The Redang Telegraph

2009年05月21日

勉強しないで英語を覚える!

耳から聴くだけで、英語は勉強しない。

On lineで見た英語教材の販売コピーです。耳から聴くだけで、難しい勉強する必要なし!って本当?そんなことないです。その教材だってちゃんとテキストが付いてます。

確かに外国で数ヶ月暮らすと特に勉強しなくても外国語会話には不自由しなくなります。よっぽど才能がある人は別でしょうが、普通の人はこのレベルではなんとか意思が疎通できるだけです。観光旅行で何とか受け入れてくれる状況であれば問題ないですが、この英語教材ですと国際結婚とか留学とかまで視野に入れているようなのですごいです。耳で聞いた英語だけで、出産までするのか(教材のダイアログには出産編がある)…それは、それですごい。

外国語習得は楽しくやるのが一番ですが、文法は乗り越えないと話にならないです。この間買ってきた英文法(アメリカ語)の本はとっても楽しいのでサクサク進んでたのですが、「未来完了形」と「未来完了進行形」の区別で時間がかかりました。未来完了進行形…あんまり使ったとこ聞いた事ないな、私だって使わないと思う。まあいいや、とりあえず全部おさえておこう。

サウジにはいろんな外国人がいて、それなりにアラビア語を使ってます。ただし、語学の天才のような人でも耳から聴いて覚えている人は達者に話していても、やっぱり文法、特に動詞の格変化と名詞形容詞の単数・複数がおかしいです。本人もおかしいことがわかっているので、極力動詞を使いません。で、動詞は動名詞にしてしまいます。
英語で言うと、

He writes letters every dayを、He writting letter every dayと言うわけです。格変化とは英語だと、例のように3人称単数現在だと動詞にSがつくとかですが、わかんないと格変化も時制による変化(過去形など)のないWrittingの一本で押し通すことにします。それに、複数形がわからないから、LetterSと言えなくて、Letterと単数の一本やりということです。
He writting letter every dayで意味わかるよ。通用すればいいじゃないか、何も国際会議に出席しろっていうわけじゃないんだから…といわれればそれまでです。

たしかに、言葉はとりあえず、通じるのが一番です。
大切なのは「内容」。
きちんとした文法なんだけど、あの人はいったい何を話したいのかさっぱりわからない?というのが一番始末におえません。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック