The Redang Telegraph

2012年03月01日

そこまでして交付金が欲しいか?

原発再稼働:57%「条件付き賛成」 30キロ圏内の首長

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120301k0000m040133000c.html

(引用はじめ)再稼働に賛成する理由は、複数回答で「国のエネルギー供給安定化のため」が77%、「ストレステストなどで安全が担保される」が53%。「代替エネルギーのめどがつくまではやむを得ない」(福井県鯖江市)などの理由を挙げる首長もいた。「交付金などの収入確保のため」は6%にとどまった。(引用おわり)

残念ながら、誰もが知っています。原発を再稼動させたいのは交付金が欲しいからでしょう、地元民の職の確保でしょう。国のエネルギー供給安定化のためが77%?わるいけど、この冬どこかが停電したなんて聞いたことないです。安定しているじゃないか、なのに、なぜ安定供給?馬鹿もいいかげんにして欲しい。

原発事故で大変になるのは地元民ばかりじゃなくて、全然関係ないと思われた地域も、全く関係ない産業も、もちろんサウジにいる私達だって飛行機に持ち込む手荷物から貨物の放射能測定でどんだけ迷惑をこうむったことか。ようするに、世界中が迷惑するのに、ぜんぜんわかってない。原発再開をちょっとでも許している地元首長には、井の中の蛙、田舎もんと大声で呼びつけたい。もっとも政治家なんてそんなもんだろうけど。

そして原発事故になったらどうなるか。

写真展「知ってほしい 岩手・宮城のガレキのいま」
http://mainichi.jp/sp/syashinten/

見事に福島はなかったことにされてます。

福島も含めてどこの原発立地住民には、うかうかと交付金目当てで甘い汁を吸おうとした代償の大きさをかみ締めて欲しい。世界中に迷惑をかけたことを思い浮かべて欲しい。再稼動にはNO!と突きつけて欲しい。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック