The Redang Telegraph

2020年05月14日

Plague ダニエル・デフォーの「ペスト」をキンドル版で読んでみた

Reading Plague as Defoe's work

1.jpg

デフォーの「ペスト」を読んでみました。実は、カミュの「ペスト」も読んだのだけど、デフォーのほうがずいぶん緊迫感があってよかった。
不思議なのは、紙版のものとキンドル版のものは、キンドル版のほうが半額ぐらいだったこと、、もちろん、在外の私にはほかの選択肢はないのだけど、もう、そういう世の中なんだね、、と思った。

デフォーのペストはお勧めです。
カミュのものは、小説しすぎてて物語を読んでるかんじ。もちろん、物語だからいいのだけど、今の日本では圧倒的にカミュのほうが人気らしいです。たしかに、、あっちのほうが小説としての幅があるし読みやすい。でもね、、自分的には緊迫感のある、まるでノンフィクションのルポルタージュのようなデフォーのほうがあってるのかな。もちろん、史実を題材にしているけどノンフィクションでもないし、ルポでもないです。ただ、そう思わせるデフォーのジャーナリストとしての手腕は確かで、知らず知らずのうちに本の中にひきこまれてしまう。

でもデフォーのこの本は、、内容がくどい。一気に全部最後まで読むのがわたしにとって普通なのに、なんだか日に数ページづつ。疲れるからか?内容が悲惨すぎるからか?たしかに読むたびに暗い、落ち込んだ気分になってしまう、、、

デフォーはもともと商人でジャーナリストという多芸多才な人だけど、非国教会派(英国教会派以外のプロテスタント)なので公職にはつけず、宗教差別もずいぶんうけたようです。反骨のジャーナリストである反面、活動の自由のために女王のスパイみたいなことして民衆に国王派寄りのプロパガンダをばらまいていたらしいです。

まあ、こういう人は今でもいるよね、、というのと、ペストのような状況はいまもあるよね、、と、あるよね尽くし。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

End of MCO ? 不要不急?わたしにとっては死活問題なんだけど、不要不急と言うな!

It was the planned end of MCO on 12th May 2020. But,,

IMG_8407_1.JPG

マレーシアの行動制限令MCOの最終日は5月12日。その日を指折り数えていたのだけど、まさかの4週間延長。
正確にいうと、たしかにMCOは5月12日で終わって、その後の4週間は「条件付行動制限令」CMCOとちょびっと名前が変わっている。

具体的にどのへんが変わったかと言うと、一般商店や事務所は「気をつければ」業務再開してもよいというもの。まあ、大多数の見た目は以前に戻ったように思える。なんといっても、離島ぐらしなので本土では何がどうなっているのかわからないので、多分そういうことなんだと思います。取引先などは業務を再開したらしく、活発にメールが来るようになりました。。

、、、が、条件付きで業務を再開していいよ、、というのの中に、離島リゾートの再開は含まれていませんでした。

おぞらく、大部分の在マレーシア邦人は首都圏に住んでいるし、生活も商業活動にリンクしているので事務所や商店が再開したことで、もう、もとにもどった、、、雰囲気が濃厚にあるようだけど、、、

MCOが再開したのは、新型コロナが下火になったというより、もっと切実な「これ以上MCOを続けると餓死してしまう」という声が高かったからだと言われています。だから、商業活動が活発になるようなところはMCO解禁、、で、不要不急なところはMCO続行せよ。

離島のリゾートなんて、利用者側からみると、ぜんぜん無くても構わないし、急いでリゾートなんて行く用なんてない。。のはわかるけど、そこで生活のすべてがかかっている従業員や関連業者は、、不要不急どころか死活問題

IMG_8409_1.JPG

テナントの一つも、がんばってきたのだけど昨日、店を掃除して、畳んで、ゴミ出しをして、本土に帰っていきました。商業活動が再開された本土では仕事もありそうです。

こうして、5月12日が過ぎて、ほかはどんどんNew Normal「新日常」に移っているのに、まだMCOに取り残された島では、スタッフが櫛の歯が抜けるように去っていきます。

5月10日に去った人たちが最終便だと思ったのに、あと4週間も続くとわかって、また昨日の13日に去った人たち。ほんとうにひっそりと去ったので、気がつかなかったけれど、ラマダーン月日没後の食事に来ない人、、どうしたの?って聞いたら、残りはみんな本土に渡っていったよ、、ということで、二人きりのイフタールでした。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | 2nd Malaysia 第二マレーシア生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする