The Redang Telegraph

2012年03月08日

飛ぶサギを撮りたい

飛ぶサギを撮りたいと、ふと思いつきました。
サギがいる場所もわかってます。

早速、サギのいる場所に行くと、、
もはや飼っているのか?と、思うほどいます。中央分離帯なのです。

IMG_3711.JPG

道路のそばにも、

IMG_3712.JPG

それ、飛べ!近づくと飛んでくれます。無茶に追い立ててるわけではないです。
すごい、いいポーズなのに、ちょっとボケてる。

IMG_3715.JPG

シャッタースピードをさらに上げる!

IMG_3718a.jpg

つまらなさそうに歩く君も、

IMG_3721.JPG

道路を横切る君も

IMG_3726.JPG

ちなみに、どうしてサギが撮りたくなったか、、というと、去年の暮に一時帰国したとき近くの野川で撮った写真を見つけたからです。

IMG_2579.JPG

ふむふむ、、これが日本のサギ。

IMG_2506.JPG

くちばしが黒い。それに比べてサウジのサギのくちばしは黄色ですね。それに、サウジのサギは背中がちょっと朱色なんです。幼鳥かな?と思ったけど、そうでもなさそうです。無心につつく、日本のサギ。くちばしの色は、サカナに見分けられないように環境に適応した色だと思うので、それぞれの地域色があっていいですね。ちなみに、日本のは足は黒で指は黄色、サウジのは足は黄色で指は黒。これも!逆転している!

IMG_2508.jpg



この記事へのコメント
このサギはアマサギです。発情期に体の一部が飴色になります。ですので漢字で書くと飴鷺です。

私の付近ではアマサギ以外にチュウサギも海辺にはいます。

私も飛んでいるところを撮りたいのですが、一眼レフのカメラを持っていないのでうまく撮れません。

最近ヤツガシラが無茶苦茶います。希少価値が全くありません。
Posted by サウジ住人 at 2012年03月18日 01:50
こんにちは!アマサギ!あれは、アマサギという種類なのですね、すごい勉強になります。ありがとうございます。
それでは、背中が朱色っぽいのは、飴色なのかもしれませんね。
チュウサギは、、、さっそく図鑑をみて、どれがチュウサギか頭の中に刻んで、浜辺を歩いてみることにします。
出会えたら、楽しいですね。
Posted by NAOKI at 2012年03月18日 03:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック