the MY Pantai Timur telepraph

2017年03月29日

Seijyo-Gakuen Mae 成城学園前駅で買い物

Visited the nearest train station from my home in Tokyo

IMG_7635.JPG

昔は、、、、本当に成城学園前、、ってなんにも無かった(特に北口)。買い物には特に不自由な駅前で、コンビニ相当の小田急OXか、へんなもんばかりの成城石井というスーパーしかなかった。が、年は過ぎ、線路が地下化され、駅がおしゃれなビルになって(工事期間長すぎ)、数年前から、お洒落な駅前。小田急OXはスーパー程度に大きくなり、成城石井も有名な高級スーパーになった(が、普通の買い物向きではないのは変わらず)。買い物も、わざわざ、喜多見のサミットまで行かなくても良くなったのがうれしい。

IMG_7624.JPG

駅ビルでうれしいのは、楽器店。

IMG_7630.JPG

仙川には桐朋学園という音楽で知られた学校があるにもかかわらず、楽譜が置いてある店が見当たらない(学校で売っているのか?)。だから、ジャスティンが「日本の楽譜の本を買って欲しい」といったら、成城にGO。ここしか楽譜を売ってる店は知らない。でも、そこには難関が、、本の中身の写真をとりたい。店員さんに、、

私「すみません、実はへんなお願いがあるのですが」
店「は?」
私「楽譜の中身を写真で撮らせてもらえますか」
ここで止まったら、いけない、最後まで一気に説明しないと、ただの変な人。

私「友人が音楽家で、日本で楽譜を買ってきてと頼まれたのですが、難しからず、安易すぎず、適当な塩梅の中級から上級ぐらいの楽譜なんです。で、私には見分けがつきません。写メで送って本人に確認してもらいたいのです。」
店「はあ、なんとなく言いたいことはわかりました。確認します」といってどこかに行ってしまった。

おそらくお店の人も音楽に詳しい人で、(私にはわからない)音楽家同士の阿吽の呼吸というのがあるのかもしれません。本屋で「本の中身を写真に撮っていいか?」というよりは、まだ理解してもらえるところもあるみたいな気がする。なんか全然わからん世界だけど、、、

店「確認したら、1枚だけなら写してもいいそうです」
私「それはありがたい。じゃあ、、、」
どのへんの1枚ならいいのか、、わからん。なんか、適当にむつかしそうな黒っぽい楽譜のところを写して、すぐにお店をでて、メール。

ジャスティン「表紙と目次も写して」という返事。

そー来たか。こうして、すったもんだして、写真を結局一杯とって(キャッシャーで。それ以外のところで撮ると客から変な目でみられる)、ようやく本一冊購入。

IMG_7626.JPG

本人が来て買えばいいのに、、、前に日本に行くって言ってただろう?
途中で気が変わって、ニュージーランドにして、、、、(今、マレーシアではニュージーランドがものすごい人気だし、、)、、いいなあ。

IMG_7632.JPG

posted by NAOKI at 21:11| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Your Name 君の名は。を飛行機で見て

I have watched "Your Name", 3 times in a plane. It is Malaysian/Singapore Chinese !

B20062E3-E44B-40A8-9B7F-E6CBADD592C0a.jpg

マレーシアを出発して、日本に向かったのに、なかなか寄り道させてくれる。まだ、機内での「君の名は。」
音声は日本語で、字幕は英語と中国語。キャセイだし、やっぱり中国語があるよね。。と、思ってた、が!

なんと、国語(北京語)ではなく、マレーシア華語だった!超びっくり。私は中国語はできませんが、それでもマレーシア華語と国語との間には発音だけでなく、同じものなのに漢字が違ったりするのは普通にあることは知ってるし、マレーシア独特の華語もいくつか知ってます(と思う)。

で、瀧くんが、お弁当を忘れて、友達からパンとカツをもらってカツサンドを食べるシーンがあるのですが、そこで出てくる「サンドイッチ」の漢字が、、、

三文治!

これはすごい、国語では三明治です。臺灣でも三文治とは書かないと思います(もちろん、場所によっては差はあるけど)。翻訳した人が、マレーシア華人だったのかな?それとも、そもそもシンガポール・マレーシアが公開対象だったから?


ーーーーー

それと、組みひも。あれ、いいなあ。。。と思ってネット販売を確認したけれど、それっぽいものはあっても、ソレはありません。

B67C5E09-CD25-4824-8B4A-C5F2E54E2943.JPG

ふと、思い出したのが、リリアン。私は小学生時代、リリアン男子でした。リリアンを握らせたら右をでるものがいないと思ってました。今ではすっかり忘れてるけど、三葉がつけてるようなのなら、リリアンでも作れそう。やってみたい。こんど帰ったら、リリアン買うことにしよう。

posted by NAOKI at 18:21| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽と映画とテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Itomori-Machi 糸守町の被害状況 続報

2nd report of Itomori Tragedy

22EE7249-1308-4268-B19F-3D5D039A6FED.JPG

つづいて二報です。
お昼の時点では死者0人でしたが、その後の聞き取りによって行方不明者13人が確認されました。死者行方不明者の数は増える方向にありますので、気がかりなところです。なお、最終的な死者行方不明者及び負傷者の数は明確になっていません。それで暫定的(確認されている分で)に、死者行方不明者13人、負傷者104人ということにしておきます。はやく行方不明者の安否がわかるといいですが、、、

95CE02DA-D2F7-4BD5-BCF8-3DBBF82820EA.JPG

歴史改変以前の事故で死者500人で住民の3分の1と言ってましたので、住民総数は1500-2000人の町。糸守高校校庭に避難した町民は数百ー千人程度ということですので、住民の約半数は高校に避難してきました。もちろん、避難区域以外の場所に住んでいた人たちもいるわけですから、住民の安否確認はわりと難しくなかったと思います。、、、にも、関わらず行方不明者がいるということは新クレーターの破壊で、ほんとうに見つからないのだと思います。残念なことです。

不思議なことに、被害範囲は糸守町に留まっています。地震速報をみてもわかるとおり、この手の災害は広範囲で揺れを確認でき、思わぬところで負傷者がでていたりしますが、さすが奇跡の災害?被害範囲はひとつの町でおさまっています。ちょっと、現実味が足りないような気がしますが、それは言わないお約束。

7661FC55-E445-4F91-B91E-88E4B80D1B9C.JPG

新聞雑誌によると、「奇跡」の中心は落下1時間前から避難訓練が始まったこと。

9C08C459-7045-40A1-A984-04251BBB9A2C.JPG

避難指示開始時間とは消防団による避難指示のことか、テッシーらの必死の避難指示のどちらかわかりませんが、おそらく15分ぐらいの差があったと思われます。しかし、、、マスコミでは全然、三葉たちの存在がばれてません。すべては町長の予言であったように書かれています。

971592B5-B3BC-4C1C-882E-1CC450890C89.JPG

ちょっと調べれば、町役場では当初町長は全然予言した風ではなかったこと、高校生トリオが神社からの避難を叫んでいたことなどから、実は町長ではなく、複数の高校生(匿名)が怪しいことはバレバレなはずです。それが突き止められず、町長の謎といっているぐらいですから、マスコミは全然ダメダメ。これでは、報道の質が問われかねません。

とりあえず、マスコミ報道による人的被害の確認ができましたので、報告します。

432ED641-C6A1-44AE-AC0E-7274DCB93AE7.JPG

posted by NAOKI at 16:52| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽と映画とテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Itomori-machi 糸守町の被害状況 速報

Damage Research of Itomori-Machi in movie "Your Name".

95CE02DA-D2F7-4BD5-BCF8-3DBBF82820EA.JPG

昨日まで日本へ一時帰国していました。ふー、寒かった。ツンドラかと思った、、
そして、いろいろ道草をする私は、早くも行きのフライトの中で、「君の名は。」が放映されてたので釘付け。繰り返し見て、爆泣きして、ポーズで止めて、見直して、少し戻して、少し送って、まるで組み紐のように見てました。そっか、そういえば知らなかったけど日本ではDVDとかももう発売されているかもね。

映画を観たときに気になった糸守町の被害状況もばっちりです。
まず、歴史が変わる前の被害状況は500人以上の死者行方不明者ということになって、これは瀧くんも図書館や本その他で熱心に調べています、、が、歴史が変わった後の被害状況は「奇跡的に少ない被害」ぐらいしか言及されていません。徹底究明です。大規模災害のトリアージにも興味があります(映画だけど)。もちろん、ほとんど語られてない部分だけに、過去例をつかった演繹もしています。

彗星の核が分離した時間が夜で、情報が飛び交う中、その日は救助活動がほとんど行われていません。翌日、夜明けとともに自衛隊による捜索が開始され、一報としては「糸守町は壊滅、住民の生存は望み薄」です。まず、衛星写真や航空写真による解析による、破壊された場所の特定と破壊状況確認ですから、ともかく「奇跡」は考慮されていません。

3D446C55-A40D-4E2A-8E78-13DA7DCF9E72.JPG

しかし、すぐに高校での避難場所が目視され、大勢の避難民がいることが災害対策本部に連絡されます。そして、救援物資と避難民移送のための救援活動が朝8時頃より開始。TV中継のテロップでは「糸守高校の校庭に数百ー千人以上の避難を確認」。この番組はお昼すぎに放映され、朝のうちの救援活動として町民提供の映像が使われています。

お昼になってもTVクルーが現地入りしたかはわかりませんが、クルーが現場に入っていれば当然、たちレポがあるのでまだ立ち入り禁止なのでしょう。なお、政府発表(正午現在)として、死者0人、負傷者104人の文字。この時点は、行方不明者の情報はありません。

画像からは陸自のUH-1ヒューイにレードームがついた機種がいます(こういう分野ではオタクのほうが詳しいと思う。私は詳しくない人、つっこまないでね)。その後ろにやや大型のヘリコプターが見えます(全部で4機)。こういる場面ではチヌークではないかと思うのですが、シルエットは、、、むしろオスプレイに似てる。
ヒューイはホバリングしてラペリングしているようにも見えますので、後続機用の場所確保のための最初の降下時の映像でしょうね。これが朝8時ってやつかな。

速報はこんな感じですが、時間がたつと行方不明者情報が入ってきました。

posted by NAOKI at 14:20| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽と映画とテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

Suspension Bridge 吊り橋

In village, we saw many living suspension bridge for community.

IMG_7229.JPG

マレーシアは熱帯雨林というぐらいで雨が多く、しかも山がちな地形のため川がたくさんあります。
もう、無数に川があるというのが正直なところで、日本の「川が多い」の範疇を超えたほどあります。海沿いの町はたいがい大きな河口に面しているし、首都クアラルンプールの名前の由来だって2つの川が合流点(クアラ)で泥(ルンプール)が大変、、みたいな感じです。下の写真は、合流する直前の一本。泥はもうないみたい。

IMG_7071.JPG

まだ、首都だとか大都市だと川は護岸整備されているけど、9割9分の川は普通の自然のまま。橋だって、車がとおるような道路は鉄橋や鉄筋コンクリートだけど、、、一歩、村に入ると、、

IMG_7225.JPG

だいたい村は川の両岸に沿って発展するから、どうしたって相手側に渡るには川を越える手段が必要です。渡し船のところもあるけど、まだまだ吊り橋は欠かせません。

posted by NAOKI at 16:59| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sketch on the street 街角スケッチ

Some tourist loves sketching on the street.

IMG_7404.JPG

観光スポットに行くと、旅行者が熱心に水彩、色鉛筆、コンテなどで熱心にスケッチしているところをよく見かけます。いまや、携帯カメラが大活躍する時代ですが、あんがい写真にとったら安心していったい何を見たのかよくわかってなかったりします。

マレーシア中心部には古い建物も多いし、もっとよーく見ておく価値があるのでしょう。私もカメラに頼りがちですが、案外スケッチもいいかも。写生なんて学校以来したことないけど、そういえば亡くなった父は写生が好きだったなあとか思い出します。

IMG_7400.JPG

童画家のいわさきちひろさんの訪欧時の街角スケッチの絵を以前見ましたが、、クオリティの高さに圧倒された記憶があります。ああまではともかく、学校の写生を思い出してみるのもいいかなあ。気軽に始められそう。

お手本を見ながら書く模写に対して、実物を観察しながら描くのが写生ということです。誰かの真似ではつまんないですしね、自分で観察して書くのは自立の意味でもいいかも。写生を文学にまで広げて現代にまで影響を与えた正岡子規は、病床の慰めとしてスケッチを多くしたそうです。うーん、スケッチかあ、いろいろ勉強になりそうですね。

posted by NAOKI at 10:15| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしゃれ番長補欠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

Violin バイオリン !

I want to buy new violin but expensive


image.jpeg

今日はレッスンの日。新しい課題はバッハのメヌエット、、、というか?これ、ラバーズコンチェルトだよね〜
確認したら同じなんだけど、メヌエットは3/4 でラバーズコンチェルトは4/4という微妙な違いがあるらしいです。

すぐに音楽教室がスクールホリデーに入り3週間ぐらいレッスンがないので念入りに練習します。
ジャスティンから、メヌエットはどう?と聞かれたので、バイオリンの音がくぐもってる、きっと正しい音が出せてないんだけどどうも乗れない、と答える。そうしたら、ジャスティンが、受付に行って新しいバイオリンを持ってきた。

私 「へえ、まっさらなバイオリンだ。買ったの」
ジャスティン「生徒から頼まれて買ってきた、掘り出し物。1万3千リンギだよ」
大体35万円ぐらい、さっそくジャスティンが弾くと、驚くほど良い音。ジャスティンのヴァイオリンより良い音なぐらい。

ジャスティン「マレーシアの親はお金もないし、子供は移り気だしいつまで続けるかわからないから、良いバイオリンを買いたがらないんだよ。今回は特別。」
ああ、じゃあ生徒さんは高校生が何人かいるからあの人たちの一人かも。高校生ぐらいだと将来続けるか見分け付くしね。でもここらの平均のばあい2ヶ月分の給料だよ。私だって即決できないなあ〜

ちょっと弾いてみると言われて、手に取り、軽い!メヌエットを弾くと

衝撃の音の良さ。ラバーズ!僕の恋人!欲しい、これ欲しい。このバイオリン欲しい。

さすが、目利きの?耳利きのジャスティンが選んだだけある。ほとんど音のオタクのジャスティンはブランドのバイオリンは「ブランドで倍の値段を取るボッタクリ」と見向きもしないで、無銘のバイオリンから秀逸のバイオリンを探すのが趣味です。さっそく、彼にこれと同じようなものがないか聞いてしまいました。

今のバイオリンを買うとき、もっと高くて良いものにしとけば一生ものなのに、こんな半端なものだと1年でもっと良いのが欲しくなるよ〜と言われました。1年半でした。ジャスティンの言う通り。かなわないなあ。でも高いしね〜




posted by NAOKI at 21:56| クアラルンプール ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽と映画とテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Coffee Please コーヒーください

I visit Fast Food shops for coffee.

161B6263-920A-4AE0-858F-5126FD0D0FE5.JPG

私はコーヒーがないと生きていけません。
なので、コーヒーの選択はとっても重要なことです。そして、私が選ぶ美味しいコーヒーはずっとまえから、ダンキンのコーヒー。ドーナツが1個ついてくるセットがとってもお得。
次点はマックのコーヒー

86A7D71E-CA65-432B-B920-4F46F65D1853.JPG

どこが違うのか?と聞かれても、私にはよくわかりません。昔からそう思っているだけです。おそらく、マックは一緒に何か軽いものを食べようとしても脂っこいものしかない、、が、ダンキンはドーナツでやや軽め、、というぐらいかなあ。昔はダンキンのコーヒーはとっても美味しいと思ってたけど、いまはどこもコーヒーの味が向上したからね。(ただ、このダンキンとマック以外はあんまり美味しく思えない。)

マックに比べて、ダンキンのほうが客が少なくてリラックスできるというのも、ある。それにコップの色が明るくてポップだし。マックで流れている音楽がいつも一緒だし、しかもすべての店舗で。

posted by NAOKI at 12:45| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログ検索数過去最大?

ここ数日、このブログに検索で来られる方が急に増えてびっくり。サウジアラビアから王様が来て、サウジへの関心が高まったからのようです。ありがとうございます。

おかげで、私もサウジ生活が懐かしくなり過去ブログを見たりしています。マレーシアに来るまで、なんせ10数年住みついていたところですから、日本生活より馴染みがあります(というか、日本にそんなに住んでないし)。

思い出に残っているのは、、もちろん、バイク。サウジ中走りましたが、中でもアラビア半島横断往復は忘れられません。

map2037_1-thumbnail2.jpg

ブログのカテゴリーはこちら。「アラビア半島横断往復6000km」
http://inlinedive.seesaa.net/category/20509598-1.html

暑かった。。。としか、いいようがない。道路上気温も60度を超えて温度計が破裂しました。

2013071720our20dates20002-thumbnail2.jpg

熱中症なんて、普通すぎて、気にもしません。

20130629206000km201020076-thumbnail2.jpg

ボロボロになって帰ってきましたが、これが、サウジ生活で一番思い出にのこっていることです。

20130630206000km201220080-thumbnail2.jpg

そして、もちろん忘れてはならないのがレッドブル・フルークタークに出場したこと。私が知る限り、このコンテストにパイロットとして参加した最初の日本人のはずです。

2012120420jeddah-thumbnail2.jpg

せっせと、飛行機つくったし。
ブログカテゴリーはこちら。「参戦!レッドブルフルークターク」
http://inlinedive.seesaa.net/category/15330420-1.html

2012121220flight20day2012th20204.jpg

ほとんどトラウマになってしまった高所からの墜落体験。

IMG_7392-27689-thumbnail2.jpg

もちろん、砂漠のトレッキングも、

IMG_1119-thumbnail2.jpg

マリーン&エコ生活も、、

IMG_0664aa-thumbnail2.jpg

ダイビングスクールも、

IMG_9592-thumbnail2.jpg

メッカ巡礼も。カテゴリー「メッカ巡礼とイスラーム」

IMG_0774-thumbnail2.jpg

サウジを離れて3年。まだ記憶はそんなに失われてません(その後もちょくちょく行ってるし)。懐かしいなあ、こんなこと思い出させてくれて、サウジの王様の訪日にも、検索していただいた方々にも感謝です。ただ、検索結果と私のブログが一致していたかどうか不安ですね。いわゆる一般の人のイメージのサウジとは全然違うはずだし。

(どうでもいいけど、昔の写真見ると、、最近、、太ったなあ、、)

posted by NAOKI at 10:20| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

Wilayah Motor Fest 2017 これって自作のバイク?

Custom or self built ?

IMG_7303.JPG

私の家族もファンなB'zの稲葉さん、かっこいいです。ものすごく、かっこいいです。
その稲葉さんのバイクの1台が、カスタムというかビルダーの手作業によるナックルヘッドで、フロントはスプリンガー、、、つまり、この会場でいうと、こういう範疇ですね。たぶん。

私の友人がこの手の(なんといっていいのかよくわからない)に乗ってます。

友 「ねえ、みてみて、この錆ぐあい、、いいだろう」
私 「げえ?錆びたバイクを自慢しているの?」
友 「この錆具合はペイントじゃないんだよ、錆風のペイントはやっぱり本物の錆より見た目が落ちる」
私 「、、、、」
友 「この錆は本物で、塗装を落とした後、水と酸素を吹きかけて作った本物の錆だよ」
私 「げえ?」
友 「やっぱり本物の錆はいいよな、すげー」
(これは実話です)

IMG_7389.JPG

これは、もはや魔改造というより、乗っている人、あるいは製作者が魔に憑かれたとしか言いようがありません。尋常じゃない、、よくわからん世界です。

IMG_7390.JPG

ここに展示してあるのはペイント前です。おそらく溶接技術とかいろいろなものをアピールしたいのでしょう。好意的に考えれば。いや、この錆がすごいんだよ、、とか言われたら、腰がひけます。

IMG_7311.JPG

ちなみに、稲葉さんのバイクはきれいな色に塗装されて、上品です。この錆いいだろう、、とかいう魔に取りつかれた様子はありません。本人もバイクも。きっと、、

マイケルジャクソンみたいに、振り返ったら目が光ってたとか ?


posted by NAOKI at 22:22| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクとツーリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする