The Redang Telegraph

2015年11月25日

Bauxite ボーキサイト

Bauxite mining is boom in Kuantan. Poor protection and concern for the environment damaged a lot of nature and our daily life.

ボーキサイト。
アルミニュームの原料です。マレーシアの私が住んでいるところで、昨年あたりからボーキサイト採掘のブームが巻き起こりました。もともと、私が住んでいるところは有名なスズ鉱山があったところでスズ鉱脈はまだ涸れてないので、てっきり鉱山というとスズ鉱山だとおもっていたのですが、ボーキサイト鉱山とは知らなかった。

スズ鉱山からボーキサイト鉱山へ、、

缶詰でいうと、スズの合金「ブリキ缶」が世界市場から姿をかくし、新たに現れた「アルミ缶」になったようなものです。時代の流れに翻弄される地下資源の豊富な場所なのでしょうが、その環境破壊たるや、アブラヤシのプランテーションに伴う森林破壊、焼き畑農業の煙害などとは比較になりません。パームオイルの値段が下落傾向にあるので、アブラヤシからボーキサイトへの事業乗り換えなのでしょうが、やるせないです。

「熱帯雨林では風化が早く進むため、ボーキサイト鉱床は熱帯雨林地域または過去に熱帯雨林であった地域に多く見つかる。」(wikiボーキサイトからの引用)

道路は採掘の赤土でまみれ、ダンプからこぼれる土や石がバイクや体に当たるなど日常茶飯事。
洗車は毎回ドライブするたびに必要で、どうにかならないのだろうか。

IMG_0433.JPG

地元の鉱山被害を説明するサイト。
http://www.beritaawani.my/kesan-perlombongan-bauksit-kuantan/

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック