The Redang Telegraph

2017年01月21日

6500km Christmas Ride 12 Phanom Rung パノムルン行

From Buriram to Phanom Rung Temple next day

temple.jpg

ブリラムに到着した翌日は、スリンプロジェクトに入るだけ。ハンドブックでみるとブリラムからスリンまでは約1時間ぐらい。すぐそこと言っていいぐらい。しかも集合時間は午後3時ということで、この旅始まって以来、はじめて日が昇ってもホテルにいる状態。ホテルの前の道路はアスファルトじゃなくてコンクリート。タイでは、マレーシアよりコンクリートの道路を見かけることが多いです。アスファルトが入手できなかったのか?

IMG_5945.JPG

ホテルはすごく古くて場所もわかりにくいのだけど、部屋の前にバイクが止められて、しかも駐車場に屋根があるというのが良くて選びました。

IMG_5964.JPG

朝、ゆっくりご飯を食べて、、

IMG_5962.JPG

ブリラムの市内をぬけて、、偉そうな人の象の像の横をとおって、、

IMG_5967.JPG

この地域で、つとに有名なクメール時代の寺院、パノムルン寺院に向かいます。ブリラムのシンボルでもあるし、タイが世界遺産の予備登録を行っている遺跡。今回の2区間の最大の寄り道、、というか観光となります。

、、、しかし、それがまた、非常にわかりにくい場所。GPSには出てこないし、村の人に訊いたら違う場所を教えてくれるし(そもそも英語は通じないし)、てっきり開けた低地にあるのかと思ったら、とんでもない山の中だった。本当にこの道であっているいるのか確かめながら、、、やっとゲートに到着。

IMG_5969.JPG

入口は、このゲートがある本殿の裏から直接入る方法と、お土産屋さん街ができているおおきな駐車場がある参道から入る方法があります。とりあえず、お土産屋さんのほう、、

IMG_5979.JPG

タイのお土産がいっぱい。しかも、お米も売っている、、おみやげとして。

IMG_5984.JPG

お土産と言うより、自分ちの田んぼでとれたのを精米して売っているだけなのか、それともブリラム米は非常に有名で地方からもこれを目当てに来る人もいるのか、、、ぜんぜんわかりません。単においてあるだけのような気もします。

くつろいで、

IMG_5980.JPG

お土産屋さん街の一角にお寺が、、、さすが、タイの人は信心深い。

IMG_5982.JPG

そして、いよいよパノムルン遺跡へ。

IMG_5971.JPG















この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック