The Redang Telegraph

2020年02月13日

MPO 2020 マレーシアフィルハーモニーオーケストラは今年、ベートーベン250年祭らしいです。

visiting MPO hall

IMG_5262_1.JPG

KLCCにある、MPOホール。いつもなら、ここにMusic that moves you という文字があるところに垂れ幕が、、、ベートーベン250年祭りだそうです。そーかあ、そんなに経つのか、、、といっても、別に面識があるでなし、昔の人。しかも、私とは相性が悪いベートーベンさん。あんたの、「エリーゼのために」が、どうしても駄目なんです、、、すみません。

IMG_5260_1.JPG

まあいいや、そういうことで、今週はKLにいるので聴きにいきたいなと思ったのですが、今週はベルリオーズさん特集みたい

IMG_5261_1.JPG

曲目をみるといろいろあって、最後は幻想交響曲。これは聞きたいけど、メゾソプラノのフローバロンさんが人気らしくいつもよりチケットが高い!ちょっと考えてしまうよね、、、

KLCCに行ったついでに、ソニーで新しいコンデジをみるけど、、、新発売のやつでも、なにかパッとしないです。今使っているキャノンのG7Xは何年も使っているけど、まだまだこっちのほうが使い良いです。今年はコンデジ水中カメラがほしいけど4万5千円ぐらいするし、、いろいろ考えないといけない、、、一旦、レダン島での生活がはじまると、あんまり本土にも来れないし、買うなら今なんだけど。

IMG_5264_1.JPG

迷いの多い、、この数日。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

Pronuonciation of Redang レダン島の読みはレダン島で決定!ルダン島にあらず、、しかし、まさか!!な結末が

R"e"dang ? R"u"dang? for prononciation

IMG_5020_1.JPG

この間、記事にしてからずっと考えてきた、「Redang」の発音。よく、マレーシア語とかインドネシア語とか発音がローマ字と一緒で日本人には楽、、、とかいうアホなことをウエブ上で見たりしますが、本当はかなり難しいです。日本人がいい加減に発音しても、こちらの人は人がいいから無理して聞いてくれているというだけの話。

さてさて、レダン島の発音は、第一母音eの発音は「曖昧なu」なのが正しいのではないか?たとえば、一般的にはレダン島と表記されるも、Wikiや島にあるリゾートの中にはルダンとカタカナ表記されている場合も多し。

そこで徹底調査。レダン島の島民、クアラ・トレンガヌの住民のマレー系を中心に聞き取り調査開始!そして、結果は、、、

レダン島


が一般的であることが判明。私が聞き取り調査+発音について質問したところ100%で、eはウと発音しない!eはエ!と言い切りました。もちろん、方言やウ音に慣れている人もいるでしょう、、ですが、マレー語的には全くレダン島で良かったです。

ただし?私がやっていることに興味をもった中国系のかたが、、、中国語だと、ちょっと別。
レダン島には「熱浪」という漢字をあててますが、ウエブで「熱」を調べると、、re

「「e」は、日本語にない音。日本語の「ア」を発音するときのように口を大きく開いた状態のまま、「ウー(ァ)」と発音する。喉の奥から出すことに心がける。reと続けて、「ルゥー(ァ)」となる。「è」は第四声。高音から低音へ一気に下げて発音する。」

つまり、レダン島をルダン島と発音するのは、中国語的な読み方!なんとレダン島にまつわる「曖昧なウ音」は、中国語由来だったとは!!!これは、まさか、、でした。

ただし、ローマ字でRedangというこちらの正当な表記方法での発音は、レダン島。だから、これからはレダン島!で統一します。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KL night 用事をいろいろ片付けるためKL滞在中。素人が写真映え できるようにいたせり尽くせり。

Selfee points forcused city

IMG_5251_1.JPG

2月11日はダイビングのPADIで改定インストラクター育成カリキュラムの変更点説明会があって、参加

無題.png

カリキュラム中の動画には、あいかわらずPADI本社の大御所のみなさんが役者になって大変、ジョニーさん、アランさん、ダニエルさん、、みんなお変わりなく。

そして、マスジドジャメ駅の定宿はダタランムルディカの真ん前。体を動かしてないので夜になって散歩。

IMG_5211_1.JPG

いきなり、猫会議発見。夜の打ち合わせとか、、忙しそう

IMG_5221_1.JPG

場所は、IらぶKLの裏。ちなみに、ここは撮影者の立ち位置と並ぶ順番が床に線がひいてある

IMG_5219_1.JPG

KLといえば、インスタ映え都市。ほんとうに、素人でもちゃんと写真がとれるように、マスジドジャメの前の川はライトアップ+噴水。さらに、川面にたなびく霧?じゃなくて、人口霧発生機で時間ごとに吹き出してます。早朝とか狙わなくてもOK.

IMG_5226_1.JPG

ダタランムルディカ地区は特に観光客が多いから、インスタポイントを決めて、誘導している、、

IMG_5232_1.JPG

ムルディカ広場はジョギングのみなさんとか、、

IMG_5216_1.JPG

自転車のみなさんとか、運動の拠点

IMG_5229_1.JPG

楽しめるところです。

IMG_5240_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

Vegetarian food available インドネシアとマレーシアの違うところ。それはマレーシアにはベジタリアン食が普通にあること

Jepara does not have vegetarian restaurant

IMG_5017_1.JPG

マレーシアに来て最初に思うのが、、料理がおいしい。もちろん、ジュパラから来て、、ということだよ。
中華の種類は多いし、インド食もあるし、洋食もあるし、マレー食もあるし、
ジュパラだと、ほんとーーーーに、ジュパラの土地のものばかりだった。テンペとかテンペとか、テンペとか。毎日三食テンペ食べてた。それにくらべて、マレーシアはいいなあ、、、、KTは大きな町じゃないけど、それでもいろいろある。

IMG_5016_1.JPG

嬉しくなって、食事が楽しいです。

IMG_5018_1.JPG

太るのには気をつけたい、、、とくに麺ばっかり食べてるから炭水化物過多になってる。
食物繊維もとらないとね。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

親が子供に宗教を押し付ける、の可否?いかにも日本人の考えそうなこと。この国でこんなこと言ったら「親が宗教教育しないで誰がする!」と怒られるんだけど。

IMG_0408_1.JPG

最近、「親が子供に宗教を押し付けるのはよくない」という言葉を耳にしました。
おお、昔そんな話を聞いたことがあるのを思い出した。あまり日本人と交わらないので、久しぶりに聞いた言葉ですね、、こういうことを言うのは、たぶん世界中でも日本人ぐらい、、、、そこで考えてみました。

IMG_2184_1.JPG

本題に入る前に<日本人の宗教信者考>
日本人の「宗教信者観」というのが面白くて、たぶん「日本人はこうあるべき」「世界の人はこうなんだろう」というダブルスタンダード。あるいは、日本とその他の「差別」かもしれない。

日本だと一般的(想像です)なのは、、
「あの人、宗教を信じてるんだって。しかも、熱心な信者らしいよ」
「ひぇー、なんか危なそう。近づかないほうがいいかも」

同じ人が外国に行って、、、(想像だよ)
「あの人、熱心な信者らしいよ」
「じゃあ、安心できるかも。もの盗まれたりしないよね。いろいろ聞いてみよう」

日本人で宗教熱心な人は危ない人?外国で宗教熱心な人は尊敬される?

日本では「宗教」というだけで拒絶反応を示す人が少なからずいるけど、系統だった考え方をしてないだけで、日本は宗教にあふれています。たとえば、子供が生まれてお宮参り、子供が大きくなって七五三参り、お盆に里帰りして、仏壇に線香を上げさせたり、子供をつれてお墓参り、除夜の鐘に初詣。秋祭りに子ども神輿。これ、みんな宗教儀式。でも「それはいいの、それは宗教かもしれないけど、別に?」って反応かもしれない。俺様が認める宗教行事は子供に押し付けてもかまわない

IMG_2226_1.JPG

日本の主な宗教は「先祖崇拝」です。これは仏教にはなくて、中国から伝わってきたもの。仏教では六道輪廻という考え方があって、先祖であろうと別のものに生まれ変わっているから崇拝してもなんの意味もない!とするのが仏教。その仏教が中国で先祖崇拝と混合して日本に伝わってきました。だから日本では仏教徒であろうとクリスチャンであろうと、宗教を信じないと言おうと、「先祖なんて意味ない」というのは少数。それだけ、先祖崇拝が根強いということです。先祖崇拝に関わるものは、何をやっても社会的に問題なし。スルーになります。

IMG_4928_1.JPG

広く認知されていれば、子供に宗教を押し付けてもスルーされるということ。どこかの宗教の信者が「学校教育の一環として、子供の修学旅行に京都のお寺参りさせる、仏像に手を合わせさせる、というのは、宗教の自由を侵害している」と発言したことを思い出したけど、外国じゃ、たぶん同じように考える人は多いはず。でも、日本じゃ、スルーです。もっとも、「子供に親の宗教を押し付ける」と言うのは無信仰の人だけなんじゃないかと思います。たぶん、自分はそういうの信じてないから理解できない>>だから、相手のことなど考えずに言ってしまう。

IMG_0490_1.JPG

つまり「親が子供に宗教を押し付けるのは良くない」というのは、この場合「宗教」というのがカルトであったり、新宗教であったり、外国の聞き慣れない宗教であったり、、というのがミソ。つまり「俺様の考える宗教とは違うものは子供に伝えてはならない

そうでなければ広範囲にスルーです。初詣に子供を連れて行ったら、そこに誰かいて「親が子供に宗教を押し付けるのはだめです」とか言ったら、「正月早々つまらんこという人がいるもんだ」、、でしょうね。

IMG_2264_1.JPG

「親が子供に宗教を押し付けてはならない」という人に、じゃあ、同じことをイギリスとか、サウジアラビアとか、よその国で言えば?って切り替えしましょう。たぶん、人は聞く勇気もないはず。だって自分の言ってることがおかしいと思うもの。例えば、オーストラリアの公立学校では選択科目として「宗教の時間」があって、子どもたちは宗派に分かれて教室を変えます。じゃあ、オーストラリアに行って「公立学校に宗教の時間などあってたまるか、子どもたちになんてことするんだ」と言ってもらいましょう。

IMG_0389_1.JPG

つまり日本人相手なら言えるけど、外国人には言えないってこと、、自分の思い描く日本人像にマッチしないと排除ですね。このグローバル化という時代で、なんと時代錯誤な、、つまらん。

IMG_9750_1.JPG

ほとんどの世界では、親が子供の宗教教育します。逆に、しなかったら、なんと言われることやら。子供に神様のことを教えないなんて!なんてひどい親!ひとでなしか?人間は神様なしでは生まれることすらできないのに、、。インドネシアでは寺子屋プサントレンが幅を効かせていて、社会的にもプサントレン出身者かどうか問われるところ。プサントレンは寄宿制の宗教学校で、親元から離れて宗教一色の生活になります。タイではよく知られている通り、人生の一部において仏道に入ることが人としての価値を高めます。こういうところで「子供に宗教を押し付けるのは駄目」と大声で叫ぶと面白いでしょうね。ああ、あれね、外国人だからいいの、だってそういう文化なんでしょ?別に子供に宗教を押し付けてもいいんだよ、彼らはといいそう。

IMG_4910_1.JPG

人によって価値観が違います。子供を無理強いするのは宗教であろうと、その他のことであろうと「虐待」です。少なくとも、「日本人ならこう考えるべき。外国人は違うからそう考えなくても良い」みたいな表裏あるダブルスタンダードは人として変じゃないですか?私は嘘とか、表裏、人によって言うこと変えるとかが、、大嫌いなので(好きな人いるの?)、こういうのは耐えられない。

IMG_3338_1.JPG

別段、強制も押し付けもしてないのに、親がムスリムなら、子供もムスリムだろう?というのに、こんな「親が子供に宗教を押し付ける」論を持ってこられても、「ああ、それは<日本人ならこうあるべき>的な差別だろうね」と思わざるを得ない。たとえば、私が子供をイードの礼拝に連れていったということと、神社に初詣につれていったということで反応が違うというのが笑わせるけどね。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Islam and Haj 2010 メッカ巡礼とイスラーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

Redang Island レダン島、ルダン島。正しい発音はルダン島。でもレダン島で検索すると結果は多い

Redang Island

IMG_4955_1.JPG

レダン島、、といっても、正しくはルダン島と発音します。マレーシア語とインドネシア語にありがちな、第一母音がeだったら、曖昧な「う」の発音になりやすいってやつです。フランス語あるある、、と同じです。
ちなみに規則性はありません、だから両語に堪能な人でも「え」と発音するか「う」と発音するかはその場の雰囲気で、間違うこともあるらしいです。

だから、本当は私もルダン島と書くべきなのですが、周り(非マレーシア人だよね)がけっこうレダン島と言ったりしているのに引きずられてレダン島と言ってしまいます。でもって、地元の人は優しいので「レダン島じゃなくてルダン島!」とか注意することはありません。優しい目で見てくれています。。。が、それに気を良くしていつまでたっても間違いに気が付かずレダン島!と言い続けるのもなんだかなあ、、じゃあ、お前はなんだ、、ということで、まあ、どっちでもいいや。

むしろ地元の人が厳しく躾けてくれたほうが踏ん切りがいいんだけど、、、

だからブログでも日によって、レダン島とかルダン島とか変わったりすることもあるかと思いますが、単にその日の気分次第なので、マレーシア人同様、おおらかな気持ちで見てください。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Visiting beach まずは、これから住む島に行く、、海から打ち上げられたゴミがすごすぎる。

From Speed Boat Jetty

IMG_4989_1.JPG

わあ、久しぶりの海です。ってことないです。あれ、海は毎日見てるのだけど、足まで入るのが久しぶり?いや、ジュパラの海でも入ったし、正味5日ぶりぐらいか、、、ま、いいや。

IMG_4979_1.JPG

いつもは大型フェリーで行っている島に、今回は小型ボートでいくことにしました。ここはKT(クアラ・トレンガヌ)からだいたい北に1時間のムラン Merangという町。ちなみに南に1時間でマラン Marangという町があって、どうしてこんなに似た名前の町があるんだろう、、と、、まあいいや、めんどくさい。ここに小型ボート用の港があります。
ここには3年ぐらい前に来たことがあるけど、とってもきれいになっててびっくり。

IMG_4945_1.JPG

島開きは今月末。だから、今は電気工事屋さんと一緒にいってリゾートの不具合箇所の修理から。たった3ヶ月シーズンオフで休業してただけで、もう、なんかすっごくゴミが多い。高波の日に海から打ち上げられたものです。ふーー、なんでこんなに。ペットボトルの強制リサイクルと再生利用の効果的な方法がないと大変。よく、ペットボトルの再生利用とかニュースになったりするけど、もう、法律で「あれと、これは、ペットボトルの再生利用以外の制作を禁止する」ぐらいじゃないといけない。
ペットボトルの再生利用で道路の舗装、、というのがニュースでやってたけど、「今後、いかなる道路もペットボトルを再生したもの以外で舗装してはいけない、アスファルトを使うと禁固刑!」ぐらいのことやらないと絶対プラスチックゴミはなくならないと思う。

IMG_4985_1.JPG

ポイ捨ての意識を帰るのは、ポイ捨てすると損、「回収すると資源」じゃなくて「回収すると儲かる」でないと無理だよなあって思う。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

Terengganu Life starts 紅海だより マレーシア編 トレンガヌの部 ? へんなタイトルだなあ、まあとりあえず、後でまた考えよう

New Life starts in Malaysia

IMG_4938_1.JPG

部屋を畳んで、荷物も残さず、インドネシアを旅立ちます

IMG_4866_1.JPG

もう、もどることもないだろう、、ジュパラ。名残は惜しく、泣いちゃった

IMG_4868_1.JPG

一路、スマラン空港へ

IMG_4869_1.JPG

飛行機の窓からみた、最後のインドネシア

IMG_4871_1.JPG

飛行機はKLで乗り換え、目的地のクアラトレンガヌ行きのフライトは待つこと8時間。やっぱり、トレンガヌはマレーシアでも僻地なんだろうなあ、石油がでるとはいえ、、延々と待って、クアラ・トレンガヌに到着。ホテルにつくと、歓迎の大勢の人々?な、わけないけど、いったいこの人達は?

IMG_4884_1.JPG

やがて、歓迎の爆竹が鳴り響き、、

IMG_4882_1.JPG



獅子舞が舞い踊り、、
ドラが鳴り響く、、



場所はホテルの真ん前。お寺の正月初八日で、獅子舞奉納、、でしょうか。私への出迎えではないとはいえ、あまりのタイミングの良さにびっくり。これは、神様が私の新しい門出のために用意してくれた、、といっても、いいかも。幸先の良い、マレーシア到着でした。

IMG_4889_1.JPG

このブログ、、「紅海だより」も、タイトルを「紅海だより マレーシア編トレンガヌの部」と書き直し、プロフィールも書き直し。タイトルはあんまり良くはないけど、まあ、いずれいいアイデアがでたら書き直そう。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする