the MY Pantai Timur telepraph

2017年03月12日

Music Concert バイオリンの発表会

Soon after marathon, I participated the concert.

45492D8A-E90E-415E-B057-389D93DBA311.JPG

マラソンが終わって、ファーストエイドで足の手当てして速攻で家にもどります。とりあえず、シャワーを浴びて、うーーううう、乳首が沁みる。あちこちに薬を塗りたくって、、、。しかし、もう眠たくてたまらない。目覚まし時計を合わせて10分だけ寝よう。

、、10分寝て、目が覚めたらあと3時間ぐらいはもつぐらいの元気が回復。ウルトラマンよりちょっとましな活動時間な程度。ジャスティン先生から、長袖のシャツ、黒のズボン、蝶ネクタイ、ベストか上着、、といわれているけど、去年の発表会の時には着れたベストがもう、丸々したお腹からはみ出して全然着れない。ま、しかたない。ベストは無し。

3D188681-4B5E-403F-B681-3B6A29F4DF09.JPG

発表者は早目に来て、椅子で待っていることになっているので、順番を確かめて椅子に座っている、、と眠気が襲い、、、。こうして、発表者がみんな緊張した顔しているなか、私一人が爆睡してしまった。20分ぐらい寝てたのだと思う、覚えているのは何度かバイオリンの弓を床に落としたことだけ。目がさめたのは、すでに発表会が始まり司会の人のアナウンスが終わってみんな拍手した音によってです。

わあ、チューニングもそこそこだったし、この3日間。忙しくて(もちろん仕事じゃない)、バイオリンを触れてなかったのに、爆睡して目覚めが悪くて、もう、なにがなんだか?

発表者は全員ジャスティン門下生です。かれはバイオリンとピアノを教えているので生徒は両方います。

7A465725-649C-4BE4-9955-66B257C8CE89.JPG

そして自分の番。自己紹介。ここで名前と年齢を言うのだけど、私の前まで、「8歳です」とかばかりだったので、いきなり数倍の年齢。ついでに、「今日は午前中マラソンに出場しました。42キロです」と付け加えると、ここで、、おお!というどよめきと拍手。まさか!こんなところで拍手されるとは思ってません。演奏の前なのに!どーせなら、音楽を聴いた後に、、おお!というどよめきと拍手が欲しい。無理だろうけど、、、

エリーゼのために

A0776381-B178-46CF-8CAA-77CAD91BB9F6.JPG

もう、この曲嫌いだけど、練習したからにはしかたない。ちなみにジャスティンから発表会が終わったらガボットを弾こうと言われて、一度弾いてもらったのですが、ダメ。こういう曲嫌い。で、次のページにメヌエットがあったので、そっちにしようと強引に押し切りました。嫌いな曲って上達が遅いし。

エリーゼのために、、をソツなく演奏し、、、といいたけど、本当はステージであがってしまい、間違い多数。もう、超はずかしい。一人で弾くと「今日の俺って天才?」とか思える日もあるのに、みんなの前では、8歳児とどっこいレベル。あとでジャスティンに聞くと、、「今日の演奏、よかったんじゃない?」
先生、、フォローがうますぎ。

最後は合唱。指揮はジャスティンがとります。合唱うまい、、本気でうまい。

169F895B-1277-4D5F-9B06-CD762D26B698.JPG

こうしてすべてのプログラムを終え、もちより昼食会。発表会は、発表者とその家族しかいないのでこじんまりしていい感じ。レベルだって知れたものだから聴きに来ているみんなも、反応が、、優しいです。

FC487B38-F6C8-4D2E-8C65-E3F852C0F6BE.JPG

わああ、聴きに来ている人の中に、ヨガ教室のニコルを発見。ニコルはジャスティンの友人なので、来ていても不思議じゃないのですが、ぜーったい「今回はNaokiが弾くんだよ、見ものだよ」って誘ったに決まっている。
しかも、ニコルが私の演奏を動画にとってくれて、Whatsappで送ってくれた。ありがとう。ありがとう。ありがとう。

8330ACF5-475A-4342-BCD4-8F30AD1C2CDE.JPG

でも、私は恥ずかしさのあまり、1回見たら、2度も見る勇気はなかったよ。下手くそにもほどがある。
、、、さて、これから家に帰って、、寝るか。

posted by NAOKI at 21:46| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pahang Int'l Marathon 2017 マラソンイベント!

I participated Pahang Int'l Marathon 2017 @ Kuantan. 42km distance.

C173EEF6-0E4D-440F-9E48-FA892344A1BE.JPG

クアンタンマラソンが今年は大手のスポンサーがついたことで、これまでのハーフマラソンから一気にフルマラソンをカテゴリーに加えて開催。

フラッグオフは朝3時で、集合は2時半。わああ、早朝というより夜です。前日はダイビングだったので帰って、機材を片付けてから寝て、朝1時起床。睡眠時間は3時間ぐらいで、朝から、バテバテ。本当に、42キロも走れるのか?全く分かりません。

朝2時過ぎに会場につくと、クルーのブリーフィング中。

IMG_7577.JPG

サイレンの鳴らし方とかも伝えている、、けど、実際は全然役に立たなかった。クラス毎にサイレンを鳴らすから、別クラスの人は待ってね、、というアナウンスがあったけど、最初のサイレンで全員走り出したし。まあ、いいか。ありがちだし、まあ、どうでもいいんだよね。きっと。

IMG_7578.JPG

この手のイベントにしてはドローンも飛んでおらず、わりとひっそりとした出発です。去年はドローンが飛んでたような気がするけど。

FBB56C1B-E63D-401A-89C6-5DCA9F80E6A9.JPG

今回は42キロのフルマラソンで参加。フラッグオフが朝3時で終了が10時の7時間が制限時間となっています。私は去年のシンガポールマラソンで7時間20分でしたので、ちょっと、どーにかしないといけない。しかも、シンガポールと違ってルートは適当にアップダウンがあり、苦しそう。今回は、ぜひ、制限時間オーバーは絶対避けたい。これまで完走したといっても制限時間オーバーでのゴールが多く、もう、この状態からの脱却をはかるのだ。

55CE1E7D-CE1F-42C4-B081-D7A3016B56E5.JPG

スタート直後は1キロ8分ぐらいのきつくない走り方。これまでフルマラソンは3回経験していますが、最初のマラソンは慣れてなく、スタート直後から周囲に合わせてスピードを上げてしまい、後半がもうダメダメでした。今回は、「きつくない程度」を最後まで持続する、、という計画。

大手のスタンダードチャータード銀行主催のものに比べると参加者は少ないし、雰囲気とか服装をみてもあまり慣れてない感じがする参加者がけっこういます。ちなみに、慣れてないからといってスピードが遅いという意味ではありません、慣れてないのに、もんのすごいスピードであっという間に視界から消える人も多いです。

今回は20キロー25キロの間がしんどい山道だった、、、もう、止めたいと何度思ったことか。しかし、今回はこれまでにない、新たな武器を持参、、、サロンパススプレー。前回大人買いしたもの。

IMG_7189.JPG

ルート図でみるとハイドレーションステーションが多いので、水は持参せず、その代わりに、サロンパススプレーを持参。これが、本当に役立った。こうして、サロンパススプレーの支援をたよりに、30キロ地点に到着。このままのスピードでいくと、前回よりタイムが1時間以上縮まるようです。

、、、が、そんなにうまい話はなく、急激にスピードが落ちはじめ。日差しが強くなる一方だし、かなりしんどい、、といういつもの歩く程度のスピードになりました。でも、30キロ前まで快調に進んでたので、遅れた分は、それまでの貯金分をとりくずして、なんとか、時間内にゴール。

AA33ADE0-E437-4848-89F0-53B90D412B2C.JPG

はじめての制限時間内のゴールで嬉しさもひとしお。そして、ゴール後はいつもどおりファーストエイドポストに駆け込み。靴を脱がしてもらい(足が腫れてパンパンで靴が脱げない)、足やら腿やらを冷やしまくり、、

AE0F87A4-ED52-4AF5-8C71-8B0012478B4F.JPG

そしたら、看護師さんが、「ああ、胸の出血は絆創膏を張っておくよ」。え?何、何、出血?
全然気が付かなかったけど、乳首が擦れて出血してました。たしかにヒリヒリするとは思ってたけど、足とか腕とか、痛い所だらけだったので気が付かなかった。さらに看護師さんに「次回からはブラつけて走ったら?ケラケラケラ」と笑われてしまった。太ると乳房(男なのに?泣)擦れ幅が大きくなり乳首から血が出やすいそうです。これまでより、、太ったのか、、残念度アップ。やっぱり痩せないと。

46D113C5-9D7F-4D66-A82E-F1E0E7631144.JPG

乳首が擦れるというのは、良く聞く話。私も知ってましたが、競技人生の中(?)で、これまで一度も乳首が擦れるということはなかったので、完全にスルーしてました。ここに来て、初体験。

こうして、体のメンテを終えて、さて帰ろうか、、というときでも、まだゴールしてくる人がいました。がんばれ。みんなで応援です。

B2815552-77ED-43C0-816F-7260BA104CB6.JPG

フルマラソン時間制限内ゴール。とっても嬉しい。そして寝る?3時間ぐらいしか寝てないしね、、ということはできません。これから家に帰ってシャワーを浴びたら、バイオリンをひっつかんで発表会にいかねば。この間は1時間。トライアスロンのトランジット並みの忙しさです。マラソンが終わったからといって、体を休めるわけにはいかないのだ。

A0776381-B178-46CF-8CAA-77CAD91BB9F6.JPG














posted by NAOKI at 21:15| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fitness & Health 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする