The Redang Telegraph

2020年03月22日

Pacific Reef Heron クロサギ、、、だが、白色種も普通にいるらしい。シラサギとクロサギの白色種の違いはなんだ?

Pacific Reef Heron

IMG_6887_1.JPG

レダン島の浜で珍しい鳥を発見。黒くて、最初は鵜かな?と思ったのですが、大きさも、形もサギです。白くないからクロサギかな?と適当にあたりをつけてネットで調べたら、まさしくクロサギだった。しかし、、、Wikiによると、、

全長は63cm。中型のサギ。黒色型と白色型が存在する。

おいおい、普通の人は白いサギをみても、「ああ、これはクロサギの白色型だね」とかおもわんぞ?
ふつうの白いサギとの違いは?

たぶん、英語だとPacific Reef Heronで名前からして砂浜や海岸を本拠地としているらしい、、シラサギは田んぼとか開けた野原とかで見かけるから、このへんが見分け方のコツだと思う。

しかし、、、日本語の名前をつけるときは、きっと黒いのしか念頭になかったんだろうね、、あとで白いのも同じだとわかってびっくり、でも、名前は変えないよ、、ってやつか。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

New video clip 暇なのでプロモーションビデオ2作目(本当は3作目)を作る、、ソフトは「フォト」。簡単で楽。

Making a new video clip

IMG_1468_1.JPG

「全国民自宅待機令」がでて、今日で3日目。あーー、あと11日も残ってる。
掃除して、片付けて、リゾート始まる前に間に合わなかったメンテナンスも期せずして再開して、、、
ダイビング機材もきれいになったし、カメラもきれいにメンテが終わって、、、えーっと、、ログもつけたし、後は、、、そう、貯めてた動画でプロモーションビデオクリップを作ろう。



そふとは、Win10付属の「フォト」。以前もムービーメーカーとほとんど操作が変わってないし、音楽とかいろいろ使いやすくなってる。もちろん、ちゃんとしたソフトより機能は少ないけど、まあいいだろう。これで3作できあがり(2作目はできが悪くて公開してない)。そう、できのわるかった2作目君は、コレールのちゃんとしたソフトを使ったのだけど、使いこなせてない。

ようは、腕にみあったソフトでないといけないということ。良いソフトがあっても、使いこなせなければしかたない。。当分はフォトでがんばろう。

(それと、バイオリン練習こっそり再開。)

| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Covid 19 マレーシアでは2週間の「国民総2週間自宅待機」発令。リゾートも営業とりやめ

We are staying 2 weeks in home.

IMG_6828_1.JPG

今週はじめの土日はすごい家族連れやグループで賑わった浜辺が、、コロナ野郎のおかげで、誰もいない浜辺に急転直下。
18日から不要不急の事務所やお店はしめて「全国民自宅待機」という荒業が発令されました、、ありえんです。これまでは、外国から帰ってきた人とかだけだったのに、一足飛びに、、全国民(滞在外国人も)が自宅待機、、、

うちは、リゾートホテルだから長期滞在の人もいるけれど、それ以外の人はみんな予約は泣く泣くキャンセル。そもそも、フェリーが通わなくなったうえに、飛行機も間引き、さらにバスは運行中止、、じゃあ、移動手段もない。ホテルから早めに帰れた人はいいけど、出遅れた人はもはや家に帰る交通手段すらない、、という非情な状況。

IMG_6732_1.JPG

そういうことで、リゾートにいるのは帰る家もない従業員と取り残された宿泊客。あ、それに帰り損ねたライブ出演のバンドマンとかもいる、、みんな、なすすべもなく、日向ぼっこ。

IMG_6820_1.JPG

先日まであれてた海が穏やかになって、来週はさらに穏やかになるというのに、お客様がいない、、、、、。
居残り組で、「大ログブック記入祭り」とか、

IMG_1560_1.JPG

誰かのペットの蛇で遊ぶとか、、もしかしたらスネークマンの?まあ、ふつうのリゾートではありえない

IMG_1562_1.JPG

あとは、掃除、掃除、掃除、掃除、、、、とか。しかも、今日から夜間外出禁止令。軍隊もでるというし、ほとんど戒厳令です。ただ、こんな閉店中のリゾートの島は、夜、出歩こうにも、出歩く先がない。見回りが来るまでもない。することない、、

| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

Sea Turtle アオウミガメをみると思い出す、、偽ウミガメの話

Sea Turtle

IMG_1515.JPG

今日はアドバンスコースで、水中イメージ、、というコース。つまり、昔は水中カメラコースと水中ビデオコースが分かれてたのが統合されて「イメージ」コース。なんだか、現代風だけど、最初は、、イメージ?それはなんですか?って感じ。
そういうことで、コースの生徒さんが生まれて初めて撮った水中写真が素晴らしい構図だったので、白黒にしてみました。すごーい、いい感じ。私は撮る側で、撮られることは滅多にないので、とっても貴重です。

で、ウミガメというといつも思い出すのは、小学生のころに読んだ「不思議の国のアリス」。その、にせウミガメの絵が強烈で全然忘れません。

ALICE34A.png

「むかしは、ぼくもほんもののウミガメでしたのさ」にせウミガメはやっと口をひらきました。

このことばのあとには、とってもながーいだんまりがつづきました。それをやぶるのは、ときどきグリフォンのたてる「ヒジュクルル!」とかいうしゃっくりと、にせウミガメがずっとたててる、めそめそしたすすり泣きだけでした。


、、、ということは、私と一緒に写っているこのウミガメも、、もしかするとそのうち、、にせウミガメになるのかもしれない。。。。このあとの踊り、、

「遠くたっていいじゃない!」と、うろこの友だちこたえます。「世界は浜辺に満ちている。こちらじゃなければあちらにも イギリス浜からはなれるごとに、フランス浜辺に近くなる―― だからいとしいウミウシさん、青ざめないでおどろうよ。」


、、なんとウミガメと会う前のダイビングで、たまたま青いウミウシにあったところ。

IMG_1502_1.JPG

青ざめないで踊ろうよ、、、

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3rd Sunday after opening season シーズンが始まって3度目の日曜日はゲストで島がいっぱい。だけど、新型コロナウィルスの影響で、、、

Full on the beach

IMG_6619_1.JPG

まだスクールホリデー前なのに、ビーチはすごいお客様でいっぱい。わーい、こんなに来てもらって嬉しい!しかし、なんでスクールホリデーじゃないのに、こんなに子どもたちが多いのか?

IMG_6620_1.JPG

たぶん、新型コロナウィルスのせいで学校が休み>することない>ビーチでも行く?ってことかな?全然わからないので、当てずっぽうに行ってるだけ。新婚旅行とか、婚約旅行とかも、まだまだどこでも盛況。

IMG_6617_1.JPG

でもね、、、、今日のニュースで、国境閉鎖みたい。出て行く分はいいけど、外国人は月末まで入国禁止だって。おいおい、、どうする、、という気もするけど、もう決まったのだし、どうしようもない。来月は一旦出国を予定していたのだけど、この措置が来月まで延長されるとえらいこと。まあ、なるようにしかならないです。

いや、それだけじゃなくて、人が集まるようなことはやめなさい、、というお触れも一緒にでてます。。。ということは、ダイビングショップとかリゾートのアクティビティとかレストランは、、、?ううんんんん、、あんまり考えたくないけど、、

IMG_6621_1.JPG

どうなるかわかりません。いくら政府とはいえ宿泊客を追い出すようなことはないだろうけど、どうなることやら。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Heavy Wave Today 波が高くてビーチは真っ白。隣の仮設船着き場は沖に流されたし、サーファーがでてる

Choppy wave today

IMG_1477a_1.jpg

今日はいきなり波が高い日。風の影響だと思うけど、ビーチは真っ白。
Webで調べると、有義波高が0.7m、最大の高さ1.4m、、、わあ、危険マークがついてる。明日も変わりなさそう、、、ショック。特にうちのリゾートの前は東向きで、東風がまともに吹き付ける。

おかげでシュノーケリングは島のどこも無理で、隣のリゾートが仮設で作っている浮き桟橋が3つに分解されて沖に流されてた、、あれを見てけっこうショック。さらに、サーファーがでてた。。。

そもそも、レダン島は波が穏やかでサーフィンに適した場所でないので、いったい何者がサーフボードなんて持ってたんだろう?たぶん、どっかのリゾートの従業員のサーファーで、年に何回かしか無い、こういった波が高い日だけ乗ってるんだろうね、、、ちょっとびっくり。

そのために、わざわざ年中ボードの手入れしてるとかなんだろうし、、やるなあ。ちょっと尊敬してしまうレベル。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月15日

Whale Shark @ Redang 超うれしい。。。レダンで初めてジンベエザメを見た日は今日。来年以降ジンベエ記念日となるはず。

Watched a Whale Shark today

whale shark redang sato arranged_Moment.jpg

ビデオは撮ってもらったものです。私は確信していますが、自分でカメラを持ったら、絶対にジンベエはでてきてくれません。
彼らは私がカメラを持たずに水中に入ったのをみて、姿を表す、、というもの。撮影してくれた友人には感謝感激。



レダン島はジンベエザメがよく目撃されるところなのに、これまで一度も見たことなかった。これまでは。
そして、今日!3m−4mぐらいの、とっても好奇心旺盛なジンベエザメが私の横にびっちりついて、手を伸ばせば届く距離、、というか、ジンベエザメのほうからぶつかってくるのじゃないかと思った。

こういうときに、触らないでおくのは難しいけど、野生の生き物には触ってはいけません。
ジンベエザメのプラスチック製品誤飲による若死が多くなっていますが、この個体は長生きしてほしい、、そのためにも海へのゴミ捨ては絶対ダメ。

| クアラルンプール ☔ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

Underwater Cleaning 今年最初の水中クリーンアップ、、しかし、なんでみんなゴミを捨てるんだ!怒りがこみ上げるレベル

Did underwater cleaning, Project AWARE

P1010154_1_1.JPG

ハウスリーフの波が日に日に小さくなり、もうよかろうということで水中クリーンアップを開始。
とってもきれいな海だし、、でも、水中はゴミが至るところに落ちてる、、主にロープ類、漁船で使ってたやつだと思うけど、これがゴミの8割ぐらいを占めてます。

P1010176_1.JPG

でも、真新しいお菓子の袋とか、プラスチックストローとか、もう、いやになるぐらい。

P1010194_1.JPG

どうみても他所の国から流れ着いたものじゃなくて、近場の、あるいは、地元のひとの捨てたゴミが多すぎる。ゴミをどう捨てているかを見れば、発展途上国かそうでないか見分けがつくというもの。マレーシアは、先進国入りを目指しているけど、こんなにゴミを無造作に捨てていれば、先進国入は無理と言い切ろう。ああ、でも、昨今は頭が悪いのがグローバル化してるからなあ、先進国入りもあるかもしれない。

P1010162_2_1.JPG

マレーシア人の半分は「環境問題」とか聞いたことが無い!と言おう。タバコを川や排水溝に投げ捨てれば、それが海まで行って、生態系に大きな影響を及ぼすのだけど、全く気がついてない。残りの半分のうち、さらに半分は「環境問題は私と関係ない」と思っている。

さらに、残りのほぼ全てが、「ゴミを捨てても、誰かが拾ってくれる」と思っている。本当に環境問題とかゴミ問題とかわかっているのは、おそらく高学歴で社会に関心がある、全人口の0.01%ぐらいのひとだと思う。だいたい、外国からこの国にきて環境問題を指摘する人のほうが自国民より多いとは何事なんだろう、、、

P1010203_1.JPG

マレーシアのごみ問題とか環境問題を考えると、私の脳みそは煮えたぎる。もちろん、口調も辛辣になるし、バカとか、そういう単語も頻繁にでてくる。まあ、これは止められない、、、ああ、どうにかならんもんかなあ。特にマレーシアの年寄りは川や海はゴミ箱と信じてるしなあ。

89020475_3388893037804219_1041705744543514624_o.jpg

とりあえずPADIのProject AWARE用にレポート書くから、証拠写真やゴミの写真が山のように貯まる。これから、毎日、水中クリーンアップ。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Making a Video Clip ムービーを作ってみた。うーむ、まあ、なんとなく違う気もするが最初はこんなもんだろう

Made a movie for the diving center

IMG_6420_1.JPG

ダイビングのプロモーションビデオをさくっと作ろう!たった1日分の素材だけど、まずは最初に一つ。

以前に使っていたビデオ作成ソフト Corel Video StudioのPCのアプリから引っ張り出してきて、、、愕然。なんと、使い方を全部忘れている。最後に使ったのが4年前。えーと、いったいどうしたものやら、、、、

、、が、お手上げ。どうもうまく行かない、、、そういえば、Corel以前に使っていたウィンドウズのムービーメーカーがあるじゃないか、あっちは、あれで随分とサウジアラビアにいるときはショートムービーを作ったから、覚えてる。ともあれ、あれでいいか。

、、が、あれはWin XPに付いていたもので、Win 10には無かった、、、代わりにフォトというのがあった。ほとんど同じ使い方。
作ってみたら、、うむむ、、、なんか、ちょっとイメージしてたのと違うけど、ま、最初だからこれでいいか、



ムービーメーカーとの違いは、Win XPとWin 10の差だね、格段に操作がわかり良くなってる。音楽も?覚えてないです、でも8分のビデオが音楽に落とし込んだら3分になってしまった。ビデオがそれぞれ適当に削られてる。おっかしいなあ、「動画を音楽に合わせない!」としたのに、勝手に音楽に合わせた動画になってしまった。キモの部分も削られてショック。

まあ、いいや。最初はこんなもんよ。じきに要領がわかってくればいいし、Corelの使い方も思い出すだろう。
楽しい音楽があってよかった。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

Photographer 「プロポーズの場を撮影する」という現場に助手で参加。いまどきは、なんでも動画なんだろうね、、

Attended as assistant of photographer

IMG_1613_1.JPG

隣のフォトスタジオのおじさん(といっても私より若い)から、「一眼レフカメラ持ってる?」と訊かれたので、「うんEOS Kiss」持ってると答えると、、「じゃあ、仕事手伝って」。
は?話を聞くと、うちよりもっと立派なリゾートに泊まっている若い男性から、こんどプロポーズをするのでその場の写真(動画)をとってほしい。。。という依頼があったということ。動画はおじさんが撮る、アシスタントはスチールの接写、で? 私はズームのスチールをとってほしい。

そうして、3人でボートに乗り込み沖から立派なリゾートに入る、、みんな黒尽くめ。怪しいテロリストと間違えられてもしかたないけど、さっそくおじさんはロケハン、、沖のボートがわたしたちが乗ってきたもの。

IMG_1617_1.JPG

立派なリゾートでは、若い男性から話があった時点で、浜に❤のモニュメントを作って、、、
風が強いのに、バラの花びらを撒いて、、うー、私だったら恥ずかしい、、、

IMG_5956_1.JPG

この件は女性には秘密らしいです。でもって、カメラマンも隠れて撮影するように。とのこと、、しかし、このハートのモニュメントがあって、女性には隠し通せるのか?

私「こんな大きなハートがあって、どうして秘密なの」
おじさん「ああ、きっと女性はこのモニュメントは自分用じゃなくて、何かのイベントだと思うさ」
私「いやーー、それはないと思うけど。ところでおじさんはどこにいるの」
お「ハートの直ぐ側」
私「全然隠れてないじゃん、それのどこが秘密なの」
お「女性はきっと自分とは別の何かとおもうさ」

なんかマレーシアというのは、そういう国なのか?まあいいや、深く考えない

IMG_5962_1.JPG

いよいよ時間が近づいて、キャンドルに火を入れるけど、強風で なかなか火がつかない

IMG_1616_1.JPG

お、来た、、

IMG_1638_1.JPG

二人はハートの中に入り、おじさんは直ぐ側で激写中。これでも女性は気が付かないと思っているらしい。まあいい。はっきりいって、まだプロポーズはしてない、、それどころか、女性を残してギターを取りに行った、、一人残される女性、、、あ、、、、まずい。

IMG_1645_1.JPG

ハートの中で男性は練習してきたギターを弾き出す。5分ぐらい、、、長い、、長すぎる、、これでは女性から嫌われる可能性も出てきた。おじさんは激写中。おじさん、せっかく直ぐ側にいるんだから、「ギターはいいから次」ぐらい言ってやれよ。女性が可哀想。

IMG_1665_1.JPG

私がファインダー越しに見ていると女性の顔に「さっさとせんかい!」と書いてあるのがよくわかる。誰がみても顔に書いてあるのだけど、男性はギターのコードで混乱しているらしく指元ばかりで、女性の顔も見てない、、プロポーズのときに女性の顔も見ずに、ギターに全神経を集中。危ない、、危なすぎる。男性、誠実できっといい人なんだと思う。でも、危機管理については疑問。

しかし、無事、片膝ついてプロポーズ、、見ていたレストランの人も総立ち。そう、ものすごく大勢の面前だったのだ、、

IMG_1676_1.JPG

私は、女性の忍耐強さと、羞恥心を弾き飛ばす意思の強さから、よい奥さんになるものと確信しました。

IMG_1724_1.JPG

どうぞ末永くお幸せに、、、

、、しかし、おじさんと助手はずっと後を追いかけ、撮影も継続。そのあとプロポーズのシーンを3回ぐらい取り直し。指輪編(オリジナル)、花束編、キス編、抱きかかえ編、、、男性のプロポーズへの妥協の無さがよくわかる。

実は、キャンドルの火が付かず、男性が女性にプロポーズしたときも、直ぐ側でホテルのボーイが一生懸命キャンドルに火をつけていて、写真の中に入り込んで邪魔だった。そうして、二人がハートから立ち去った後も、ボーイは必死でキャンドルに火をつけていた、、おーい、だれか、もう良いよって言ってやってよ。真っ暗になって、誰も居なくなって全部の火がついた、、むなしい。

IMG_5972_1.JPG

そして、真っ暗になって、黒尽くめの3人は沖合のボートに乗り込み、帰っていきました、、、めでたし、めでたし。

IMG_5971_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする