the MY Pantai Timur telepraph

2017年07月27日

Music theory Grade 2 starts 音楽理論新しいコースが始まった

Started new text book for Music theory

IMG_0314.JPG

新学期。実技はグレード3を目指し、学科はグレード2を目指します。ふーー、音楽留学?は大変。特に、理論は、なんだかよくわからない(しかし聞いたことはある)のが目白押し。

まずは、新しいコード、オクターブも広がるし、タイムシグネチャーも、音符も増えるし、、、なんといっても、マイナーコードが登場。マイナーとメジャーを違いをしっかりマスターしてないと、この先全くついていけなくなるのは明白。ふー、、指折って数えます。日本のドレミと違い、ABCDEFGのイロハ音階だけです。

そして、前のグレードのとき疑問だったのが、シンコペーション。やっと、グレード2で出てきました。これが「なんでそうなるのか?」分からなかっただけど、今日の授業でやっとわかった。なーるほど、そういうものだったのか。

こうやって学んだ分を理解するのでも大変なのに、さらにもう一度日本語で調べなおす時間も体力もない。というか、日本語で何というのか調べるのも大変だし、それが合っているのかも自信ない。だから、自分の音楽知識はほとんど英語だけです。おそらく世の中の多くの留学生と同じく、学んだ言語で理解しているので母語にしたらわからん????という世界。

外国で勉強して、日本に帰ってまた同じものを勉強しなければならないちいさな子供たちとかかわいそう。倍の勉強が必要ということです、単に言葉を置き換えるのでなく、理解を置き換えないといけないから。

ちなみに日本は変なところがあって、例えばバイオリンの絃はG,D,A,E線という4本ですが、マレーシアでは普通に英語で、ジー、ディー、エイ、イーと呼びますが、日本ではドイツ語読み??G線をゲー線とか言うそうです。「ゲー線上のアリア」とか言うか?普通は「ジー線上のアリア」だろう。Aのことはエイでいいじゃない、なんでアーっていわんとならんのか?なんでドイツ語なのか、英語じゃだめなんですか?日本だからイロハのイならわかる。でも、ドイツ語のアー!信じられん。

私ならAは英語のエイでいいじゃないですか、なんでアーなんですか?と食ってかかる。どうせみんなドイツ語なんて話せないのに。だったら、イタリア語読みしろ!バイオリンの本場はイタリアだし、アンダンテとかアレグロとかの音楽用語だってイタリア語だろう?わからんなあ。

おそらく私の音楽留学としての意味は、ここらへん(どのへん?)にあると思う。

posted by NAOKI at 22:19| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bicycle Repair 自転車の修理は高かった、、トホホ。

Sent my bicyle for replacing shift levers and wires.

IMG_0310.JPG

もうボロボロになった自転車(そもそも中古で購入)だけど、新しく買うとなると20万円ぐらい。ギアは今のより2ランクも高級だし、日本で買ったら軽く倍の40万円超えするレベル、、それが「新車で」20万円で買えるのだから、、超安い!欲しい!

しかし、20万円は高い、、、バイオリンだって買ったばかり。そんなお金ない高い!でも、安い!欲しい、、、安いんだけど高い。

と、頭を抱えてみてもお金は降ってこないことが判明。だから、今壊れたところを修理してボロでも綺麗に磨いて乗ります。これからもよろしくね。注文していたシフトレバーが到着したとの知らせ、、

とはいえ、シマノの105ギアシフトレバーを左右取り換えると値段高い!これだけで650リンギ!チェーンも換えて合わせて800リンギ、、2万円ぐらい。正直、ここの国には給料が800リンギぐらいの人は一杯います。だから、なんか自分がすごくセレブな生き方していると思ってしまった、、なんか、これ以上新しく自転車買うのは間違っているような気もする。

修理して使う(修理代だって高い)、、いいですね、私らしくて。

posted by NAOKI at 21:41| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fitness & Health 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chinese Cultural Festival @ KT 8 いろんな展示

Visited each exhibition tent. Good fine day.

IMG_0211.JPG

トレンガヌ州は今年Visit Beautiful Terengganuという大きなキャンペーンをやってます。パハン州もやってるのだけど、全然目立ちません。やっぱり、何をやらしても器用でスマートなトレンガヌ、何をやらしてもガサツで大雑把なパハン、、似た隣合わせの州なのに、、なんでここまで差が出てくるのか?今でこそ東海岸の中心はクアンタンだけど、あと30年もすれば中心はトレンガヌに変わるかもしれませんね。

全國華人文化節のメイン会場はこちら。

IMG_0212.JPG

展示のブースはさまざま、、こちらは仏教界のブース。うーん、道教としては儒、仏、道の3教はお互い補完しあっているという本地垂迹説に似た思想があって道教ではお釈迦様とかも信仰の対象だけど、仏教側はもちろん仏教だけ。

IMG_0190.JPG

それぞれ、、潮州会館とか海南会館とかの出店もあります。出身地別というより、部族別というほうが適切な気もするんだけど。こちらは客家会館の出店、、

IMG_0210_1.JPG

もちろん、トレンガヌの観光案内もあるし、トレンガヌの産業紹介もあります。

IMG_0156.JPG

地元歴史家のおじさん。時々日本でも郷土歴史家という人がテレビに出たりするけど、いいなあ、、と思う。本気でなりたいけど、私の郷土ってどこだろう?もういろんなところに住んでるし、、

IMG_0166.JPG

華語学校の展示。お習字が上手。やっぱり中国文化の華といえば「お習字」だと思う。文字を綺麗に書く!という文化はそうそうあるものではないです。

IMG_0194.JPG

食事をするところも多いし、、

IMG_0168.JPG

町は飾って綺麗だし、、

IMG_0158.JPG

まだまだ居たいけど、そろそろ家に帰らないと、、文化節はこの日が最終日だけど、KT瓜登には、また来ます。

posted by NAOKI at 11:47| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

Chinese Cultural Festival @ KT 7天后宮に行ってみる

Visiting Mazo Temple in KT.

IMG_0217.JPG

全國華人文化節のメインの会場から一旦離れて、媽祖を祀っている天后宮に行ってきました。歩くにはちょっと遠い、、

IMG_0214.JPG

、、、誰も居ない?まあいいや、いつもどおり勝手に入ります。お寺とかお宮は誰でも勝手にお参りしていいところです。警備はこわそうな甲冑に身をつつんだ人が左右にいるし、、安全でしょう。

IMG_0216.JPG

右の神像が、媽祖娘娘です。両脇に順風耳と千里眼の二人の鬼がいます。日本でも「千里眼」という鬼は有名ですが、もともと媽祖に仕えるものです。

IMG_0218.JPG

左の神像は媽祖娘娘の娘?らしいです。ふーむ、ま、いっか。このお宮はもともと海に向かって正面を向いており、航海の神様らしい作りとなっています。

IMG_0232.JPG

海側からみた写真はこんな感じ、、、

IMG_0237.JPG

で、海、、、って向こう岸が見えるけど?海に面してるんじゃなくて、トレンガヌ川の河口。すみません。向こうは川向こうです。この町はトレンガヌ川の河口に発達した都市で、主な港湾は外洋に向かってるのじゃなくて河口内にあります。天然の堤防の役割ですね。

IMG_0234.JPG

境内は、お供えを燃やす炉があって、これはどこの道観(道教寺院)も同じです。

IMG_0227.JPG

お供え物は、、、やっぱりパイナップル。マレーシアで道教の神様はどの神様も、パイナップル好き。いやあ、もう、パイナップルさえあれば大丈夫!レベル。神様が応援しているからパイナップルの不作というのはありえないと思う。

IMG_0226.JPG

ひととおり見ても、人影もなく、なんなんだ、、ま、いっか。これで、もう一度、唐人街に戻りましょう。

IMG_0225.JPG

posted by NAOKI at 23:22| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chinese Cultural Festival @ KT 6媽祖廟

Mazo believers are very popular in these days.

IMG_0150.JPG

道教のムーブメントの中で、私がもっとも注目しているのが媽祖信仰。ここ10年あまりの媽祖信仰は目を見張る進展があります。日本で言うと、、媽祖信仰が日本に伝わったのは随分昔。オトタチバナヒメの伝説が伝えられる中で媽祖信仰の混交が見られるそうです。それに、通常男性として現わされる仏像の中で、観音菩薩が妙に女性っぽいも媽祖信仰の影響があるかもしれないという説もあります。明らかに媽祖信仰が日本に伝えられたのは江戸時代の初めころ。。。。でも、横浜の媽祖廟が落成したのが2003年、東京媽祖廟ができたのが2013年、、日本での近年活発さに目に見はるものがあります。

IMG_0236.JPG

媽祖信仰の中心地は台湾です。映画「君思う国境の南」でも主要登場人物の一人が首に媽祖の護符をかけているのが何回も話題になりました。

IMG_0163.JPG

もちろん、もともとは中国沿海部で信仰が強かった神様ですが、文化大革命のおかげで壊滅。結局、中国文化も最も重要なところは中国では見られず、台湾、香港や南方の華僑が住むところで生き延びて往時を垣間見ることが出来る状態です。私のブログでも何回も書いているけど、文化大革命の悲劇というのは人的損失ばかりでなく、中国文化伝統の損失。人口は戻ることができても、失われた文化は継承者が無ければどうしようもないし、今の政治だと戻る可能性も少ないですね。残念。

私が媽祖信仰で注目しているのは、実際のところ神様としての媽祖ではなくて、媽祖信者のほう。どうして信者がここまで急激に力を付けているのか?学もカネもない移民が不安な航海を媽祖に安全を祈願することで乗り切り、新しい土地に根を下ろしたという極限体験が信仰を確固たるものにしていると思っています。信仰版の「恋の吊り橋効果」ですね。

IMG_0149.JPG

星州日報の記者さんから、媽祖に関心があるなら、すぐ近くに媽祖廟(天后宮)があるから、行ってみたら?と言われました。そっか、

IMG_0152.JPG

もちろん、すぐに行きます。

posted by NAOKI at 22:49| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chinese Cultural Festival @ KT 5 Shin Chew Daily 星州日報に載ったよ

Shin Chew Daily reporter came to me.

IMG_0307_1.JPG

唐人街の全國華人文化節、、、場所はKTことクアラ・トレンガヌ、、漢字で略して書くと瓜登。きっとクア・トウとか発音するのかなあ?最初、瓜?瓜?なんだろうとか思って辞書で調べてもわからないし、そのまんま瓜登って入力したら、クアラトレンガヌって、出てきた。そういうことか。

KTの華人の歴史を見て、大きいところから鄭和を見て、カピタンを見て、次は、、おお、媽祖娘娘ではないか、とか思っていると、後ろからそーっと近づいてくる美人が一人。こういう近づき方は、、だいたいその後、、「えーっと日本の方ですか?私も日本人です」とか声をかけられることも多いパターンで、てっきり、そういう声かけがあるかと思ってたら、、、?「観光客ですか?」

おお、こういうパターンは珍しい。私は新聞記者です、、、とのこと。

IMG_0297.JPG

で、このイベントの感想を聞きたいとのこと、もちろん暇な私は異論なし。逆に立ち話もなんだし、腰かけませんか、、と記者さんをイベントのセルフィー用花嫁席に案内して自分はちゃっかり新郎席に、、

IMG_0184.JPG

いろんな話を聞かれもしないのにダラダラ話して、、日本文化に溶け込んだ中国文化の話を「月に住むウサギ」と中秋の名月の話もして、媽祖娘娘に興味があるという話をして、えーっと、記者さんが質問する時間は短かった、、、すみません。写真を撮ってもらって、翌日の星州日報の東海岸版の一面、中央!中央!センターをゲットしてた。

IMG_0309.JPG

もちろん、本誌のほうは、このイベントの堅い記事、、星州日報はこのイベントの協賛をやっているのかなあ、いやに紙面を割いてます。

IMG_0300.JPG

3日間あって、私が行ったのは3日目。2日目はこんなイベントも雨の中やったらしいです。

IMG_0302.JPG

わあー、マレーシアで新聞に載った!が、今回が初めてではないし、、犬もあるけば棒にあたり、私が歩くと記者に当たるのでした。。。というか、あんたいったいどこで何しているの。そう、記者が興味を持ちそうなところが、私も興味を持ちそうなところ。。かもしれない。きっと私のブログは現地の新聞と同じぐらい情報を伝えているのでしょう(当社比)。

posted by NAOKI at 22:12| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chinese Cultural Festival @ KT 4 Kapitan's House カピタンの家

Kapitan's House

IMG_0205.JPG

カピタンの一人、黄氏の商館「順徳」、、所有者や商いが変わるたびに商店名や社名は変わるけど、屋号は変わりません。古い華人の商店はどこもだいたい屋号があって、だいたい漢字2文字です。美しい意味をもった漢字が使われますが、中には日本人の名前と一緒だ!とか思う屋号も少なくないです。この黄氏のお店の屋号は順徳、、

IMG_0177.JPG

この唐人街の中にあって目立つお店ですが、たまたまこの日は店が閉まってました、、、いつもはこの前を通る度に、、順徳天皇だあ、、佐渡に流されたんだよね、ここは佐渡かあ、、とか思うのですが、カピタンの商館だとは全然知りませんでした、今はレストランになっています。

ちなみに、トレンガヌじゃないけど、「裕仁」って屋号の家知ってる。昭和天皇の名前の、そのまんまやないか、、とか思うけど、

ともあれ、唐人街の洒落たレトロな家というのは、百年前の偉い人の商店である可能性が高い訳ですね、おろそかに見てはいけない。。その昔のお大尽、恐れ多くて気楽になんて前を通れなかったかも?

IMG_0203.JPG

posted by NAOKI at 21:31| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

Chinese Cultural Festival @ KT 3 Kapitan カピタン 甲必丹

Kapitan history 

IMG_0174.JPG

キャプテンのポルトガル語バージョンが、カピタンです。日本ではカピタンは商館主ということでポルトガル=オランダ時代を通じて、長崎の商館主のタイトルとなっています。もともとはギリシャ語の「組織のトップ」という言葉からきているそうです。

さて、このキャプテン、、、キャプテン翼もそうだし、陸軍大尉を表す英語でもあるし、サウジではダイビングのインストラクターもキャプテンと呼ばれます。幅の広い意味を持つ言葉だし、歴史もずーーっと深いです。私がかなり昔読んだ本には、近世の欧州の軍隊で徴兵権限をもった組織の長で、兵隊狩りで駆り集めた人を自分の組織に入れて一団となした団長であったはずです。土地持ちの貴族であれば領内から兵隊を集めることができたのですが、土地なし貴族(宮廷貴族とか)は都市で勝手に人狩りをして兵隊を集めました。キューブリック監督の名作「バリーリンドン」の世界ですね。当時の戦死者の補充はこうやってキャプテンの頑張り次第でした。

IMG_0176.JPG

中国から移民を率いて南洋開拓に来たリーダーや、新しい場所で移民を統率した人達もポルトガルの商館主にちなんでカピタンと呼ばれます。「ギャングの頭目」というにふさわしい人や、アラビア語のシェイク、、「族長」と呼ぶにふさわしい人もいますし、まるっきり「商館主」もいます。日本では、近世の堺や博多の「町衆の旦那」、あるいは「氏の長者」が相当するのかなあ。海外で活躍した中世日本人、たとえばアユタヤの日本人町の山田長政とかもカピタンの系譜に入りますね。
やがて、それぞれの国の政府の組織に組み入れられ、主にその土地の華人を統率するリーダーの名前となります。Kapitan Cinaです。Wikiで説明があります。

https://en.wikipedia.org/wiki/Kapitan_Cina

IMG_0179.JPG

マレーシアの華人の系譜にはかならずカピタンの歴史がでてくるし、それはトレンガヌに限った話じゃなくて、首都クアラルンプールを開拓した伝説的な大カピタン Yap Ah Loyの話は有名です。KLの博物館にあるカピタンの写真はみんなこんな漢服を着ているので、トレンガヌのカピタンが洋装(帽子と傘ぐらいだけど)でちょっとびっくりした。

220px-Yap_Ah_Loy.jpg

posted by NAOKI at 18:07| クアラルンプール ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Chinese Cultural Festival @ KT 2 全國華人文化節 道教の神になった三保公鄭和

Visited Zeng Ho Exhibition.

IMG_0140.JPG

マレーシアで誰からも愛されている中国人といえば?明代の航海家であり、艦隊提督三保公こと鄭和です。もちろん、私も尊敬しています。バスコダガマやコロンブス?残念ながら鄭和と比べれば大したことないです。マルコポーロやイブンバツータといった旅行家と比べて?鄭和に比べては大したことないです。三万人弱の大人数を率いて何年も危険な航海を越えて見知らぬ土地に行く経営能力というのは、想像を絶する器の大きさです。経営能力、、、これがあまたの旅行家、航海家、冒険家をはるかに超える尊敬を集める由縁ですね。

IMG_0170_1.JPG

マレーシアと鄭和の関係は、もっぱらマラッカ王国とその後ろ盾となった明朝の関係に終始するのが普通です。が、ここではトレンガヌと鄭和の関係を説明しています。

IMG_0144_1.JPG

、、、が、残念ながら中国語がわからない日本人にありがちな、「漢字から想像して文章を読む」、、というのも限界があって、肝心なところはよくわかりません。まあ、写真に撮ったから、あとは誰かに聞いてみよう。

鄭和は雲南省出身のムスリムで、中国ムスリムに多い「馬」姓です。イスラム名をマハムード・シャムスッディーンと言って、彼の艦隊の分遣隊はメッカにハッジに行ったというぐらいのイスラーム意識は持っていました。。。。が、道教ではありがちですが、道教の神様にもなっています。まあ、拿督公がマレーシアのムスリムのまま道教の神様になったぐらいですから、鄭和が道教の神になるのもありがちなのかもしれません。

社は三保公廟、、、

IMG_0172_1.JPG

鄭和の神像もあります、、

IMG_0171.JPG

こちらは紛失した鄭和神像を復刻した件、

IMG_0141_1.JPG

ムスリムの彼が道教の神様になるというのは、きっと本人はすごく微妙なんだと思う。明代は、西遊記、呂純陽飛剣記、韓湘子伝といった道教色の強い物語が好まれた時代で、、、あろうことか鄭和を主人公にした三宝太監西洋記という道教的小説まであるそうです。西遊記と並び、西洋記、、、鄭和の冒険、、、いや、それは違う!と言ってあげたい!西遊記と一緒にしないで欲しい。が、道教はいろんな宗教がお互い補完しあうという宗旨なので、鄭和の宗教とか考えずにごっちゃまぜです。

ちなみに、昨今の中国の一帯一路では、鄭和がかなりダシにされています。その前の中国のアフリカ進出にも鄭和がダシにされているし、もう亡くなった偉人をダシにするのは止めて欲しい。。。けど、政治とはそういうもんなんでしょうね。げーー、政治はたまらんなあ、、

posted by NAOKI at 00:05| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

Chinese cultural Festival @ KT 1 全國華人文化節 トレンガヌに行こう

Visited KT China Town 唐人街

IMG_0160.JPG

トレンガヌの中華街、、いえ、トレンガヌでは唐人街と言います。
マレーシア中の中華街で持ち回りの文化祭が、ここトレンガヌで開かれます。全国華人文化節。

IMG_0130_1.JPG

もちろん、唐人街はそれほど長くなく、長崎の中華街ぐらいの大きさ。華人の多く住む場所や商店街はトレンガヌ中一杯あるけれど、それとは違って古き良き唐人街の部分だけが会場となっています。

IMG_0131.JPG

国中が中華街にしか見えないシンガポールだって、ちゃんと中華街という狭いエリアがあるぐらいだし、あんまり深く考えてはいけない、、歴史的建築物保存地区という意味あいだと思えば結構です。

もちろん、町をあるけば中華料理も一杯あるし、、

IMG_0133.JPG

トレンガヌの中華街の町の歴史も学べるし、、

IMG_0134.JPG

どうやって、最初の移民が来たのかもわかるし、、

IMG_0135.JPG

もちろん、唐人街土産も売っている

IMG_0132.JPG

posted by NAOKI at 23:05| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Life overseas マレーシア生活とアラビア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする