the MY Pantai Timur telepraph

2017年05月02日

5th mission for search and recovery mobile phone success 携帯電話発見

Finally, I found my lost mobilephone in 5th mission.

IMG_8053_1.JPG

携帯電話捜索の5回目のミッション。
今回はこれまでに得たデータをすべて使って、見つかっても見つからなくても最後のミッションにするつもりです。

全部で110kmもあるルートでほとんどが初めて通った道。見覚えある景色などない、何の変哲もない田舎道が延々と続くルートです。覚えているのは30km近辺で道路を左側にはみ出して路肩にでて、そのままブッシュの中に突っ込み堀の底まで転がっていったこと。自転車はブッシュに引っかかって路肩からそんなに離れてないところで止まってたこと(つまり、それぐらいのブッシュ量はあった)。堀には水はなくて乾いていた。

これだけ。風景も全然覚えてないし、近くに家があったとかも覚えてないし、だいたい落ちたショックで動転して携帯電話を落としたことも気が付かなかったぐらいです。まったく目印になるようなものはありません。ああ、底まで落ちたからガードレールはなかった。

頼みの綱はGPS時計のデータだけ。PCにアップロードして正確な地点を探します。30キロ地点に近い所で、動きが止まったところはたった1か所。29キロ地点で4分ほど止まってます。これ以外にありません。

IMG_8056.JPG

最初の日に探した時、カーナビに出発地点からランドマークになる地点のGPS時計のデータを手入力しておきました。普段ならスマホでやるのですが、そのスマホを落としてるのでカーナビの全面的な活躍。こうして、カーナビに捜索地点の開始をフラッグ。29キロ地点の1.5km手前に設定。自転車で計測するときと、車で計測するときのスピードの差によるGPSの誤差というのがあるのかないのかわかりません。とりあえず、誤差をプラスマイナス1.5kmとしておきましょう。

IMG_8050.JPG

そして、友達にひっきりなしに私の携帯に電話をかけてもらいます。3回目の捜索で目視では見つからなかったのはブッシュの奥にあって見えないから。

歩いて、歩いて、1.6kmのところ、つまり29.1キロ地点で携帯の着信音が聞こえました。音は鳴っているけど、本体は薄暗いブッシュの奥で全然見えません。

IMG_8048.JPG

ばんざーい。テクノロジーの勝利ですね。まったく場所(最初は道路も間違えてたし)も記憶にない110キロの距離から1個の携帯電話を探すということ。

携帯のバッテリー残は25%。心配だったのは、鳴らし続けて電池が切れることだったのですが、出発時に100%にしてたのが良かった。着信回数は72回。ほんとうに、みなさんに鳴らしてもらってよかったです。

さらに、1回雨が降ったのですが、携帯のカバーのおかげで浸水なし。もっともブッシュが傘代わりであんまり濡れてなかったようです。無くしたのは、携帯電話、水筒、バイクのテールライト、ヘルメットのライト2個ですが、ヘルメット用ライト2個は見つかりませんでした。テールライトは電池が吹っ飛んでしまったものの、本体はありました。水筒はこのイベント用に買ったもので一度も使ったことなかったから見つかって良かった。

IMG_8052.JPG

ひとつ大変だったのは、携帯回収のために斜面を降りていく時、痛めた右胸をさらに痛めたこと。右胸の腕の付け根近辺なので右手を使うと、ひどく痛む。でも、木や草に捕まりながら降りていく以外に方法はなく、うーん、これが一番想定外かなあ。

なにはともあれ、良かった。アルハムドリッラ。
やっとゴールにたどり着いたような安堵感。レースのおわり。

posted by NAOKI at 17:43| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fitness & Health 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Phuket vs Port Dickson プーケットとポートディクソン

What is the different between Phuket and Port Dickson

IMG_8420.JPG

上の写真はプーケットではありません。マレーシアのテンゴル島です。
でも、何も言わずに、、「これプーケットの写真」というと、ほとんど人は、そんなもんだろうなあ。と思うはず。タイのプーケットとマレーシアのビーチについて考えてみました。

基本自然に大きな違いはありません。日照時間から言うと南に位置するマレーシアのほうが年中をつうじて日照時間は心持ち長いし、気温も、、暑い、、。日光と暑さを求めるバカンス客であれば、自然科学的見地からはマレーシアのほうがお勧めです。Wikiには、プーケットは風光明媚とありますが、じゃあマレーシアは風光明媚じゃないのか?というと、怒られてしまいます。
でも、圧倒的にプーケットのほうが知名度はあるし、人気はある。マレーシアからもプーケットに行く人多数。そう、最大の差は、知名度の差。プーケットというブランド。プーケットに行くとは、そういう「ブランドの買い物」だということです。


下の写真は、今回行ったポートディクソンのビーチ。写真ではわかりませんが首都から近いビーチなので、家族連れ中心の観光客であふれてます。主な客層はマレーシア人。

IMG_8842.JPG

プーケットのパトンビーチは下の写真。タイの人はほとんどいなくて、欧米系がほとんど。家族連れも少なくないですが、主流は若いカップルやグループ客のようです。

IMG_8663.JPG

そう、、、何が違うって、人が違う。人数の多さじゃないよ、、人数は場所により、時間により、全然違うからあんまり比較になりません。

たとえば、プーケットでも人の少ないところもあるし、

IMG_8521.JPG

朝だと人は少ないし、

IMG_8525.JPG

結局は、誰が来てるか、、そこの国民か外国人か?
プーケットのビーチは、日本で騒がれているIR統合型リゾートのカジノが無いバージョンというとわかりやすいかも。もともと、外貨獲得のため外国人を念頭において観光客を誘致するようにしているので、タイの中では英語が通じやすいし、欧米人もライフスタイルをほとんど変えることなく楽しめます。半裸でプーケットの海岸を歩いていても、違和感はありませんが、それがタイの他の場所だとおおごとです。江の島の海の家の恰好で、新宿を歩く違和感があります。

日本人のドイツ駐在員の悩みの一つが「日照時間の少なさ」。イギリスなんて北海道どころかカムチャッカ半島と同じ緯度にあって、年間の日照時間の少なさは、、気が滅入るばかり。だから、南の島で半裸で過ごしたい!という気持ちはよくわかります。プーケットはそういった解答の一つだから、その望みをかなえるべく日夜努力しているというところでしょう。

でも日光だけならマレーシアのほうが余っているのに、、?なんでタイなの、なんでプーケットなの?
もちろん、それは「お酒」「女遊び」です。世界中の、、遊びと言えば「お酒」「ディスコ」「風俗」という、最近のトレンド(たとえばエコツーリング)とは縁がない、昔ながらの楽しみが好きという層にはこれがないと話になりません。

プーケットとポートディクソンの違い。それは、宣伝の差、商売の差、力の入れようの差、、と、言ってもいいかもしれません。

ちなみに、タイの人は物価が高くて、これといって取り柄のないプーケットには観光に行かないようです。まあ、外国人相手の場所だからといえば、それまでかもしれませんが。そもそも、南国の人達は日光に飢えてませんから、ビーチに対する思い入れも全然欧米人とは別物。むしろ、暑くて肌の敵。ビーチは昼過ぎか日が沈むころから行くのが普通です。

posted by NAOKI at 16:10| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Phuket プーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pulau Burung @ PD 岸の鳥島公園 2

Entering Beautiful Mangrove Island.

IMG_8884.JPG

埋立公園から岸の鳥島に、、

IMG_8860.JPG

てくてくてくてく、、歩いていくと釣師がいっぱい、、

IMG_8863.JPG

ここは、トライアスロンのラン10kmの一部で走ったのですが、綺麗なところでじっくり見たかった。いいよね、ランのコースと観光地を合わせて、走りで集客して、その後、「また行きたい」と思わせるとは。今年は王様即位で臨時の祭日となり、ポートディクソン観光がゆっくりできました。

本当にマングローブの浮島みたいなところで、

IMG_8871.JPG

陸地はあっても、こんな感じ

IMG_8881.JPG

おおお、あそこにいるのは、、もしや、今はやりの屋外結婚写真!

IMG_8877.JPG

カメラマンからダメだしがでてます。困ってる、そして、、おお、おお、おお、そう来たか!

IMG_8879.JPG

この桟橋を散歩している人達の、、足が、バタッと止まり、、みんな、写真に入らないように後ずさり、、そして、ニコニコ!みんな見てる。見てる。いや、写真に撮ってる。。

カメラマンが台から降りたところで桟橋の交通が再開。みんな幸せそう、、いいよね。この岸の鳥島には展望台があって、島を見渡せるし、ここからビーチも見下ろせるし、ポートディクソンの港もはるかに見えるし、、、きっと緊急時島に残された人の退避場所にもなるのでしょう。

IMG_8883.JPG

このマングローブの生態系がずっと保護されて続くといいですね。こんな大きな公園があって、ポートディクソンの人がうらやましい。

posted by NAOKI at 14:57| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ECO & Life いのちとエコと新エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pulau Burung @ PD 岸の鳥島公園 1

Visited Pulau Burung at Port Dickson, N9

IMG_8866.JPG

おそらくマレーシア最大の海水浴客があつまる町、それはポートディクソン。
マレーシア最大の都市KL首都圏とポートディクソンの関係が、ちょうど日本でいうところの東京と江の島のような関係にあり、交通の便の良さも相まって非常に人気。

IMG_8885.JPG

ポートディクソンには、海水浴客で人気の海岸がいくつもありますが、そのうちの一つのPantai cahaya、、そのまた先にあるのが、Pulau Burung 鳥の島です。岸に近いので便宜上、岸の鳥島と呼ぶことにしました。

IMG_8889.JPG

ここは、完全なマングローブの島で、満潮になると陸地は水没して、マングローブの林だけになるという興味深い島です。なるほど、これなら鳥しか住めないでしょう。

IMG_8869.JPG

今は本土から埋立公園Pantai Cahayaと遊歩道で、つながってます。ただし、岸の鳥島は陸地部分があってないようなものだから、島の遊歩道はすべて桟橋形式となっています。子供たちに自然科学を教える絶好の教材ですね、まるで理科の宝島。エコシステムなんてここだけで9割実物を見せることができそう。

IMG_8870.JPG

島とつながっている埋立公園側は、見渡す限りの広大な駐車場、キャンプエリア、海水浴エリア、オートキャンプ、釣エリア、いっぱい、なによりトイレが綺麗で大きいのが私的には高得点。やっぱりどんなところでも、トイレが汚いと一発減点です。

IMG_8852.JPG

キャンプエリアでは、みんなが木陰にシートを広げてお弁当。

IMG_8847.JPG

埋立公園の向かいには自然の砂浜のビーチが延々と広がり、泳ぐ子供たち、走り回る子供たち、、うーん、日向は子供たちでいっぱいで、大人は木陰。どっかの学校だろうか、綱引き大会をビーチでやってました。かなり本格的なトーナメント。マレーシア人、、綱引きが好きだよね。

IMG_8848.JPG

もちろん、みんな大好き(少なくとも私は熱狂的に好き)バナナボート。これがないとね。

IMG_8855.JPG

木陰のほかに、ちゃんとしたテントエリアもありますが、波打ち際からちょっと離れているせいか人影なし。みんな、波打ち際近くの木陰がいいみたい。

IMG_8846.JPG

オートキャンプ場は、くるまでぎっしり。みんな大好きオートキャンプ。。。って一般化していい?

IMG_8862.JPG

マレーシアの人って、釣が好きだし、キャンプが好きだし、ピックアップトラック好きだし、家族でお弁当を囲むのが好きだし、水遊びが好きだし、、、いいよね。ああ、私も混ざって生きていきたい。

この埋立地は護岸工事されて砂浜はないので、ビーチは好きだけど砂は嫌いという人向け。木陰部分が広くて、まるで森だけど、そこは埋め立ての人工的な公園なので適度にほどほど感があって、しかも清潔。私だったら砂浜がいいか、この公園がいいかと聞かれたら、答えるのが難しいところ。いや、正直、こっちの埋立地がいい。

これから、岸の鳥島にいきましょう!

IMG_8856.JPG

posted by NAOKI at 14:24| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ECO & Life いのちとエコと新エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする