The Redang Telegraph

2020年02月29日

Snorkeling @ Redang シュノーケリングはとっても楽しい。浜も、水中も、波間も、とくにカメラがあれば尚更だと思う。

Selfee heaven on the beach

P1000301.JPG

ダイビングに比べて語られることの少ないシュノーケリング。わがリゾートでは直接予約でお泊りの皆さんにサービスとして無料のシュノーケリングツアーを用意しています(予約サイト経由はありません)。私はダイビング部所属なので、シュノーケリング部とは直接関係ないのですが、そこはお隣さん同士だし、少ない人数なのでみんな顔見知りだし、お手伝いです(ほんとうは、シュノーケリングは滅多にしないので興味津々)。

まずは、集合。1日に2回ツアーがあって、どちらもボートで行くのですが、朝が9時集合、午後が14時半集合。個人的には、日が真上から射す時間帯の朝がお勧め。同じ場所の水の透明度は、ほぼ太陽の位置によって決まります。きっと理科で光の水面での反射とか屈折習ったと思うけど、小学校の理科はダイビングをするために学んだようなものです。応用しなければ損。

トレーラーに乗り込んで、

IMG_5854_1.JPG

桟橋に到着。今はまだ風向の関係でリゾート前のハウスリーフは波が高いので、桟橋まで移動しますが、もう少し経てばハウスリーフも波が収まりトレーラーを使わず目の前の浜から直接ボートに乗れます。

P1000480_1.JPG

シュノーケリングに使うボートは、5−6隻あります。そんなにボート持ってたんだ、、知らなかった、、というぐらいあります。ただし、数が、5−6隻と曖昧なのは食料や資材の購入にKTまでほぼ毎日往復しているボートもあって、誰もシュノーケリング専用としては何隻なのか?というのが曖昧模糊とした答えになります。

一番小さいのが、ダイビングボート兼用。喫水が浅いので多分買い出し用としても重宝されてると思う。

P1000246_1.JPG

今日の朝はオープントップの安定したボート。個人的にはこのタイプはスピードもでて、安定性もあって、乗り心地が良くて好きです。

P1000395_1.JPG

朝の行き先は、Taman Laut 海洋公園のビーチ。このビーチに入るのはレダン環境保護費のチケットと共用。だから、せっかくRM30の保護費払ってるから、このビーチには来たいよね。国立公園局が管理しているだけあって、ロケーションは最高。どこかのリゾートのものというわけでなく、誰でもがこのビーチを利用できます(RM30払った人だけだけど)。

P1000332_1.JPG

シーズンが始まっても、まだ改装工事中。うちもだし、これがマレーシアの標準だよね、、ちょっと安心。

P1000402_1.JPG

ようこそ、海洋公園へ、、

P1000384_1.JPG

ビーチから海にテクテク入っていくと、、

P1000326_1.JPG

いきなり、サカナがよってくる、、カメラの前が塞がれてしまう状態。

P1000291_1.JPG

きっと、来る人来る人みんなパンくずもってくるんだよ。うちらはもってこないけど。水深が浅くて、底のサンゴの砂が光って、水中がとっても明るいです。シュノーケリングのメリットですね、、きれいな水中写真ならタンクの残圧なんて気にしないシュノーケリングのほうがいいかも。

P1000304_1.JPG

手を伸ばしただけでも、写真映えする。気の短いサカナ(だいたいの野生動物は気が短いけど)は、水面からジャンプして私の指に噛みつきました。まあ、痛くないけど、びっくり!

P1000442_1.JPG

午後のシュノーケリングはもっと大きなボートで、ちょっと違う場所。
ここはサカナがあんまりいないじゃないか、、でも、、、

P1000514_1.JPG

みんな、楽しそう。サカナが居なくても全然気がついた様子はありません。そもそも、水中を見ているのか?

P1000519_1.JPG

すごい、、人はここまでセルフィーにアグレッシブになれるか。1時間もの間、撮るべし!撮るべし!撮るべし!肉食系カメラ女子?

P1000495_1.JPG

みんな、とっても楽しそうです。海での楽しみがいろいろあって、ほんとうに幅が広くて改めてびっくりしました。。。教わりました、、というべきか。

P1000361_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

2nd Day after opening シーズン開幕から2日目。お客様が続々到着、、

Resort season started

IMG_5627_1.JPG

シーズンが開幕して2日目。1日に3便あるフェリーから続々お客様が到着です。

IMG_5724_1.JPG

身が引き締まる思い。頑張らないと!って、何を?もちろん、まだ終わってないダイビングセンターの機材メンテナンスです。幸いなことに??ダイバーのお客様はまだ見えてないので、この数日のうちに、終わらせねば、、

IMG_5870_1.JPG

、、ということで、タンクの組み立て

IMG_5843_1.JPG

ものすごく腕の力が必要だったところも終わり、タンクの視認検査、、と、内側掃除。圧縮空気なので酸素濃度も高く、アルミにサビがでたりするので、検査と掃除。ただ、新しいタンクが多いので、それほど問題なく進んでいきます。

IMG_5839_1.JPG

いままで、メンテナンスというのはショップのスタッフがやってくれるもの>>だったのですが>>いまは、自分のしごと。タンクの掃除や組み立てがこんなに大変とは思わなかったです。重い上に、固い、、、固着している部分が多すぎ。タンクとネックの異種金属間の電蝕と呼ばれるもので、腐食した部分が食い込んで辛いです。

IMG_5781_1.JPG

それでも、掃除が終わったものは乾かして、、ネックをつけて終わり。(本当はその後にOリングつけがあるけど)

IMG_5878_1.JPG

フォトスタジオは、リゾートの1部門ではなくて、テナントとして入居しています。すんごい熱心。広告写真撮影も仕事の一部。顧客から「南国の海をバックにした、こんな写真が欲しい」みたいな要望もあるようです。でも、背景は緑だけど?

IMG_5884_1.JPG

そういえば、明後日からバーでの生演奏も始まるっていってました。

IMG_5855_1.JPG

みんな、忙しい!えーっと、来年はメンテナンスの始まりをもっと早くすれば、忙しくはないよね。。。って、それでも、遅れて忙しくなるのがマレーシア、、という意見もあるけど。

IMG_5681a_1.jpg

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Colors on the Beach 砂浜の いろんな色。

IMG_5755_1.JPG

リゾートのカフェもオープン。レセプションの次に人が集まるところ、、

IMG_5820_1.JPG

キラキラっとしたビーチの写真って、とっても難しいです。、、うむむむむ、、

IMG_5739_1.JPG

IMG_5773_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Opening 2020 season ついに2020年度の海開き。リゾートがオープン、お客さんも来た!

Having opening day

IMG_5742_1.JPG

いよいよ、今年の海開きの日。海開きは、たぶんフェリーが通常運転を開始する日に合わせているのだと思うのだけど、もちろん、うちのリゾートだけじゃなくて、あちこちのリゾートも一斉にスタート。

IMG_5744_1.JPG

お客さんが到着する前に、最後のお掃除。ものすごく手際がよくて、オープニング直前にそんなに手際よくやるのなら、もっと前からその手際の良さを披露してくれればいいのに、、そうしたら、もっと準備が楽だったのに、、、、と思う。

IMG_5797_1.JPG

準備が遅れて、本当に大丈夫?とか思っていたマッサージ屋さんも、フォトスタジオもオープン。

IMG_5725_1.JPG

爆竹が鳴り響いてシーズン開けを告げて、、

IMG_5787_1.JPG

波打ち際にもボラの子の群れが遊びにきてます。

IMG_5733_1.JPG

ダイビングセンターは、相変わらず機材の整備。

IMG_5779_1.JPG

タンクの組み立て、、けっこう疲れる。いや、かなり疲れる。おじさんでも頑張らないと。

IMG_5809_1.JPG

いろんな遊びの種がそこかしこで整備中。えーっと、もちろん私の遊び、、じゃなくて、お客様の遊びです(たぶん)。

IMG_5830_1.JPG


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月26日

Opening preparation of Diving Center ついにダイビングセンターのお掃除が始まる、収納されてた機材もオープン!

Started Diving Center work

IMG_5714a.jpg

今朝はさらに波は小さくなり、波の音も「津軽海峡冬景色」から「サーフィンUSA」レベルまで小さくなりました。よかった、きっと明日には「夜眠れない時に聞く癒やしの波の音」レベルまでいくと思います。今は、「夜(うるさくて)眠れない波の音」だもん。

IMG_5695_1.JPG

リゾートは海に向かってるものの東向きなので夕日は見れませんが、朝日は、、島が邪魔してくれます。季節によってはもうちょっと島が邪魔にならない程度まで海からでてくれるのですが、しかたない。

他の施設が次々と開所準備していくなか、遅れていたダイビングセンターもついに掃除がはじまり。
ダイビングセンターのウッドデッキも完成(たぶん)して、ペンキ塗りも終了。

IMG_5668_1.JPG

つぎつぎとダンボールやホムセン箱(ホームセンターで売ってるようなプラスチックの収納箱)から機材をとりだして、ハンガーにかける。

IMG_5702_1.JPG

いよいよ待ちに待った、、というかんじ。

IMG_5703_1.JPG

モチベーションがアップします。

IMG_5706_1.JPG

コンプレッサーの試運転はまだだけど、新品同然なのでたぶんうまくいきそう。

IMG_5709_1.JPG

従業員用のキャンティーンの外は、ほぼ毎朝決まった時間に残飯を食べに来るオオトカゲのモニター君(私が命名)がのそのそ歩き、一日がはじまります。えーっと、明日がリゾートの開所日なんだけど、まだ大掃除の真っ最中。これでいいのか?まあ、マレーシアなんで、こんなもんなんだと思います。たぶん、毎年、しかも、どこも、こんな感じから始まるのかな、、、

2020年のシーズン開始だもん、がんばっていこう。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

Need something sweet 体が甘いものが欲しくてたまらない。コーヒーに砂糖をたっぷり入れてやっと回復、、って、こっちのコーヒーの味?

Sweet & Sugar

IMG_5692_1.JPG

昨夜は甘いものが欲しくて寝れなかった。
島に渡って1週間。その間、賄い食だけで済み、現金は全然使わない。おお、これはラッキー、この調子で行くと経済的に助かるよね、、とか思ったけど、昨夜は甘いものが欲しくなり寝れない。

今朝、うまく起きれない、、なんか甘いもの、、体がうごかない。まるで幽霊のように起きて、水筒をもってインスタントコーヒーも持って、朝ごはんに行く、、そこで、砂糖を何杯も何杯も入れたコーヒーを飲む。しばらく、休んだら、なんと体が動くではないか!そのまま、財布をもってコンビニにいって3種類のチョコレートを購入。部屋にもどって、全部をあっという間に食べる。おおお、お昼過ぎには普段以上に元気!

もしかして、、、このとき飲んだコーヒーというのは、こっちの人がメチャクチャ甘くして飲む、あのコーヒーの砂糖の濃度と同じじゃないか!私はコーヒーには砂糖を入れない派なんだけど、、、なんと、こっちの人が甘いコーヒーを飲む理由がわかった瞬間。毎日じゃなくても、たまにはあれを飲まないと体が動かないということか!

お昼には、風もおさまり、波もおさまり、昨日渡ってこれなかったスタッフの方々がみんなリゾートに到着。

IMG_5690_1.JPG

すごいよね、あの波浪アプリの言う通りの海況になってしまった。恐るべし現代の天気予報の精度。
そして、気分良く夜を迎え、1ヶ月も蓋を明けなかったバイオリンケースを開けて、カビが生えてる、、、バイオリンにおののき、、きれいにして、乾かして、チューニング。軽く弾いて、あまりの下手さに、、がっくり。

IMG_5693_1.JPG

また、明日から頑張ろう島生活。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

High wave スタッフが全員揃う日なのに、波が荒くて出港できずレダン島には誰も着きませんでした。

Rough sea condition wave and wind

IMG_5597_1.JPG

ほんとうであれば、今日はスタッフが全員島に到着する日だったのに、波があらく、スタッフはマランの港で待機してたけど、結局渡航できないということで一旦KT市内の宿にチェックインしたもよう。

IMG_5618_1.JPG

早めに島に来た我らだけで、引き続きお掃除。バーもお掃除開始、、

IMG_5610_1.JPG

私は、こういうことなので、スマホに入れてある、波の高さアプリ(サーフィン用)、潮見表アプリ、風向波浪アプリ、、などを順にチェック、、

IMG_5623_1.JPG

IMG_5625_1.JPG

IMG_5621_1.JPG

IMG_5622_1.JPG

あとは、毎日の日課のビーチ歩き。湾に沿ったどのリゾートも開店前の準備で大忙し。スタッフはどこもフルメンバーが揃い、その他に工事業者の人とかがいるから、お客さんがゼロなのに、ずいぶんな人がいるイメージ。こんなにいるのか、、、お客さんが来出すとスタッフはバックステージに引っ込むから見えなくなるけど、、、、

うちのリゾートは、このあたりで唯一コンビニがオープンしています。だから、よそのリゾートのスタッフとか工事の人とかが、お菓子やジュースをしょっちゅう買いに来てけっこう繁盛してる、、なるほど、そういうもんなんだね。

IMG_5619_1.JPG

IMG_5626_1.JPG

明日は、波がおさまる予定(アプリによれば)。気象はわりと物理の原則どおりに推移するので、アプリはほぼ正確だと思う。
みんな早く来てほしい、、、

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

Wave 波の音、、そして自然科学

Thinking of natural science

IMG_5504_1.JPG

朝早く起きてしまって、もう一度寝ようとするけれど、なかなか寝れない。ほんとうは、こういうときにインターネットすると余計に寝れないのだけど、たまたま、タブレットを開いて、YouTubeを開けて、、目に入ったのが、「朝に聞く音楽」みたいなタイトル。

最初は波の音。え?波の音ぐらい、私は売るほどあります。というか、波打ち際は私の枕から30mぐらい先にあります。でもね、、YouTubeの波の音は本当に爽やかな波の音。しかも、カモメの鳴き声まで入ってる。そういえば、島にカモメはいたっけ?えーっと、鶏とツバメは記憶にあるけど、カモメは気が付かなかった。しかも、爽やかな波の音、、私の耳に入ってくるリアル波の音は、、海鳴りのゴゴゴというのも混ざって全然爽やかさはない。むしろ、津軽海峡冬景色、、が流れると良いぐらいな気がします。まだモンスーンが明けきってないのか、、、。

日が昇って波を見る。まだまだ沖のうねりのため、波浪注意報レベル。
人によっては波を見ると落ち着くというケースもあります。なんとなくわかる気がする。

ちなみに、打ち寄せる波は人間に「波」という概念を与え、「定常波」「干渉」「回折」といった理論も見てたらわかるし、波の性質を演繹して、「光は波なのか」といった命題の解決まで与えてます。

小学校、中学校の理科で、「波の性質」というのをくどいほど勉強させられますが、それは、それがとても重要だからという他はありません。なんで、あんな役にたたないのを延々と学ばないといけないのか?と思った人は多いと思うけれど、「それが生きる上で重要だから」。音波、光波、電波、重力波といったものを理解するのに、波の性質がわからないとどうしようもないし、周期、振幅、波長といった波を表す言葉は、日常会話レベルまでふつうに使われます。、、、、

「物質というものはすべて波としての性質を併せ持っている

スクーバダイビングも波とどんな風に付き合うかがとっても大切なアクティビティ。波はおろそかにできないです。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rain in the morning 南の島のリゾートでも、雨が降って空が真っ黒になる。いつでもキラキラな天気というわけにはいかないです。

Rain in the morning

IMG_5580_1.JPG

南の島のリゾートは、いつでもサンシャインでキラキラなところ!
、、というお客様の希望は多いのですが、さすがに雨ぐらいふります。でも、雨は日の出前に降ることが多くて、日中はそれほどでもないことが多い、、とはいうものの、今日は午前中ずっと雨だった。空は真っ黒、、、まだリゾートは開店準備中でいろんな改装工事もやっているのでちょっとハラハラしたもののお昼には雨が上がって、真っ青なそらになりました。

でも、水たまりはまだまだある。

IMG_5563_1.JPG

ダイビングセンターのウッドデッキは、床が貼り終わり、これから手すりとか。最終的には電飾もあるらしいです。たのしみ。

IMG_5565_1.JPG

ペンキ塗り部隊は相変わらず忙しく、

IMG_5570_1.JPG

今日はカフェテリアが開店準備。調理道具もみんないったん通路に引き出されて、キャアキャアいいながら掃除中。

IMG_5569_1.JPG

ダイビングセンターの開店準備はまだ。ウッドデッキの仕上がりを待って開店準備を始めるということで、私は手持ち無沙汰。草むしりとか、荷物運びとかを手伝うぐらい、、たぶん2日後かなあ。

シュノーケルセンター(ダイビングセンターとは別)では、救命胴衣の洗濯中。

IMG_5572_1.JPG

一日中、外でぼっとしていることも多いので、生き物に名前をつけようかな。ここには、鶏が20匹ぐらい?飼い猫が1匹、野良猫数匹、リスは野生だけど、やまほどいる。これも見分け方がわかれば名前を一匹づつつけられそう。そして、オオトカゲも数匹うろうろしている。ちなみに雄鶏のすごいヤバそうな奴は、「熊坂長範」。昔、高校生ぐらいのとき夏目漱石かなんかの本で猛々しい雄鶏を盗賊になぞらえていたのがあって、それ以降、やばい雄鶏はみんな熊坂長範です。

IMG_5589_1.JPG

リスを見てて思うのは、やることすべてネズミと一緒なのに、「かわいい」という一点で超優遇。なにをやっても無罪。やっぱり、人も動物も美人やイケメンはお得なのか、、、とか、見た目の良さが人生を分けるとか、いろいろ考えてたら、どうでもよくなって昼寝をしてしまった。

P1000120_1.JPG


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

Egg plant today 今日はナスビ。キャベツの代わりにナスビだった!というのが一日の最大のトピックというのが情けない

I like egg plant

IMG_5542_1.JPG

今日は風がつよくて、おかげで波が高い。海岸が霧がかかったようにもやーっとしているのは、波の飛沫が霧になって漂っているから。そのまんま「波飛沫(なみしぶき)」といわれるものです。しかも、塩のかけらが大きいので光に反射して、霧が尋常じゃないほど白く見える。波飛沫には、ミネラル(塩)とマイナスイオンが豊富だって、Wikiのページに書いてあった。なーるほど、じゃあ健康体だね、、って、ことはないです。体が塩でベタベタするし、手に持つカメラは錆びそう。マイナスイオンの効果は、、よくわかりません。

まあいい、きっと昔、医者が海岸に転地療法をすすめたのは、きっとこの波飛沫効果を狙ったものだとおもう。

浜にウミヘビが打ち上げられているよ、、と教えてもらって、見に行くと、ほんとにいる。

IMG_5539_1.JPG

ウミヘビは爬虫類なので呼吸しに水面に時々あがります。たぶん、その時に崩れ波に巻き込まれて浜に打ち上げられたのかな、、弱々しいけどちゃんと生きているので、棒で海に戻してあげると、、ちゃんと泳ぎだしたので一安心。

ペンキ塗りのお兄さんたちは忙しそう、、

IMG_5547_1.JPG

私はカメラをもって、キラキラ水面を撮りに行く。うーむ、難しい。とりあえず、今はこれが精一杯。そういえば、今週から写真をアスペクト比を4:3から、3:2に変えてみました。これまでずっと4:3だったけど、そういうポリシーがあったのではなくて、昔からそうだったので単に考えもせずそうだった、、というだけの話。これから状況によって変えてみるのも面白いかも。

IMG_05519.jpg

オープン前なので、とくにすることもなく、ダイビングセンターの片付けはウッドデッキ完成の後って言われてるし、、ぼけーっと。

IMG_5559.JPG

そういうことで、今日の最大のニュースは、賄い飯のお昼ごはんにナスビがでたこと。

IMG_5552_1.JPG

もう、毎日キャベツで、体から葉っぱが生えてくるかと思ったぐらいだったので、ナスビはうれしい。

IMG_5551_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする