The Redang Telegraph

2010年07月14日

サウジ料理 ブハーリー

本当はカブサをアップしようと思いました。が、が?あれ、良く知っているカブサと違う?うーん。サウジは日本の6倍の大きさがあって、「同じ名前の料理でも地方によってものが違う」ということを忘れてました。そりゃそうだ。日本だって、おんなじ「味噌汁」で、どれだけのバラエティがあるのかってことですね。

ま、サウジは大きく分けて3つの文化圏、ダンマン中心の東部州(ご飯はブリヤーニの影響圏)、リヤド中心の内陸部(ご飯はカブサの影響圏)、ジェッダ中心の紅海岸(ご飯はマンディーの影響圏)です。ということで、私の住む町にはマンディはあっても、カブサを食べさせてくれるレストランは一軒も無いのです!

で、とりあえずカブサは明日に任せて、今日はブハーリーです。むしろ、こちらのほうが馴染みのあるカブサに近いです。中央アジアを起源にもちますが、すっかりサウジ風です。

まずは、見てくれです。まあ、見てくれ。
photo 20100711 arabic food 015.jpg

そして材料。お、これも見てくれ…ごめんなさい。
photo 20100711 arabic food 016.jpg

そして、作り方。
photo 20100711 arabic food 017.jpg
photo 20100711 arabic food 018.jpg

おいおい、こんだけか?レシピ記事を書くって、これはちょっとひどくない?って突っ込まれると、返す言葉はありません。私は料理は苦手なのです。。。出典はいつものジェッダのタウン誌「Destination」からです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック