The Redang Telegraph

2020年12月24日

Japanese for children 2 さらに、こどもの日本語といっても、勉強の目的が全然違う

Early learning ? Follow up for drop outs?

IMG_2212_1.JPG

オンライン日本語教師として、活動をはじめてわかること。
そして、来月からはインターナショナルスクールの日本語教師。。。

いろいろ、先輩先生に聞いても、調べたりしても違いがすごい。
こどもの日本語を大きくわけると、、最初の壁は

「国語」と、「日本語」の違い

「国語」というのは、学校教育法や指導要領によって定められた日本語教育で「国語」と表記されます。これは、広義の日本語のひとつで、あるいみ法律や要領で決められた範囲内の日本語のこと。だから、日本語というカテゴリーの中に「国語」というものが存在します。中学以降は古文、漢文もでてくるので、口語表現の日本語は「現代文」略して、「現国」といういいかたをします。現国は、国語のなかの一部です。

中学以降の「国語」は、元来中国語である「漢文」も含みますから、日本語の範疇を越えているともいえますね。


当然と言えば当然ですが、日本語を勉強したいという外国人は、元来中国語である「漢文」、今は使われない「古文」を勉強したいということはありません。そりゃ、日本語研究がすすんでそっち方面に進む人もでてくることはありますが、漢文を日本語というには無理があるでしょう。

ここまででわかることは、国語は法律や要領に定められた国民の義務的な素養育成のひとつで、なおかつ漢文という日本語以外の言葉も含むということ。だから、外国人も国語を勉強すればいいじゃない?というのは、、、まーーったく的外れ。素養的要素など、当面必要としてないし。まあ、昨今は国語をやったからといって、素養が身に付く、、というのも幻想かもしれないけれど、、、

「日本語」というのは範囲が広いです。
日本語教師が教えるのは、だいたい第二言語としての日本語です。


つづく

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Japanese for children こどものための日本語、、ところで、「こども」って何よ?

kids Japanese ? so difficult to categorize

IMG_2211_1.JPG

こどものための日本語、、ときいて何を思い浮かべますか?
えーっと、日本語がわからない子供に、日本語を教えるんだよね、、、という、あいまいな、、というか、ほとんど答えになってない答えがほとんどだと思います。

じゃあ、「こども」って何?

大人の反対?、、かもしれないけど、3歳の子供、6歳の子供、10歳の子供、13歳の子供、15歳の子供、18歳の子供、、親から見れば「こども」は50歳になっても「こども」であるけれど、一般的には18歳、あるいは20歳以下が「こども」の範疇となっています。詳しく知りたい人は、Wikiでも見てください。それじゃあ、大雑把すぎるというひとは、15歳以下という、

「人口統計学においては15歳未満の者を「子供」としており、総務省の人口統計でも15歳未満の人口を「年少人口」と定義している。」

というので、まあいいでしょう。だいたい、多くの人は、15歳以下、つまりなんとなく、中学生以下がこどもなんでしょう。だから、私もそう考えることにします。

じゃあ、もういちど言うけれど、3歳と15歳、、、、3歳に教える「こどもの日本語」と、15歳に教える「こどもの日本語」が一緒だと思う?
誰に聞いたって、そんなもの違うにきまってる!というよね、でもね、現実は、

3歳も15歳も、一緒くたにされている

のです。それは、ひとえに「日本語教育」への関心の無さ。

ほとんどの人は、日本語教育といえば、「国語」だと思っている。けれど、アメリカの学校の国語(英語)と、日本の中学で教える英語がおんなじはずがなく、母語と第二言語とは、、、まーったく違う方法で教えないといけないのだけど、それすら理解してない、、というか、考えたことが無い人がほぼ100%な日本。

とほほ、、、感が強すぎて、頭がいたい。
適切なテキストすらないのが現状だし、教え方については、「各日本語教師がそれぞれ考えること!スタンダードなどない!」というのが現状。こんな、外国から労働力を受け入れようという時代、彼らの子供たちのことを考えずに済ませている、、なんというか、先読みのなさというか、、、、

、、、愚痴っぽいけど、ほーんと、こまってるんだよ。
そして、言いたいことは、まだある。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Winter Leaves 秋の紅葉というより、冬の紅葉がとっても好き

Winter leaves in Tokyo

IMG_2207_1.JPG

うちの近くの紅葉は12月初め頃がいちばんきれいです。
他のところでは、11月でおわり、、、とかいう話も聞きますが、この辺では本当に色が染みつくようにそまるのはこの時期。
たぶん、木枯らしが吹き荒れて散るまで、こんなかんじだと思います。

IMG_2203_1.JPG

もう、秋の紅葉とはいえないし、冬の紅葉というのかな。
散って欲しくないけど、散らないと新しい芽はでてこないし、、

散るから、きれいなんでしょうね。


| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月09日

Riding in Nov (6) タマネギのせいで、多くの観光地を見過ごしてしまった、、淡路島

Awaji shima Island, the Onion Island

130272940_4184507491576099_5940619460316721662_n.jpg

淡路島、、いえ、たまねぎ島。
最初に寄ったイザナギ神宮で、なんで神宮でタマネギが?とか思ったけど、、

130266306_4184505668242948_3715776852486449284_n.jpg

たぶん、淡路島の最大の観光スポットひとつ、道の駅なんとか。

129622099_4184508058242709_3206830560975025261_n.jpg

ここにつくころにはすっかりタマネギに囲まれてしまった。今は収穫の時期じゃないから、冷蔵ものなんだけど、、ってJAの人がいってたけど、収穫の時期じゃなくても、玉ねぎ。旬はイモなんだけど、イモは玉ねぎに隠れてる、、、

130264913_4184519974908184_7677362718758562417_n.jpg

鳴門大橋も、玉ねぎに座って撮る。

130273532_4184509548242560_2942653537696616792_n.jpg

オニオンバーガーの看板、、こういうことだったのか

130245911_4184507278242787_6359821109788944423_n.jpg

しかし、この自販機は、てっきりタマネギがでてくる自販機だと思ってた、、ちがうんだ。

130285281_4184507691576079_7318256802076606570_n.jpg

やりすぎな気もするけど、突き抜け感があっていいよね。

129178784_4184508214909360_3573666008158565776_n.jpg

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Riding in Nov (5) 淡路島行、、そこは日本の発祥の地。

Heading to Awaji shima Island and Shikoku

IMG_2003_1.JPG

宝塚に行った後、どこに行こう?
そうだ、淡路島だよ、地震の跡とかあるし、阪神大震災のことを知りたい!というのも、阪神淡路大震災のときはサウジアラビアにいて、しかも、そのときは今ほどインターネットとか盛んじゃなかったから、情報量が少なくて、被害にあったひとの話は聞いたことがあるけど、実際どんなのだったかよくわかっていません。

そういえば、東日本大震災よりも阪神淡路大震災のほうが話を聞くチャンスが多いのは、たぶん大阪や神戸という大都市を襲った地震で、被災人口が多かったせいなのかな、、、

ルートは全行程、こんなかんじ

chizu kansai.jpg

さっそく淡路島、、神戸から、あっという間についてしまった。なんとあっけない。
そして、最初の目的地は、ここ 伊弉諾神宮です。

IMG_1990_1.JPG

なんといっても日本神話によると、日本の発祥の地。というか、世界の発祥の地。
イザナギとイザナミという似たような名前の神様が、ドロドロの地球に鉾をさして、垂れたところが固まった、、、で、できたのが淡路島。ということです。

130096918_4184505131576335_1779386304470375241_n.jpg

このイザナギ神宮は、晩年のイザナギが過ごしたというところ。

129721453_4184504748243040_5247245559865681358_n.jpg

この神宮の真ん前のJAで玉ねぎを購入。頼まれたのだけど、どうして玉ねぎなのか、そのときには理解できてなかった。。
むしろ、イザナギとイザナミが、マスクしている!のほうに気を取られたぐらい。

129656715_4184505484909633_596794114006612585_n.jpg

そして、ふと気がつくと、このまま四国に行こうという気になってしまった。最初の震災云々はすっぽり、頭から抜けてしまって、そのまま、淡路島の南端へ、そこは鳴門海峡。

IMG_2030_1.JPG

ではなく、えーっと、玉ねぎの場所。
有名なのは、オニオンバーガー、、もんのすごい人が順番待ち。

IMG_2032_1.JPG

もちろん、オニオンバーガーを食べる。淡路島に来たからには、オニオンバーガーをたべる宿命にあるらしい

IMG_2033_1.JPG

、、ということで、震災もスルーなら、鳴門の渦潮もスルーという、いったい淡路島でなにしてきたのというレベル。

IMG_2028_1.JPG

淡路島といえば、イザナギと玉ねぎだよね。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月07日

Riding in Nov (4) 手塚治虫の博物館、、は、その少し前にみたジブリ美術館を思い出させた

Visited Tezuka Osamu Museum

IMG_1963_1.JPG

宝塚のもうひとつの名所(?)は手塚治虫博物館(名前はこれであっているのか自信がないけど)
彼自身がすごい歌劇団のファンで、サファイア王子のモデルもそうなんだって、、と、書いてあった

IMG_1972_1.JPG

自分の子供の頃は、マンガやアニメというと手塚さんの作品が多くて、ほんとうに親しんでた、、

IMG_1914_1.JPG

けれど、いまは人気があって多くの人に指示されるアニメも多いし、手塚アニメといってももう、若い世代には過去の人、過去のアニメ、歴史のひとつでしかないんじゃないかと思う。

IMG_1977_1.JPG

もう、ずいぶん前に亡くなった方だから新しい作品はでてこないし、

IMG_1975_1.JPG

きっと今の30代はセーラームーン、ポケモン、20代はワンピースやコナン君、、そしてもっと若いと今はやりの鬼滅とか、もっといろいろあるんだろうけど、その年代に親しんだアニメってあるだろうし、世代をこえて人気が出た、君の名は。とかもあるし、手塚アニメはもう忘れ去られようとしているのかもしれない。

IMG_1966_1.JPG

私だって、ここにくるまで、すっかり手塚アニメなんて忘れてたし、なんといってもジブリの三鷹の森美術館に行ってきたばかりだから、比べてしまうよね。まあ、比べる間でもなく入館者の平均年齢がガチで違ってた。

覚えている人、忘れてる人、最初から知らない人、いろんな人がいるのが、たぶん世代というものなんでしょうね。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Riding in Nov (3) 宝塚大劇場の周辺も、なんかそれっぽい

Around the main Hall of Takarazuka Kagekidan

IMG_1911_1.JPG

宝塚は大劇場の周囲も、それっぽいです。よくTVとかで特集されたりしますが、なるほどそういった番組で見たことがあるような場所がいっぱい。

IMG_1925_1.JPG

宝塚グッズを売る店も、そういう雰囲気を売る店も、、たくさんあります。女の子が好きそうなものは、すべて宝塚にあるといっても過言ではないと言えるはず、、そういうものが一杯。つまり、この町のいろんなお店は、あらゆる女の子の好みをリサーチして余すところなく商売に生かして、女の子の牙城とすべく立ち上がった、、感があふれてる。男の人のものが売っているのかは、そもそも不明、、男の人がこの町にいるのかすら、、、あ、それは、いるか。

IMG_1922_1.JPG

IMG_1928_1.JPG

駅前はこんなかんじ、、

129606961_4184500364910145_7837367182779575148_n.jpg

IMG_1908_1.JPG

ちょっと離れたところには、こういう建物もありました、バスから見つけたのでちょっと写真映りはあんまりよくないけど、、

IMG_1906_1.JPG

なにかとすごい、、、

IMG_1936_1.JPG

出待ち用の場所があって、観光が終わったころ劇団員の人達が続々出てた、、けどね、すごい、劇団員のひとは一目瞭然。え?たとえば、顔がいい?姿勢がきれい?、、、とかじゃなくて、

IMG_1962_1.JPG

頭が小さい

ほんとうに、頭が小さい。もう、目は頭にくぎ付け。出てくる人、みんな頭が小さい、、、あんなに小さかったら脳みそ入り切れないんじゃないか、、とか思うぐらい、頭が小さい。ちょっと劇団員の選考基準は頭の小ささだとしか思えないです。

IMG_1960_1.JPG

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Riding in Nov (2) あの有名な宝塚大劇場に行ってみたら、すごかった

Visited the main hall of the Takarasuka Kagekidan


豊田市を後にして向かうは神戸
そして翌日は宝塚、、宝塚といえば、歌劇団。それ以外に産業があるとか、住民が住んでるとか、工場や事務所があるとかイメージしにくいです。宝塚といえば、それしか思い浮かばない人は多いと思います。

IMG_1951_1.JPG

大劇場のある建物に入るのにチケットはいるの?
わからないけど、「すみません、ここから先はチケットが必要です」といわれるまで、中に突き進むことにしました。

IMG_1938_1.JPG

華やかなグッズ販売、お菓子販売、、、リラックマも派手な衣装。歌劇団スペシャルかもしれない。

IMG_1942_1.JPG

IMG_1947_1.JPG

あると思ったけど、コスプレ写真館。これは、コスプレというのか?劇団員もみんなコスプレという見方もできるし、どこからどこまでをコスプレというのか、宝塚では難しい。

IMG_1954_1.JPG

そして、開園時間になると大劇場前入口にひとが三々五々集まりだし、

IMG_1944_1.JPG

私は奥のお菓子とか宝塚グッズを売っているお店に、、、ぐるぐる回ってみるけど、頭がクラクラするほど華やかだし、掃除もいきとどいているし、きれい、、のひとこと。

IMG_1952_1.JPG

屋外ではくつろげる空間もあり、川を見ながらゆっくりできます。特に開演となり館内のお客さんたちがみんな大劇場に行った後だと、館内はほぼ無人。行きたいところを自由にまわれる。

IMG_1957_1.JPG

ここが噂の、宝塚大劇場(の建物)、、かあ、、感慨深い。
超有名だけど、どういうところか知らない人は多いと思います。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Riding in Nov (1) 11月にやったこと、、いや、乗ったこと

What I did in Nov while I had not written the articles.

このブログを書き始めてたぶん10年以上になるけれど、はじめて、1か月間一度もブログを書かないという記録ができてしまいました。
書かなかった理由は、仕事とか、遊びとか、忙しいとか、いろいろ?なことはないです、単に書くモチベーションがわかなかった、、ということです。なんと、、そんな日が来るとは思わなかった。

更新するときは、1日に何度も更新して、1か月のブログ記事数が100本近くあったりした月もあったのに、、ちょっと驚きです。
まあ、そういうこともあるよね

IMG_1888_1.JPG

11月には関西と仙台に行ったこと、、バイクで。
12月に入った今から考えると、11月のいっときの天気はまるで夏のおわりのように暑かったし、天気もよかったので始まりはとってもウキウキしたものでした。

IMG_1884_1.JPG

東京を出発するときにメーターチェック。29470キロ。
そして一路、最初の宿の豊田市へ向かいます。あそこは大きなインターチェンジがあるし、トヨタの工場もあるので訪問者も多くホテルも充実しているからです。一気に目的地神戸に向かうこともできるのだけど、もう弾丸ツアーする気もないし、のんびり行きたい。

IMG_1891_1.JPG

道の駅をうろうろしたり、ああ、ここはこういうものが特産で、これはここにあったのか!とかいろいろ。
この道の駅は、、、織田信長グッズばかり。。。はて?ここは三河だから、家康くんの地盤なはず、、おそるべし信長、家康の地盤での跋扈はまさに野望の実現。

それにしても、長篠の戦いって、この辺だったんだ、、もっと、岐阜のほうだとばかり思ってたけど、やっぱり来てみないとわからないです。
それと新城、、、この歳になるまで、これは「しんじょう」と読むんだとばかり思ってたけど、まさかの「しんしろ」。
来てみないとわからないし、何十年も間違って覚えていたのがわかってうれしはずかしですね。

| クアラルンプール ☀ | Comment(0) | Life in Japan 一時帰国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする