The Redang Telegraph

2010年08月12日

サンダル・キャット

アルビラードビーチにいるネコです。
私は勝手にサンダルキャットと呼んでます。理由は簡単、サンダル好きで、サンダルがあると自分も寝てしまう。
photo 20100806 albilad and kaust 029.jpg

ええい!そんなにサンダルが好きなら、いっそサンダルになってしまえ!
photo 20100806 albilad and kaust 033.jpg

ああ、でも暑いときに、毛皮のサンダルは熱いです。
photo 20100806 albilad and kaust 028.jpg

早朝、人影も無いラマダーンの飾りつけがしてあるファーストフードがかたまっているところです。赤いぐるぐるした模様が、まあ、言ってみれば紅白の垂れ幕のようなものです。セレモニーの時にかざります。結婚式からお葬式まで、おなじ飾りつけです。もちろん、ラマダーンのスタンダードです!

でも、冷房の効いた車から降りると、レンズが曇る。
しかもカメラの内側のレンズです。拭きようがありません。

あ、この話とサンダルキャットがどう結びつくかって?全然結びつかないです。たまたま、同じ日にとった写真というだけです。
photo 20100806 albilad and kaust 001.jpg


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック