the MY Pantai Timur telepraph

2017年05月15日

Painful (not paintful) cars 3 マレーシアのイタ車の考察

Thinking of Painful (not paintful) cars in MY.

IMG_8621.JPG

マレーシアにも財閥というのがあって、金融・製造業では屈指の大財閥がHong Leongグループです。日本でいうところの三菱グループや住友グループに相当する、マレーシアの巨大グループ。そんなグループの旗艦企業がHong Leong Bank。やっぱり銀行が一番強い。そして、その銀行が威信をかけて顧客サービスしたのが、

1.jpg

Hong Leong Bankの超有名「キティちゃんイタ車」。口座を新規開設してくれた顧客へのサービスというのは日本でもありますが、抽選で「痛車が当たる」というのは無いでしょう。このイタ車を当てたいばかりに、口座をつくり、キティちゃんキャッシュカードを申し込みが激増。ありえないような応募総数があり、当選者は写真付きで新聞に載りました。

それぐらい、えーっとキティちゃんが人気があるのか、イタ車が人気があるのか微妙ですが、キティちゃんと痛車というのが、絶妙な取り合わせで世間を沸かせたものです。

ですから、イタ車についてはマレーシアの若者を中心に「ふつーに受け入れられている(?)」。ここまで派手なラッピングでなくても、ワンポイントとか、ラリー仕様のモヒカン線など、ざらにあります。

IMG_8614.JPG

だから日本のような、半ば拒絶みたいな反応より、「おおおー、すげー、やるなあ。写真とっとこう」的な反応がほとんど。これも、マレーシアのポップカルチャーを語る上で忘れてはいけないことですね。観光地の壁画アートもこの延長線上にあるといえるでしょう。家の壁で良いものが、車のボディで悪いはずがない。

IMG_8634.JPG

でも、コンテストで上位になる判断要素がどこらへんにあるのか、私はこの道のシロウトなのでよくわかりません。

IMG_8618.JPG

音とか?

IMG_8616.JPG

わからないところも多いけど、マレーシア文化を語る上で無視することのできない存在。本当にこの手のカスタムカーのコンペは、毎週のように行われてます。

だから、ふつーにある、キャンペーンの車が、目立たない、、、、

IMG_8639.JPG

posted by NAOKI at 21:50| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おしゃれ番長補欠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449916189
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック