the MY Pantai Timur telepraph

2012年11月24日

砂漠の洪水2

川下にあたるマストーラから中流域のアブワに移動。

20121121 abwa 027.jpg

20121121 abwa 095.jpg

20121121 abwa 096.jpg

道路にそってずーーっと水没した跡。
アブワはオアシスの農村です。道もそれほど広くはないです。そこが、冠水してブルドーザーで道路につもった泥を両脇に押し上げた跡がずーっと続きます。サウジでも、これほど大掛かりな道路復旧作業が、あっという間にできるんですね。おそらく軍隊だとか、そういったキビキビした人たちがやったのでしょうか。

20121121 abwa 037.jpg

路肩は泥を積み重ねた土手になっているか、抉り取られて下の層が空っぽの危険な状態か、駐車するスペースを探すのが大変。

20121121 abwa 045.jpg

20121121 abwa 084.jpg

20121121 abwa 039.jpg

ワディの両岸からみたアブワの農地の跡。さしわたし何キロかあるワディの底に農地があって、主にナツメヤシを中心にいろんな作物がありましたが、川の「流れの爪あと」としか言いようがないものに変わっています。

20121121 abwa 194.jpg

20121121 abwa 067.jpg

20121121 abwa 064.jpg

20121121 abwa 050.jpg

この場所に案内してくれたのは地元の若者達です。別の場所で撮影していたら「もっと、カメラにいい場所がある」、、といって教えてくれたのです。

20121121 abwa 055.jpg

20121121 abwa 053.jpg

ここには一面を埋め尽くすナツメヤシの畑だったそうですが、、全部ながされてしまいました。

20121121 abwa 068.jpg

20121121 abwa 196.jpg

ワディの底は農業に適した平地だし、水利はあるし、アブワでこんな洪水被害にあったのは50年ぶりだそうです。3人の方が亡くなり、多くの家屋が流出してしまいました。半壊した家などをみると、表面の白いしっくいがはがれて「泥レンガ」がむき出しになっているものも多かったです。まだ、こんなに泥レンガの家があったことにもびっくりしました。

20121121 abwa 086.jpg

サウジの農村はまだ泥レンガや石造りの家も多く、日本人が思い浮かべるオイルマネーの国とは程遠いものがあります。サウジは一人あがりのGDPも日本より少なく、まずしいのですが、近隣のカタールやUAEと一緒くたにされてお金持ちの国と誤解されています。この石の家は運よく洪水から逃れたのですが、窓の木枠も真新しい、「新築の家」です。まだ事実として農村ではレンガや手近な石で小屋などを作るのが普通なのです。

IMG_7466.jpg

家々では井戸水を利用して泥に漬かった家財を洗ったり捨てたりしていました。こちらを向いて手を振ったり笑いかけたり、とうてい生活に余裕がありそうでないのですが、心に余裕があるのでしょう。心をうつものがありました。

20121121 abwa 091.jpg

電信柱が何本も折れ、電線がたれさがっていました。ただ、復旧も早くて新しい電信柱がもう何本か立っていました、、ですが、停電は続いています。

20121121 abwa 087.jpg

20121121 abwa 073.jpg

地元の若者が歓待して、水はもってきてくれるし、洪水当時の生々しい話もしてくれるし、、「夜中、ずっと、地鳴りがしていたんだよ、まったく生きた心地もしなかった」「地面が揺れてるんだ、あんなのはじめて」とか、、

20121121 abwa 075.jpg

20121121 abwa 070.jpg

まだ道路で水没したままのところもあり、Uターン。

20121121 abwa 094.jpg

20121121 abwa 051.jpg

20121121 abwa 060.jpg

津波にさらわれた風景をこの1年間見続けていたせいか、洪水というより津波の跡をイメージしました。家もナツメヤシも畑も、すべてが流されて、自然の驚異を感じます。上流のダムが決壊したせいではなく、ダムを超えて水が押し寄せたそうです。

20121121 abwa 093.jpg


この記事へのコメント
昨日はありがとうございました。一緒に歩き色々と教えていただき大変ためになりました。

マストーラの件ですがやはり上流がかなりひどいことになっていたんですね。下流の高速あたりもだいぶ畑はやられたのではないかと思いますが、上流はもっとひどかったんですね。狭いところに水が流れるから早さも早くなるでしょうしヤシの木もたまったもんではなかったでしょう。50年に一度ですか。当日ラービグでも雨は降ったけど日本の激しい雨程度で降った時間も短かったので、ご近所がそんなになっているとは思いませんでした。(そうはいってもラビのワジにも濁流が流れている動画を同僚が見せてくれました。)サウジでは本当に少しの雨でも怖いですね。

先日日本人会の方々とターイフに行きましたが、途中で谷あいのワジに沿ったアブワに似たような町や、岩だらけでもっと貧しそうな町もありました。同僚サウジ人の話でも、だいぶ前のことのようですが、ボランティアでジェッダから南に下りジーザーンへ行く途中には貧しい街がいっぱいあってびっくりしたと言っていました。日本人はサウジは国中がお金持ちと思っている人も多いと思います。

このページは日本人の知らないサウジを見せてくれる貴重なブログだと思います。今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 砂漠の散歩人 at 2012年11月25日 00:46
砂漠の散歩人さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
先日はおつかれさまでした。

雨は本当にちょっと場所を離れただけで、降ってたり降らなかったり驚くばかりです。先日の砂漠ではほとんど降らなかったのに、道路は水浸しだったりしてましたし。

一部の大金持ちと見栄っ張り気質がサウジを裕福なように見せてますが、サウジは平均するとまだ貧しいです。

頂いたコメントを糧に、がんばりたいと思います。重ねてありがとうございます。
Posted by NAOKI at 2012年11月25日 09:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック