The Redang Telegraph

2011年11月23日

ラクダのトルネード

今日もストレス解消に砂漠行き。
歩いて少し行くと、長距離移動の本格派ベドウィンの騎乗おじさんがいた。ラクダのお散歩派との違いは荷物。このおじさんは生活用品をみんなぶら下げている。

IMG_1711.JPG

そして、群れのラクダの数が半端じゃない。100頭以上いる、見渡す限り、、といってもいいぐらいいる。

IMG_1717.JPG

グループが去っても、

IMG_1727.JPG

まだまだ、1グループ20頭ぐらいで、団子になってきている。

IMG_1719.JPG

通り過ぎても、通り過ぎても

IMG_1734.JPG

中には私に向ってくるのもいる。大きいのでかなり怖いです。

IMG_1736.JPG

たじたじ、、、カメラも仕舞い込んで、群れとは反対にゆっくりあるいて逃げようとしたら、「ブフォー!」逆から回りこまれてしまった。私のまわりには塀のようにでかいラクダが10匹ぐらい。うごいてくれるならともかく、みんな立ち止まって顔を覗き込まれる。こっちはラクダ飼いじゃないぞ、餌もってないぞ、あっちにいっちゃえ、、と、心の中でつぶやく。そして、ラクダなんて興味ない、みたいはオーラを無理に出しつつ、無理に囲みを突破。

ラクダの足跡で、踏み分け道ができてる。さすが偶蹄類、2つの爪あとが穴になってる。

IMG_1743.JPG

ふーーーー


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック