The Redang Telegraph

2012年12月25日

メッカやマディーナへの旅行

すごーーく、誤解している人がいるかもしれませんが、メッカやマディーナは巡礼のために存在しているわけではありません。ごく、ごく、普通の街です。ただし、非ムスリムが入れない場所もあるというだけです。

マディーナにはダイソーの100円ショップもあるし、なんといっても100万都市ですから、そらー、もう、人がうじゃうじゃ、普通に暮らしています。眼科の病院でいいのがマディーナにあるということでうちの会社の人がこのあいだ行ってきました。

メッカやマディーナには普通の人が普通に生活しています。メッカやマディーナと巡礼を関係づけるのは、まるで湘南にはサーファーしか住んでない、あるいは神奈川に行く人はサーフィンに行くといっているようなものです。日本にニンジャしか住んでないと思っている人が、メッカやマディーナには巡礼でいくものだと思うのはしかたないですが、、、。日本がゲイシャ、フジヤマ、ニンジャ、AKBだけでないように、メッカもマディーナも巡礼だけではありません。うーん、ここまで説明しても、わからん人にはわからんだろうなあ、それぐらい、なんかメッカ=巡礼と洗脳されているものがあるかもしれません(しかも、ムスリムでもないのに)。

湘南がサーフィンのメッカと呼ばれるように、メッカは巡礼のメッカ(うーん)、、と呼ばれるのはしかたないでしょう。実際メッカの経済は巡礼を中心に回っている。でもマディーナは巡礼経済はほんの一部で、農業や工業などが最大の産業です。ともあれ、メッカにもダイビングショップはあるし、、、日本人の思い込みを説得するのは難しいです。ちなみに、マディーナ空港にはムスリムでなくても降りられるし、非ムスリム用の部分も多いです。まあ、なんといっても大都市だし。

私は、チャンスがあるとツーリングに都合のよい場所、、というだけでメッカにもマディーナにも行くし、いけばハラムにお参りするというわけでもなく、ただ行くだけ(ツーリングが目的だから)ということもあります。観光のときもあるし、マディーナの鉄道公園駅に写真を撮りにいっただけ、、という回もありました。巡礼の時期?いやいや、混むから、むしろ巡礼の時期は避けたい(笑)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック