the MY Pantai Timur telepraph

2017年04月10日

Crown of thorns 2 オニヒトデ駆除開始@マレーシア

Dive into the water for finding COT.

RIMG1925.JPG

翌日!今日はオニヒトデ駆除の日。前日は、ビーチクリーンアップと、ビーチ沖のゴミ拾いダイビング2回。今日は本格的な日になりそう。がんばってオニヒトデをいっぱい見つけよう。

RIMG1918.JPG

準備も万端

RIMG1887.JPG

浜にはオニヒトデ埋葬用の穴もほられてます。

RIMG1900_1.JPG

しかし、、、というか、こうなるかも、、と、思ったとおり、、、オニヒトデがいません。ここテンゴル島でオニヒトデを見た記憶がそもそもありません。これがレダン島であれば、そこらじゅうにオニヒトデがいて、あっという間に網一杯になる自信があるのですが、、、

IMG_7898.JPG

大物運には恵まれず、ジンベイザメも見損なったし、、ここにきて、、オニヒトデ運まで見放されるとは、、
こころを入れ替えて、ゴミ拾いに専念しようかなあ、、、

あ!ガイドさんの網に、オニヒトデービルがいるではないか。

RIMG1898.JPG

同一行動なのに、いったい誰が見つけて、誰がひっかけて、誰が網に入れたのか、、全く気が付きませんでした。最初の一匹目だからダイビングベルが鳴ったり、いろいろあってもおかしくないのに、なぜ、、気が付かない。

IMG_7883.JPG

ともかく、最初のダイビングではグループ全体で1匹。レダン島では、プロジェクト全部を通して300匹駆除したということですから、なんというか、、、、テンゴルのサンゴは健康でいい!という見方をしなければいけないのに、「オニヒトデにまで見放された、、、残念」という思いは強く残りました。前の日に気合入れ過ぎてたせいだろうか?

IMG_7952.JPG



















posted by NAOKI at 17:54| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Scuba Diving ダイビング部 マレーシアと紅海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Crown of Thorns 1 オニヒトデ駆除プロジェクト@マレーシア

Joined Project AWARE 2017 @ Tenggol Island, Terengganu

IMG_7938_1.JPG

おそらく、半島マレーシアのみならず、シパダンなどボルネオ側まで合わせても、「マレーシアで一番サンゴの美しい」場所が、テンゴル Tenggol島です。

792815D7-A106-4645-8E10-4EA48BD1EE1B.JPG

ここは、ダイビングの予約が難しくて、交通の便も微妙なので訪れる人が他のダイビングスポットに比べて多くありません。それに、観光地化されてないので陸上も海中もあまり手つかずで、健康なサンゴばかり。

ですから、ここでオニヒトデ駆除のプロジェクトをすると聞いた時は、、え?あそこにオニヒトデなんてそもそもいたっけ?あんなに健康なサンゴなら、いいんじゃない?とか思ったものです。

RIMG1861.JPG

このプロジェクトは2泊3日の大掛かりなもので、最初の日はビーチクリーンアップとハウスリーフのゴミ拾い。そして、その夕方に、マレーシア政府の海洋公園局から専門家を招いて海洋保護と、現在直面する問題、それにオニヒトデ駆除についてのレクチャーと実技指導がありました。超本格派です。

IMG_8370.JPG

講師のメガさんとはとても仲良くなったのですが、もともと環境省の教育部門にいたというだけあって、プレゼンはとっても上手くて、引き込まれます。夜も遅くなった時間帯で始まったのですが、眠気はふっとび。

IMG_8375.JPG

オニヒトデの生態と、環境に対する役割などの話が続き、、、

IMG_8378.JPG

やがて、実演と練習です。

IMG_8380_1.JPG

オニヒトデ自身が毒をもっているので、慎重にしないといけないですね。こういったプレゼンと練習なしに、いきなりオニヒトデ駆除というのは無理でしょう。ちゃんとした知識なしに何かをやれば、かえって問題をおこすことばかり。オニヒトデも、手荒にするとストレスで産卵するので逆効果ということを教えてもらいました。

IMG_8381.JPG

いよいよ翌日からオニヒトデ駆除開始、、、

IMG_8385.JPG









posted by NAOKI at 17:19| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Scuba Diving ダイビング部 マレーシアと紅海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする