the MY Pantai Timur telepraph

2017年03月13日

Pahang Int'l Marathon result マラソン大会結果の比較

これはいつもどおり?備忘録です。過去マラソンの結果というか、手首のガーミン時計のデータ比較。

kuantan marathon certificate.jpg

2016年8月のKLマラソンの記録
http://inlinedive.seesaa.net/article/441000761.html
2016年12月のSGマラソンの記録
http://inlinedive.seesaa.net/article/444762542.html

2017年3月のパハンマラソンの記録は下。いつもどおり、6時間ぐらいで電池切れです。この時計のカタログには8時間はもつ、、って書いてあった(今も書いてる)けれど、最初っから6時間ぐらいしかもちません。

6時間で、36.6km。1キロ当たり平均9.57分。平均スピードは1キロあたり、、
KLマラソン 9.51分
SGマラソン 9.51分(なんと全く前回と同じ。小数点以下まで同じ)
PHマラソン 9.57分(なんと、3大会で一番遅い)

が、驚くべきことに後日主催者から発表されたレース結果によると、私の平均ペースは、9.51分らしい!なんと3大会連続、小数点以下2桁まで全く同じスピード。すごい!とか言ってる場合じゃない。全然進歩がないということだ。

memo.jpg

にもかかわらず、今回一番ゴールタイムがいいのは腕時計の電池が切れてから、スピードが乱れず(歩いたりしてなくて)、淡々と走ったせい?それ以外に思いつかない。

タイムラップ10km地点では、
KLマラソン 79分
SGマラソン 77.74分
PHマラソン 78分

全然たいした差はないじゃないか。SGマラソンとどこが違うのか?わからん。

ハーフマラソンにあたる21km地点では、
KLマラソン 181分
SGマラソン 176.23分
PHマラソン 170.4分

うーん、ここでやっと以前の大会と今回の差が出てる。やっぱり、後半乱れなかったことなのでしょう?
では電池が切れる最終ラップまでの記録は、

KLマラソン 38キロで6時間19分
SGマラソン 36キロで5時間42分
PHマラソン 36キロで5時間57分

ちょっと待て、後半だって比較しても差はでてない(どころかSGマラソンより15分も遅い)。つまり、後半の乱れもおんなじ程度ということ。あるいは、36キロから42キロまでの間の6キロを頑張って走りぬいたということか?

ゴール時間は
SGマラソンで7時間19分、PHマラソンで6時間54分。25分も早いのに、いったい何が違ってたのか不明。

つまり計測結果を比較してみると、「ちっとも走りは向上してない」ことが判明。

ふー、こんなに筋肉痛なのに、、前と一緒ということか、、わからん。つまりは、もっと練習しろ、ぜんぜん向上してないなんて残念だぞ、、とガーミン時計様から指摘されました。ありがとうございます、がんばります。

(そういえば、順位?そんなもん歯牙にもかけてません。遅いよね?あたりまえ。足が速かったらマラソンなんてしない。遅いから走るんだ。スコアみっともない?まさか、勲章だ)

posted by NAOKI at 18:26| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fitness & Health 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vitamin SEA ! ダイビングの季節到来

Went to Tenggol for scuba diving.

IMG_7822.JPG

サーフィンのシーズンが終わるというのは、同時にスクーバダイビングの季節到来です。
さっそくTenggol島へのダイビング。ここは我が家から近くて1時間半ほどで到着できます。おそらく、KLからも一番近いダイビングスポットです。なんといっても高速道路で一本でこれますから。

RIMG1808.JPG

Kuala Dungunのジェティから出発。久しぶりのダイビングでテンションが上がりっぱなし。ログブックによると去年の9月から潜ってません。半年ぶりなのですね。

Tenggol島に到着。ここでロジスティクスを少々行い、、

RIMG1821.JPG

どっぽーん、とエントリー

IMG_7712.JPG

最初のダイビングでいろんなサカナと出会えてうれしい、、

IMG_7610.JPG

IMG_7722.JPG

各種のクマノミ。いつもはカクレクマノミばかりなので、ちょっと違った種類の撮影。私以外のダイバーはマクロ狙いなのですが、私はいつもワイドレンズ。小さいのが見えにくいし、、とほほ。

IMG_7755.JPG

クリーニングステーションにて、

IMG_7779a.jpg

ダイビングサービスはいつもの場所ですが、クルーがガイドを含めて総入れ替え。どの人も初めて見る人達ばかりですが、海の中は見慣れた風景。

IMG_7781.JPG

メスのタイマイにも何回かであいました。

IMG_7838.JPG

カメの写真はみんな撮りたいですよね。さっと撮って、場をあけないと、、

IMG_7839.JPG

何本も潜ってはあがり、、という繰り返し。でも、海の中は同じようでも、よくみると変化に満ちてます。
レックもいきました。

IMG_7671.JPG

フィッシャマン レック。このTenggol島の中でも、大きいサイズの船です。

IMG_7669.JPG

じつは、このレックの最大の見ものは、、船ではありません。そのそばの砂地にまるで植えてあるかのように密集する、チンアナゴです。ただし、チンアナゴは寄ると引っ込むので、遠いところからしか写せないし、写しても、あんまり綺麗な写真をとれないのが残念なところ。

IMG_7642.JPG

そして、ビーチでごはん。

RIMG1814.JPG

今年は何本潜れるかわかりませんが、体力の続く限りは潜りたいです。でないとVitamin SEA不足で倒れてしまう、、

IMG_7685.JPG

IMG_7690.JPG

IMG_7584.JPG

2017年のシーズン。新しいクルーと新しい友達。

posted by NAOKI at 17:08| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Scuba Diving ダイビング部 マレーシアと紅海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Vitamin SEA ! サーフィンシーズンの終り

End of the surfin season. I miss it.

RIMG1790.JPG

モンスーン明けでサーフィンシーズンも終わり。
今シーズンはほんの数回しか海に行けなかったのが、ものすごく惜しい。なぜほんの数回かというと、、それは前の2回のシーズンで私にはサーフィンの才能が無い、、だから、もういいや、、という気になってたからです。

RIMG1739.JPG

それでもビーチに行って、みんなが楽しそうにサーフィンしているのを見ると、なんか、すごく良さそう。ひょっとすると、自分も何か上手くいくかも?とか妄想してしまいます。

RIMG1761.JPG

シーズンでの最初の1日目は、さんざんだった。もう、悔しいほどいろんなこと忘れてるし、パドリングで腕が痛くなり、もう漕げない、、結局、なんとか乗れたのは1回だけ。

RIMG1785.JPG

、、やっぱり自分には無理だった。もう止めよう、、とかいうのは私の辞書にはありません。
、、やっぱり自分には無理、、な、はずはない。何かが間違っている、きっとどっかで間違いをやらかしたんだ、でなければ、あんなに下手くそなはずがない。頭のなかでは素晴らしく波に乗っている自分の姿を妄想していますので、「こんなはずはない」が頭の中をぐるんぐるんしています。

RIMG1768.JPG

そして、またサーフィンに行く。自分なりに考えた「間違い」があってたのかどうかを検証するため。むしろ、実験というべきか。

RIMG1798.JPG

そうすると、なんだかいい感じに乗れるようになりました。やっぱり乗れるようになるとうれしい。波が大きくもなく、小さくもなく、、というのが良かったのかもしれない。

RIMG1791.JPG

こうして、なんとなく慣れたころにシーズンが終わり。うーん、とっかかりが遅かったので残念。

RIMG1778.JPG

次のシーズンはどうなっているか、わからないけど。でも、楽しいは楽しい。続けていけそう。

RIMG1745.JPG

こうして、2016-2017のサーフィンシーズンはおわりました。でも、シーズンではないからといって波が無くなるわけじゃないから、地元民としてはチャンスがあればオフシーズンでも乗る練習ぐらいはできそう。それもいいかもね。

RIMG1747.JPG







posted by NAOKI at 13:53| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fitness & Health 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする