The Redang Telegraph

2012年07月06日

最初から「原発人災」と言っているのに

国会事故調:原発事故「明らかに人災」…報告書公表
毎日新聞 2012年07月05日 21時05分(最終更新 07月06日 01時14分)
http://mainichi.jp/select/news/20120706k0000m010051000c.html

(引用はじめ)「東京電力福島第1原発の事故原因などを調べてきた国会の事故調査委員会(国会事故調、黒川清委員長)は5日、根源的な原因は「『自然災害』ではなく明らかに『人災』である」と断定した報告書を公表した。地震・津波対策を立てる機会が過去、何度もあったのに、政府の規制当局と東電が先送りしてきたと批判。その背景に「組織的、制度的問題」があると指摘した。

報告書は641ページ。衆参両院議長に提出した。事故の根源的な原因として、経済産業省と密接な関係にあった東電が、歴代の規制当局に規制の先送りや基準を軟化するよう強い圧力をかけ、「規制する立場と、される立場の『逆転関係』が起き、規制当局は電気事業者の『虜(とりこ)』になっていた」とした。

その結果、経産省原子力安全・保安院の「原子力安全についての監視・監督機能が崩壊していた」とし、東電を「自らは矢面に立たず、役所に責任を転嫁する黒幕のような経営体質」と断じた。」(引用おわり)

こんな1年たってから人災だというには、遅すぎる。
この弊ブログでは、事故直後、、いっちばん最初から「原発人災」だって言っているのに。わかりきったことなのに。

2011年3月17日のブログ記事「札付き福島第一原発の事故」
http://inlinedive.seesaa.net/article/191033136.html

サウジでも、朝からニュースで「原発人災」は大きく取り上げられていた。BBCもずーーっと「原発人災」の話題ばっかり。世界に知れ渡った、Made in Japanの底力の底のほうということだ。おそらく、日本では原発人災の話は早いうちに蓋をしたいのかもしれない、、けれど、そうはさせてたまるものか。

これまで、原発事故は天災だとか、1000年に一度だとか、なんとか言っていた連中は、、どんな顔して今日を過ごしたのだろう、、いやいや、もともと脳みそない連中ばかりだから、ニュースの意味もわからないし、なんとも思わないのだろう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック