The Redang Telegraph

2012年02月06日

つばめが来ました

家から一歩でると、目の前をツバメが横切りました。もう、そんな季節なのですね。ここのツバメはナイルの南から紅海を渡って、また地中海を横切って、これからトルコや東欧まで頑張って飛んでいくはずです。また帰りに会いましょう。



北の春              丸山 薫


どうだろう
この沢鳴りの音は
山々の雪をあつめて
ごうごうと谷にあふれて流れくだる
このすさまじい水音は


緩みかけた雪の下から
一つ一つ木の枝がはね起きる
それらは固い芽のたまをつけ
不敵なむちのように
人の額を打つ
やがて 山すその林はうっすらと
緑いろに色付くだろう
その中に 早くも
こぶしの白い花もひらくだろう


朝早く 授業の始めに
一人の女の子が手を挙げた

──先生 つばめがきました



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック