the MY Pantai Timur telepraph

2017年07月10日

Go Go to Indonesia 3 ナンバープレート交換?

I changed my motorcycle number plate becuase of ,,,, wrong number!!

IMG_9577.JPG

インドネシアに行くにあたって、ナンバープレート交換。え!なんで!別にマレーシアのプレートからインドネシアのプレートにする訳ではありません、マレーシアのまま。

なーんと、車体についているナンバープレートが偽造だったのだ!!じゃなくて、、悪気が無くて「間違ってしまった」としか言いようがない。というか、本当に悪気はなかったのか?わからん。

必要な書類を確認して、毎年登録し直している登録証も確認、、、

IMG_9573.JPG

で、ふと?自分のブログのバイクのナンバープレートを見ると、、、違うじゃないか!"4"はどこに行った!

IMG_9576.JPG

これが駐車場の壁に貼ってある正しいもの、専用スペースの表示。ここは俺様のバイクの専用駐車場だ、他の奴はとめるなよ!というやつです。オーナーの好意で無料でこのスペースにバイクを置かせてもらってます(安全上、セキュリティカメラの真ん前)。

IMG_9574.JPG

どうみても、4というのがありません。1年ぐらい前にプレートが割れて、スチール板のプレートに作り直したことがありますが、その時に偽造、、もとい、間違ったのでしょう。フロントのプレート(フェンダーに直接貼ってるの)は確かに4があります。

IMG_9580.JPG

これまでに、シンガポールにも、タイにも何度も行ってるけど、国境で誰も気が付かなかった。いや、すみません、乗っている本人も全然気が付かずに1年乗ってた、、、ということで、ナンバープレート屋さんに行ってきました。この場所は前にも来たことがあるので知ってる。その時は、バイクに貼るステッカーが欲しかったから来たのでした。入口で、一杯飾っているサンプルからフォントを選んで、作ってもらいます。
プレートはアクリル板は嫌なんだけど、スチールはある?って聞いたら、無い。。。って。まあ、いいか。

IMG_9578.JPG

こうして、偽造プレート、、から正しいナンバーに変更。
気が付いてよかった、、これまで何にも問題が無かったからといって、これからも問題が無い訳じゃないし、問題化する前に気が付いて、本当によかった。しかも、なんで町にはナンバープレート屋さんが一杯あるのか?という理由もわかった(泣)

IMG_9583.JPG

マレーシアで車やバイクに乗る人、、!あなたのナンバープレートは本物ですか?ご注意!

posted by NAOKI at 22:25| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Indonesia Touring インドネシアツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Go Go to Indonesia 2 スマトラに行こう、まずは整備

Motorcycle maintenance for the trip to Kota Bharu and Sumatra.

D93ED1D9-733E-45AC-B1FB-6C8065B9623F.JPG

長距離ツーリングに欠かせないのは、バイクの整備。マイレージ点検にはちょっと距離が足りてないので、フルメンテはツーリングから帰ってからにしましょう。長いイードの休暇があって、整備士さんたちも休み。ショップのオーナーだけが店にいるけど、開店休業状態。

やっと、休暇から帰ってきたのでオイル交換はいらないのでその他のところをお願いしました。で、すぐに呼び出され、、、エアフィルターがこの世のものとは思えないほど真っ黒な排気ガスを付けて油にまみれてドロドロです。マレーシアでは排気ガス規制なんてないし、バイクは2スト天国。もう、道路の排気ガスは大変なものがあるし、バイクがエアフィルターで空気を取り込んでいる時間=私がバイクに乗っている時間なので、エアフィルターがこんなに汚れているなら、私の肺もタダでは済まないはず。うーん、困ったものだ。

ECE63D4D-8C69-422C-BAE7-A1038FF15672.JPG

マレーシアでは、排気ガスだけでは満足できず、バイクに乗りながらタバコを吸っている人が多数。もはや、あんた、清浄な空気を吸うと死ぬんかい?というレベル。モクモクと黒煙をあげるトラックの後ろでタバコを吸う人、、、ありえんなあ、、、そりゃ平均寿命が短いわけだ。

それだけじゃなくて、誰かのいたずらでエアインテイクに大きなレジ袋が突っ込まれていたらしい。
道路脇にエアフィルターカバーの隣にあるレジ袋がそう。ありえん、なんでこんないたずらするんだ、、、

9642111F-C137-4B32-A508-CE4C90A8F6B5.JPG

いっときは、バンダナで口と鼻を覆ってバイクに乗ってたけど、汗でびちゃびちゃ引っ付くし、暑いから最近はしてません。でも、あのエアフィルター見ると、、排気ガス対策やらないと命を縮める。事故で命を縮めるより、確実ですね。

7DF720BF-02E0-40AC-ACBE-5EC0486859CC.JPG

エアフィルターは在庫が無いので、洗って使いまわし、、ついでにブレーキオイルを追加して、ちょこちょこ調整しました。あとは、旅にでるだけ。

posted by NAOKI at 17:32| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Indonesia Touring インドネシアツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Result of Trinity Grade Test トリニティテスト結果

Grade test result came both Theory and Skill.

imagesPZ9XODLR.jpg

何か月か前にうけた音楽理論と先月のバイオリン実技のテスト結果が一緒に来ました。実技の試験官はわざわざイギリスの本部から来た先生です。ちなみにロンドンにある本校はこんな感じのところらしい。次にロンドンに行くチャンスがあったら、寄ってみたいな。

無題.png

テスト結果、音楽理論グレード1。回り中がちっちゃい子供たちだらけだったテストです。91点、、うーん、完璧だと思ってたのに、何を間違ったのだろう?Distinctionなのに、素直に喜べないです。

4645A169-7A66-479D-B13E-E9D531D763BE-photo-full.jpg

そして、実技はグレード2。結果は83点、、Distinctionが87点以上なのでもう少しだったのに、残念。評価はMerit-Well Doneということでした。ジャスティンは私がDistinctionを取るのを期待してたみたいなので、なんか申し訳ない。

B53C17B8-5B93-4920-98DE-71A8AA15528D-photo-full.jpg

課題曲の3曲目で弾き間違いがあったのと、オーラルテストが思いのほか悪かったことに由来します。子供たちはオーラルテストは上手でほとんどみんな満点らしい。オーラルテストは耳で聞いて口頭で設問に答える問題。私は家族から「あんたは人の話をきかない」とよく怒られますが、本当にちゃんと聞かない耳なのです。

子供たちは聞き別けがいいので、音の高低やリズム感はばっちり、、それに比べて音痴のうえに、聞き別けのわるい私は、だめだめ。。。ジャスティンは私も子供たちと同じぐらい簡単にできると思っているのですが、私は最初からグレードテストの天王山はオーラルテストだと思ってました。楽器は子供のうちに始めたほうがいいという理屈は、おそらく「聞く耳」と「覚える耳」じゃないかなあ。

実技がDistinctionだとパハン州中から集まって表彰があるらしいです、、、ちょっと出て見たかったなあ。

posted by NAOKI at 16:44| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Music School 音楽教室

I found picturs of students in my class room

CBD8E127-1F59-4909-B90E-FF66D848140F.JPG

音楽教室のレッスン室に貼られた、ジャスティン先生門下生の写真コラージュ。みごとに子供たちでいっぱい。しかも、なかなか上手な子もいる。でも、親に言われたから来てるけどバイオリン好きじゃない、、風な子もいるみたい。

なぜか、私の写真を中央に?周囲は子供というより孫の世代です。

814B0703-1B08-4A66-B083-26980A873747.JPG

何か月か前の発表会の時の写真を見つけた、しかもジャスティンとのツーショット。はじめて見たけど、こんな顔して弾いてるのか、、しらなかった。

D14E8D11-B1C3-4518-BD0B-EFA7AA032336.JPG

posted by NAOKI at 14:48| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kuantan century ride 160km センチュリーライド@クアンタン

I participated Kuantan century ride 160km, so hot day, so tired.

66B8CA31-A004-478B-9725-7E3DDD58CCCF.JPG

2年前に私が一番最初に参加した自転車イベント Kuantan Century Ride 160が、2年のブランクの末、今年も開催することができました。なぜ、2015から2017まで開催されなかったかというと、「資金難」です。
今年も一度は開催を決めたものの、大手スポンサーが離脱したため、一時は大会中止のアナウンスがありました。しかし、その後、Visit Pahang パハン観光キャンペーンをスポンサーにすることができて、一転、開催のアナウンス。 私に「何やってるかわからん、パハン観光キャンペーン」と酷評されたのですが、今では「スポンサーありがとう」といいたい。センチュリーライドも名前を変更して、Visit Pahang Century Ride (VIPCR)です。

Visit-Pahang-Century-Ride-2017.jpg

ちなみにパハン州の国の形は、「鶴舞う形のパハン州」と覚えておきましょう。州都クアンタンは、鶴の飛び出したクチバシの先っぽです。回り全部がトレンガヌに囲まれた場所なのですが、何があったのでしょう。ま、いっか。

ダイエットで体力が急激に落ちて、しかも、前日は一泊でコタバルに行ってきたし、体力の心配はこれまでのイベントどころではありません。しかも、練習も1回だけ、、しかも40キロだけ。

C68962EC-EAA5-4423-AC05-9CD8B44840B7.JPG

コタバルからの帰りにゼッケンとジャージを受け取って、、

3CEEEDE6-EBF7-44C4-AF50-2329DE613A9E.JPG

翌日は朝早く集合。家を出たのは朝5時。疲れているし眠い、、7時半がフラッグオフなのに、7時過ぎても人があんまりいない、、?

DSC00643.JPG

前回の大学主催レースで知り合った日本語ペラペラの友達と再会して、、

06498951-3EED-4EED-82C8-E66DCBD2AE1F.JPG

聞いてみると、ルートが2年前と全然違う!てっきり、集合場所のGambangからPekanに行くルートだと思ったのに、、、Gambangから山に入り込み、北に南にルートをとり、ほとんどテメルローの手前まで行って、もどる往復でない周回ルート。全線、、山ばかり。友達は事前にルートチェックでこのコースを自転車で走り、完走できたのは参加者の3分の1だったそうです。

2013年のイベントの時はこんなに人がいたのに、、

無題.png

普通の常識的な人なら山岳ルートに恐れをなして参加しないのは当然ですが、私はそもそもスタート地点に立つまでルートも知らなかったという呑気さで、常識外れなコースに挑戦。参加者は本当に少なかった、、

こうして、平坦な道など皆無の道路を必死に自転車をこぎ、もうダメだと2000回以上つぶやいて、ただGPS時計のデータとにらめっこ。坂道は登り坂ばかり、登って、コーナーを周ったら下るかと思いきや、さらにきつく登り坂、、そんなのばっかり、ふつう、登りがあったら下りも同じ頻度であると思うけど、ちがう。

登り坂ばっかり

終わってよく考えると気のせいなんだろうけど、走っているうちは、もう坂というのは登りしかない!と気絶しそうになりました。当然、練習筋はひっくりかえるほど痙攣して、泣きたいぐらい。登り坂は足に力をいれないとどうしようもないから、筋肉を休ませる暇がない。

無題pc - コピー.jpg

とはいえ、レースは終了。160kmコースといいながら、全部で165kmあったのは詐欺だ!もう1キロ進む毎に、「あと何キロ」と声に出して鼓舞してた、、サイクルコンピューターも、GPS時計も残り5kmになってようやく先が見えてきたと思ったら、ゴールの場所まであと10kmの看板。もう、ここで心は折れ、なんでやねん、イベントのタイトルが違うやないか、、

しかも、最後の最後で巨大な登り坂があって、もはや精魂尽きた、、、とはこのこと。
とこかく、足を動かしていたらゴール。距離はともかく、刺すように暑い炎天下、8時間45分もずっと自転車をこぎ続けたことのほうがすごいと思う。

最後のところ、私と抜きつ抜かれつで頑張った、おそろいのピンクのジャージの皆さんも同時にゴールイン。

3E3D0ECC-2C29-4C69-9881-B33F5F0BFA26.JPG

もう、いい。センチュリーライドは、、もういいや。

posted by NAOKI at 13:08| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fitness & Health 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする