the MY Pantai Timur telepraph

2017年07月12日

Body Worlds 人体の不思議展 @マラッカ

I visited Body Worlds @ Melaka. RIP, Rest in Peace is our last wish. But bodies displayed here were not in RIP. We must respect the others either living or not.

IMG_9554.JPG

マラッカで評判になっている「The Body」日本的に言うと「人体の不思議展」。
全然前知識がなくて、ただ話題になっているというだけのことしか知らずに面白半分に行ってきました、、が、内容を見ると、、、とても面白半分で行くようなところじゃなかった。

IMG_9532.JPG

プラスティネーションという技術で人体の体液を樹脂に置き換えた、本物の死体です。昔ならミイラなのでしょうが、それの現代版というか、、、私はこの興行に賛成ではありません。もっとはっきり言うと断固反対。ありえないです。

R.I.P. 安らかに眠れ、、というのは亡くなった方への一般的なお悔やみで、同時に人の最後の願いでもありますが、ここはR.I.Pは無視され、尊厳も与えられず、他人を儲けさせるため働かされている遺体が見世物となっている場所です。

興行を行っているのに、死体には対価が支払われていません。死体の出所が不明なので対価を遺族や生前の本人に支払われていないのは明確になっています。死んだあとに奴隷労働とさせられるいわれはありませんが、死体作成者たちはこの興行で大金を儲けています。そもそも、死体を興行させるとは?死体本人の同意もとっていません。

今やCG技術は発達し、3Dプリンター全盛の時代。なんで、本物の死体である必要があるでしょう?これぐらいのことは今の技術では完全に置き換えることが可能です。それでも、本物の死体である理由というのは、つまり本物死体を興味本位で見世物にする興行的。。価値です。

イスラーム的に言えば、ひとは命の器として一個の凝血からはじまり、死んで神のもとに委託された魂を返し、肉体は土に戻っていきます。火葬すら地獄の業火は神の権限としてハラームであるのに、死んだ肉体が樹脂で固められ、輪切りにされ、あるいは屈辱的なポーズを取らされて最後の審判の日、どのように復活するのか私にはわかりません。

だから、神を恐れぬ所業というのが第一の私的意見で、二番目としては対価のない奴隷労働を強いている点です。死後も人格はあります。死んでしまえば人格が消えてなくなるわけではありません。こういった奴隷労働は人格否定ですし、命への尊厳は見てとれません。あくまでも儲ければ死体を見世物にするというだけです。

私は外国で亡くなった人を航空便で母国に返す手続きをしたことがあるので知ってますが、死体搬送の許可というのはどこも大変です。この興行主は「模型」ということで死体搬送許可をとっていません。これは法律違反じゃないでしょうか。これもありえないですね、、、

IMG_9555.JPG

前知識なしにこの興行を見たのは良かったです。ショックは大きかったし、考えさせられることも多かったし、じっさい今でもこの興行のことを深く考えている最中です。おそらく、この先も折に触れ、この興行について考えていくことでしょう。

DSC00429.JPG

posted by NAOKI at 23:55| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ECO & Life いのちとエコと新エネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NAMA MU 君の名は。

I found a book in 7-11 shop.

F3EFE819-2CD6-4F09-B0DC-E5C7093288C1.JPG

コタバルからの帰り道、立ち寄ったガソリンスタンドで「君の名は」マレーシア語版を発見。ガソリンスタンドはどこか忘れたけど、ミニショップはセブンイレブンだった。だいたい、ガソリンスタンドのミニショップは系列が決まっているのが普通で、セブンイレブンなのは珍しい(が、単にこれまで気が付いてなかったという見方もある)。

バイクは暑いから、店内のテーブルでジュースを飲み、アイスを食べている間に気が付いたのが、、本棚にあったこの本。さすが、セブンイレブンは雑誌コーナーが他のショップより充実してます。この本はビニ本なので中身を見てないけど、コミックだと思う。海賊版じゃなくて、ちゃんと徳間だか角川だとかのライセンス認証が裏表紙にあった正規本です。

コタバルからトレンガヌに向かう途中の新しいガソリンスタンドで見つけました。ふーん、マレーシアも、こういう本がガソリンスタンドの本棚に並ぶんですね。買ってみたかったけど、マレーシア語読めないし、残念だけど買いませんでした。

ラベル:マレーシア 映画
posted by NAOKI at 22:57| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music バイオリンと音楽と映画とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Dates Syrup なつめやしシロップ

I found Dates Syrup in a supermarket.

IMG_9604.JPG

ラマダーン月も終わり、ユースフタイユブの微妙なCMも聞くことが無くなりました。あのCMは来年までお預けですね。その代わり、違うメーカーのナツメヤシシロップをスーパーで見ました。

変なもの好きな私としては、押さえておきたい逸品です。
さっそく、使ってみた結果、、、

1)水には溶けない。冷たいジュースにはちょっと無理かも。
2)味はナツメヤシなんだけど、ナツメヤシを知らない人はメープルシロップと思うはず。
3)使い道もほぼメープルシロップと同じが一番使い方がいいと思う。「ホットケーキにかける」が最高。

ふー、痩せなくてはいけない、、ダイエットの最中なのに。7キロ痩せたけど、絶賛リバント中。もう、1食として気が抜けない。

posted by NAOKI at 22:17| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Local Foods マレーシア料理とサウジ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

R&R Ajil, Terengganu 日本でも和式便所は残してほしい

Through Japanease view, the cleanest R&R in Malaysia, that is R&R Ajil.

IMG_9607.JPG

日本でのトイレ事情はいわゆる和式トイレが淘汰され、洋式トイレが席捲中。和式トイレは使えないという子供たちのために学校では教育目的で和式トイレが残されているようです。
ここ、マレーシアではいわゆる和式と同じトレイが主流。もちろん、膝が悪い人や体への負担が低いので洋式トイレも随分ポピュラーなのですが、洋式トイレの使い方を知らず、便座の上に上がって和式のように使う人も多く、便座が割れるので止めようというキャンペーンまであります。

IMG_9605.JPG

もっとも、和式トイレというけれど、世界的にみるとしゃがむスタイルの便器のほうが、圧倒的多数。いわゆる洋式トイレのほうが少数派。洋式=西洋というけれど、南欧は歴史的にはしゃがむスタイル。伊、南仏、西あたりにはいまでもしゃがむ式が残っているところもあるそうです(見たわけじゃないけど)。

だから、日本の和式トイレは、アジア各地の観光客には重宝されています。こっちのほうが落ち着くという人もおおいのです、、だから、和式トイレは淘汰せず残してあげて欲しい。

IMG_9610.JPG

ちなみに、ここはトレンガヌのアジルサービスエリア。現在開通しているE8高速道路では最終のサービスエリアです。それで、この先で高速終了なので多くの人がこのサービスをスキップして目的地まで行くし、トレンガヌから乗ってきた人たちは、高速に入って最初のサービスエリアには特に止まる必要もないと考えているのか、、ともかく利用者が本当に少ないです。

IMG_9612.JPG

もっとも最近に開業したサービスエリアだし、使う人も少ないので、このサービスエリアはとってもきれい。用がなくたって、ここに立ち寄ってお茶だけのんで寛ぎます。

posted by NAOKI at 14:10| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Education 教育学部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Bicycle Maintenance 自転車を新しく買ったほうがいいのか

During century ride, I noted the shift lever was broken.

0B0C6E85-3FED-49FF-84E5-6A181169C6E0.JPG

センチュリーライド160で一生懸命自転車を漕いでいる最中、フロントのシフトレバーが内部で折れたのに気が付きました。それ以降は、がんばって力技でレバーを押し込み、引き抜き、、しながら走ってゴールしたのですが、指はもう動かないくらい疲れた、、、

さっそくバイク屋さんで見てもらいました、、、最初の一言、、、「きたない」。レース直後のままなので洗車してないし、そもそも洗車に熱心じゃなかったし、、、急に恥ずかしくなりました。よっぽど、「あ、洗ってから出直します」と言いそう。チェーンもどこもかしこも汚れてて、点検でスタンドに乗せるだけで手が汚れる、、

83CA6A7F-5226-4F36-8A96-F27FE133EA0F.JPG

しかも、見てもらったらシフトレバーだけじゃなくて、もう車体のあちこちにガタがでてる。ほんの2か月前に換えたばかりのチエーンだって、伸びきってる。シフトレバー(ハンドルの先でゴムに覆われて見えない)のところは汚いうえに錆まくっているらしい。お店の人から、、この自転車にいったいどういう風に乗ってるのか?ふつうありえんだろう?と言われたので、正直にあんまり洗車してないことと、雨でも普通に乗ってるし、先週の週末はセンチュリーライドに出たことを伝えたら、、、「あのねー、この自転車にもう整備のためにお金かけるのやめて、新しい自転車にしたほうがいいよ」と言われてしまった。

新しい自転車、、目に留まったのは、カーボン車体で、フルのデュラエース9000の車体。日本で同程度のものを買うと3倍ぐらいするの知ってる。今はプロモーションで特別安いらしい、、といっても、高い。

IMG_9666_1.JPG

あれが、欲しい、、、

日本の安売りサイトでみても、どんなに安いのでも、ここで買うのの倍の値段。欲しい、、欲しい、、、でも、バイオリンも買ったばかりだし、こんなことにお金を使っていいのか?自問自答、、

ともかく、簡単な応急修理だけしてもらい、アパートに帰り、洗車開始。

IMG_9676.JPG

この自転車に乗り始めて2年。その間に溜まった汚れをすべて落とすのだ。もし、新しい自転車を買うことになれば、この自転車は売りたいし、そうなれば、見た目が勝負。ピカピカじゃないと売れない。

IMG_9678.JPG

結局、外での洗車で2時間、それから部屋に入れてワックスかけて細かい汚れをとって2時間、あわせて4時間も自転車磨いてた。ワックスはバイオリンを磨くのに買ってきたもの。ちょうどあって良かった、、というか、ここ数日、モノ磨きの人生。朝から晩まで何か磨いている。前の日にはバイクにもワックスかけたし。

ふー、、お金ないけど、自転車欲しい、、どうしよう。これから、どのぐらいの頻度で自転車を乗るのか考えたら、今の自転車のシフトレバーを交換して、使っていくのがいいのかなあ、、バイクにも乗るし、ジョギングもしなければならないし、やることが一杯あって、自転車だけに使う時間はそんなにないしね、、、うーーむ。

18206040-06CC-460E-9D9E-A2D900C68C72.JPG

posted by NAOKI at 09:44| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Fitness & Health 運動部と保健室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする