The Redang Telegraph

2012年02月29日

たった8万円ですか。そうですか。

東電、子ども・妊婦への賠償増額を正式発表

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20120228-OYT1T01223.htm

(引用はじめ)東電は、賠償額を増やす理由について「放射性物質の影響を受けやすく、避難例も多いため」と説明した。避難しなかった子ども・妊婦の賠償額は40万円で、その他の大人は避難の有無にかかわらず、審査会の基準通り1人8万円を支払う。(引用おわり)

そうですか、8万円ですか。
福島第一の立地の住民には申し訳ないが、自分達の選択だからあきらめてもらうしかないです。こんなことになる可能性については多くの人が唱えてきたのに、結果として自分達で誘致や存続を決めてしまったのですからしかたないです。

しかし、まったく原発建設賛否に加われなかった周辺地域の避難民には受け入れがたいことだと思います、たった8万円でどうしろというのだろう。さらに避難していないが放射能汚染にさらされて実害を出しているより大勢の人たちには、何もなしなんですね。

農作物が出荷できず、地価は目減りし、客が来なくなった観光地、、、

東電社員の給料なんて全額カットしてその分を補償に回してもいいと思う。
見も知らぬ他人の家を住めないように追い出して、、生業をとりあげて、、、なんて普通は刑事沙汰です。どうして、誰も捕まらないのかいまでも疑問です。

普通だったら暴動を起こしても、認められるぐらいなもんだと思います。
私にはよくわかりません。ぜんぜん理解できないです。

人は人として敬意を払われるべきで、政府というのは形があるものでなくただの人の集合にすぎません。政府というのは想像上のものでしかないのだけど、、、


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック