The Redang Telegraph

2012年12月25日

水田のどじょうを調査する

あーー、つい言いたい。漢字の練習、、設問がおかしい、、

●水田の「どじょう」を調査する
これは、きっとどじょうに含まれるセシウムかなんかの調査?というのはおいといて、正解は「鰌」。難しい漢字をかかせるなあ、これ本当に2級か。。。と、思って回答をみたら、、「土壌」?が正解と書いてあった。おいおい、水田ならドジョウだろう!土壌なら<築地移転にともない用地の「土壌」を調査する>か、<工場跡地の汚染調査のため「土壌」を調査する>にせんかい!設問の悪いミスリードのせいで間違ったじゃないか。なんで水田で、土壌なんだよ。あ、やっぱセシウムか?

●「かいき」現象の真偽を確かめる
これは確率か、、重回帰分析かなんかして、どうも値がおかしかったんだろうなあ。何べんもやり直す自分の姿が二重写しになり、つい泣けてしまいそうになりました。当然正解は「回帰」です。が、一般人の考えることはわからん、回答には「怪奇」って書いてあった。怪奇現象の真偽を確かめてどうする。確かめようがないから怪奇なんだろう。それにくらべて、回帰分析は何回か条件を変えればちゃんと、「これはきっとxxだよね」という仮説の真偽を確かめられるぞ。ちがうか?

●「しょくたく」にグラスを並べた
ふーーむ、今日は勤務の最後の日。契約は打ち切りだから、「嘱託」の方にたいしてお別れ会をひらいているのですね、、ピンと来ました。が、回答には「食卓」でした。わからん。食卓なら、<「食卓」に胡椒と塩をおきっぱなしにした>にしてくれ。

どれも、実際に私が間違えさせられた設問です。これは設問がおかしい。ハズ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック