The Redang Telegraph

2012年03月09日

翔べ、トンビ!

翔べ、翔べ、トンビ!
昨日は、「飛べ、サギ」でしたが、「翔べ」と使える鳥は限られていて、ミズナギドリもそうだけど、トンビも「翔」が使える数少ない仲間です。ソアリングができる、ソアラは本当に少ないのです(車じゃないよ)。

IMG_3759.JPG

つい3日前からウォーキング再開。3月にして、3回目の再開、、悲しい。どんだけ中断したことか。しかし、今回は続けます。3週間でおなかをへこますプログラムに突入です。ああ、おなかがすいた、、じゃなくて、トンビ。

2日つづけて海岸だったので、今日は砂漠ウォーキング。
今日はトンビを撮るのだ。

トンビは、いっぱいいる。もちろん。そういう場所を狙ってきたのだ。

IMG_3741.JPG

ちょうど上昇気流が発生する地形だから、楽勝!と、思いきや、天高く飛んでて、とってもゴマぐらいにしか見えない。しかも、焦点があわない。しかも、逆行になっておなか側が真っ黒になる。

IMG_3754.JPG

これをなんとかせねば。
@砂丘に登る、トンビに近づく
A死体のふりをしてトンビをおびき寄せる。
B近くに来るのを待つ

IMG_3763.JPG

Bを選択。すると、まるで獲物を狙うかのように頭上に一匹

IMG_3762.JPG

ありがとうございます。
しかし、昨日のサギに比べて、遠すぎる。電子ズームです。画像がよくないです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック