The Redang Telegraph

2012年10月11日

ハッジまで2週間半のメッカ 3

メッカ市内にはいり、両側の建物の背が高いために頼みの時計台も見えなくなった。
そして、道路はひたすら一方通行になり、そこいらに座り込んでいる人も目立つようになってきて、そろそろハラムなんだけど?おかしいなあ。

20121008 makkah 031.jpg

20121008 makkah 033.jpg

20121008 makkah 035.jpg

携帯のGPSを使おうにも、バイクでは片手運転などできない。もはや、勘で移動するしかないのだけど、あんのじょう迷っている。バイクのいいところで、赤信号で止まったら窓があいている隣の車に速攻で「ハラムどこ?」と尋ねる。みんな、きちんと教えてくれるのだけど、また迷ってしまう。

すると、突然、時計台が見えた!
しかも、すごい。なんかすごい周りの風景の中。こんな、素晴らし撮影場所が見つかるなんて、神様ありがとう。

20121008 makkah 039.jpg

20121008 makkah 038.jpg

これで時計台の場所がかわったから、あの根元にハラムがあるんだ。と、バイクの方向転換。しかし、そろそろお祈りの時間なので、路地から巡礼さんが沸いてくる。あの中を掻き分けて逆走する勇気はない。

20121008 makkah 040.jpg

もはやこれまで。今日はハラムでのお祈りをあきらめて、帰るべし。と、いっても帰る道もわからないし、わかったところで一方通行でどうしようもない。ひたすら、車の流れるまま、ついていくだけ。何個目かの丘をこえると、、、

20121008 makkah 042.jpg

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック