The Redang Telegraph

2015年07月08日

Penalty for Muslims ムスリムへの罰

I did not know that Malaysian has similar Penalty system as Saudi has during holy Ramadan month.
サウジアラビアはイスラムに厳格で、特にラマダン月の公共の場でのタバコ・飲食はご法度です。レストランも決められたホテルぐらいしか日中やってないし、もちろん食事を提供しようものなら大変な話になります。。。、、ってことは、サウジに住んでいる人にとっては常識。非ムスリムだとしても従わないといけません。
自分も含めて、マレーシアというのはサウジとちがって多民族国家だし、ラマダン月の掟なんてないも同然。ムスリムは自分の自覚で断食を遂行するもの、、と私は思ってました。

とんでもない!


IMG_2671.JPG

マレーシアでも州政府によって若干の差はあるものの、ラマダンの掟がしっかり法律(条令22)できまってました。
1 食事を提供するお店がムスリムの場合、日中の飲食の提供をしてはならない(営業許可とりあげもある)
2 ムスリム店の場合、ムスリムが提供された食事を公共の場で行った場合、お店も食べているムスリムもそれぞれ3千リンギの罰金。お店のオーナーも同様、関係者一同罰金。
3 それに加え、ムスリム店の経営者は拘置される。
等々、、、

ポスターの赤い手も禍々しいし、その下のなぜかMIB風の男が「お前は見られている」と警告するのも、ミステリーです。本当にMIBかもしれない。そのMIB側の組織は、、、

IMG_2672.JPG

Jabatan Agama Islam Pahang (Pahangは州名)、英語でIslam Departmentと呼ばれています。サウジの勧善懲悪委員会より踏み込んだ権限があって、自動車の駐車禁止を徹底する組織(これも警察じゃなくて、州政府の一部門なので同じレベル)と同様、違反切符を持っていて、違反者のID番号を登録して違反切符を有無も言わさず押し付けていきます。もちろん、この切符は無視するとさらに超絶厄介なので、払わざるを得ません。違反=切符、、これはマレーシアの鉄則です。別に駐車違反に限りません。

マレーシアのイスラムって緩やかだよね、、とか思っている人。それは、あなたが外国人だったり、非イスラム教徒だったりするので枠外なだけです!実際のところ、サウジの風紀係と大差ない厳しいところがあるということ。私自身、知らなかった。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック