the MY Pantai Timur telepraph

2012年10月28日

十二単の公開着付け(上)

東京を出発して、実家の北九州へ。
、、といっても、実家は母の介護ホーム入居で無人になったので売却。つまり、今回は実家に帰る、、というべきか、実家があったところに行くというべきか微妙。宿泊はホテルです。

ときどき訪れる小倉城。今回の目的は年に一度の「十二単の公開着付け」を見ることです。

女性であれば、全国にいくつか十二単を着れる場所もあるし、知り合いが着るところを見ることもあるかもしれませんが、男性が十二単着付けを見学できるチャンスは滅多にあるものじゃないです。家族や知り合いが十二単に関心が無ければ、全然無いといってもいいぐらいです。

雨がふりそうな天気の中、とことこ歩いていきます。リバーウォークはここいらの時代の先端。濠の反対は古い城跡、ミスマッチがいいです。

20121027 kitakyushu 019.jpg

小倉城の城主は小笠原氏で、ここは名高い礼法「小笠原流」の家元です。

20121027 kitakyushu 045.jpg

20121027 kitakyushu 056.jpg

20121027 kitakyushu 057.jpg

城内に日本庭園があり、そこの書院である小笠原会館が今日の会場。時間が早かったので、庭をひとめぐり、、

20121027 kitakyushu 075.jpg

きれいな庭。もう見学者も関係者も少しずついるみたい、

20121027 kitakyushu 079.jpg

入り口にまわって、

20121027 kitakyushu 083.jpg

20121027 kitakyushu 084.jpg

中にはいって、

20121027 kitakyushu 086.jpg

さっき外から見たところを、内から見る。

20121027 kitakyushu 089.jpg

20121027 kitakyushu 021.jpg

案内がはじまりました。小笠原会館の館長さんや、会館の方の説明です。

20121027 kitakyushu 097.jpg

いよいよ、

posted by NAOKI at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Trend おしゃれ番長補欠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック