The Redang Telegraph

2017年06月03日

Redang in May 4 ダイビング

Diving in Redang.

IMG_8310.JPG

レダン島でのダイビング。レダン島はテンゴル島よりはるかに大きいです。あっという間に一周できるテンゴル島とは大違い。その分、島には村があり、リゾートも多く、ビーチも分散してあります。ダイバー一辺倒のテンゴル島とはちがい、スノーケラーやただの海水浴の人も多い、、というかそっちが主流でダイバーは少数派となります。

IMG_8462.JPG

ダイビングはビーチエントリーとボートエントリー。どちらが好きかは人それぞれ。私は若干ビーチエントリーが好きなので、ボートで行くダイビングスポットの名を聞いて、あー、あそこかあ、じゃあ、ビーチの方がいいかな、、とか選んでしまいます。

IMG_8403.JPG

今回の最大の見ものは、トビエイでした。レダンでトビエイが見れるなんて聞いたことなかったし、ちょっと驚き。私のマレーシアでの初トビエイです。ただし、写真の出来は良くない、、あまりにも遠かった。

18447112_1705822716111268_763648398057253606_n.jpg

サメが多い。カメが多い。カメは8割がタイマイです。

IMG_8274.JPG

人懐っこいツバメウオ。は、案外少ないです。これはテンゴル島の方が多いかも。

IMG_8289.JPG

しかし、魚影の濃さは圧倒的。あちこちに大きな群れがいます。

IMG_8409.JPG

そしていわゆる普通のお魚たち。

IMG_8290.JPG

ナマコやヒトデも多いです。

IMG_8294.JPG

フォト派ダイバーにとっては、ゆったりしたダイビングで納得できます。流れも強くなくてドリフトの多いテンゴル島よりかはいいかも。うーん、私はドリフト好き。

IMG_8420.JPG

5月でも9月でも水温的にはそれほど変わりません。さすが、低緯度地方。年中かわらず、常夏の海。
紅海の冬は寒いからなあ、陸上は砂漠なので暑いと思われがちですが、冬の寒さは格別なものがあります。紅海の冬はウエットの5mmが必要。それに比べて低緯度の熱帯雨林はまったりしていいです。年中プロテクションスーツでOK。

IMG_8292.JPG

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック