the MY Pantai Timur telepraph

2017年05月15日

Violin Concerto @ MPO コリヤ・ブラッハーさん

Visited MPO @ KLCC. Violin concerto.

74E1875E-E62F-4334-898C-11D947840201.JPG

来月にグレード試験を控え、脳みそが煮詰まっているので、気分転換にMPOのバイオリンコンチェルトを聴きに行きました。

IMG_8588.JPG

いや、いつも気分転換ばかりなので、むしろ集中したほうがいいのではないかという真っ当な良心の声も聞こえてきましたが、どっちにしろ休日にKLに行く用があるのでついで、、ということ。

BE2DF708-C634-46EB-9A55-82B428A87D7D.JPG

今回はモーツアルト、ブラームス、ベートーヴェンの3曲。最初の「フィガロの結婚」以外は知らない曲です。
このコンサート会場はいつもギンギンに冷えているので、フリース持参。

C62000A6-A40C-471C-8A35-CDDA1C514DF2.JPG

曲がはじまって、だんだん、、あれ?、、寒くならない?おかしいなあ、むしろエアコンが効いてないのか?とっても快適な温度、、、着込んでいたフリースも脱ぐ羽目になりました。

バイオリン奏者のおじさんは、コリヤ・ブラッハーという人で、もちろん有名です(、で、もちろん私は知りませんでした)。ベルリンフィルのコンマスを務めた人で、日本にも何度か演奏に来ているみたい。

兼務で指揮者もやります。演奏者が指揮者というのは初めて見ました。最初は「どうなるんだろう?」とか思ったけれど、やっぱりうまい、体で指揮してる?演奏も上手いけど、指揮も上手い。本当に体が、リズムどおりに動いているのが、なんか信じられないものを見ている気がする。

ポスターの顔写真は20年ぐらい前のもの?全然、、違う人にしか見えないけど、、、。だいたい演奏者のプロフィール写真とかは、最低でも10年ぐらい前の若い写真が多いというのは最近やっとわかってきたけど、ここまで違うのもなんだかなあ。ま、いっか。

85B49242-4F7D-46C4-9B2A-3812C77A2771.JPG

、、、温度は、とっても快適で、、、3曲目のベートーヴェン、、、で、寝てしまいました。寝たら死ぬぞ!と自分に言い聞かせて頑張ったのですが、暖かくて耐えられませんでした。
演奏しているみなさん、すみません。次回は眠りません。で、寝ないように、室温はギンギンに冷やしてください。

Music that moves you,,,音楽は私を揺さぶって起こしてくれる?

IMG_8587.JPG

(個人的には、寝たのはベートーヴェンだから、ま、いっか。というのはある。なんであの楽聖と私は相性が悪いのだろう)

posted by NAOKI at 22:47| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽と映画とテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Painful (not paintful) cars 3 マレーシアのイタ車の考察

Thinking of Painful (not paintful) cars in MY.

IMG_8621.JPG

マレーシアにも財閥というのがあって、金融・製造業では屈指の大財閥がHong Leongグループです。日本でいうところの三菱グループや住友グループに相当する、マレーシアの巨大グループ。そんなグループの旗艦企業がHong Leong Bank。やっぱり銀行が一番強い。そして、その銀行が威信をかけて顧客サービスしたのが、

1.jpg

Hong Leong Bankの超有名「キティちゃんイタ車」。口座を新規開設してくれた顧客へのサービスというのは日本でもありますが、抽選で「痛車が当たる」というのは無いでしょう。このイタ車を当てたいばかりに、口座をつくり、キティちゃんキャッシュカードを申し込みが激増。ありえないような応募総数があり、当選者は写真付きで新聞に載りました。

それぐらい、えーっとキティちゃんが人気があるのか、イタ車が人気があるのか微妙ですが、キティちゃんと痛車というのが、絶妙な取り合わせで世間を沸かせたものです。

ですから、イタ車についてはマレーシアの若者を中心に「ふつーに受け入れられている(?)」。ここまで派手なラッピングでなくても、ワンポイントとか、ラリー仕様のモヒカン線など、ざらにあります。

IMG_8614.JPG

だから日本のような、半ば拒絶みたいな反応より、「おおおー、すげー、やるなあ。写真とっとこう」的な反応がほとんど。これも、マレーシアのポップカルチャーを語る上で忘れてはいけないことですね。観光地の壁画アートもこの延長線上にあるといえるでしょう。家の壁で良いものが、車のボディで悪いはずがない。

IMG_8634.JPG

でも、コンテストで上位になる判断要素がどこらへんにあるのか、私はこの道のシロウトなのでよくわかりません。

IMG_8618.JPG

音とか?

IMG_8616.JPG

わからないところも多いけど、マレーシア文化を語る上で無視することのできない存在。本当にこの手のカスタムカーのコンペは、毎週のように行われてます。

だから、ふつーにある、キャンペーンの車が、目立たない、、、、

IMG_8639.JPG

posted by NAOKI at 21:50| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしゃれ番長補欠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする