The Redang Telegraph

2014年10月07日

Eid Al Adha 犠牲祭の日

犠牲祭の日。ちょうど日曜日と重なりました。おかげで月曜は振替休日です。ちなみにサウジにはそういう法律がなかったので、金曜日と祭日がかさなろうが関係ありません。

正確には「金曜日と祭日が重なろうが、重なるまいが、どっちころんでもみんな4−5日は休むから関係ない」というのが正しい言い方です。私の長いサウジ生活の中で、祭日と金曜日が重なったことは何度もあったはずですが、全然記憶にないです。「祭日の周囲一帯、みんな休み」というのがデフォルトでした。おおざっぱなサウジならではです。マレーシアはさすがに先進国に手が届くところにあるというぐらいしっかりしてますね。

しかし、、、

犠牲祭の礼拝に歩いていくのだけど、誰も歩いていない。

IMG_7615.JPG

雨上がりの町をトボトボあるくのだけど、、、静まり返った町。おかしい、礼拝開始まであと15分なのに、誰も居ない、、

IMG_7616.JPG

これは、きっとイードの日を間違えたに決まっている、、

IMG_7624.JPG

きっと明日なんだ!

IMG_7623.JPG

きっとモスクから溢れんばかりの人がいると思って、自分用の絨毯まで持参したのに、、

IMG_7620.JPG

モスクの入り口にはさすがに人影がありました。ほっと一息

IMG_7625.JPG

しかし、中はガラガラ、、

IMG_7626.JPG

あ、礼拝の時間を間違えたのか?しかたないので、近くの子供たちの写真を撮り出す、、

IMG_7632.JPG

IMG_7633.JPG   
しかし、予定の8時が、8時半になったころ人が大勢(、、、といっても大した人数ではない)来て、礼拝が始まりました。

IMG_7639.JPG

礼拝が終わって、

IMG_7635.JPG

IMG_7637.JPG

挨拶のラインができてた、、

IMG_7638.JPG

モスクの中にも、マレーシア人の大好きなマッサージチェアが、、

IMG_7642.JPG

外にでて、

IMG_7649.JPG

IMG_7645.JPG

バイクで帰る人たち、、

IMG_7651.JPG

IMG_7650.JPG

自転車で帰る人たち、、

IMG_7653.JPG

さて、私も帰ります

IMG_7652.JPG

しかし、この人の少なさはなんだったんだろう。パハンというのはそんなに礼拝に人が来ないのか?いや、金曜礼拝のほうが、人は多いし??????

IMG_7657.JPG

よーーーく考えると、きっとこういうこと。
1 パハン州の州都である、この町Kuantanには、私の目からみて小さい町とはいえ、マレーシアで5本の指に入る大都会である。
2 したがって、職をもとめて近隣から多くの人がこの町に働きに来ている。
3 イードは日本の盆暮れと一緒で、民族大移動と言われるほどみんな郷里にもどって家族で祭日を祝う習慣がある。
4 だから、州都からは一斉に人が引き揚げているのである。そういえばホテルの駐車場とかもガラガラだったし、、、
5 そのうえ、私がいったモスクは州都の中でも一番の目抜き通りにあるモスクで、、つまり、正月の大手町みたいなもので、働いている人がいなければ、がらーーーんとした過疎の町になったというわけ、、か。

あとでマレーシア人の友達に8時になっても人が少なくて、、という話をしたら「そんなことはあるはずがない、自分たちのモスクは1時間前から人があふれて大変だった」と驚いていた。そう、友達は田舎の実家に帰っていたのです。住宅地や田舎だったらそうなんだと思う。でも、ビジネス街は、あり得ない程人が少なくて、超びっくりです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック