a sticker on a MRT. It shows a kind of Singpore culture.

87D6C179-09A0-44DC-A56E-B509BBA7DB9B.JPG

シンガポール人の友達に「シンガポールの独自文化で特筆されるのはなんだろう?」と訊いたら、えーっと、ここに住むそれぞれの人の民族的なバックグラウンドはあるけど、シンガポールの文化?よくわかならないなあ、、という返事。

え?そんなことない!それぞれの民族ともちがう、シンガポールの生みだした独自文化はあるよ!という話になって、私が地下鉄で撮った「荷物は床に置こう」のステッカー。もしかしたら他の国にもあるかもしれないけど、私は知りません。シンガポールの文化といってもいい。

、、いや、実際に置くというより、「荷物を床に置こう」という発想が生まれたのが文化だと思います。日本だと、混雑時にはバッグは背負わず、前側に抱こう、、的なキャンペーンがあります。これもまた日本の文化。猫背の多い日本人がさらに背中にバッグを担げばそれだけで多大なスペースを取るのはもちろん。だから、前に抱くとスペースはだいぶ少なくて済む。

が、人間の体のでっぱりを考えると一番細いのが足だから膝から下に持とうよ!とするのがさらに省スペース。日本だと床に置く、、汚れる、、という発想があるから、そこまで止まりだけど、シンガポールのように床に置くのが一番理にかなっている(もちろんどっかでカバンを握ってないと蹴られてあらぬところに行くだろうけど)。こういう発想は、やっぱりシンガポールらしいでしょ。

posted by NAOKI at 17:36| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ムーミン谷のひみつ」冨原眞弓 著


1.jpg

前回の日本への一時帰国の際、飛行機の中で読むため空港のキオスクで買った本。そういう購入経緯なので本の中身なんて、まったく何も期待してなかった。が、おもしろかった。

表題が昔はやった「磯野家のひみつ」みたいなノリなので、そういうものかと思ったら大違い。やっぱり、題は売れるように出版社がかってにつけたのだと思う。あんまり、ひみつ?感はありません。

著者は哲学者ということで、本も哲学的アプローチがされていてしかも、ムーミンシリーズへの愛が感じられるし、おお、こういう本って今まで読んだことない。。。と思う。登場人物と物語の進行がどういうふうに絡んできて、どういうことで、どういう変化がうまれるのかということを上手に説明しています。

文学者とか哲学者とか、いったい何をする人なんだろう、、?とか思っていたけど、なるほど、こういうことを読み解く人なんだね、、確かに必要だよ。むしろ、政府が進める技術系重視政策より、将来を考えると、よほど為になる分野で人材を輩出すべきだとおもう。

posted by NAOKI at 14:36| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kampong UBI @ Singapore シンガポールの「イモの村」

I found MRT station @ Singapore named "Ubi". Oh!

064793BA-82FD-452A-A64D-CCB68965796B.JPG

私はクアンタンの「イモの山」村に住んでます。Kampong Bukit Ubiというところ。Ubiとはイモのこと。キャッサバを指すことがおおいですが、普通のサツマイモもやっぱりUbiといいます。

で、シンガポールで見つけた駅の名前が、おもいっきり「イモ」Ubi。ストレートにそのままの名前です。なんかすごい。直球勝負。そのまんま、芋。面白い名前なのでWikiで調べてみると、、

IMG_3121.JPG

Kampong Ubi
https://en.wikipedia.org/wiki/Kampong_Ubi
名前の由来は、昔ここに芋畑があったそうです。。。まあ、それ以外あんまり命名の由来って考えつかないよね、これもまた、ストレート。

非常に素朴な駅名のネーミングだし、そもそもの地名の由来だってなんのヒネリもない素朴そのもの。なんか、いいよ、、ホッとするような気がする。

posted by NAOKI at 12:06| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

Hard Rock Cafe Orchard Rd, S'pore シンガポールのハードロックカフェ

Visited Hard Rock Cafe @ Orchard Road

IMG_3932.JPG

マラソンが終わった夜、シンガポールの友人と一緒に食事。彼もマラソンに参加したということで、1年ぶりの再会に話が尽きず、延々と話し続け。彼と最初に出会ったのは3年前のボルネオのバイク旅行、それから何回となく一緒にバイクに乗ったり、食事に行ったり、そして最後は去年のシンガポールマラソンの時。だから本当に1年前です。

IMG_3933.JPG

食事はオーチャードロードのハードロックカフェ。いかにも大型バイク乗りと相性のよいお店です。お店は混むということで友達に予約してもらいました。

IMG_3931.JPG

ハードロックカフェはマレーシアには何か所もありますが、、、実はマレーシアのハードロックカフェには行ったことがない、、いつも人でいっぱい。そういえば、その前に行ったハードロックカフェはタイのプーケットで、あれは今年の4月だっけ、、

ま、いっか。ハードロックカフェの食事は美味しいし、話は尽きないし、次にまたどっかに行きたいね、、来年は日本のブルースカイヘブンにまた一緒に行こうよ!という話もしたし、、やりたいことも一杯話したし、これが、マラソンの後で体力的につらいのでなければ一晩中でも話してたところ。
外地(マレーシアの外という意味)の遠征には、外地の楽しみがあります。

ただ、シンガポールはマレーシアと違って、豚肉入りやアルコール入りなどの表示がないから、お店の人にこれは、豚肉どうなの?とかいちいち訊かないといけないのがメンドクサイ。

IMG_3930.JPG

posted by NAOKI at 23:54| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Singapore Marathon 4 楽しかったところは途中で写真を一杯とったこと

I took a lot of photos during runing

87580DDD-B8CB-48F0-A76A-BBF70462B3F3.jpeg

去年のシンガポールマラソンで、ああ、失敗した!と思ったのはカメラを持たずに走ったこと。途中の変なモニュメントとか、ぜったい面白かったのに。だから今年はカメラを持って走る。もちろん、立ち止まって撮る。スピードとか関係ないし、、

8CE02EAE-9526-4E34-9972-24B2EA1E04E2.jpeg

とっても良く知られて、シンガポール随一のランドマークになってる、なんとかビル(とっても有名だけど名前を知らない、、個人的には「ストーンヘンジ」でいいと思う)

08DCFBB3-A572-4FBC-9328-4FD2F11ADDD3.jpeg

途中のキロ表示も、撮りたかったところ。これが、毎キロごとにあって、「げー、まだまだか、、」みたいに気合が入るので良い感じ。

7BA826F9-655F-4E5E-8B16-4D2E8649008C.jpeg

もっと海側も撮りたかったけど、ちょうどその時は死にそうに辛かったので、カメラを出す気力はなし。

B706FAE6-746C-4203-96F8-7CF94035DA41.jpeg

なにはともあれ、おつかれさま。ああ、疲れたよ。もう、二度と走りたくないと思うぐらい。

FCAA2B86-6194-4F8A-9C72-D82A1F5A0467.JPG

posted by NAOKI at 16:48| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Singapore Marathon 3 スタート地点に立ちたい!

Let's go to starting point.

IMG_3919.JPG

前の日、くたびれてたけどこれだけは終わらせておきたいスタート地点の下見。
去年も来てるけど、もう完全に忘れてる。グーグルマップ見ながらトコトコ歩く。暑いし疲れたし、なんか止めたい気持ちがMAX。しばらくして出発のオーチャード通りに到着、

IMG_3921.JPG

出発して30分ぐらい、距離にして1キロぐらい。もう、この距離が大変で、これからUターンして

IMG_3922.JPG

、、帰るかと思うとうんざり。もっというと、これから数時間後には42キロ走るなんて考えたくない。もういいから、早くホテルに帰って寝よう、、

そして、翌朝は朝3時起床。ほんとうに何時間かしか寝てない、、フラッグオフは4時半だからこの時間に起きるしかない、、ホテルを出た時は起きて歩いている人は酔っ払いだけ。マレーシアの田舎に住んでると酔っ払いを見かけることが珍しいので、「おおお、さすがシンガポールは酔っ払いがいる」。思わず写真に撮りたくなるぐらい。

それでも、スタート地点に近づくにつれ参加者がどんどん増えてくる

197E7903-8E93-488C-B159-6AC21FFE69B0.jpeg

後で聞いたら、参加者は4万8千人ということ。尋常じゃないですね、、ちなみにボランティアは4千人だそうです。

6F21EEBD-DECB-4424-91E9-8709BDEC9D42.jpeg

しばらくするとペンが開いたので集合開始。

AABD277A-2ECE-4ABF-9671-5E21DE8EE8AF.jpeg

出発地点はここ。私のペンははるか彼方、、到底見えません。

AEF94AD6-E365-4563-AD7B-F28223153353.jpeg

おお、今年も電気人間が踊ってる、、思い出した。去年もいたよ、、この人達

FAA6011C-67A3-4B5E-95FD-EF13734E156D.JPG

いよいよ出発を待つだけ。スタート地点は1キロぐらい先。全然見えません。

D5DB8CBD-867E-4EF0-8E45-C191C7794357.jpeg

第一のウエーブが出発してから私のウエーブになるまで、45分かかった。さすが大人数。このガンタイムとリアルタイムの差はどう計算するんだっけ、ま、いっか。ともかく、スタート地点に立てたことでこのミッションは成功!一時はどうなるかと思ったけど、

finisherpix_2148_568770.JPG

最後はこんなかんじ。距離の半分は歩いた。これまでに出場したあらゆるランのイベントで最も遅いけど、これでいいのだ。ミッションは成功。大成功と言ってもいいぐらい。うまくいけば自信になるし、うまくいかなくても経験になる挑戦に失敗はない。


finisherpix_2148_481292.JPG

posted by NAOKI at 14:18| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ST KL marathon 2018 そしてKLマラソンの募集が今日からはじまる、、なんだかなあ

Standard Chartered KL Marathon registration starts today.

無題.png

シンガポールマラソンが終わって、まだ数日なのに、、、
KLマラソン参加のお誘いメールが来てしまった。申し込みは今日から。もんのすごい応募者で、あっという間に申し込みが満席になるから、早く予約しなくちゃ。それに、ホテルは日程が決まったときに既に予約済。それぐらいの勢いじゃないと身動きとれないしね。

シンガポールマラソンから同じ日にメールが届いた。レースハイライトのムービーを作ったらしいですが、参加者が4万8千人、、もいるらしい。ムービー自体は関心ないです(辛いのがまだ思い出に変わってないから、ただ辛い。もっと時間かけないと思い出にならない)。でも参加者数とか知らなかった。

RACE HIGHLIGHT TRAILER

957,141 km of distance covered by runners, 73,840 litres of water,
48,000 participants,
28,992 litres of isotonic,
4,000 volunteers
125 nationalities,
5 categories,
1 race of the year.

We bring you the triumphant moments of #SCSM2017.


posted by NAOKI at 11:27| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

Singapore Marathon 2 心技体ともボロボロだったら、出るのやめたら?めざせスタート地点

Joined it in not healthy condition.

23621632_1930151207011750_2698312393584875206_n.jpg

さかのぼること1か月半前、King of Sg Lembingに参加して、トレールを21km完走しました。3回目の同じ場所だから、慣れてるし、捻挫防止にストックついて参加して膝にも負担をかけませんでした、、

244FDE0A-2ABD-4C77-BA90-693D1BDAEB82.JPG

、、が、、それ以降、左膝の調子が良くない。さらに、その後雨降りの中の長距離ライディングで腰まで痛くなってきた、、、

F9CAA39A-FC67-4A1F-BC38-F50E575E68B3.JPG

それで、その後、、、2回イベントをスキップ。ものすごく悔しくて、泣きながらなんだけど、やっぱり体の痛みを我慢したって良いこと無いし、その次のイベントで頑張ればいいやと気をとりなおしたのが1回目のスキップ。レースキットは既にお金を払ってることだし、ちゃんと受け取る。

84749973-12CC-4284-A59F-856228FDAE3D.JPG

、、で、当日は時間も余ったし、のんびり散歩していると、、、、バッタリ、ランナー達と出会ってしまった。ああ、これは自分が参加する予定だったレースだよね、、とか思うと切ないです。

DSC02593.JPG

その次のイベントはあんまり間隔があいてません。予約するときは怪我するとか全然想像もしてなかったから、立て続けに予定を入れてしまった。レースキット受け取って、、、これは最後の瞬間まで参加するつもりだったけど、やっぱりパス。体のことが一番。

97A0A4D2-F2AC-4563-984D-9259AC039745.JPG

ビブを受け取って、受付でセルフィー撮っても、参加できなければむなしいだけ。もう、受け取りでセルフィーは撮らないことにする、、、

そして、お医者さんで貰った薬をちゃんと飲んで、サプリメントも飲んで、、でも、膝が痛くなると恐いのでこの1か月半は全然運動してない。普通に歩いても痛いので運動するとどんなことになるか容易に想像がつく。
ふー、、ということで、参加してもトレーニング皆無ではいい成績は残せない。でもね、、飛行機もホテルも予約して支払い済だし、行かないのはもったいない。だから、ともかく参加することに意味がある、、というのだけが目的。Run for a Reason、、ともかく、参加すること。

ものすごく低い目標を掲げて大会に臨んでいた4日前、、、突然の下痢。お腹が痛い、、、
1日に何度トイレに行ったか数えてない、、そんな数えられる回数じゃないし、数えるほどの余裕もない。もう、1日1日と疲れが溜まって、、、大変。お薬?2日目から飲み始めたので、シンガポールに行く時はトイレに行く回数は減ったけど、薬の効果で下痢が止まっているのが歴然としてて、飲まないと元の木阿弥。

いよいと明日が大会当日という夕方、、もはや体力がなくて、レースキットをもらいに行っただけで、クタクタに疲れて起き上がれないほど、、えーっと、今日は大会前日!なのに、まるでレース後のよう。下痢、恐るべし、体力を奪う威力が半端ない。でも、明日は42キロ走るんだけど、大丈夫なわけないよね。


目指せ!スタート地点

全く練習してないので筋肉が落ちてるのが良く分かるし、膝の痛み、こういう時はストレスで食べてしまうので体重は増加、、さらにお腹の痛み、前日にショックにかかってるのがストレスだし、でもってこんな状態だとメンタル的にもネガティブになってるし、まさしく心技体ともにボロボロ。やっぱり、運動ができる体って大事だよね。

80B7364E-60DC-4290-AFD0-C9A448B31302.JPG

posted by NAOKI at 21:47| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Fitness & Health 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Singapore Marathon 1 シンガポールにGO、1年ぶり

Visiting Singapore for Marathon event.

5021B8BF-AC86-42B2-8C4F-4D6327A74472.JPG

昨年に引き続きシンガポールマラソン。我が町から1日一本の飛行機で、、ああ、胴体に落書きがされてる、、とか、思ったけど、これはそういうデザインなんだね。てっきり落書きだと思ったよ。

IMG_3912.JPG

車内も清潔だけど、この落書きがなんか、、こう、汚れた感じをだしている。

IMG_3914.JPG

IMG_3915.JPG

プロペラ機だけどジェット機以上の推進力、、そしてあっという間にシンガポールに到着。ここ数年、シンガポールに行くのはバイクだったので、こんな飛行機に乗るのは初めて。バイクと違って飛行機は便利だよね。

そして、そのままレースキット受け取り。遅い時間だったのでもう並んでいる人が皆無。

4E5DD1C5-5796-4F63-B47D-4F8D938C56D2.JPG

レースキットをうけとったら、協賛のブースに移動。面白いものも多いです。

925ABDC1-2030-45C7-B41C-D77557691433.jpeg

6B28C187-959F-4ABA-B843-7283C54CF015.jpeg

サロンパスのもあるし、、さっそく購入。

539074F8-4D1A-4654-8190-7FD43E994877.jpeg

でも、毎回レースキット受け取り時の記念セルフィーは無し。今回は、そもそもちゃんとスタート地点に立てるかどうかも不安なほど、、心技体の全てにおいてボロボロ。全然、セルフィーを取るほどの心の余裕はなかった。


posted by NAOKI at 17:13| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Fitness & Health 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Aqua park 見た目は水遊びで楽しい、が、けっこう本格派すぎてショック!

Aqua park came to my town.

0BB4981C-337A-49B9-AA17-F9D1FC9E8A5D.jpeg

水遊びの遊園地、、というか、正確に表現すると、「巨大障害物競走(水遊び編)」というものが我が町にやってきました。情報源は、町の一番大きな電光掲示板の広告。私のこういったイベントの情報源はだいたい「看板」か「ラジオの宣伝」です。かなり長期にわたって宣伝してたので効果抜群だったと思う。それに、3日間だけだけど、祭日と土日でいい感じ。

IMG_3335.JPG

友達と誘い合って参加。やっぱり、これはひとり参加はさびしそうだし、、

AEF950D0-1A08-4061-A227-6C502818F968.jpeg

主催者は普通の町の薬局です。なんで薬局がこんなイベントを?という気がするけど、参加者からお金をとって、知名度も抜群になって、お店のものが大いに売れて、、

A0A80A5C-845F-4CE2-A0F3-3A9F97F7ABF5.jpeg

ちゃんと収支があっていると思う。下手な宣伝するより、よほど効果がある。レースキットの受け取り場所は薬局内だったので、参加者はみんなお店に来てもらえたわけだし、ちょっとしたものを買う人も多かったはず(私も買った)。

ともかく、友達とそろって出発点に立って。いざ出発!いえーい!とアクティブカムを自撮り棒につけて走り出すと、ワラワラっと係りの人がきて、カメラ禁止、腕時計禁止、などいろいろ言われてしまった。

8834917B-3ED1-48DC-8C84-EC8F29419638.jpeg

ああ、すみません。こんな空気で膨らませている遊具に金属で穴でも開けたらえらいことになりますよね。たしかに、、そのとおり。

E117C33A-8360-488A-84DD-0F5A31698A2F.jpeg

とってもポップな色使いだし、お遊びだよね楽勝とか思ったら大違い。なんと、かなり大変だった。見た目は「水遊び」、実際は「試練」。最初の坂をよじ登って、上まで着いたらなんと手がすべって上がる姿勢のまま、頭を下にして滑り落ちてしまった、、、、まあ、こういう膨らんだものだから怪我はない。

が、ショックにかかった。ほぼ10年ぶり、、

ショックというと循環性ショック。過呼吸になり、心臓はいつもの何倍ものスピード。顔面蒼白(自分の顔は見えないけど)、普通に立ってられない。猛烈な吐き気、ちなみにショックで死ぬこともあります。なんで、こんなときに?頭から落ちたのが原因だけど、この日はもともと体調もよくなかったし、よくわからん。ともかく、安静第一。友達には先に行ってもらって、休む。

こんなつくりなので、途中でコースアウトできない。水が漏れないように両側がかなり高いし、立ってられないぐらい辛いので、この側面を乗り越えることができない。しかも、つるつる滑るし。雨も降りだしたし

1462342F-760B-4EE3-B623-3559E94D00BA.jpeg

結局10分ぐらい、じーっとしてたら落ち着いてきたので再開。もはや、早くゴールしたい。あ、でも楽しみたい。こうして、そうとうな時間がかかったけど、ゴール。最後に大きなスライドが2つあって、もはやこれまで!いうぐらい怖かった。横から見ると大したことないのに、上から見下ろすとほぼ垂直に見える。まあ目を閉じて滑り落ちるしかないです。体が重いから勢いついてかなり遠くまで滑走します。途中でひっかかるとえらいことになるのは目に見えてるのでひっかかりませんように。

30034297-DD93-4366-B327-B7FD0D37EACE.jpeg

ふー、、よかった。無事でよかった。こんなところで「日本人のおじさんが子供の遊ぶ水の滑り台でショック死」とか新聞に載ったら、恥ずかしくて死んでられない。体調が悪いときは、心臓に悪いことはやめようということか?

もちろん、こんな目にあうのは私ぐらいなもの。みんなものすごく楽しんでる。体調万全だったらもっと楽しめたのに、悔しいなあ。

163CCB2B-A21C-4227-BEDB-165A99AB5EAE.jpeg

友達とわかれて、模擬店をあるくと、、、

36E7F4A2-7CD1-4AAB-82C6-0B150011CD00.jpeg

おいしそうな、、たこ焼きが、、

4E00B792-2FBE-4F9C-934B-B2197D7F5A1D.JPG

さっき、めまいで倒れそうだったのに、一気に元気がでる。食欲がないときは、たこ焼きに限る。そうじゃなかったっけ?

1050F62A-87BD-43A2-ABB1-F0568B2C58BA.JPG

、、ということで、たこ焼きに助けられて身も心もリフレッシュ。うーん、この水遊び、もう一度体調を整えて、もう一回やりたい!けれど、わが町では3日間だけだしね、、、次はいつ来るんだろう。

ぜーーったい、また、やるぞ!

posted by NAOKI at 14:34| クアラルンプール ☁| Comment(0) | Fitness & Health 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする