The Redang Telegraph

2011年03月01日

統計学、良くわかりました

統計学の著者の大村平先生には申し訳ない、、あの統計学の本、挫折しました。
あんなに、親切だったのに、私の脳みそがわるいのです。

そして、今日とどいた「マンガでわかる統計学」

ものすごく良くわかった。主人公のルイちゃんも可愛かったし、途中で高校の制服も変わるんだよ。は!何をいってるんだ!そんなことじゃなくて、統計学だろう。

IMG_5706.jpg

アマゾンの中古品だけど、新品と言ってもぜんぜん問題ない。
ところで、「応募はがき」が付いてると、なんかいいの?
応募はがきで、価値がきまるの?

わからん。
それとも、統計学の本だから、応募はがきに書いてある、「良い、ふつう、悪い」とかで、統計を出せとか、、、じゃないよね。

これなら、メイド編の回帰分析だってやり遂げられるかも。マンガはすごいなあ、本当にすごい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック