the MY Pantai Timur telepraph

2017年05月30日

Rosin バイオリンの松脂の修復

Rearranged the shape of cracked rosin for violin.

IMG_8762.JPG

バイオリンは弦を弓で弾いて音をだす楽器です。が、そのまんまではいくら擦ってもスカスカ言うだけで音がでません。そう、バイオリンは弓に張った馬の毛にたーっぷり松脂を付けないと音がでません。いうならば、つゆの無い、ただのそばの麺では美味しくなくて、ツユがついてこそカケソバもモリソバも美味しいというのと同じです。

ただ、この松脂は簡単に割れたり、ヒビが入ったり、、、溶けたりする。この間、自動車のトランクに入れていたら半日で、松脂の端が欠けるはヒビが入るは、、とんでもないことになってしまった。

RIMG2142.JPG

これでは弓に付ける時、ガタガタで角がとがっているので毛を傷めそう。さっそく、修復です、、ウエブで検索しています。それで分かったことは、熱を加えると整形できるということ。もともと車のトランクの中でえらいことになったぐらいですから、それぐらいの温度でいいということ。運転席のダッシュボードの上に半日置いておくとマレーシアですから、どんな形にもできそうですね。
でも、そんな暇はないので、ロウソクの登場。タイにも持参した、蚊よけアロマキャンドル。

IMG_8763.JPG

火を近づけると、松脂は面白いように溶けます。でも、ここは遊び心をこらえて、表面を溶かして、指で整形。指で変な形になったところは、また溶かしてツルツルにする。こうして、なんとなく、綺麗になった気がする。

RIMG2152.JPG

さらに、200番の紙やすりで平になるように削って、弓の毛が痛まないように角もとって完成。

RIMG2148.JPG

ちなみに、紙やすりを使う、、というのはウエブではありません、私のオリジナルです。せっかく、紙やすりがあるのだし、こういうときにこそ使わないとね。

使い心地は?うーん、いまいち。表面がきれいになっても、その下の溶けてない割れ目がでてきてしまう。一度、じっくり全部溶かすぐらいの勢いがないといけないね。表面だけきれいになっても、その下の層がでてくればおしまい。電子レンジを使う人もいるみたいだけど、私は車のダッシュボードの上にでも置いておきます。

posted by NAOKI at 23:50| クアラルンプール ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽と映画とテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450375192
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック