the MY Pantai Timur telepraph

2017年03月13日

Vitamin SEA ! サーフィンシーズンの終り

End of the surfin season. I miss it.

RIMG1790.JPG

モンスーン明けでサーフィンシーズンも終わり。
今シーズンはほんの数回しか海に行けなかったのが、ものすごく惜しい。なぜほんの数回かというと、、それは前の2回のシーズンで私にはサーフィンの才能が無い、、だから、もういいや、、という気になってたからです。

RIMG1739.JPG

それでもビーチに行って、みんなが楽しそうにサーフィンしているのを見ると、なんか、すごく良さそう。ひょっとすると、自分も何か上手くいくかも?とか妄想してしまいます。

RIMG1761.JPG

シーズンでの最初の1日目は、さんざんだった。もう、悔しいほどいろんなこと忘れてるし、パドリングで腕が痛くなり、もう漕げない、、結局、なんとか乗れたのは1回だけ。

RIMG1785.JPG

、、やっぱり自分には無理だった。もう止めよう、、とかいうのは私の辞書にはありません。
、、やっぱり自分には無理、、な、はずはない。何かが間違っている、きっとどっかで間違いをやらかしたんだ、でなければ、あんなに下手くそなはずがない。頭のなかでは素晴らしく波に乗っている自分の姿を妄想していますので、「こんなはずはない」が頭の中をぐるんぐるんしています。

RIMG1768.JPG

そして、またサーフィンに行く。自分なりに考えた「間違い」があってたのかどうかを検証するため。むしろ、実験というべきか。

RIMG1798.JPG

そうすると、なんだかいい感じに乗れるようになりました。やっぱり乗れるようになるとうれしい。波が大きくもなく、小さくもなく、、というのが良かったのかもしれない。

RIMG1791.JPG

こうして、なんとなく慣れたころにシーズンが終わり。うーん、とっかかりが遅かったので残念。

RIMG1778.JPG

次のシーズンはどうなっているか、わからないけど。でも、楽しいは楽しい。続けていけそう。

RIMG1745.JPG

こうして、2016-2017のサーフィンシーズンはおわりました。でも、シーズンではないからといって波が無くなるわけじゃないから、地元民としてはチャンスがあればオフシーズンでも乗る練習ぐらいはできそう。それもいいかもね。

RIMG1747.JPG







posted by NAOKI at 13:53| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fitness & Health 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

Music Concert バイオリンの発表会

Soon after marathon, I participated the concert.

45492D8A-E90E-415E-B057-389D93DBA311.JPG

マラソンが終わって、ファーストエイドで足の手当てして速攻で家にもどります。とりあえず、シャワーを浴びて、うーーううう、乳首が沁みる。あちこちに薬を塗りたくって、、、。しかし、もう眠たくてたまらない。目覚まし時計を合わせて10分だけ寝よう。

、、10分寝て、目が覚めたらあと3時間ぐらいはもつぐらいの元気が回復。ウルトラマンよりちょっとましな活動時間な程度。ジャスティン先生から、長袖のシャツ、黒のズボン、蝶ネクタイ、ベストか上着、、といわれているけど、去年の発表会の時には着れたベストがもう、丸々したお腹からはみ出して全然着れない。ま、しかたない。ベストは無し。

3D188681-4B5E-403F-B681-3B6A29F4DF09.JPG

発表者は早目に来て、椅子で待っていることになっているので、順番を確かめて椅子に座っている、、と眠気が襲い、、、。こうして、発表者がみんな緊張した顔しているなか、私一人が爆睡してしまった。20分ぐらい寝てたのだと思う、覚えているのは何度かバイオリンの弓を床に落としたことだけ。目がさめたのは、すでに発表会が始まり司会の人のアナウンスが終わってみんな拍手した音によってです。

わあ、チューニングもそこそこだったし、この3日間。忙しくて(もちろん仕事じゃない)、バイオリンを触れてなかったのに、爆睡して目覚めが悪くて、もう、なにがなんだか?

発表者は全員ジャスティン門下生です。かれはバイオリンとピアノを教えているので生徒は両方います。

7A465725-649C-4BE4-9955-66B257C8CE89.JPG

そして自分の番。自己紹介。ここで名前と年齢を言うのだけど、私の前まで、「8歳です」とかばかりだったので、いきなり数倍の年齢。ついでに、「今日は午前中マラソンに出場しました。42キロです」と付け加えると、ここで、、おお!というどよめきと拍手。まさか!こんなところで拍手されるとは思ってません。演奏の前なのに!どーせなら、音楽を聴いた後に、、おお!というどよめきと拍手が欲しい。無理だろうけど、、、

エリーゼのために

A0776381-B178-46CF-8CAA-77CAD91BB9F6.JPG

もう、この曲嫌いだけど、練習したからにはしかたない。ちなみにジャスティンから発表会が終わったらガボットを弾こうと言われて、一度弾いてもらったのですが、ダメ。こういう曲嫌い。で、次のページにメヌエットがあったので、そっちにしようと強引に押し切りました。嫌いな曲って上達が遅いし。

エリーゼのために、、をソツなく演奏し、、、といいたけど、本当はステージであがってしまい、間違い多数。もう、超はずかしい。一人で弾くと「今日の俺って天才?」とか思える日もあるのに、みんなの前では、8歳児とどっこいレベル。あとでジャスティンに聞くと、、「今日の演奏、よかったんじゃない?」
先生、、フォローがうますぎ。

最後は合唱。指揮はジャスティンがとります。合唱うまい、、本気でうまい。

169F895B-1277-4D5F-9B06-CD762D26B698.JPG

こうしてすべてのプログラムを終え、もちより昼食会。発表会は、発表者とその家族しかいないのでこじんまりしていい感じ。レベルだって知れたものだから聴きに来ているみんなも、反応が、、優しいです。

FC487B38-F6C8-4D2E-8C65-E3F852C0F6BE.JPG

わああ、聴きに来ている人の中に、ヨガ教室のニコルを発見。ニコルはジャスティンの友人なので、来ていても不思議じゃないのですが、ぜーったい「今回はNaokiが弾くんだよ、見ものだよ」って誘ったに決まっている。
しかも、ニコルが私の演奏を動画にとってくれて、Whatsappで送ってくれた。ありがとう。ありがとう。ありがとう。

8330ACF5-475A-4342-BCD4-8F30AD1C2CDE.JPG

でも、私は恥ずかしさのあまり、1回見たら、2度も見る勇気はなかったよ。下手くそにもほどがある。
、、、さて、これから家に帰って、、寝るか。

posted by NAOKI at 21:46| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pahang Int'l Marathon 2017 マラソンイベント!

I participated Pahang Int'l Marathon 2017 @ Kuantan. 42km distance.

C173EEF6-0E4D-440F-9E48-FA892344A1BE.JPG

クアンタンマラソンが今年は大手のスポンサーがついたことで、これまでのハーフマラソンから一気にフルマラソンをカテゴリーに加えて開催。

フラッグオフは朝3時で、集合は2時半。わああ、早朝というより夜です。前日はダイビングだったので帰って、機材を片付けてから寝て、朝1時起床。睡眠時間は3時間ぐらいで、朝から、バテバテ。本当に、42キロも走れるのか?全く分かりません。

朝2時過ぎに会場につくと、クルーのブリーフィング中。

IMG_7577.JPG

サイレンの鳴らし方とかも伝えている、、けど、実際は全然役に立たなかった。クラス毎にサイレンを鳴らすから、別クラスの人は待ってね、、というアナウンスがあったけど、最初のサイレンで全員走り出したし。まあ、いいか。ありがちだし、まあ、どうでもいいんだよね。きっと。

IMG_7578.JPG

この手のイベントにしてはドローンも飛んでおらず、わりとひっそりとした出発です。去年はドローンが飛んでたような気がするけど。

FBB56C1B-E63D-401A-89C6-5DCA9F80E6A9.JPG

今回は42キロのフルマラソンで参加。フラッグオフが朝3時で終了が10時の7時間が制限時間となっています。私は去年のシンガポールマラソンで7時間20分でしたので、ちょっと、どーにかしないといけない。しかも、シンガポールと違ってルートは適当にアップダウンがあり、苦しそう。今回は、ぜひ、制限時間オーバーは絶対避けたい。これまで完走したといっても制限時間オーバーでのゴールが多く、もう、この状態からの脱却をはかるのだ。

55CE1E7D-CE1F-42C4-B081-D7A3016B56E5.JPG

スタート直後は1キロ8分ぐらいのきつくない走り方。これまでフルマラソンは3回経験していますが、最初のマラソンは慣れてなく、スタート直後から周囲に合わせてスピードを上げてしまい、後半がもうダメダメでした。今回は、「きつくない程度」を最後まで持続する、、という計画。

大手のスタンダードチャータード銀行主催のものに比べると参加者は少ないし、雰囲気とか服装をみてもあまり慣れてない感じがする参加者がけっこういます。ちなみに、慣れてないからといってスピードが遅いという意味ではありません、慣れてないのに、もんのすごいスピードであっという間に視界から消える人も多いです。

今回は20キロー25キロの間がしんどい山道だった、、、もう、止めたいと何度思ったことか。しかし、今回はこれまでにない、新たな武器を持参、、、サロンパススプレー。前回大人買いしたもの。

IMG_7189.JPG

ルート図でみるとハイドレーションステーションが多いので、水は持参せず、その代わりに、サロンパススプレーを持参。これが、本当に役立った。こうして、サロンパススプレーの支援をたよりに、30キロ地点に到着。このままのスピードでいくと、前回よりタイムが1時間以上縮まるようです。

、、、が、そんなにうまい話はなく、急激にスピードが落ちはじめ。日差しが強くなる一方だし、かなりしんどい、、といういつもの歩く程度のスピードになりました。でも、30キロ前まで快調に進んでたので、遅れた分は、それまでの貯金分をとりくずして、なんとか、時間内にゴール。

AA33ADE0-E437-4848-89F0-53B90D412B2C.JPG

はじめての制限時間内のゴールで嬉しさもひとしお。そして、ゴール後はいつもどおりファーストエイドポストに駆け込み。靴を脱がしてもらい(足が腫れてパンパンで靴が脱げない)、足やら腿やらを冷やしまくり、、

AE0F87A4-ED52-4AF5-8C71-8B0012478B4F.JPG

そしたら、看護師さんが、「ああ、胸の出血は絆創膏を張っておくよ」。え?何、何、出血?
全然気が付かなかったけど、乳首が擦れて出血してました。たしかにヒリヒリするとは思ってたけど、足とか腕とか、痛い所だらけだったので気が付かなかった。さらに看護師さんに「次回からはブラつけて走ったら?ケラケラケラ」と笑われてしまった。太ると乳房(男なのに?泣)擦れ幅が大きくなり乳首から血が出やすいそうです。これまでより、、太ったのか、、残念度アップ。やっぱり痩せないと。

46D113C5-9D7F-4D66-A82E-F1E0E7631144.JPG

乳首が擦れるというのは、良く聞く話。私も知ってましたが、競技人生の中(?)で、これまで一度も乳首が擦れるということはなかったので、完全にスルーしてました。ここに来て、初体験。

こうして、体のメンテを終えて、さて帰ろうか、、というときでも、まだゴールしてくる人がいました。がんばれ。みんなで応援です。

B2815552-77ED-43C0-816F-7260BA104CB6.JPG

フルマラソン時間制限内ゴール。とっても嬉しい。そして寝る?3時間ぐらいしか寝てないしね、、ということはできません。これから家に帰ってシャワーを浴びたら、バイオリンをひっつかんで発表会にいかねば。この間は1時間。トライアスロンのトランジット並みの忙しさです。マラソンが終わったからといって、体を休めるわけにはいかないのだ。

A0776381-B178-46CF-8CAA-77CAD91BB9F6.JPG














posted by NAOKI at 21:15| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fitness & Health 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

End of the Monsoon モンスーン明け ラニャーニャの終り

Monsoon has gone.

IMG_7287.JPG

もう、二度と晴れの日は来ないのか、、と思ったモンスーンだけど、どうやら明けた空。
知らない人がこのブログを見ると、なんでモンスーンに一喜一憂しているのか不思議だろうけど、日本でいうと梅雨明けと台風一過が重なったぐらいのイベントです。

プラス、、これは良いニュース。ラニャーニャも終息したようです

気象庁のエルニーニョ監視速報
http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/elnino/kanshi_joho/kanshi_joho1.html

エルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態となっている。
今後夏にかけて平常の状態が続く可能性が高い(60%)。


やったー!これで今季のマレーシアの煙害ヘイズ被害は大したことなさそうだし、西海岸のモンスーンも平年並みで、大雨もふらなさそう。去年はラニャーニャで苦しめられたからなあ、、、

今はこの手の長期予報は、ほっとんど外れることはないです。
ものすごいことなんだけど、まだこれが何を意味するのかきちんと普通の人に伝わってないのは残念なことです。日本の今季の雪が多いのだってほとんど1年前からわかってたことなんだけど。

posted by NAOKI at 21:36| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ECO & Life いのちとエコと新エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pinstripes Go ヘルメットにピンスト

Painting pinstripes on my helment

IMG_7561.JPG

あらかじめ、Whatsappでドラフトを見せてもらって書いてもらったピンストライプ。実はヘルメットを預けて、受け取ったのが1週間後。だから、書いてもらうのはとっても大変なんだと思っていたけど、じっさいは一筆書きみたいなもんで一気呵成に書き上げるからそんなに時間がかからない。最初に行った日はデザイナーが不在だから預けて、、となったみたいです。

IMG_7572.JPG

いかにもペイント業的な仕事場。フェンダーとかの大掛かりなペイントもあるようです。ピンスト専門業者じゃあないんだ、、というか、それだけだと食べてけないか。

IMG_7571.JPG

テーブルには練習も跡も、、

IMG_7573.JPG

タンクやヘルメットがゴロゴロ、、

IMG_7567.JPG

書いてもらっている時の写真。これはWhatsappで送られてきたもの、、

D55F0B35-66D3-4CF1-ABA1-233E331B256D.JPG

フロントに名前を入れてもらったんだけど、書体が気に食わなくて受け取り時にクレームしたら、「ちょっと待て、今、書き直すから」、、といって、一旦消して、また書き直した。その間、、10分ぐらい。あっという間なんだね。出来上がりは、だいたい希望どおり。あんまり細かい指示してなくて、アーチストが好きなように書いて、、って言ったから、こんなもんだと思う。

IMG_7563.JPG

なんか、すごいうれしい。
自分のもの、、、という感じがするよ、、

D53D74A3-D3BF-4648-8CF5-341920EDD1F7.JPG

posted by NAOKI at 16:25| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Motorcycle Touring バイクとツーリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pinstripes Go じゃぱにーずなお店?

Arriving at shop

IMG_7446.JPG

ついたところは、バイクのカスタム屋さん。うーん、純正品とオーソライズディーラーばかりの私にとって、カスタム屋さんというのは、あんまりよくわからない領域。とはいえ、ヘルメットをもってピンストライプを入れてもらうというのも、カスタム屋さんの領域に入るらしい。なるほど、、勉強になるなあ。

IMG_7442.JPG

、、カスタム屋さんのある敷地は、複数のお店がある。いってみれば、「フードコート」のカスタム屋さんバージョンみたいなもので、1台のバイクを持ち込んで、それぞれのお店で少しずつ頼んでお腹いっぱいになるというシステム。ワークショップの隣はいわゆる馴染みのある、ショップ。

IMG_7435.JPG

いい雰囲気、、、あれ、なんで日本語のバイク雑誌が売ってるの?

IMG_7443.JPG

、、だれか日本語わかるの?とお店の人に訊くと、だれもわからないらしい。写真とかみて、いろいろ参考にするらしいです。そういえば、日本でもお店に英語の雑誌が置いてあることがあるけど、それは読むというよりインテリアというか絵本みたいに写真だけみることが多いのと同じですね。

、、でも、なんで日本なの?よく見ると、バイク衣料とかも日本語の値札が下がってたりする、、、

IMG_7437.JPG

IMG_7436.JPG

このショップは、「じゃぱにーずてーすと」をメインにした、日本風にこだわった(和風じゃない)お店だったのです。日本テーストが好きということか?

まあ、ハーレーバイクは、ウィスコンシン州のミルウォーキーという五大湖に面したカナダの隣ぐらいの寒い土地が本拠地。が、なぜかハーレーバイクの聖地と呼ばれるディトナはフロリダ州のマイアミにあります。またの聖地(いろいろ聖地は多い)は、ルート66で、イリノイ州から、がつーんと南に下り、あとはカリフォルニアまで西南部各州に跨ってる。つまり、本拠地にしろ聖地にしろ、あちこちあって、、、

そんでもって、日本のバイカーが目指す聖地のひとつは西海岸の風。カリフォルニアの各都市がバイカーの憧れの地。サンフランシスコとかが、日本のバイカー文化と、とっても親和性の高い地域。結局は好きなところなら、憧れるのはどこでもいいし、あるいは憧れなくてもいいということか。

だから、マレーシアのバイカーの一部が「じゃぱにーずハーレーバイク文化」にあこがれるのも、特に不思議ではないのかもしれない。けど、ホンダやカワサキならともかく、ハーレーみたいにアメリカ文化を背負っているところの、じゃぱにーず味というのはなんか不思議です。

おっと、ピンストライプのお店はこのフードコート風のショップの奥だった。

IMG_7445.JPG

マレーシア的な奥に細長い町屋建築の趣もある通路を通った、さらに奥。

IMG_7439.JPG

posted by NAOKI at 14:26| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Motorcycle Touring バイクとツーリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pinstripes Go お店はどこ、WAZEって何?

Visiting Customs Motorcyle shop for pinstripes.

IMG_7447.JPG

Wilayah Motor Festの会場に出店していたお店

IMG_7310.JPG

Slingshot。さっそくこのお店に行くことにしました。展示会の出店で出会ったお店に後日行くというのは、もしかしたら初めてかもしれない。たしかに、展示会は便利な出会いの場です。

IMG_7338.JPG

予めWhatsappで連絡を取り合い、、、いざ、お店、、、うーん。GPSによると住所の場所にはお店はないぞ?場所がわからん。さっそく、Whatsappに地図が送られてきたのだけど、余計に住所から離れている。わからん、、が、送られてきた地図通りに行くと、やっぱり変な場所でぜんぜんお店があるところじゃない。

違うぞ?

、、と言うと、地図はWAZEか?WAZEで送ったよ、、と言われてもなんのこっちゃ?私の携帯はIPhonでグーグル地図なんだけど?

いや、Google mapなんかじゃない。

、、といわれてもわからん。が、一切のGPSも地図を使わず勘で走って、なんとか、無事到着。最後はやっぱり人力に頼るしかない?ちなみにわけわからないので調べたらWAZEはGoogleに買収されたナビアプリらしいです。ですが、ひっじょーにコアなユーザー軍団がいて、Google mapがあるにもかからわずWAZEも独立して別アプリとして健在なよう。

Apple shopに行ってみると、あった。ソーシャル渋滞ナビ、、ってある。わるいけど、私の住んでいる田舎には基本「渋滞」なんてものはないんだよ。牛が道路を塞いでいることはある。しかも、う回路なんてないんだよ、道路2本分なんてありえない、、貧乏だもん。けもの道ならあるけど。

やっぱり都市部のスマートな人向けでしょうね。私にはGPSがあれば当面、それで十分。、、しかも、、、最後はやっぱり人力だし、、

展示会で会ってお店に行くというアナログなコンタクトと、お店に行く途中のデジタルなコンタクトと、、なんか、時代ってもんなのだろう。

posted by NAOKI at 13:50| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Motorcycle Touring バイクとツーリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

Hidden Garden 看板のかかってないレストラン

It is a really hidden garden restaurant where doesn't have signboard.

IMG_7560.JPG

全体的に素朴な田舎っぽさの残るマレーシアでも、ずば抜けて田舎っぽい(、、ぽい?、、というか、田舎だし)わが町。
昨日はヨガクラスの何人かと一緒に行ったレストランは、、、おしゃれだった。ここはどこ?まるで、我が町ではありえないようなセンス。

IMG_7555.JPG

場所はインドラマコタ地区。緑がいっぱいのエリア。入口がサウジのコンパウンドを思わせるセキュリティゲートがあるつくりですが、中は賃貸ではなくすべて持ち家形式のマレーシア的高級住宅街。その一角に、このレストランがありました。

IMG_7550.JPG

道路からでも、まーーったく場所がわからない。そのレストランの前を3回ぐらい通ったのに場所がわからない。最後は電話して場所を確認しました。もちろん、わからないも道理で、一切の看板も標識もない普通の住宅。これはわからない、、というか、入り口に犬の檻があってむしろ入るものを拒むかのよう、、

IMG_7553.JPG

このレストランは、完全予約制で1日に1組しか予約をいれないらしいです。

91FC8DD0-C819-43BB-AFA2-19F4355C7C24.JPG

IMG_7531.JPG

食事時間も食事後も、ゆーっくりと寛げて、ここは本当にマレーシア!シンガポールじゃないのか?と思うぐらい細部にわたるまでインテリアにもこだわりがあって、、
(ちなみにマレーシアとシンガポールを隔てているのはジョホール水道だけではない。センスの良さという、大海原が横たわっている)

IMG_7533.JPG

IMG_7559.JPG

みんなも、食事の後は、、カメラの時間、、、

IMG_7535.JPG

IMG_7542.JPG

とっても、落ち着いて、食事も美味しい。話を聞くと、料理好きなここのお宅のかたが、好きが高じてついにレストランを開業したそうです。インテリアとかも趣味の一部だし、あんまり採算とか考えてなくて、本当に好きでやってるんだろうなあ、、と思うレストランでした。

IMG_7552.JPG

また、絶対に来る!こんなお洒落なところだったら、こっちも財布を度外視しても来たい。
田舎だと思っていた我が町にも、こういうところがあったんだ。奥が深い、、、

BB84D8DE-5239-4AB2-9453-8879A6FC2572.JPG

posted by NAOKI at 17:46| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

Belt at TC 緊急事態回避の帯

Belt over saloon. to avoid "emergency situation" of exposing naked body on public.

08472BBE-A935-4A5B-9F20-E4DEFDD7B8D4.JPG

TCのサーフィン会場では、まだサーフィンがはじまらない

IMG_7514.JPG

暇つぶしにこないだ行った、マレー服のお店を再訪。あいかわらず、いろんな小物もあるし、クリスもある。

IMG_7486.JPG

この間は気が付かなかったけど、クリスの柄の部分は別売もあって、

IMG_7483.JPG

中には、メシャムでできたものもあったのでちょっとびっくり。

IMG_7485.JPG

なんとなく、流れで帯購入。

319F5E35-BC10-4071-92A8-A47FD56F2012.JPG

マレーシアに限らず、アジアやアフリカはどこでもこういったサローンはあります(いや、世界中にあると思う)。アラビアではイザールと言ってたし、他ではロンギといってたと思う。バスタオルを腰に巻いている、、という雰囲気で、とっても快適。私のマレーシアライフには欠かせません。しかし、不測の緊急事態が発生する可能性もあって、これが、ハラリを落ちてしまう、、しかも公衆の面前で、、となったら恥ずかしくて生きていけません。

メッカ巡礼のイフラームの腰巻も同様で、カアバをタワーフしているときに不測の事態で全裸になったりしたら、もうなんだかえらいことになるというか、巡礼の清らかな心が一発アウトでしょう。巡礼版ウエストポーチ兼ベルトで締め上げるのですが、そういったものがないか探していたところ。

こういうものがあるとは知らなかったけど、需要があるところには供給もあるという見本。この帯で、ぎゅーっと締め上げれば、緊急事態の回避にはうってつけです。安全第一は道路や建設現場だけではありません。ああ、これで一安心。

posted by NAOKI at 14:20| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Trend おしゃれ番長補欠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Surfin @ Teluk Chempedak TCのサーフィン大会

Visiting Surfin Event at TC.

IMG_7516.JPG

とりあえず、マックでハンバーガー。サムライJrで気合をいれて、いざ、サーフィン会場に。

IMG_7519.JPG

ここ数日、波が強いので遊泳禁止。でも、サーフィンにはいいかも。

IMG_7489.JPG

じつは、ここに来る前にチェラティンでサーフィンをしてきたばかりなので、もうサーフィンはお腹いっぱいなのですが、どうやら別腹があるようで、アドレナリンがでてきました。

IMG_7499.JPG

今日は、サーフィンの大会!!なんと。

IMG_7507.JPG

お昼時間なので、選手たちはセブンイレブンの陰で休息兼お昼ごはん。

IMG_7504.JPG

お互い、ついさっきまでサーフィンしていのでテンションが上がります。いつもどおり、首をつっこむと、とどまるところを知りません。

6B095BA7-0E03-4E43-9AA6-755F63BF2E88.JPG

サーフィンの話とか、どうでもいい話とかして、、ぐるぐる会場見学。

IMG_7509.JPG

あああ、もうサーフィンの大会のシーズンなんだ、、と感慨にふけります。サーフィン大会はシーズンの終わりを告げるイベントで、大会が終わると各地から集まったサーファーも解散となって、それぞれ地元にもどったり、新たな波を求めて旅だったり。急激に、、というより、ある日突然、、サーフィンが町から姿を消す日でもあるのです。

それに、サーフィン大会は、モンスーンを終わりを告げる風物詩。モンスーンの波浪とともに始まり、波が穏やかに戻ってモンスーンも終わり。サーファーも波と共に去りぬ?です。今年のモンスーンはひどかった。年末年始は洪水を引き起こし、苦労したこともあったし。先週はまた風雨が強くて、、わあ、まだモンスーンは終わってなかったんだ、、と思いましたが、あれは、名残雨だったんですね。

モンスーンが明けると、急激に気温が上昇して、一年で一番暑い季節を迎えます。モンスーンが終わって、ある日突然、真夏になると体調を崩す人が続出するので気をつけねば。まだまだ遊び足りないし。

IMG_7505.JPG

posted by NAOKI at 13:49| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fitness & Health 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする