the MY Pantai Timur telepraph

2017年05月03日

EV station power supply post 電気自動車の給電ポスト

I found power supply station for Electric Vehicle. But I have never seen an electric vehicle yet.

B270F6F4-1BDA-4837-8609-D9E5B4813358.JPG

ガソリンステーションの、人影無い片隅にひっそりと見かけないものがあって、近づいてみました。

E4046B80-0228-44B8-A1E7-2A62F38F96CB.JPG

おおおお!なーんと、電気自動車用の給電プラグ。こんな田舎まちで、、。まだ金塊が道に落ちてる方が可能性があるぐらいの驚きよう。

325AF943-46C7-4DA8-89DC-0BFBDCC48BD2.JPG

しかし、これどうやって使うのだろう。
ほとんど使い方の説明もないし、スタンドの人だって知ってそうにないけど、、

A0DCB9C0-A75D-485A-9976-5ED938202517.JPG

いまのところ、面白いもの見つけた、、を、超えるものではないです。
気概は認めるけど、、

posted by NAOKI at 16:04| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いのちとエコと新エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tian Tian Seafood Restaurant @ PD   駐車の塊ができるレストラン

Tian Tian Seafood Restaurant is the most requested for many seafood lovers.

B5C67252-DA2B-4E31-9F12-9553FA57E071.JPG

行列ができるレストランというのは聞いたことがあるし、見たこともある。もっと言うと、並んだことだってあります。しかし、このTian Tian Seafoodはすごい、レストラン前の道路に車が渋滞して団子状態になってる。行列ができる?いえいえ、行列になるための人垣ができてます。

ポートディクソンはシーフードレストランがいっぱいあります。その中でも有名なTian Tian Seafood Restaurantに行こうと思いたち、混むだろうから早目にいこう、、と夕方5時に出発。カーナビでも標準にレストランがプリセットされていて、道はわかるのだけど、超遠い。というか、高速道路にのって町の外にでるなんて思わなかった。

高速を降りたら、細い山道。なんでこんなところに道があるのか?というようなところをグルグルさせて、1時間ほど、、いきなりそこがレストランだった。道端に道路標示も、看板もないけど、山道にいきなり道路の両側に車が団子になって駐車しているところがあり、まさにそこだった。

もし、私がマーケットリサーチを頼まれたら、こんな山奥で人家もまばら、商店なんて近くに一軒もない、畑すらない山の中。道を歩いているのは、牛の群れだけ、、というようなところにレストランを作るなんて自殺行為、もう開店即閉店、ぜったいお客さん来ませんから。。と言うでしょう。

ところが、道の両側にあふれる車、、止めるところを探すのが大変。お店の中も超満員。

69ECCD4B-7513-4A42-9102-B73D9F03F4AB.JPG

これでも、6時でまだお客さんが少ないほう。一人だったので、空いてるところを見つけることができたけど、大人数だったら、4時ぐらいに来ないとね、、。それにお店の人も忙しいから、全然注文を取りに来てくれないし、中国語だけの世界で、No Englishとか言われたし、、なんなんだ、、ここは。マレーシアか?こんなに大勢の従業員がいても?まるでうちのちかくの林明みたい、、タイムポケット的中国語オンリーの世界。メニューないし、、

なんとか、注文することに成功し、しばらく待つとちゃんと料理もきた。。

9B23990A-6CE9-4451-827F-8091D045390F.JPG

すごい!美味しい!しかも安い。なるほど、人里離れたところで看板も出さなくてもやっていけるというビジネスモデルは、、これか。

03BEAE1A-963A-4475-A501-1138497270FC.JPG

食べ始めたはいいけど、4分の1でお腹いっぱい。ちょっと食べきれないぐらいの量なので、お店の人にたのんで持ち帰りにしてもらいました。おそるべし、美味しさ。人の込みぐあい。

帰るときに気が付いたけど、このお店にはもともと駐車場があったんだ。この看板の手前はすべてもともと駐車場だったところ、今は、ぜんぶテーブルを並べて、食事スペースになってる。

D452FC8C-ED77-4776-AF91-C8C8B1912AC0.JPG

で、敷地の外にでるのは、おみせに入ろうという人垣とぎゅうぎゅうの駐車の隙間を縫って、、たいへんだった。ふつう、入り口ぐらい車は駐車しないもんだろう?ふつう、人が通れるぐらい開けとくだろう?とかいう、レベルだった。。。なんか、すごいもの見た気がする。

食事はベスト。値段はやすい。お持ち帰りのもので翌日もお腹いっぱい。おいしかった、、

posted by NAOKI at 15:51| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cattle 散歩中の牛たち

Met cattle @ Kampong road

IMG_8903.JPG

夕闇せまる、うちのちかくの田舎道。
前からダラダラ歩いてくるのは、散歩中の牛たち。散歩中なのか放牧なのか判断が難しいところだけど、マレーシアではたいがいの牛の群れには、牛飼いがついてなくて、適当にまとまって、だいたいいつも決まった通りを歩いてます。散歩というにふさわしい。

もちろん、群れにはまとめ役の牛がいて、私みたいに変なのが進行方向にいると威嚇したり、グループのスピードを調節したり、子供たちが勝手にあちこちにいかないように見張ってます。まとめ役も群れもみんなお母さんと子供たちで構成されていて、気の強そうな顔のお母さんが、だいたいまとめ役。

ダラダラ歩いて向かってくるから、立ち止まって写真をとろうとすると、先頭の牛が立ち止まり、、、後ろの牛も立ち止まり、、、ダラダラの群れがいきなり渋滞になってしまう。。すみません。原因は私です。ふつうの女子会じゃないですね。(日中だと日蔭で女子会だけど)

しかし、道端の汚さ、、、田舎の道路際は、ほんとうに汚いです。みんなそこら辺にゴミ捨てたりする。やっぱり、田舎もんは、、、と言われそうですが、どうにかならんもんだろうか。

牛はしばらく私が立ち去るのを待ってました。ほら、変な人がまだいるよ、嫌だねえ、、とか聞こえてきそう。でも、変な人にはかかわらないのが一番、、か?

IMG_8904.JPG

道路を横切って、、そのまま向こうにいってしまった。換えのルートは複数用意してたのですね。

IMG_8905.JPG

牛がゴミとか食べて、体を悪くしなきゃあいいけど、、、

posted by NAOKI at 15:06| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする