The Redang Telegraph

2013年04月03日

ビ・イズニッラ

今年もポリオ撲滅キャンペーンのシーズンが来ました。
2月ー3月だったので、来ましたが終わりました、、というべきなのかもしれません。書く時期を選ばないと、こういうキャンペーンものはさっさと時期外れになるということですね。

去年はレッドシーモールで見かけましたが、はて?今年はどこで見たっけ?
2月に見て、パンフレットもらったのに、すっかり場所まで忘れてます。まずい、、

20130329 boat_1.jpg

この文章の前半にGod's Willing というところがあります、

20130329 boat 156.jpg

アラビア語だと、ここ、、「ビ・イズニッラ」です。

20130329 boat 155.jpg

何故?2回の経口投与であなたの子供が ー神様が許すならー ハンディキャップを負うことがないためです。

イスラームでは、わからないことは断定してはならないことになっています。経口投与してもポリオにかかる可能性もありますし、そもそも経口投与そのものの副作用がある可能性もあります。だから、こういうときは通常、ビ・イズニッラか、インシャーアッラーを使います。もう、こういう場面でも普通に口をついてでる慣用句なので無理に訳すとかえって日本人の目には引くのかもしれませんが、逆に日本人以外の目はそれほどひかないと思います。

、、こういう慣用句をどうとらえるか、、というのが日本の国際化をはかるバロメーターなのでしょうね。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック