The Redang Telegraph

2020年01月31日

A day in my last week in Indonesia (夜) 夕映えのカルティニビーチから、夜のカフェ

Visiting sunset Kartini Beach

IMG_1597_1.JPG

ちょっと遠出したので、カルティニビーチに帰り着くまでに日没してしまった。あ、これはこれでいいです。

IMG_4507_1.JPG

IMG_1591_1.JPG

カルティニビーチは私が最初にジュパラに住みだして訪れた観光地?いや、そんな立派なもんでもないんだけど、、

IMG_3890_1.JPG

空にかかる夕映えがとってもきれい。だいたいいつも、水平線には雲がかかっているので日没の瞬間て見れることも少ないですし、どっちかというと空中が染まる夕映えが好き。

夕ご飯をたべて、、アルファマートでチョコレート購入。ジュパラ県カリムンジャヤの、ジュパラ産のチョコ。

IMG_4764_1.JPG

IMG_4762_1.JPG

カリムンジャヤはジュパラが誇る、この県唯一、国立公園に指定されているところで島です。ついにチャンスがなく行くことはありませんでした。残念。たぶん、多くの人もそうだと思うんだけど、あんがい地元の名所って地元民が行かなかったりしない??

そして、カフェ。ここは馴染みのところで、しかも、美味しくて有名。

IMG_4686_1.JPG

IMG_4682_1.JPG

ここでコーヒーを飲むと夜寝られないんだけど、それでも飲まずにはいられない

IMG_4688_1.JPG

これが、最近のある日の出来事、、パギ(朝)、シヤン(昼)、ソレ(夕)、マラム(夜)というこちらの呼び方にそって、4本立てでした。
明日の今頃は、もうインドネシアにはいない。インドネシア最後の夜がそろそろ来ます。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Indonesia life インドネシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A day in my last week in Indonesia (夕) お昼すぎたら散歩&バイクで遠出

after lunch

IMG_1564_1.JPG

お昼ごはん食べたら、腹ごなしで散歩。毎日1万2千歩をクリアすべく歩きます。とくに、散歩はカメラを持って、花とか生き物とか、面白そうな意匠とか、気になったのは即、撮る。ただし、周りをみて、撮ってほしくなさそうな人とかには気をつける、、これは、サウジアラビアで写真を撮りまくっていた時に身についた習性ですね、あそこでは下手なものとると警察に捕まったりするから。

IMG_4439_1.JPG

散歩ルートが立ち入り禁止?いや、橋の修理ですね。

IMG_4832_1.JPG

知らない人は信じられないかもしれないけど、修理しているおじさんのあとに、点々と、なんとなく橋の両側にそって二本の列みたいにならぶ、廃材というか、切れっ端の列。これが、修理後の姿です。本来であれば鉄道のレールのように2本の列ができるのでしょうが、、、まさか、これが修理後の姿だとは、、、。ちなみに、ここは踏み板が抜けて下の川が見えるところが何箇所もあって怖かったです。バイクもこの橋を渡ります。

IMG_4827_1.JPG

歩いたあとはバイクにのって遠出。まあ遠出といってもジュパラ県を越えることは滅多にありません。
ジュパラは、人口百万のジュパラ県と、人口10万のジュパラ市の両方があって、単にジュパラというとどっちかわからないので、市のほうは、みんなコタ(市)って呼びます。この日の遠出は珍しく隣のドゥマ県との境の川まできました。

なんとそこには、水牛の群れが、、、びっくり。ジュパラで水牛は珍しい。

IMG_4674_1.JPG

すんごい気持ちよさそうに水牛が目を閉じてくつろいでいる、、

IMG_4668_1.JPG

水牛ってこんな顔してるのか、、というほど、穏やかなひととき。

IMG_4638_1.JPG

川に注ぐクリークは子どもたちの遊び場。

IMG_4609_1.JPG

この日は、バイク売却前の最後の遠出、記念にクリークとバイク

IMG_4617_1.JPG

水遊びが終わって帰っていく子どもたち。もう、すっかり日は傾いて、夕日がきつい、、

IMG_4625_1.JPG

日没はカルティニビーチで見たいな、、

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Indonesia life インドネシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A day in my last week in Indonesia (昼) 最後の週は、憑かれたように市民プールに行ってた、、ジョギングの代替

Every day visited a pool

IMG_4183_1.JPG

お昼ごはんを食べると、空を見る。だいたいムリア山のほうに暗雲が立ち込めてて、一気に外出する気が失せるけど。ともかく、動こう。雨が降っても大勢に影響のない、プールはぴったり。

IMG_4552_1.JPG

真っ黒になるまで、何事か?憑かれたように泳ぐ、、

DSC04697_1.JPG

このプールは日によって時間が変わるものの、休館日がなくて毎日やっています。

IMG_4185_1.JPG

ジュパラには市民プールが2箇所あって、こちらは交通の不便なほう、、だが設備はすごい。オリンピックプールという名前のとおり、本当に立派なオリンピックサイズ。水泳教室もやっているけど、私が行くのはいつも早い時間だから、貸し切り状態のようなもの。

そして日焼けにはこちら、、インドネシアに来てから重宝しているアロエ保湿ジェル。インドネシア産で安いし、品質も良い。2週間で1本使い切るぐらい、インドネシア生活に欠かせませんでした。

IMG_4757_1.JPG

もう、日焼けで真っ黒。腕時計の後が、ペンキで塗ったように白いというレベル。

IMG_4689_1.JPG

こうやって、お昼はプールで過ごした後、あんまり遅くならないうちに家に帰ります。泳ぐのは1時間から1時間半。大人は1日2万ルピア。
ふー、雨が降る前に帰らないと、、、この季節、雨は避けようがありません。

IMG_4597_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Indonesia life インドネシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A day in my last week in Indonesia (朝) ある日の生活、、インドネシアを去る直前の平均的な過ごし方。名残は尽きねど、、

Tomorrow, I am leaving Indonesia

IMG_4718_1.JPG

明日インドネシアを出発するのだけど、この1週間の平均的な一日を振り返ったら、、

朝起きて、朝食の買い出し。その前の週までずっと朝4時に起きて、ジョギングしていたのだけど、最後の週はジョギングという気持ちにはなれなかった、、、大体朝7時半ごろに家をでて、最初がお弁当、、

IMG_4743_1.JPG

そして牛乳、牛乳はクドゥスから来ているのだけど、すごい熱々。保温箱に入っているから。

IMG_4746_1.JPG

IMG_4747_1.JPG

そして牛乳屋さんの前の果物屋さん、
毎日果物を食べています。しかも、違うのを選んで。

IMG_4750_1.JPG

この日はランブータン。小粒で色も悪いのだけど、大きくて鮮やかなのに比べて甘いという品種だそうです。たしかにそのとおり。大きくて、硬さもしっかりして、鮮やかのほうが見た目は10倍ましなんだけど、「ああ、あれはあんまり甘くない」といわれて、まさしくそのとおりだった。ランブータンの季節もそろそろ終わり。

IMG_4756_1.JPG

それをバイクに吊るして、、まだバイクがある時のこと。無くなってからは歩き、、

IMG_4540_1.JPG

果物はこっち

IMG_4544_1.JPG

牛乳はそのまま、インスタントコーヒーとはちみつを混ぜると美味しいコーヒー牛乳。しかも、熱々。

IMG_4542_1.JPG

食べ終わったら、掃除をして、洗濯して、枕とか干して

IMG_4538_1.JPG

とりあえず、朝のお勤めはおわり。ちょっと、一息

IMG_4704_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Indonesia life インドネシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

Flood in my town わが町で洪水?どこ?ちょっとありえない場所でびっくり。これは人的ミスでしょ。

Flood? Impossible? it caused by human error

IMG_3957_1.JPG

とーっても激しい雨が降った夜、、洪水が発生したそうです。雨で外に見にいけないし、いっちゃだめだし。

IMG_4391_1.JPG

翌朝、わが町で越水が2箇所あり、一つは北方、一つは町の中心地でいつも私がジョギングするところが冠水したって友達が教えてくれました。
私が行ったときはもう町の中心の冠水はひいていて、汚れた道路だけ。北方というのはどこかわからないですが、バイクごと流された人が川に落ちて亡くなったという話を聞きました。いや、木の枝にひっかかった痛ましいご遺体の動画まで見せられてしまった、、今どきすべてのニュースバリューのあるものは、誰かしらが動画でとってSNS上にアップして、それが拡散されているという現実。恐ろしいもので、おちおち死ねません。

私が町の中心地が冠水したって聞いたとき、、ありえんだろう?という反応でした。じつは、その1週間前に川の調整水門の見学をしていたからです。グーグルマップで再確認したけど、私が見た水門が洪水のあった場所に通じている川であることは間違いないです。

手書き赤の丸=水門の場所
手書き青の丸にA=氾濫したところ
緑の矢印=私の家

無題.jpg

まずは、水門。

IMG_3948_1.JPG

ここは川が3本に分岐して、水量に応じて水門を調整して1箇所に大量の水が流れないようになっています。
一番大きいのは、私のうちの近くを流れる川。堰き止められて、小さな水門が一つあるだけ。ただし堰の高さはそれほどでもないから、よっぽど水流が多いと自然と堰を越えることになってますね。でも、この川は氾濫なんてしないどころか、水量は通常通りだった(見に行ったもん)。

IMG_3943_1.JPG

IMG_4033_1.JPG

IMG_3960_1.JPG

そして二本めが川幅は狭いものの流量は多い川。これが氾濫しました。ここの堰はメインにこちらの川に水を送っています。おそらく河口の漁港に配慮してかな?

IMG_3956_1.JPG

三番目は、放水路。いつもは水が流れてなくて、枯れた状態。緊急時だけ水門を調整して流すんだと思う。

IMG_3959_1.JPG

水門の完成は2011年。まだ真新しいといえます。

IMG_3947_1.JPG

わりと複雑に交差している3つの川。もちろん、なけなしの予算から大金をかけて、工事したはず。

IMG_3949_1.JPG

それでもって、どうして、これが氾濫したかというと、手動で水門を開け締めするんだけど、誰もその夜はなんにもしなかった、、、としか、言いようがないです。

IMG_3950_1.JPG

ありえんなあ、いくら立派な水門作っても、動かさないと意味ないだろう?

IMG_3948_1.JPG

まーったく、ありえん話です。冠水した部分は県庁とかいろいろ町の重要な役所があるところで、きっと市の偉い人が「立派な水門を作っただろう、あれはどうしたんだ!!」と怒り狂ったと思います。素人がみても、構造も簡単に仕上げてあって、よくできた水門だもん。設計した人も、「猿でもわかる水門作ったのに、動かさないとは何事だ」と怒髪天をついたはず。

たぶん、これはジュパラだけじゃなくて、全インドネシアに同様な低レベルな原因の洪水がいろいろあるんだと思う。

| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | Indonesia life インドネシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The last day for my motorcycle in Indonesia いよいよお別れです。インドネシア生活を豊かにしてくれたバイク

Thank you for your supporting me, how I get fruitsful life in Indonesia

IMG_4702_1.JPG

インドネシアを出発する日まであと僅か。
バイクを売却、引き渡しを昨夜行いました、、、

IMG_4692_1.JPG

最後の日は、ジュパラ県と隣のドゥマ県の境ぐらいまで海沿いを南下して周り旅。近場なのにこちらに来たのは本当に初めてでした。でも、最後でした、、、ってなるか、、

IMG_4619_1.JPG

ジュパラには珍しい水牛。普通の牛は多いけれど、水牛はそんなに見かけません。むしろマレーシアのほうが多かった気がするぐらい。

IMG_4653_1.JPG

こうして、70kmほどの小旅行を行い夜に友達が引き取りに来て、、

IMG_4695_1.JPG

遠くに去っていきます。正直いって、ロスな気分。バイクロス、、なんでしょうか。もう、心がうつろでその夜は寝れませんでした。

IMG_4698_1.JPG

今後のブログ記事にはまだバイクがちょくちょく出てくると思うけれど、それは以前に書き溜めてた分です。
新しく入手したわけじゃないです。

IMG_4681_1.JPG

さびしいなあ、、まだ慣らし運転が終わったぐらいなのに、、もっとインドネシアにいるつもりで買ったから、なおさら。

すっごくよく走ってくれたんだよ、滑らかな走りで、まるで空を飛んでいるよう。ハーレーのように存在感たっぷりじゃなくて、まるで身についた羽のように軽かった。

| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | Indonesia life インドネシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月27日

4 days left to departure インドネシアを去る日まで4日。特に片付けはしてない。

4 days left to departure of Indonesia for good

IMG_4399_1.JPG

インドネシアを去る日まであと4日。荷造りで忙しい?いや、荷造りしてないです。その代わり、毎日市民プールに泳ぎにいってる。もう、まっくろに日焼けしてしまった。あ、もちろん日焼けが目的でなくて、雨降りが多いのでプールにいけば濡れても構わないし、、というレベル。

でも、雨の後は超いいてんき。

IMG_4411_1.JPG

虫も活動的です。

IMG_4442_1.JPG

トケイソウの下に潜り込む大きな虫。「みどりなす黒羽」が美しい、飛んできたら嫌だけど

IMG_4413_1.JPG

散歩して、ジャワらしいところを探したり、

IMG_4451_1.JPG

IMG_4496_1.JPG

IMG_4499_1.JPG

IMG_4516_1.JPG

町並みを見たり、、もう、ジュパラに来ることもないでしょう。

IMG_4485_1.JPG

もし、チャンスがあってジュパラに来たとしても、それは2020年の今のジュパラとは別。

IMG_4473_1.JPG

今はいましかないし、

IMG_4491_1.JPG

今のジュパラを記憶にとどめておきたいです。この清潔な、美しい、小さな町。
荷物はもう生活に必要なものしか部屋にないので、これをバッグに詰めてしまうと、、毎日出したり入れたりしないといけない。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Indonesia life インドネシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月26日

The color of Jepara ジェパラの今

Colors of Jepara

IMG_4035_1.JPG

たぶん、「インドネシアでもっとも清潔な街」という格付けがあるのだと思う。
実際、トゥバンTubanに行ったとき、一位に選ばれた記念のモニュメントもあった。これはとっても良い試みだし、どの町も「わが町こそインドネシアで一番美しい街なのだ」という意気込みにあふれて掃除したり、美化したり、緑化したり、都市計画したりしている。よっぽど郷土愛の育たない大都市なんかは、最低ランクでしょう。

我がジュパラも相当にいい線いっていると思う。清潔だし、きれい。

IMG_3981_1.JPG

IMG_3995_1.JPG

IMG_3990_1.JPG

IMG_4030_1.JPG

IMG_3992_1.JPG

IMG_3997_1.JPG



| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Indonesia life インドネシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

Banyuwangi 1400km (15) ドラゴンフルーツと滝遊び @ バニュワニ

Dragon fruits is famous here in Banyuwangi

IMG_4217_1.JPG

旅も後半に入って、一回洗車。もう、泥だらけだったので、気分一心。スノーワッシュと高圧洗浄でピカピカ。おそらくこんなにピカピカになったのは、新車購入時以降、初めてだと思う。

IMG_3709_1.JPG

そして、インドネシアの楽しみといえば、定番は滝遊び。バニュワニまで来て?という気もするけど、外せません。

IMG_3541_1.JPG

IMG_3558_1.JPG


水は強烈に冷たい、、、



滝の周りは水辺の植物がいっぱい。

IMG_3545_1.JPG

どっちかというと水辺の草とか木とか見てると楽しい。ミモサがライターの火が近づいたのを感じて、順に閉じるところ。オジギソウという名前なので、閉じるのは知ってたけど、火を感じて順に閉じるのなんて知らなかった、、



滝遊びから帰る途中、ドラゴンフルーツ畑!はじめてみた、、こんなリュウゼツランみたいなのに実がなるんだ、、

IMG_3540_1.JPG

バニュワニはドラゴンフルーツの産地です。

IMG_3613_1.JPG

実がなっているところ、、

IMG_3968_1.JPG

IMG_3967_1.JPG

そして、実。これは畑のものじゃなくて、買ってきたもの。

IMG_4215_1.JPG

ちなみに、ドラゴンフルーツの赤い実は強烈な色素で、服に着くとちょっとのことじゃ落ちないし、翌日、、あっと驚く血尿もどき、血便もどき、な色となります。ちなみに、どうしてドラゴンフルーツの実を食べるとおしっこが赤くなるのか解明されていません。

バニュワニの山道はとっても気持ちいい、、どこまでも行きたい

IMG_3539_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Indonesia life インドネシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Banyuwangi 1400km (15) ドラゴンフルーツと滝遊び @ バニュワニ

Dragon fruits is famous here in Banyuwangi



旅も後半に入って、一回洗車。もう、泥だらけだったので、気分一心。スノーワッシュと高圧洗浄でピカピカ。おそらくこんなにピカピカになったのは、新車購入時以降、初めてだと思う。



そして、インドネシアの楽しみといえば、定番は滝遊び。バニュワニまで来て?という気もするけど、外せません。


水は強烈に冷たい、、、



滝の周りは水辺の植物がいっぱい。どっちかというと水辺の草とか木とか見てると楽しい。ミモサがライターの火が近づいたのを感じて、順に閉じるところ。オジギソウという名前なので、閉じるのは知ってたけど、火を感じて順に閉じるのなんて知らなかった、、



滝遊びから帰る途中、ドラゴンフルーツ畑!はじめてみた、、こんなリュウゼツランみたいなのに実がなるんだ、、


実がなっているところ、、


そして、実。これは畑のものじゃなくて、買ってきたもの。


ちなみに、ドラゴンフルーツの赤い実は強烈な色素で、服に着くとちょっとのことじゃ落ちないし、翌日、、あっと驚く血尿もどき、血便もどき、な色となります。ちなみに、どうしてドラゴンフルーツの実を食べるとおしっこが赤くなるのか解明されていません。


(工事中)







| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Indonesia life インドネシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする