The Redang Telegraph

2020年03月30日

Constellation chart もはや星座早見盤など無い、、スマホで全部星座も位置もバーチャルで全部わかる。なんというか、、、

Constellation chart through Smart phone.

レダン島も夜間外出禁止令が本土と同じようにでてるけど、そもそも住民?がほとんどいないうえに、取り締まる人?もいない、、なので、ちょっと庭先にでて、夜空の写真。

IMG_7232.JPG

もちろん、いまやスマホ全盛で、星座早見盤ぐらいならGPSを使ったスマホアプリはあると思ってた。
、、しかし、あまりにもすごくわかりすぎ。星座を探す、、なんて無い。スマホを向けたところに表示される星と、夜空の星を比べて「確認している」だけ。。いやあ、星は探すもんでしょ、、というロマンは消え失せ、たんにスマホを向けて「ああ、合った」と照合しているのか?

IMG_7236_1.JPG

とはいえ、すんごいわかりやすい。私みたいに探しても探してもわからない人でも、スマホで一発。なんて楽なんだろう。えーっと北斗七星はどこ、、あれ、漢字が変換できない、、「ほくとひちせい」じゃなくて「ほくとしちせい」だったのね。なんと、星を探すより漢字を変換するほうが時間がかかってしまった、、、

IMG_7228.JPG

もちろん、これは、スマホの画面から見つけた、、ボリュームをあげると幻想的な音楽も流れてリアル、、プラネタリュウム。

IMG_7229_1.JPG

ちなみに、星の名前の半分ぐらいはアラビア語です。北斗七星の柄の先端の星は、アルカイド。アル(定冠詞)=カイド(指導者、将軍)で、北斗七星を、「棺桶と泣き女」に見立てたアラビア風星座の葬儀の列の先導。ちなみに、よく知られている、アルカイダ、、最近はめっきり名前をニュースで聞かないけど、、、は、将軍府=司令所のこと。

最初に夜空を撮したときは天の川がどこにあるかわからなかったけど、いまでは、、このとおり。ばっちり。

IMG_7234.JPG

もちろん、スマホ先生のおかげです。なんと南十字星まで写真に写ってます。が、ちょっと天の川の真ん中すぎて、説明不可能。

IMG_7235_1.JPG

たぶん、これ。自信は半々ぐらい。スマホを見ながら印つけたから、大きくは違ってないはず。

無題.jpg

ちなみに、下弦の月。きれいにみえるけど、スマホでは表示されない。なんでかな?と10回ぐらい見直したけど、、、こんなのあり?牡牛座の鼻にあったけど、きれいに収まりすぎ。

IMG_7238_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

日本において「水際対策強化に係る新たな措置」が決定されました、とさ。水際で引っかかるのは私だ!

いきなり!、まあ、想像すれば有り得る話なのだけど、日本の厚労省は、水際作戦を敢行中。
もちろん、この水際で網にかかるのは私だ。
べつにコロナにかかっているわけでもないし、病理的には問題はないのだが、、、まあ、彼らの言い分はこういうこと。

IMG_7065_1.JPG


過去14日以内に注1の対象地域に滞在したことのある方は,入国(帰国)時にPCR検査を受けていただきます。検査結果がでるまでには最長2日間程度待機が必要になる場合があり,結果が出るまで検疫所長が指定する場所で待機していただきます。検査結果が陽性の場合は,指定の医療機関に入院,陰性の場合も保健所による健康フォローアップが必要です。
注1に滞在したことのない方でも,発熱などの症状があれば,同様にPCR検査を受けていただくことがあります。

注1及び注2から来航する航空機等で入国する方すべての方について,健康状態に異状のない方も含め,検疫所長の指定する場所(自宅など)で14日間待機し,空港等からの移動も含め電車,バス,タクシー,国内線航空便などの公共交通機関を使用しないことを要請します。このため,飛行機に乗る前に,以下について,確認をお願いします。
1 前記の要請がなされることを前提として、入国後の旅程に支障がないこと。
2 入国前にご自身で入国後14日間の滞在先(特に,外国人の場合は,自宅がないので,宿泊施設)を確保していること。(ただし,上記のとおり,PCR検査の結果がでるまで検疫所長が指定する場所で待機していただく場合があります。)
3 空港からその滞在先まで移動する手段(公共交通機関以外,自家用車,レンタカーなど)を確保していること。
ついては,帰国の際は空港から待機場所までの移動には,公共交通機関を利用できないため,移動手段(自家用車、レンタカーなど)の確保を事前に行っていただく必要がありますので,ご留意願います


ながながと書いてるが、

A) 空港でPCR検査をする。費用は健康保険でカバーされるというが、外国に行ったっきりの私は日本の健康保険なんて加入してない。日本の健康保険は国保の場合住民票所在地で対応するけど、政府は外国にいくなら住民票は抜きなさいと指導しているので、保険証ももてないのだ。だから、保険がない人は自己負担。いくらするのかわからん。しかも2日間検査結果を待つ間の滞在費は、自腹だ。

B) 自宅待機しろというけど、外国に住んでいる人は日本になんて自宅はない。外国に住んで、なおかつ日本にも自宅がある経済的余裕があれば、別だけど。どこで待機しろというのか?PCR検査結果後の待機です!とかいったら、ホテルなんかじゃ、ぜーったい受け入れてくれない。これは、すでに帰国難民という単語で探せば、いろいろ問題化している。

C) 公共交通機関を使うな、自家用車とか確保しろ?外国に行きっぱなしなのに、自家用車なんて日本においてる人は少ないし、そもそもその自家用車をどうやって空港まで持ってくるのだ?わからん。

D) ようは、会社員が出張から帰ってきた、、というのを念頭に作られた水際作戦ということで、それ以外の人は、水際で討ち死にして良し。

そもそも、私は日本にはさっと行って、さっと帰ってくるので、だいたい1週間。なのに、自宅待機が2週間だと?ふざけすぎだよなあ。ようは、外国帰りは来なくて良しということ。PCR検査も、「帰国者・外来者なんちゃら」という窓口だけど、名前が排外すぎ。いまは国内感染者だっているのに、コロナは外国のもの、外国と関係ある人のもの、、という無意味な差別を生むし、外国と接触ない人が検査を受けれない、、という話だってある。ようは、なんか、もう、全体的にクソなのだ。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月26日

A day in curfew 行動制限令下のいちにち。こんな英単語初めて覚えたよ。

A day in curfew @ Redang

IMG_6978_1.JPG

おはようから、おやすみまでの一日。行動制限令はかなり徹底しているらしくKLでの生活とか大変そう。本当に外出も散歩も買い物も満足にできなくて、閉じ込められるというのを絵に書いたよう。
、、しかーし、レダン島のような島までくると制限令はかなり甘くなります。わたしはこれでも半泣きだった。でも、KLの厳しい生活とか聞くし、「あんたの夢のような生活」とか言われると、、私は随分と楽な制限令下らしい。というか、「あんた以上楽な生活しているひといない」とかいわれたので、もう半泣きはやめます。

昨日の夜は夜空の写真、、、

IMG_6959.JPG

おはよう!朝になりました。同じ構図です、、、キラキラした明るい日。

IMG_6965.JPG

海のキラキラした写真もなんとか撮れるようになりました。狙いは朝。

IMG_6969.JPG

お昼、、、浜辺の散歩。濡れて固くなったところだったので、足型があんまり残らない、、、

IMG_6980.JPG

波打ち際。このときは菅笠にサングラスは必須。あんた何してるの?仕事してないの?
はい、仕事してません。政府が行動制限令をだして、仕事するな!と言っているので、仕事をしてはいけないのです。ダラダラしろ、、というお上のお墨付きを得ているので、ダラダラしてます。ダラダラは得意中の得意です。ダラダラは天職です。

IMG_6981_1.JPG

そして、お昼。バスタオルと水筒を持って、お昼寝の場所を探す。眠るための本は、日本語を教えるという雑誌。2年前に買ったのですが、挫折してほとんど読んでません。睡眠導入剤のようなものです。ちなみに昼は発電機を経費削減のため止めているので部屋の中は蒸し風呂状態。暗いし暑いから、ともかく外で気持ちのよい場所を探すのは必須。

90788806_3426954973998025_4729904546573189120_o.jpg

昼寝から覚めて、また歩く。万歩計の歩数を進めないといけない、、、

IMG_6964_1.JPG

また、ダラダラしていると夜。前日は横写真しか撮れなかったので、今日は縦写真に挑戦、、、と、思ったけど、雲が多い!

IMG_6989.JPG

まだ、夜の9時ぐらいだけど、もうそろそろ寝ます。
行動制限令で夜間外出禁止なのですが、そもそも行くところがないし、暇持て余してるので寝るか、食べるか、、という毎日。

行動制限令が終わった後、キビキビ働ける自信は、もうありません。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

Starfull night スターダストというか、星屑というか、本当に星が屑というか埃のように見える。星埃のほうがより正確だと思う

Night photos tonight

IMG_6945.JPG

昨日に引き続いて今日も夜空撮影にチャレンジ。昨日は新月で、今日は月齢1日。月が無いので星がとってもきれい。しかも、今日は三脚も持ってきたので万全。あ、ボールヘッドがないので、縦写真が撮れない!まあいいか。

オリオン座を中心にして撮影、、、だが、あまりに星が多すぎて、どうつなげればオリオン座になるのかわからなくなってしまった。まあいいや。スターダスト、、って、星の埃だよね、、屑じゃなくて。星屑って、こう見ると変。星埃というとしっくりくる。

IMG_6957.JPG

たぶん、スターダストを訳した人は、星空なんて見たことなくて、適当にダストといえば屑だろう、、ぐらいな感覚だったのかな。でもって、やっぱり星空なんか気にしたことない人たちが、延々と「星屑がなんちゃら」とか言い続けて、結局、みんな星空なんか見なくて「星屑」って定着してしまった。ここで、はっきり、ダストは埃(ほこり)だと宣言しようではないか。ほんとうに、ホコリというか、レンズのゴミ?みたいに見える、、、あれ、やっぱりゴミなの?

こういう写真がリゾートの敷地内で撮れることに感謝。そして、行動制限令がでてるのに、甘々でザルで誰も気にしない島生活に感謝。

IMG_6959.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Coconut bomb 突然、頭上のトタン屋根が大音響。まさに頭の上に爆弾が降ってきたよう、、

Bomb falls

IMG_5717_1.JPG

南国のヤシの木、、、否が応でも南国気分を盛り上げてくれます、、

P1000146_1.JPG

しかーし、これで2回めだけど、気絶しそうな爆弾が降ってくる、、

IMG_6844_1.JPG

一回目は3年ぐらい前にクアンタンでジョギング中。体の1m隣にバカでかいココナツが落ちたこと。これにまともに当たってたら絶対に死んでたと思った。そして、つい数日前、、、トタン屋根があって命拾いしたけど、まさしく頭上に大音響。本当に気絶しそうになった、、、

IMG_7358_1.JPG

屋根がグチャグチャ、、、

IMG_5719_1.JPG

南国のヤシの木の下だけは、避けたほうがいいかもしれません。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

Night Redang たまたま万歩計の歩数が足りなくて、夜の浜辺を歩いてみた、、一面の星空

Walked through the beach

IMG_6924_1.JPG

私は夜、浜辺を歩くことはめったにしません。たいがい裸足であるくのですが、夜はどんなもの(たとえばガラスの破片とか)があるかわからないので、最初から敬遠。でも、今日は万歩計の歩数があまりに少ないので、浜にでて散歩。

きれいな空、、

IMG_6915_1.JPG

さらに上をむくと、天の川ではないか、、、これは写真にとりたい。たぶん、行動制限令がでていてリゾートがどこもライトを落としているので、こんなきれいな空になってるんだと思う。

IMG_6928.JPG

まさか星空を撮るとは思ってなかったから三脚もないし、なんもない。こういうときはワイドレンズだってほしい。が、手持ちの限界を試してみました。上の写真をみると、やっぱり手がブレたなあ、、とか思う。まあいい、明日は最初から三脚持参。

IMG_6919_1.JPG

リゾートの閉まっている海岸も、あと1週間。行動制限令が延長とかなったら、もう身が持たん。ぜひ、今月末で終わってほしい、、、










| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

Redang Island レダン島とはどこだ?それに、半径100mじゃなくて、直線距離1kmの毎日

Do you know where I live ?

redang2.jpg

私が住む、レダン島。さんざんレダン島って言っているのに、それがどこか説明してなかった。
それでまず、上の地図。マレーシア。マレーシアがどこにあるか知らない人は、座ってよろしい。
ちなみに、矢印があるところが私の住むレダン島。

ざっくり見て、KLからみるとインドネシアのスマトラ島よりはるかに遠い、、というか、マレーシア西海岸とスマトラは双子の兄弟みたいなもので、文化的にも地理的にも近すぎ。で、東海岸は?今のタイ深南部とクランタン+トレンガヌ北部を本拠地としてたパタニ王国の影響が強いところ。つまり、今の地図でいくと、、、西海岸=インドネシア vs 東海岸=タイという感覚です。マレーシアのイスラム化もパタニ王国がマレー半島最初のイスラム国家だったことに起因して、タイ側から徐々にイスラムが南下してきたかんじ。そのためマレーシア最古の文字(石碑)はトレンガヌで見つかっています。

そして、トレンガヌのなかで、わがレダン島は、、ここ。

redang 3.jpg

クアラ・トレンガヌからフェリーで1時間半のところ。
そして、レダン島でも私がすんでいるのは、ここ。

redang.jpg

島の中央部や最南端が島の中心なので、船でないとここにはこれない。
そういう、「陸路のない」ところに住んでいるので、歩きまわる?いや、そんなとこない。

redang 4.jpg

万歩計で毎日1万2千歩を歩いているのだけど、この黒い線=海岸線の約1キロを往復するだけ。それ以外に道は、、いや海岸線はない。

このブログでは、バイクで200キロ走ったとか、縦横無尽に駆け巡ってあちこち珍しいとおもったものを書いたりしているけど、レダン島に住みだして、生活圏は徒歩1キロ(直線距離)ということ。どれだけ、生活圏が狭いのか、、、よくそれで生きてられるよな、、て、いうぐらい。
だから、毎日の変化を見つけるのは難しい。とくに、今みたいに行動制限令がでてたら、もはやお手上げレベル。

それでも、ここで生きるのだ。

| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Coral Transplantation サンゴ礁の再生、、5年ぐらい前に行われた移植がこんなに大きくなって、、

Result after 5 years of coral transplantation

IMG_6786_1.JPG

ちょうど私がレダン島のこのビーチに通い出した頃、たぶん5年ぐらい前、、ある日突然水中に構造物ができてました。
その時に写真もとってるから、このブログにも探せばどこかにその当時の写真も記事もあるはず、、なんだけど、記事の数が5千か6千あるので探すのが大変。まあ、いいや。

IMG_6794_1.JPG

最初はちっちゃなサンゴの欠片だったのが、こんなに見事に育つものなんですね。ちょっとびっくり。
それぞれの構造物には製作者グループ名前を書いたプレートがついていて、昔は名前も読めたけど、いまは表面が溶けたようになってちょっと無理。溶接で名前を盛り上げるとかしないと残らないねえ、、

IMG_6797_1.JPG

すっかりサカナも馴染んで、ゆっくり昼寝しているし、、

IMG_6799_1.JPG

このまま大きくなってほしいです。どこまで大きくなるか見たいし、それまでダイビングを元気に続けられるといいな。もちろん、サンゴは私なんて関係なく、次の世代に、そのまた次の世代の人が驚くほどに大きくなって、その後の世代なんて、まるでそれが人工移植の後だなんて想像もできないほどの盛り上がりになってほしい。。。

IMG_6792_1.JPG

ちっちゃな試みが、時間をかければ育つという見本。なんだか、いろいろと考えさせられる、、目の前で実物を見せつけられているのだから、反論の余地もない、、。自分も頑張らねば、、、


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Beach Cleaning 従業員総出でビーチクリーニング。やっぱり一人でやるより効率が良いね、、環境に関心がない人はとことん関心がないけど。

Beach cleaning

IMG_6835_1.JPG

マレーシアの行動制限令の5日目。することないし、みんなで浜の掃除。ちょうど大潮の日だったので、プラスチックゴミとかが大量に浜に打ち上げられてた、、、

IMG_6834_1.JPG

行動制限令をやぶって集まってバレーボールしていた人たちが摘発されて、ネットもボールも燃やされたのがSNSで回ってきたけど、掃除は大丈夫でしょ?もう、いまや何をしても疑心暗鬼だけど、掃除に文句をいわれたらたまらない。しかも、巡回に回ってくるのはマリーンパークのパトロールで日頃から環境保護活動している人たちなので喜んでくれるかもしれない。

IMG_6832_1.JPG

これまで一人でやってたけど、大人数でやるとすごい量をすごい短い時間で集められる。しかも微妙に競争原理があってゴミ集めはけっこう熱中するものです(知ってる、世界中どこでもゴミ集めはウケる)。

IMG_6842_1.JPG

うちのリゾートは環境意識があるからこういうことするけれど、まーーーったく、環境意識のかけらもないリゾートというのも存在します。そこのビーチはゴミだらけなんだけど、従業員もマネージャーも全くきれいにする気がないみたい。ゴミの周りで結婚式とか普通にしてる。高級リゾートなのに、この意識の低さはとっても残念。総じてマレーシアでは環境問題の意識の低さを感じるけど、リゾート経営者がそれだと残念。

IMG_6831_1.JPG

なんとか、マレーシアにゴミ問題とか、プラスチック問題とか、環境問題とかの意識が根付かないものかなあ。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

Garbage collection 屋台村からゴミが次々と運び出されて?すわ、海洋投棄か?

Garbage collection boat

IMG_1570_1.JPG

ほとんど無許可営業の屋台村にしか見えないところから、つぎつぎとゴミが運び出されてくる、、

IMG_1567_1.JPG

レダン島の住民がリゾートのシーズンだけ開ける屋台村。屋台村の中にはベニヤと流木で居住区も作っている。この場所から住民が住んでいる村には山越えだと片道3時間という距離。ほぼ船しか交通手段がないし、海が荒れたらどうしようもないので、屋台村に住み着いているけど、、、ゴミがひどい。ほんとうにゴミ屋敷のようになって、、ここまでゴミを散らかしてたら即逮捕だよなあ、、とか思ってました

IMG_6481_1.JPG

ある日、、、ゴミを波打ち際に持ち出して、、すわ!「ごみは波が勝手に持っていってしまいました」という不法投棄か?穿った見方じゃなくて、ほんとうにそういうケースは多いのです。

IMG_1564_1.JPG

そこに近づいてきた一隻のボート、、、浅瀬も乗り上げる、、大丈夫か?ちゃんと海にもどれるか?怪しいぐらい上陸、、

IMG_1565_1.JPG

すると、、波打ち際においたゴミを船に投げ込んでいるではないか?

IMG_1566_1.JPG

ごめん、、すみません、不法投棄じゃなかったですね。ゴミ回収船。勉強になるなあ、こういう船が陸路では近づけない海岸べりの人が住んでいるところや、屋台村からゴミを回収しているのですね。このレダン島は海洋公園で法律が厳しくてごみ処理が島ではできなかったと思う。マリンパトロールも回っているし、こういうゴミ回収船が回っているわけか、、、そういえばゴミの野焼きもこの島ではダメなはずです。いろいろと厳しい島。

IMG_1568_1.JPG

ゴミはゼロにして、エコな島であってほしいです。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする