The Redang Telegraph

2020年02月21日

Nothing other than sea 島暮らし。海以外になんにもないし、写真撮るようなとこもない、、

Living in Island

IMG_5430_1.JPG

まだリゾートがオープンしてないので、若い子たちは寝坊。私はいつもどおり早いですが、真っ暗。こちらの日の出は朝7時ぐらい。だいたい年中変わらずこれぐらいの時間です。

IMG_5421_1.JPG

これも開業するともっと早いのだけど、オープン前は日の出の時間=朝ごはんの時間ぐらいなので、ゆっくりしてから朝ごはん。朝ごはんは、スタッフ用の賄い飯で、、ナシゴレン。インドネシアやマレーシアの食事というとナシゴレンを思い浮かべる日本人も多いと思いますが、ナシゴレンは、チープでお手軽料理の代名詞みたいなもの。ちゃんとした、主菜副菜があるのが普通の食事で、一皿で終わるようなのは、屋台飯。ときどきはいいけど、、、毎日はつらい、、なんで日本人はあれがインドネシアやマレーシアの代表的な食事と思い込んでいるのか不思議。もちろん、豪勢なナシゴレンだってないわけではないけど、、豪勢な何皿もあるような料理とは比べ物にならないです。

朝早くから大工さんがウッドデッキのしごとに取り掛かり、、

IMG_5434_1.JPG

営繕さんのペンキ塗りもほぼ終わり、取り外しておいたライトをつけたりしてます。ともかく潮風がまともに来るところだから、錆びたり傷んだりするのを防ぐため、シーズン終わりには、痛みそうなものは、みーんな取り外したり、ブルーシートで覆ったりします。

IMG_5432_1.JPG

正面玄関の看板もシートを取り外し、、いよいよリゾート名も表に現れる。

IMG_5427_1.JPG

各施設の人たちも今日から出勤。ランドリー部門も今日から建物の戸が開いたし、レストラン部門も集結。ただ、1ヶ月前から始まっている電設がまだ終わらず、遅れまくっているので夜も工事を続行中。電設が終わったところから電気が入り夜でも明るくなってよかった。最初は真っ暗だったもんね、、ようやく懐中電灯暮らしから抜け出ることができる。

ガーデニング部門は、、2日ぐらいすごい勢いで仕事してたけど、いきなりどっか行ってしまった。枯れ木や雑草もまだあるのに、、よく見ると植木鉢に取り掛かってる、、それとか、落ち葉を焼いたりしてる。。。まだ、プール掃除とか全然できてないのに(泣)。まあいい、ここはマレーシアだもん、どうにかなるでしょ。

お昼ごはんと夕ご飯は、サカナ料理。普通は唐揚げ。とっても新鮮なサカナで美味しいけど、、これも、毎日2食、、、ちょっと、、飽きる。背の青いサカナはコルステロールに良いらしいから、今の私は値が最良のはずです。でもね、、はやく、リゾートがオープンして、賄い飯から開放されたい!野菜はキャベツ、、だけだもん。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

Timber for wood deck ダイビングセンターのバルコニー用床材が到着。明日から工事だけど、職人さんが多いからたぶんすぐできる。

Wood deck for diving center

P1000179_1.JPG

ダイビングセンターの外、タンクをセッティングしたり、担いだりするデッキの床材が届きました。
ものすごく、、重い。頑丈なのは間違いないけど、ここまで重いとは。まあ、マレーシアは材木の産地なので、材料には事欠かないのだろうけど、日本で買うとずいぶん値の張るものです。

いまは、こんなかんじ。たぶん全部、床ごと、ベンチも全部取替なので、きれいな姿を期待したいです。

P1000182_1.JPG

今日は湿気が強くて、蒸し暑い、、日本だと雪が降ったりしているのに、こっちは暑い。暑すぎる。

P1000188_1.JPG

適当に材木降ろしを手伝ったあとは、島探検。。。。レダン島はでかい。でかすぎる。到底歩いて回れないし、かなり歩いて、グーグルマップで現在地を確かめても、、、え、たったこれだけ。というような距離しか移動してない。リゾートは東をむいているので日の出はよく見えるけど、日没は見れません。だから、本当は島の西側で夕日が見れるところを探したかったのだけど、、ともかく、歩いては無理ということがよくわかった。最大で南が見れるところまで行けただけ。

P1000207_1.JPG

まあ、ボートがないと無理そうですね。それに島民が住む村にも、全然行けそうにない。まあいいや、先は長いし、ぼちぼちいきましょう。

P1000211_1.JPG

暇な時間で、これまで撮った写真のレタッチ。それにキラキラ光る海の撮り方、、というのをウエブで探して勉強中。

P1000150.JPG

時間ができたら、ショートムービーを作りたいな。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Morning walk around 島に来て3日目。リゾート開業まであと1週間。間に合うのか?

walk around on the beach

P1000134_1.JPG

島暮らしもようやく慣れて3日目。毎朝カメラをつれてお散歩です。買ったばかりなので、やみくもに撮らないと機能がよくわかりません。

P1000146_1.JPG

FT7のマクロズームはけっこういい感じ。これはG7X IIよりいいかも。

P1000145_1.JPG

朝ごはん食べて、、

P1000130_1.JPG

適当にビーチを歩いていると、濡れた砂浜が少しウユニ塩湖状態?これは頑張れば鏡面写真になるかも。

P1000151_1.JPG

いまは、他のリゾートも、庭木を剪定したり、壁を直したり、海開きに向けて忙しいところ

P1000159_1.JPG

うちのリゾートでは、昨日から庭掃除大作戦が始まって、枯れ葉やら雑草抜きやら、私も参加。今日から大工さんがきて、木造部分の修理をするらしいです。ちなみにダイビングセンターのウッドデッキは全部新品にするそうで、ついでにタンクを背負うベンチも新しいデザインで作り直すということ。期待してます。しかし、、、今日から?あと一週間後の海開きに間に合うのか?

P1000142_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

Wave and Sqirral モンスーンが終わったわけでないレダンは「波とリスの島」

life in Redang

P1000108_1.JPG

2月はまだモンスーンの時期です。だから日によっては波が荒れる、、
島に渡った日は、爽やかに晴れて鏡のような海面だったのに、一転して雨と風の日々。サーフィンだってできそう。

P1000111_1.JPG

それに高潮が加わると、リゾートの際まで波が押し寄せます。このリゾートを知っている人ならば、ちょっと驚く潮位。たぶん、シーズン中は誰もみたことのない風景だと思います。高潮と一緒にゴミも押し寄せるのが難。

P1000115_1.JPG

こういう日は、ダイビングの教材を点検して、買ったばかりのハウジングをベースの上にマウントして、アクセサリをつけてみる。わああ、前のハウジングより大きいので、ちょっと持つところを考えないとシャッターを押すスペースがない!まあいいか、ゆっくり考えよう。

IMG_5403_1.JPG

あとは水中カメラのビデオ用ライティング電池を充電しなくちゃね。昔は仕事の合間にこういうのをやるしかなかったのに、いまは仕事だからいつでもやれる。これが、大きな違いかな。それにしても、座ってるとリスがちょこちょこ邪魔しにくる。慣れすぎじゃない?しかも数多いし。

リゾート閉店帰還中は、リスが腹をすかせて電線かじって被害甚大だったんだって。うむむ、、齧歯類というぐらいだしね。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Migrating to Redang Island レダン島への島渡りの日。「島唄」を口ずさむと、一層の感慨が深くなる。

Redang Island

P1000057_1.JPG

お昼から島に移動するので、午前中は最後の買い物。プラスチックの収納棚とか狭い部屋でもなんとか凌げる用に工夫しないといけない。そして、迎えの車が来て、私の他にも8人が同じく島渡り。ただし、荷物は全部の半分が私のもので、残りの半分が7人分です。なんといっても、インドネシアの家を引き払ってきたので、ぜんぜん島とは関係のない荷物も多いです。でも、どこかに置いとくようなところもないし、全部持って移動。

他の人の呆れたような目。私の人生のほとんどがこれだけの荷物で済んでいるということは、大した断捨離効果だと思う。本当に島生活と関係ないもの多し。ともあれ、出発。

P1000060_1.JPG

そして、船に荷物を載せ換えて、

P1000061_1.JPG

出発。次にKTに戻るのはいつだろう?

P1000064_1.JPG

まだ、リゾートは改装工事中。。従業員宿舎の私の部屋はビニルカーペットを敷き終わるまで、入居できないって言われた、、って、もしかして船に積んでるこれのこと?いまからかよ、、、まあ、いいや。

P1000066_1.JPG

まだペンキを塗ってないところがあるから、塗ってから荷物を入れていい場所もある、、、らしい、、けど、、これのこと?おんなじ船やん。

P1000065_1.JPG

まあいい。レダン島について、お迎えがきて、船から荷車に載せ換えて、

P1000072_1.JPG

そして、リゾートに到着。

P1000073_1.JPG

これから10月まで、よろしくお願いします。

P1000075_1.JPG

さっそく、買ったばかりのカメラを使う、、うむむむむ、、、ホワイトバランスがぐちゃぐちゃやん。インテリジェンスオート機能、、つまりふつうにオートなんだけど、黄色っぽい。だから、撮る度にホワイトバランスを調整し直し。AもPもぜんぶ、毎回ホワイトバランスが必要。コンデジなんだし、そこらへんはうまくやってほしいのに。しかも、オートじゃなくて、インテリジェンスオートなんだし、もうちょっと賢くなってほしい。

一番上の車と荷物の写真が黄色っぽいのは、そういうことです。ふつうにオートにしてると、こんな黄色い写真になってしまう。

P1000093_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月18日

Bought Camera and Housing 激しく悩んだ末、カメラもハウジングも購入。恐るべしデジタル化での人格崩壊

Finally bought Camera and Housing

IMG_5369_1.JPG

DRT展示会の2日目。一日目よりはるかに多い人。
1日目に悩んで、カメラを買うか?ハウジングを買うか?悩んだのだけど、結局両方買うという暴挙を敢行。もはや人格崩壊レベルの暴挙。私にそんな経済的余裕なんてあったっけ?と思うけど、まあ、自分へのバレンタインデープレゼント+マレーシア帰還祝い+中国正月、、ということを名目にしました。

人間なんてね、ただの欲望を満たすためでも名目が必要なんだよ、本当に。恐ろしいことです。こじつけでも、名目があれば無理が押し通るというのは、人間のすることじゃないです。。。。うれしいけど。

カメラはパナソニックのFT7というコンデジで、ニコンのW300とどちらにするか悩んだのだけど、単純にKLCCにはニコンのお店がなくて、パナソニックのお店があった!という理由で購入。もちろん、価格ドットコムで見ると日本で買うと5千円は安いし、機体の操作言語も日本語があるのだけどしかたない。ここは、マレーシアだもん。でも、追加で電池を同梱のもの以外に1つと、かっこいいカメラケースと、充電アダプターもつけてもらったから、たぶん合わせると5千円以上するので、だいたい同じ金額になったような気がする。

そしてハウジングは、もともともっているキャノンG7X マークII用。すでにマークIIIが発売されているので、豪華ファンタジー社のマークIIハウジングが値下げされたということと、これからはマークIII用しか出回らないので、欲しかった。しかし、いま、キャノンS95がまだ現役なんだけど、、、どうしよう。パナソニックのお店にカメラオタクっぽい店員さんがいて、S95は10年前のモデルだしね、、いろいろ不満があるので、現役を退いてもらおうと思っているというと、、

「まだS95使っている人いっぱいいますよ」

、、という爆弾発言。いや、もう、G7X IIのハウジング買った後なんだけど、、、まあいい。こうしてKLCCを後にしました。カメラの写真がないのは、まだなんというかドキドキしてるから?

IMG_5368_1.JPG

こうして、KLを後にして、トレンガヌに戻ります。コンサートも寝落ちしたけど、飛行機でも爆睡。きっと疲れてたんだね。飛行機に乗る前にお昼ごはんとしてダンキンドーナツでドーナツとコーヒーを買って乗り込んだのに、食べる間もなく爆睡したため、降下がはじまったアナウンスで目がさめたときには寝起きで食欲がない、、、、なんてこった。荷物があって、両手もふさがっているのに、コーヒーとドーナツまで手に持たないといけない!まあいいや、急いで食べよう。

KT(クアラ・トレンガヌ)の飛行場に降りる直前にケニイル湖が見えてきた。この湖はダム湖なんだけど、人口湖としては東南アジア最大の大きな湖です。湖の周りに豊かな自然が残っていて、一部は国立公園にも組み込まれてます。

IMG_5392_1.JPG

こうして、トレンガヌに到着。翌日はいよいよレダン島行き。買い物しないとね、、

P1000012_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

MPO 2020 ベルリオーズの幻想交響曲はよく寝れる。睡魔との戦いの曲だった

visiting MPO

IMG_5387_1.JPG

せっかくKLに来たことだし、オーケストラを聞きたいよね。ということで、MPOに行ってきました。
今回は、このメゾソプラノの有名な方が来ているということで、お値段高め。

IMG_5386_1.JPG

幻想交響曲が聞きたいので、メゾソプラノの方はどうでもいい、、と思ってたけど、聞くと、、圧倒される歌声。どうでもいいことなんて、全くありません。すんごい迫力、、さすが、チケットの値段が高いぐらいはある。

IMG_5379_1.JPG

あいかわらずMPOの天井はきれいだし、、見てると目がまわる、、

IMG_5380_1.JPG

眠ってしまいそうなのは堪えて、、

IMG_5385_1.JPG

きっと、マレーシアに来た疲れが溜まってるんだろうなあ、、

こうして、声楽が入る一部が終わって、、

IMG_5378_1.JPG

二部がそろそろ、、おお、幻想交響曲、、お待ちかね、、

IMG_5384_1.JPG

、、と思った途端、、眠ってしまった。これが聞きたかったのに、すんごいソフトな導入部分で、あれでは寝てしまう。子守唄を傾聴すれば、寝るのが正しい態度であるのと同様、これも寝るのが正しいのかもしれない、、幻想交響曲に目をランランを光らせて聞くのは名前からして無理がある、、ここらへんは半跏思惟像のような姿勢で、幻想にひたるのが正しいはず。

IMG_5375_1.JPG

寝てはいけない、、ベースのウルフギャングさんの巨体を見るとか、バイオリンのコンマス2人の上半身の揺れをみるとか、、トランペットのドク(バック・トゥ・ザ・フューチャーの)を見るとか、、ともかく思いつく限りの興味を思い出させようとしたけど、、、無理がある。

あんなに高いチケットの、一番お目当ての曲が、まだらにしか聞けなかったのは残念の限り。

| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

Vampire camera カメラは人の生き血を吸うというのは正しい。全くもってこれまでにいくら吸われたか見当もつかない

Camera is a Vampire to suck my money a lot.

IMG_5326_1.JPG

KLで行われている、DRTダイビングリゾートトラベルの会場に来ています。これは、6月のADEXに比べれば規模は小さいのですが、なんといってもシーズンの始まりに先駆けて行われているので、前年モデルの安売りとか、今季に必要だと思ったものとか欲しい物が手に入るので絶対見落とせないもの。

IMG_5304_1.JPG

ぐるぐるっと見て回ると、、

IMG_5316_1.JPG

面白いものもあるし、

IMG_5310_1.JPG

馴染みのものもあるし、知った人にも出会える、、私が今年からレダンにデビューするお披露目も兼ねてます。

IMG_5311_1.JPG

おおっと、、、見てはいけないものが目にはいった。

IMG_5319_1.JPG

これは鬼門です。カメラは人の生き血を吸うというのは迷信ではなく、本当のことです。ただし、写された人の生き血を吸うのでなく、撮影者の生き血を吸うのです。

1 瞬殺で魅了する恐ろしいまでの美貌=魂はもはや肉体にとらわれてなく、「ああ、どうしても欲しい」。寝ても覚めてもカメラが頭から離れない。

2 生き血を吸う、、、人の財布を知らぬ間に空にする、、銀行口座からスリ抜く甘いキス。正気を失っている間に生き血が抜かれます。あんなに頑張って仕事をして得たお金が、こんなもんに散っていくとはありえんだろう。正気の沙汰とは思えない


各国政府は厳重に規制して欲しい。新しいモデルは5年以内に発表してはならない。とか、外形は変更せず、中身だけ入れ替えて、ハウジングはそのまま使えるようにする。とか、、、、カメラのモデルチェンジなんて、伝染力が強いんだから、法律で規制してほしい。というか、新作発表は闇市で、決して人前で知られるようにやる。クソつまらん外見にして、欲しい気持ちを削ぐとか。

IMG_5322_1.JPG

、、ということで、パナソニックST7でハウジングいらずのコンパクトなカメラが欲しい、、、か、(も、)、、
今持っているキャノンのG7Xのハウジングが欲しい、、か、(も、)
悩むところ。。

<以下は本人備忘用葛藤>

いまのキャノンのS95だって、まだまだ働いているのだし、死ぬまで働かせればいいだろう。。。といっても、10年前のモデルでもはや能力不足の気がするが、、、いや、そんなことはない、まだ、本人は元気だって言ってるし、見た目も若いじゃないか。少子高齢化の時代なんだもの、10年前のモデルだって、過労死するまで働かせればいいだろう。死ねば鬼畜のごとくポイ捨てだ。
しかし、若い子のピチピチした肌に、感度が抜群なのは堪えきれない。欲しいよね。S95を過労死させるより、新人ST7を雇ってガンガン働かせたほうがパフォーマンスがいい。
いやいや、新人採用だけが手立てじゃない、中堅のG7X IIにドーピングさせて、3倍ぐらい働いてもらうという手もあるぞ。これだとアタッチメントは共用できるから、いいかも、、、ってそんな場合か、、、


恐ろしいところに来てしまった。まさかの吸血鬼に遭遇した気分。というか、私が鬼畜バンパイヤになった気分。

IMG_5318_1.JPG

| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

3 Towers in KL KLの3つの塔が見える場所

Three Towers in KL

IMG_5293_1.JPG

今はもっと背が高いビルが増えてきているけど、昔から馴染みのKLの3つの塔。スルタン・アブドゥル・サマド・ビルとKLCCとKLタワー。
これが揃って見える場所は多くありませんが、その一つはムルディカ広場です。

いつもの夜の散歩

IMG_5289_1.JPG

本当にインスタ映えするところですよね。。。といいつつ、インスタに投稿してないけど、、、インスタはあんまり使ってないし、、

IMG_5297_1.JPG

インスタ映え、、の別の言い方があるといいのに、、、SNS映え?

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KL City Gallery 私のお気に入りの場所。クアラルンプールシティギャラリーはカフェが素敵

visiting KL City Gallery

IMG_5285_1.JPG

ムルディカ広場にあるKL City Gallery、、、ってどこ?という人も多いですが、上の写真をみると、、ああ、あそこか、、と思う人も多いはず。
正式名より、I❤KLのモニュメントのほうが有名という、、のか、ちょっと悲しいところ。
ここは、昔はこういう建物で、

IMG_5286_1.JPG

今は、KLの歴史と現代の紹介の場となっています。もちろん、昨今の観光といえばセルフィー。外のモニュメントもそうですが、建物内部もセルフィー用バックグラウンドが盛りだくさん。きっと、パネルの歴史説明なんて読んでないとおもう(当社比)。

入場料はRM10ですが、同時にカフェ用のクーポンRM5を渡されるので、実質RM5です。そして、カフェはこちら。

IMG_5277_1.JPG

いちよう、美術館内のカフェだし、入館料が必要なので、あんまり混んでません。しかも、清潔で明るい。KLのお土産も買えるし、お土産のセンスもいいです、、、さすが、美術館セレクション。ミュージアムショップのクオリティです。

最寄り駅は、、もちろんマスジドジャメ駅。LRTとMRTの合わせて3本の乗り入れ駅です。この日は、ダンキンドーナツのオープン?春節ライオンもいたし、通りがかりの人みんなにコーヒーを振る舞ってました。

IMG_5273_1.JPG

私?もちろん、いただきました。ダンキンドーナツのコーヒーの美味しさは抜群です。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする