The Redang Telegraph

2014年10月05日

町中の自然 (2) Wildlife in Kuantan

池と小川は直接はつながっていません。小川はそのまま海に注ぎ込みますが、海岸部分なので干満の差をかなり受けます。

IMG_7610.JPG

ここで一番目にするのは、、、カニです。

IMG_7598.JPG

最初、この砂山はなんだろうと思っていたけど、

IMG_7592.JPG

よく見るとあちこちに一杯!

IMG_7599.JPG

この小川の周辺はカニの巣と呼んでも差支えないでしょう。ちなみにこの大きなカニの他に、シオマネキ系がいいいいいいっぱいいます。

IMG_7606.JPG

うじゃうじゃですが、ものすごい蛍光色というか金属色で玉虫色に光っています。最初、乾電池が捨てられているのかと思ったぐらいです。

IMG_7608.JPG

トビハゼもいます。

IMG_7620_1.JPG

IMG_7611_1.JPG

そしてこの領域の王者といえば、

IMG_7554.JPG

その名もまさしく、カニクイザル。カニを食べるのですね。

IMG_7551.JPG

この小川は、やがてマングローブのなかに入っていき、浅く広がり、そのまま海に溶け込みます。

IMG_7621_1_1.JPG

小川から少し内側にはいると、昼顔かな、

IMG_7619.JPG

いろんな木が生えてます。

IMG_7560.JPG

寄生植物の元気がいいです。なんとなく寄生して生きてるからひ弱かな、、とか思いがちですが、ぜんぜん。たまたま根付いたところが木だった!

IMG_7623_1_1.JPG

こんな木をよく見ると、ちょろちょろするのが、根元の穴付近に、、リスです。

IMG_7563.JPG

IMG_7568.JPG

IMG_7566.JPG

リスはとってもポピュラーな生き物で、しかも人に慣れます。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック