The Redang Telegraph

2011年10月20日

顔も見たくない人

経産相、原発受注へ交渉継続 トルコに要請http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101901000252.html

(全文引用)【パリ共同】枝野幸男経済産業相は18日、国際エネルギー機関(IEA)閣僚理事会出席のため訪問中のパリで、各国閣僚と相次いで会談した。トルコに対して日本が受注を目指している現地の原発建設計画について交渉継続を要請。米国とは、原子力分野での技術協力を強化していくことを確認した。

東京電力福島第1原発の事故を受け国内で脱原発依存の道を探る一方、対外政策では原子力技術を活用して原発輸出を進め、景気下支えに向けた成長戦略の一環とする姿勢を鮮明にした。枝野氏が原発輸出の具体的な計画推進に公式に言及したのは初めて。(引用おわり)


ニュース会社、新聞関係はウェブ上の記事を残さないので、全文引用しました。

景気下支え、、、で、、原発輸出を?

とても正気とは思えない、原発が今の大きな社会問題であることは論を待たないが、それが景気悪化に拍車をかけていることも論を待たない。地震と津波だけだった場合と、地震と津波と原発爆発の現状と比べれば、どちらが復興に楽だったか知らないのだろうか。原発人災のおかげで、静岡のお茶とか、いろんなところの農産物に相当な被害がでているし、日本の食品の輸入禁止を続けている国も多い。日本の工業製品だって、放射能検査が必要なぐらいだ。

言いたいことを言い出すと、3日ぐらいかかる。
こいつの顔も見たくない。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック