the MY Pantai Timur telepraph

2017年03月14日

Bike Week Season バイクウィークのシーズン到来 ポスター比較

Bike Week season comes
まだ本格的に暑くもなく、ラマダーン月までまだ間がある、この時期。あちこちでバイクウィークが開催されます。サウジのジェッダでもバイクウィークがあったというぐらいですから、バイクが盛んなマレーシアではよりどりみどり。

既に終わったけど、私も見に行ったKLのWilayah Motor Fest.ものすごく、人が一杯あつまるだろうな、、というポスター

wim2017.jpg

そして、今週末はKelantan州で行われるハーレーに特化したイベント、East Coast Harley Day。シンプルなポスターだけど、ちゃんと、ケランタン、トレンガヌ、パハンという3つの州の名前が入っているのが評価がたかいです。この間、ここは洪水で大変だったから、今はどうなっているのか見たい。

15202779_915924588507671_4462419817685136528_n.jpg

そして3月最後の週末は、トレンガヌのTerengganu Bike Week。私は去年も行きました。今年はなんと、マレーシアのロックの女王と呼ばれるEllaさんのステージがあります。スタントとかイベント事が盛りだくさんな、いかにもお祭り好きなトレンガヌのバイクウィーク。そのわりに、ポスターはシンプル。

15726519_1798745153709441_5537860637379985297_n.jpg

そして4月に入るとタイのプーケットで行われる、プーケットバイクウィーク。ちなみに、ここらへん仲良し3か国(シンガポール、マレーシア、タイ)の中ではもっとも派手で規模が大きいものです。場所がパトン会場ともう一つの2つにわかれて、開催される日も違うのですが、パトン会場がやっぱり見もの。ポスター上にはアセアン10か国の国旗があるのがもっともな国際的なバイクウィーク。

15590289_560661730804578_2664338569654113638_n.jpg

そして、4月最終の週末が、スンガイゴロクのSungai Golok Bike Week。この町はマレーシアとタイの国境の「タイ側」の町。今年の正月に川が氾濫して国境を越せなかった、まさしくその場所です。ポスターは仲良し3か国の旗がひらめいているのが評価が高いです。それに、テロ頻発地としても知られているので、リボンにはPeace Southern Thailandと書いてあるのがいいですね。平和が一番。去年も行って歓待されたので、今年はさぼるわけにはいかない。ロゴがピンストライプ風でカッコいい。

ちなみにスンガイゴロクはタイ領だけど、完全にマレーシア文化圏で住民もみんなマレーシア語が母語です。だから、住民との連帯と支援のため、毎年マレーシアから大勢のバイカーがかけつけます。「タイ深南部」とタイ側から言われなんか相当にディープで訳わからん語感がありますが、マレーシアから見たら「マレーシア北隣接地」。開けた非常に親しみやすい場所です。


ちなみに、ここは小さな町なのにバイクウィークはすごい充実しています。私の町のほうがゴロクよりよっぽど大きいのに、規模は小さいのは何故?

17022029_1322965841094428_3807128630180033692_n.jpg

どれに行くかって?
もちろん、みんな行くとも!


ちなみに我が町のバイクウィークは去年の11月だったので、当分はお預けです。今年の秋のバイクウィークはどうなんだろう!盛大であってほしいです。

13000220_1549211065374090_5498953624578383080_n.jpg

posted by NAOKI at 22:27| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Motorcycle Touring バイクとツーリング日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック