The Redang Telegraph

2012年02月26日

唐名

唐名というと、日本のお役人の役職名の中国式の呼び方です。
水戸中納言のことを、水戸黄門というのが唐名です。

こーゆーのは、昔のことだろう、、と、ずっと思ってましたが、、

「首相」というのは、「内閣総理大臣」の唐名である。、、と聞いて、びっくり。

そっか、今でも「首相」とか「外相」とかは唐名で生き残ってんだね。

「拾遺」というのは、「侍従」の唐名です。
だから、「宇治拾遺」は、宇治の侍従って意味かもね。一般的には民間伝説を「採集」したって言われてるけど。

私も、自分で唐名を名乗りたい。
なんか、おもしろいのないかなあ、「紅海」とか?
あ、いまの体型だと、それじゃ、しこな!


どすこい!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック