The Redang Telegraph

2011年02月05日

サウジ料理 絹ごし豆腐を使うべし

さっきの記事の後追い勉強。
「今年の色」を過去にさかのぼってみたら、、、青とピンクばかりだったような、、。
きれいな、青やピンクを身につけるとお洒落ということか、、、

でも、お洒落は、内面から。
おや、新聞記事の写真の下のほうにある、「独身者にバーチャルxxx」というのは気にしない。

IMG_4306.JPG

大豆を使って健康アップというキャンペーン!
スムージーには、絹ごし豆腐を使いましょうって、書いてある。
IMG_4307.JPG

絹ごし豆腐というのは、こいつのことですね。
もう、30年前には既にこのパッケージで売ってました。保存料なしで、長期保存できるパッケージの豆腐。メーカーは、よくご存知のモリ・ニューです。

保存料を使わなくても、常温で長期保存ができる技術があるのに、こいつが日本の店頭で売られてないのは、中小のメーカーが多い豆腐業界で、長期保存豆腐が売り出されたら倒産するからという話を聞いたことがあります。

だから、森永は外国向けだけに、この真空パックを輸出している、、本当かどうか怪しい話ですが、私は非常に腑に落ちました。もう、30年前には既にこれで売ってましたから、安全性も問題ないと思います。

IMG_4302.JPG

味は?もちろん、おいしいです。サウジでも普通に手に入ります。
絹ごしの他に、木綿だとか、あわせて4種類は知ってます。

IMG_4303.JPG

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック