The Redang Telegraph

2020年06月27日

外山滋比古はひどい、、独断的すぎる。昔はそれでよかった?いや、間違いや偏見はだめでしょう。

IMG_9694_1.JPG

外山滋比古、、ってWikiでみると、「国語教科書や各種入試問題の頻出著者としても有名」というエッセイストだそうです。そうだと思う。中学国語の問題集だって、こうやって彼の文がでるのだし、、、しかも、間違ってるし。

これをチャンスにいろいろと彼の著作を読んだけど、、なんというか独断的偏見がおおらかにでていて、今でいう老害を昔から実践していたとしかいいようがない。こんなのが、令和の時代になっても堂々とまかりとおるのだから、知的に衰退してる。

たまたまみた、中学国語の問題集が、上の写真。外山滋比古「ちょっとした勉強のコツ」より、、らしいです。が、書いてあるのは、盛大な間違えなうえに、レイシスト並みな人種偏見。これが、令和2年の中学国語の現実なんだろうな。だれか事実をしらべて、これは中学生にはまずい、、とか思わないほうも、よっぽどひどい。もちろん問題集を解く人の中には雪のふらない国の人もいる。問題集を買ってくれる顧客をなんだと考えているのか(なんにも考えてない)。

全文書き起こすと、、(私が文ごとに数字をふりました)

1 ヨーロッパの人は、雪の降らない国の人間を信用しないらしい。
2 はっきり口に出しては言わないが、寒いところの人間がすぐれた仕事をするのだと考えている。
3 文明はみな申し合わせたように、北緯40度以北の雪の降る国々で栄えてきた。
4 寒いところの人は考える力がつよい、とヨーロッパの人はひそかに信じているらしい。
5 熱帯地方はなるほど、哲学者が生まれるのに適していない。


ヨーロッパの人達は、「雪が降らない国の人」というだけで、他人を信用しない。

そんなことあるか、、、外山がこれを書いたとき、だいたい70歳。70年も生きてれば、これぐらいわかりそうなもんだけど、、「らしい」ということで逃げてる。全くの持説なので逃げる必要がないんだが、推定(推測して判断)している。


まず、外山は外国に行ったことがないのを自慢にするほどの人物だそうです。だから、1の文は全くの判断ミスか、日本にきたヨーロッパの人というサンプリングで得た知識でしょうが、たぶん根拠のない独断でしょう。これが伝聞や憶測でないことは一番下の文法で示しました。外山は国文法の大家というのが本業なので、自分の言葉が何にあたるのか、自分の専門分野で考えさせましょう。

なので2のように「はっきり口に出しては言わないが」というように、誰からもそんな話聞いたことがきいたことがない。口にだしてない意志をどうして海外経験のない外山が察することができたのか?は、不明。だから、これは外山の考え。ヨーロッパ人うんぬんは意味のないつけたし。
たしかに、そう思っているヨーロッパ人がいないとは思わないけど、どんな国のひとでもわけのわからないことを考える人は一定の割合でいる。

3は、外山が若いときからはっきりとわかっているのだけど、あきらかに間違い。完璧な間違い。北緯40度ってどこ。

1.jpg

えーっと、世界4大文明という、メソポタミア、エジプト、インダス、黄河のあたりは北緯15度から30度ぐらい。外山のいう40度より低緯度です。世界宗教のキリスト教、イスラム教、ヒンズー教、ユダヤ教、仏教、道教、、も、だいたいそのあたり。この緯度帯は文明のゆりかごといってもいいぐらい。この時代の北緯40度以北は、、残念ながら比べられるような文明はありません。ギリシャの百花繚乱の諸賢哲も、ものの数に入らないらしい、、、残念。

いや、ヨーロッパの?と1万歩ゆずっても、ギリシャのアテネ(座標は緯度37.9666で、経度23.7166)やペレポネソス半島は北緯40度より南、ギリシャ文明やペルシャ文明の栄えた東地中海も軒並み40度以南です。(ヨーロッパ人である)アレキサンダー大王なんて、そもそも北緯40度以南が専門。かれはヘレニズム文明ともいえる世界観を創出しました。もちろん、外山は知らないだろうけど、どれも世界史には必出です。そもそも、16世紀ぐらいまでは地中海がヨーロッパの内海で、スペイン(アンダルシアは40度以南)、ジェノバ、ベニスといったイタリア諸侯国、フランス南岸、そしてオスマン帝国が地中海の覇を争いました。1571年のレパントの海戦はその頂点といってもいいでしょう。地中海を制するものがヨーロッパの覇者という時代。いっておくと、地中海のほとんどは北緯40度より南です。

北緯40度以北のヨーロッパ(特にヨーロッパ半島北岸)が文明の中心地になっていくのは、こののちです。のちの大航海時代をささえるオランダはスペインの植民地でしたが1609年に独立。17世紀からがやっと、外山のいう「文明は北緯40度以北の雪の降る国々で栄えた」ということになり、たかだか300-400年ぐらいかな、、、歴史もしらない、、なさけない。

2.gif

4だね。。。「寒いところの人間」というけれど、別に北緯40度以北が寒いのではない。メキシコ湾流のおかげで緯度のわりに暖かいヨーロッパ沿岸部より、内陸部のほうがよっぽど寒い。ああ、もう言うのもばからしいけど、、あたりまえだけど、高地高山も寒いのだ。ヒマラヤとかK2とか万年雪が積もる寒いところなのです。そんな北緯40度まで行く必要もない、、日本で北緯40度というと秋田県だけど、、秋田県より南の人間は考える力が弱いらしい。
寒いところの人間は考える力が強い、、と外山は思っている(ヨーロッパの人はそんなこと、、口に出していわない、、って2行目に書いてる)。あきらかに、レイシズムというか人種偏見が強い。そもそも、留学をみそくそにけなして外国に行かないのが自慢の外山にとって、ヨーロッパ人は、、、すごーく雲の上の人らしい。日本自慢と白人崇拝の間を行き来してるのか?まあ、最近はそういうのよく見かけるけど。

5、、熱帯地方は哲学者が生まれるのに適してない。断定です。ついに推量もなく、断定されました。。。。いきなり熱帯地方?北緯40度より南は熱帯地方なのか?日本は熱帯地方なのか?雪が降らないと熱帯なのか?温帯やモンスーン、サヴァナ、いろいろあるけど、飛び越えて熱帯!外山はいろんな気候区分をあるのを知らないのでしょう。冬季オリンピックをおこなった長野も北緯40度以南だから熱帯だね。

外国に行かないことを自慢にする外山は当然、熱帯地方にも(もちろんヨーロッパも)行ったことがないのだけど、どうして哲学者が生まれないと断言するのか?現代の社会構造で熱帯には搾取され、ないがしろにされる人たちが多い国もあるけど、そんな経済と哲学は無縁で、熱帯にも端倪すべからずという人も、少なくない。

なんだか、ヨーロッパは偉い!熱帯はバカ!といいたいだけ。いまどき、そんなアホなこと言うほうが頭おかしいし、それを嬉々として教科書や問題集(私はいまそれを目の前にしている)、入試問題にしているほうも、そうとう時代に逆行している。秋田県以南の日本人など、ものの数にははいらない、、と、愛知県出身の外山は言外に言ってるのだが、

、、なるほど、中学の教科書とか問題集で、こういう思想を少しづつ刷り込んできたわけか、、。この「ちょっとした勉強のコツ」が出版されたのは2000年。文庫版は2008年。ブックレビューはとっても高評価なのがすごい。なかには、論理的、、と評価してるひともいる。これが「勉強」か?こんなのが勉強か?

ちなみにこれは中学国語国文法の助動詞の問題集。さて、一番最初の問題。これが伝聞でないというのは、、

彼が書いたのは、これ
雪の降らない国の人間を信用しないらしい=助動詞「らしい」(推定)には外山本人の判断が入っている。
これは参考例
雪の降らない国の人間を信用しないようだ=助動詞「ようだ」(推量、意志)には本人の判断が入っている。
どうせ書くならこれにすべきだったのに、、
雪の降らない国の人間を信用しないそうだ=助動詞「そうだ」(伝聞)には、伝聞として本人の判断は入ってない。どうせなら、「そうだ」と書くべきだったのだが、、

情けなくて、泣きそう。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tokyo Governer 都知事選だけど、私は帰国して1か月なので選挙権がない

lost voting chance due to overseas returnee

IMG_9578_1_1.JPG

東京都の選管によると、、

選挙権のある人でも、区市町村の選挙人名簿に登録されていなければ投票することはできません。この選挙人名簿の登録は、3月、6月、9月及び12月の年4回、それぞれ原則1日に行われます。各月の1日現在で引き続き3か月以上その区市町村の住民基本台帳に記録されている満18歳以上の日本国民が登録されます。その他に、選挙の公示日(告示日)前日にも、同様の要件で登録されます。

つまり5月20日に日本に帰ってきた私は、まだ都民になってから1か月ちょっとなので選挙権はありません。
選管のHPを読むと、9月1日になってはじめて選挙民名簿に載るということ。3か月じゃないじゃん、3か月と10日ということ。まあ、公示日の前日でも同様な登録があるということで、いいか。どっちにしろ、1か月ちょっとの私には今回の都知事選は無理。在外選挙登録もしてなかったし(あたりまえだ、トレンガヌからペナンまで飛行機を片道でも乗り継いで、、投票にいけるか!)。

看板をみると日に日にポスターに貼られている人数が増えていくけど、、、まあ、いいや。

オリンピックを止めようとみんなが言ってくれるといいな。暑さ対策について結局なんの対応もでなかったし、、、ほんと、コロナの陰に隠れてるけど、オリンピックの暑さ対策なんて結局でないまんま。来年の今頃、「暑さ対策どうしよう」とかダラダラ言ってるんだろうな、、もちろん、言ってるだけで、当日を迎え、そのままダラダラ過ぎて、無策のままダラダラ終わるのを待つだけ。

頭をかかえるのは、もう、コロナだけで十分。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする